ニオイが気になる方におすすめ!ニオイや汗を抑える一押し商品

頭皮が臭う人におすすめ!頭皮クレンジング完全マニュアル

毎日シャンプーしているのに、なんだか頭皮がにおう…。
頭皮の臭いに悩んでいる人、実は性別や年齢にかかわらず多いんです!

頭皮は体の中でも毛穴が密集し、皮脂や汗が出やすい部分。
しっかりスカルプケアをしなければ、頭皮がにおってしまうのは無理もないことなんです…。

「もしかしてにおってる?」
そう思ったらためしてほしいのが頭皮クレンジングです。

今回は頭皮クレンジングの意味と方法、人気クレンジングアイテムについて解説していきます。

頭皮クレンジングってどんなもの?効果は?

一般的にクレンジングとは、石鹸や洗顔料で落ちにくい化粧品を専用のクレンジング剤で落とすことをいいます。

頭皮クレンジングも同じ要領で、頭皮にクレンジングオイルをつけて頭皮毛穴に詰まった老廃物や皮脂などの汚れを洗い落とします。

頭皮は他の皮膚と比べて皮脂線や汗線の数が多いため、汗をかきやすく汚れやすい部分でもあります。
顔よりも汚れやすい頭皮だからこそ、クレンジングは大切なケアなんですね。

では頭皮のクレンジングをすることでどんな効果があるのか見ていきましょう。

1.毛穴につまった皮脂や汚れを落とす

頭皮クレンジングを行う最大の理由は、頭皮毛穴に詰まった老廃物や皮脂などの汚れを落とすことです。

老廃物や皮脂は毛穴の奥深くまでキッチンの油汚れのようにこびりついて、普段使用するシャンプーやリンスでは取れにくくなっています。

しかしクレンジングオイルを頭皮に馴染ませれば、油によって毛穴の奥深くに詰まった老廃物やこびりついた皮脂を浮かび上がらせて洗い流すことができます。

2.頭皮の臭いケア

上でも触れたように、頭皮は汚れがたまりやすい部分。

皮脂が酸化したり、汗や老廃物で雑菌が活性化したりして、体臭につながります。

定期的にクレンジングを行うことで、この頭皮の臭いケアにもなります。

3.健康な毛髪を育てる

頭皮をクレンジングすることでマッサージ効果も得られるので、頭皮の血行がよくなります。

血流がよくなることで、健やかな毛髪が育ちやすい環境になります。

タイプ別!臭いに効く頭皮クレンジング商品3選

頭皮クレンジングとひとことに言っても、髪の悩みは人それぞれです。

ここでは、悩みのタイプ別に頭皮臭に対応できるクレンジング商品をご紹介します。

敏感&乾燥肌なら…オーガニックホホバオイル

敏感肌さんや、肌が乾燥がちで肩にポロポロとしたフケが落ちる人は、頭皮が乾燥している状態です。

皮膚の水分量を守るために過剰に皮脂が出て、頭皮が臭っていることがあります。

そんな人には、赤ちゃんも使えるほど肌にやさしく、殺菌力の高いホホバオイルでのクレンジングがおすすめです。

洗浄成分が入っていなくても、皮脂は同じ油なので浮かし出してくれます。
髪と頭皮にホホバオイルの栄養がいきわたり、臭いのケアはもちろんツヤのある髪を育てます。

無色に精製されたホホバオイルは、未精製のものとくらべて髪と頭皮に必要な栄養が失われています

頭皮に栄養を与えるなら未精製オーガニックのホホバオイルがおすすめです。

髪にハリやボリュームがほしい…ベルタ育毛剤

女性はとくに、生活リズムや妊娠・出産、加齢などでホルモンバランスがくずれがちです。
すると皮脂の量が増えたり、髪などの体毛に影響が出ます。

そうした女性の髪の毛と頭皮のために作られているのがベルタ育毛剤です。

臭いや髪のへたりが気になる頭皮を健やかに保つことで、健康でハリのある髪にみちびきます。

育毛剤は洗い流さないタイプですが、育毛剤の働きをスムーズにするクレンジングもセットでついてきます。

ベタつきをスッキリさせたい!ウーマシャンプー

デイリーに頭皮クレンジングをしたい、毎日頭皮のべたつきが気になる、という人は、スカルプケアができるシャンプーがおすすめです。

ウーマシャンプーは名前の通り、馬油を配合したノンシリコンシャンプーです。

馬油にふくまれているαリノレン酸やビタミンEが頭皮に栄養を与え、乱れた皮脂バランスを整えます。

ノンシリコンシャンプーは泡立ちが控え目でスッキリ感がない…というイメージが持たれがちです。
しかしこのウーマシャンプーは、アミノ酸系洗浄成分の中でも洗浄力が高いものを採用。

