ニオイが気になる方におすすめ!ニオイや汗を抑える一押し商品

臭いも黄ばみも安心!洋服の脇にできた汗染み対策

脇の下の黄ジミ、困りものですよね?
色の薄い服の場合、目につきやすく、誰かに見られないかヒヤヒヤします。

汗をかいたばかりのワキの下の濡れた状態も気になります。
それに、なんだかクサい気も…。

こんなお悩みを解消するために、脇の汗染み対策方法をご紹介していきましょう。

スポンサーリンク

脇の汗染みができてしまう原因は?

「ワキの汗ジミ」というと、一般には次のような意味で使われます。

  1. 汗をかいた直後で、洋服のワキ部分が濡れた状態
  2. 汗が乾いた後、洋服の生地に汗のあとが黄色い汚れとなって残った状態

1も2も、どちらも気になりますよね?
この記事では、どちらの汗ジミについてもみていきたいと思います。

1の、汗で濡れた状態の原因は、当然「汗の水分」です。

ワキの下には、「エクリン汗腺」という、全身に散らばる汗腺があります。
エクリン汗腺からの汗は、運動したり、気温が上昇したとき、上がった体温を下げるためにかく汗です。

ワキの下にはもう1つ、「アポクリン汗腺」というものがあります。
アポクリン腺はワキの下の他に、耳の中や乳首、陰部などの体毛部分にあります。

エクリン汗腺の汗が99%水分(残り1%は塩分)であるのに対し、アポクリン汗腺の汗には、タンパク質や脂質、アンモニアや脂肪酸、糖質やリポフスチン色素などの栄養分が豊富に含まれています。

2でいう「汗ジミ」、いわゆる「黄ジミ」は、このアポクリン汗に含まれる成分が原因になっておこると言われていますが、実際のところはどうなのでしょうか。
これについては後ほど詳しくご説明いたします。

汗染みは臭い?

ワキの汗ジミ部分がなんだか臭う気がすることはありませんか?
これはなぜなんでしょう?

エクリン汗でもアポクリン汗でも、汗そのものにはニオイはありません。
ニオイは、お肌の上のアカや皮脂、汗のなかのタンパク質や脂肪酸などをエサにして、雑菌が繁殖すると出るようになります。
汗が雑菌に分解されるとニオイを発するのです。

衣服には、既に発生したニオイ物質だけではなく、ニオイの材料となる汗も皮脂も雑菌も移ります。
適切に処置せず放置しておけば、どんどんニオイがひどくなるのです。

通常の汚れなら、洗濯したときにニオイも雑菌も一緒に落ちるものです。
けれど汗汚れは、ニオイ物質が皮脂の脂分でコーティングされていることが多く、普通の洗濯ではなかなか落ちにくくなっています。
こういった衣類をキレイに洗濯するには、ちょっとしたコツがいります。

汗染みやニオイをスッキリ落とす洗濯方法については、のちほど詳しくご紹介いたします。

汗染みのニオイについては、『洗っても取れない?洋服についた脇の臭い対策マニュアル』もご参照ください。

シミが黄ばんでいるのはワキガ?

ワキの汗染みの多くは、黄ばんだり、ひどい時にはもっと強いオレンジっぽい色がつくことがあります。
「黄ばむのはワキガだから」といった意見をよく見聞きしますが、実際のところどうなのでしょうか?

黄ばみの原因をみていきましょう。

ワキガ

まずは、よく言われる通り、ワキガが原因で黄ばみが起こる場合があります。

ワキガの原因は、アポクリン汗腺からの汗です。
アポクリン汗には、先ほどご紹介しました通り、タンパク質や脂肪酸などの豊富な栄養分を含みます。
これが雑菌と反応することにより、あの独特の悪臭につながっています。

アポクリン汗には、リポフスチンという色素分も含まれています。
この色素が黄ばみの原因の1つです。

汗腺機能の低下

ワキの下に黄ばみが起こるのは、必ずしもワキガの場合だけとは限りません。
ワキガ体質でない方も、汗が原因でワキの下が黄ばむことがあります。

通常のエクリン汗腺からの汗は、ほとんどが水分です。
1%ほど含まれる塩分も、黄ばみの原因にはなりません。

汗は、身体を巡る「血漿(けっしょう)」をもとに作られます。
血漿は体にとって非常に大事な成分ですので、いくら体温を下げるためとは言え、そのまま外に出してしまうわけにはいきません。
汗をかくとき、水分(と微量の塩分)以外のミネラル分は汗腺がすべて回収し、体内に戻して再利用するのです。