地肌へのやさしさはそのままに、しっかり洗い上げ頭皮を清潔に保ちます。


≫ウーマシャンプー公式サイトはこちら

頭皮クレンジング5つの手順

では実際にクレンジングオイルをどのような手順で頭皮に使用すればよいのでしょうか。使用する際に心掛けることは5つ。
正しい手順で頭皮毛髪の老廃物や皮脂を、しっかりと洗い落としましょう。

①髪の毛をとかす

ブラシで髪の毛の絡みがなくなるまでとかします。
毛髪に絡みがあると頭皮まで十分にオイルが行き届かず、効果が薄れますのでしっかりとかしてください。

その際、誤ってブラシで頭皮にダメージを与えてしまわないよう注意してください。
頭皮のダメージから病気の原因となる微生物が侵入して、臭いを発生させる原因にもなります。

②クレンジングオイルを頭につける

クレンジングオイルを掌に500円大くらいの大きさでとります。
皮脂が多く出やすい頭頂部を中心に、頭皮全体にオイルを馴染ませます。

馴染ませる際は、指の腹を使ってマッサージするようなイメージです。
時間は1分程度を目安にしてください。

③タオルで頭を包む

温かいタオルで5 分程度、頭皮を包みましょう。
頭皮を温めて蒸すことでより深い汚れまで取れやすくなりますよ。

④クレンジングオイルを洗い流す

タオルをとってクレンジングオイルをお湯で洗い流します。
オイルは頭皮につけることで乳化(水と油がまじりあって粘りのある液体になること)するため、水だけで洗い流すことができます。

この際、お湯の温度が40度以上だと、頭皮に必要な皮脂まで洗い流して頭皮の乾燥の原因になるので温度調整を行いましょう。

⑤シャンプー&トリートメント

最後に毛髪についた汚れも洗い流すために、シャンプー&トリートメントをします。
この作業で心掛けることは、クレンジングオイルによって頭皮表面に浮き出た汚れをシャンプーで洗い流すため、指の腹でマッサージをするように洗ってください。

効果の現れ方

頭皮毛穴の老廃物や皮脂を洗い流すことが目的の頭皮クレンジングですから、一回の使用ですぐに効果が現れます。具体的には、頭皮がすっきりとした感覚になり、髪に艶が出ます。

また頭皮のベタツキが収まりますし、頭皮の臭いの原因になっている老廃物や酸化した皮脂がなくなるので、嫌な臭いもしなくなりますよ。

頭皮の臭いが気になっている方は是非試してみてくださいね。

頻度と施行上の注意

クレンジングオイルを使用する頻度は週1から多くても2回程度にしましょう。
過剰に使用すると頭皮に必要な皮脂まで奪われてしまいます。

必要な皮脂がなくなると頭皮が乾燥し、臭いを発生させる原因にもなりますので気を付けてくださいね。

頭皮のクレンジングに顔用の製品を使用する場合は、基本的にオイルタイプのクレンジングで行ってください。
頭皮用のクレンジング製品にはシャンプータイプやクリームタイプもありますので、是非使用してみてくださいね。

またクレンジングオイルが肌に合わない方は、頭皮クレンジングも肌に合わない可能性が高いので注意してください。

終わりに

頭皮クレンジング完全マニュアルいかかがでしたか?
正しい使用手順で頭皮を綺麗にして、是非すっきりした気持ちになってください。

Pick Up

足の臭いを消すクリームランキング!市販の対策グッズは効果があ…

【デリケートゾーンの臭いにおすすめ石鹸・ボディソープ15選】…

洗うだけでワキガが無臭!?脇の臭いケア石鹸・ボディソープラン…

関連記事

冬の頭皮が臭う原因は乾燥!?女性のための臭いの原因と対策