運動不足だったり、エアコンに頼り切った汗をかかない生活を送っている人は、汗腺の機能が低下しています。
こういう人がいざ汗をかくと、汗腺での大事な血漿の回収率が悪くなります。

結果、余分なミネラルや鉄分が含まれた汗をかくことになります。
これらの成分が黄ばみの原因になります。

こういった黄ばみは、エクリン汗が原因ですので、全身にかきます。
ワキガの黄ばみより色が薄めで、広範囲にかき、境界もあいまいであることが多いです。

汗をかくとフラフラしたり貧血になりやすい人は、このタイプかもしれません。

精神的緊張

緊張やストレスなど、精神的な要因でかく汗を「精神性発汗」と呼びます。
精神性発汗では、一気にどっと汗をかく場合がほとんどです。

このような汗では、汗腺でのミネラル回収スピードが発汗スピードに追い付かず、血漿成分が汗と一緒に出てしまいます。
汗腺機能の低下時と同じく、このときの鉄分が原因で黄ばみが発生します。

デオドラント剤・制汗剤

デオドラント剤や制汗剤が原因で黄ばみが起こる場合もあります。
デオドラント剤に含まれる薬剤が、汗と化学反応を起こし、衣服に黄ばみをつけることがあるのです。

どの消臭剤が黄ばむかは一概には言えません。
人によって、黄ばむ製品が異なるのです。
これは、皮膚の状態や菌の繁殖具合、汗の成分比率が人によってまちまちであるためです。

デオドラント剤をやめて1週間ほどおいて黄ばみがなくなれば、黄ばみの原因がそれであることが分かります。
デオドラント剤の使用をやめるか、別の製品を試すようにしましょう。

柔軟剤

柔軟剤が原因で黄ばみがでる場合があります。

柔軟剤は、シリコンを使って衣類をコーティングします。
このせいで汚れが落ちにくくなり、目に見えないアカやシミがどんどん蓄積されやすくなります。
蓄積された結果、黄ばみが徐々に目立っていくというわけです。

この場合、黄ばみ汚れと同時にニオイ成分も蓄積されることが多くなります。
柔軟剤の香りとあいまって、ますますひどいニオイになることもあるので、注意が必要です。

クリーニングに出さなくてOK!自宅でできる黄ばみの落とし方は?

ワキの黄ばみを落とそうと思ったら、普通はクリーニング店を頼ると思います。
けれど実は、自宅でもカンタンにケアできる方法があるのです。

ワキの下についてしまった黄ばみを自分で落とすには、どうしたらよいのでしょうか?

黄ばみ落としにつかう洗剤と、おおまかな手順

黄ばみを落とす手順は次の通りです。

①中性洗剤で油分を落とす

まずは、強い界面活性力をもった中性洗剤で油分を洗い流します。

汗汚れは、皮脂分でコーティングされて落ちにくくなっている場合が多いものです。
生地を傷めず皮脂汚れを効率的に落とすには、界面活性力の強い中性洗剤を使いましょう。

皮脂分解酵素入りの洗濯洗剤を用意してもいいですが、台所の食器洗い用洗剤でも効果があります。
もし洗濯洗剤を用意する場合には、成分表示を確認して、界面活性剤の含有量が多いものを選んでください。

クレンジングや洗顔フォーム、シャンプーなども皮脂汚れを落とすのに使えます。
ただし中性洗剤より若干アルカリ性よりになるため、デリケートな衣類にはおすすめできません。

固形石鹸ももちろん使えます。
デオドラント石鹸を使えば、皮脂を落とすだけでなく、除菌効果もあるので、衣服にニオイが残っているような場合にはおすすめです。

いずれの洗剤を使う場合でも、洗う時は手でこすり洗いするか、デリケートな衣類には古くなったハブラシを再利用して軽くこすり、汚れをよく浮かせましょう。

②40~50度のお湯でよくすすぐ

脂は冷水では落ちにくいものです。
お湯ですすぐと脂汚れがより一層落ちやすくなりますので利用しましょう。

煮洗いする(沸騰させる)方法もありますが、高温に弱い繊維もあり、縮んでしまうことがありますので、事前によく調べておきましょう。
洗濯表示をみると判断付く場合も多いのですが、よく分からないときには沸騰させるのは避けましょう。

③漂白処理をおこなう

40~50度のお湯をつかったり、30分~1昼夜ほど浸けこんだりして漂白処理をおこないます。
浸けこみ時間は、衣類の素材や汚れ具合をみて加減します。

漂白に使う材料については、後ほど詳しくご紹介いたします。

④そのまま通常通り洗濯する

衣類に合った方法で最後まで洗濯しましょう。
洗濯機が使える衣類はもちろん洗濯機でOKです。

※素材がデリケートで、そもそも自宅洗い(水洗い)不可のものは、この方法では対応できません。
クリーニング店への相談をおすすめします。

漂白にはなにを使えばいいの?

先ほどご紹介した手順③の部分の漂白剤について、どのようなものを使えばよいのか、詳しくご紹介したいと思います。

酸素系漂白剤

漂白剤は、以下の3種類があります。

  • 塩素系漂白剤
  • 酸素系漂白剤
  • 還元系漂白剤

塩素系漂白剤は台所でフキンを消毒するのによく使われます。
漂白・消毒効果は高いですが、布が傷みやすく、色柄物には使えないため、一般的な衣類を漂白するのには不向きです。

還元系漂白剤はアルカリ性が強く、白の衣類でないと使えないため、やはり汎用性がありません。

どんな衣類でも安心して使えるのは、酸素系漂白剤になります。

漂白剤の形状としては、2種類あります。

  • 液体
  • 粉末

液体漂白剤は酸性ですが、粉末はアルカリ性です。
粉末タイプの方が漂白力は高くなりますが、その分色落ちもしやすくなります。
色柄物には液体タイプを使っておいた方が無難でしょう。

特にシルクやウール、色つきの麻製品はデリケートな繊維です。
アルカリ性で傷みやすいので、必ず酸性タイプの液体酸素系漂白剤を使用し、漬け込み時間も30分程度までにとどめましょう。

酸性の酸素系漂白剤でも、必ず色落ちしないとは限りません。
デリケートな衣類だけでなく、どんな洋服を漂白する場合でも、色落ちしないかのテストをあらかじめ目立たない部分で試しておきましょう。

白物などで粉末タイプの漂白剤を使う時は、大さじ3~4杯分をバケツいっぱいの40~50度のお湯でよく溶かしておきましょう。

重曹

重曹はお掃除や茶渋落としなど、さまざまな用途に使われます。
重曹のごくごく弱いアルカリ分が脂肪酸を中和して汚れを落とします。
酸性のニオイ物質を中和して消臭する効果もあります。

重曹にはマイルドな研磨作用もあります。
重曹の粉に水分を少しずつ加えていってペースト状にし、それを黄ばみ部分によくこすり洗いをすると、汚れがよく落ちます。
タライいっぱいのお湯に重曹を溶かし、そこに衣類をつけこんでも効果があります。

ただし、シルクやウール、色つきの麻などデリケートな衣類は、アルカリに弱く、研磨作用も向いていません。
重曹は使わないでおいたほうがいいでしょう。

またふつうは、漂白したらそのまま通常の洗濯にうつりますが、なかには重曹を使えない洗濯機もあります。
あらかじめ洗濯機の取扱説明書をよく確認しておいてください。

酸素系漂白剤+重曹

より効率的に漂白する方法として、酸素系漂白剤と重曹をあわせて使う方法があります。
2つをあわせてお湯でとき、ペースト状にしたものを、汚れの気になる部分に塗り付け、こすり洗いをします。
配合の割合はだいたい同量程度です。

ペーストを塗った部分に熱を加えると、酸素系漂白剤に含まれる過酸化水素水の酸化力があがり、より漂白効果が高くなります。

熱を加える方法としては、スチームアイロンを当てるか、ドライヤーの温風を当てるかします。
ただしドライヤーを当てると衣類が乾燥しやすくなりますので、ドライヤーを使う場合はお湯をかけながら行った方が効果が高くなります。

ペーストを作らなくても、まず重曹をもみこんだのちに、酸素系漂白剤を入れたお湯に衣類を付ける方法でもかまいません。

酸素系漂白剤+重曹の方法でも、やはりシルク、ウール、色柄のある麻など、デリケート衣類では行わない方が無難です。

脇の汗染み対策

汗染みや黄ばみを落とす方法を見てきました。
けれどそもそも洋服に汗染みがつかなければ、落としたり隠したりする苦労をしないですみますよね?
そんな対策方法をみていきましょう。

発汗をごまかす・服に移さなくする

発汗していることをごまかしたり、汗が服にうつることを防止することによって、汗染み対策することができます。
比較的カンタンに対策できる方法が多いので、気軽に試してみてください。

汗染みが目立たない服を着る

汗をかいても、それが目立ちにくい素材の洋服を着れば汗染みがごまかせます。
目立ちにくい素材には、次のようなものがあります。

  • サテン:
    表面がツルツルしていて光沢があるため、光の反射が強く、汗染みが目立ちにくくなります。
  • ポリエステル:
    汗を吸収したあとすぐに発散できる素材のため、汗染み対策に適しています。
  • メッシュ:
    生地に細かい穴がたくさん開いているため、汗が発散しやすく、汗染みが分かりにくい素材です。
  • ニット:
    目がざっくりしているため、汗をかいても蒸発しやすく、目立ちにくいです。

汗が目立ちにくい色もあります。

汗をかいて濡れた部分は、生地表面の凹凸がなくなります。
そうすると光の反射率が下がり、そこだけ色が濃く見えるのです。
これが汗ジミの正体です。

  • 白:
    白色は濡れると透明になります。
    透明というのは白色と同様、光の反射率が高いです。
    白は光の反射率の変化が少ないので、汗が目立ちにくい色と言えます。

    ただし黄ジミができる人は、白色は最も目立ちやすい色になります。

  • 黒:
    黒はもともと、光を吸収する色です。
    濡れてもほとんどそれが変化しないため、汗をかいても目立ちにくい色です。

洋服の柄も、汗ジミを目立たなくするのに一役買います。
細かいボーダーやチェック、小花柄は汗染みや黄ジミが目立ちにくい柄です。
有効活用しましょう。

脇汗パッドを使う

脇汗パッドを使えば、服に汗がつかず、汗ジミを防止することができます。
まめに交換することによって、発汗量のひどい場合でも効率的に対応することができます。

脇汗パッドには、大きく分けて次の種類があります。
ご自分にあったタイプのものを見つけてください。

なお脇汗パッドを使わず、生理用ナプキンで代用することも可能です。
その場合には、絶対に外から見えないよう、細心の注意を払ってください。

【脇汗パッドの種類】

  • 衣服に貼るタイプ
  • ブラジャーやキャミソールにセットして使う布製タイプ
  • ワキの下に直接貼るタイプ

汗取りインナーを使う

汗取り用のインナーを洋服の中に着るのも、たいへん有効な汗ジミ対策になります。
インナー自体には汗ジミや黄ジミが付いてしまいますが、下着は人に見せるものではありませんし、さほど高価な、替えのきかないものではありません。

汗取りインナーには、キャミソールやTシャツ、ボレロタイプなど、さまざまな形状があります。
外の洋服の形状に合わせたり、用途によって使い分けをしましょう。

防水スプレーをしておく

洋服のワキの下部分にあらかじめ防水スプレーをかけておけば、その部分の汗は吸収しなくなります。
汗染みや黄ジミはそこにはできなくなります。
この方法を使う場合には、ぜひ汗取りインナーを併用し、汗が他の部分に流れていかないようにしましょう。

体質改善で汗の状態を好転させる

体質改善に取り組んで、本格的に発汗状況を好転させる方法があります。

食生活の改善

偏った食生活を送っていると、汗の量が増える場合があります。

過度な肉食や、脂質たっぷりの食生活を送っているいると、汗の量が増えます。
同時にこれらは、アポクリン汗の原料になっています。
肉や脂質を取り過ぎると、栄養豊富なアポクリン汗をたっぷりかき、汗染みの黄ばみが悪化します。

香辛料たっぷりの食べ物にも発汗をすすめる作用がありますので、摂取はほどほどにしておきましょう。

多くの野菜類や海藻類には発汗をおさえる働きがあります。
積極的に食生活に取り入れていきましょう。

汗腺トレーニング

クーラー漬けの生活や、運動不足な毎日を送っていると、汗をかく機会がぐっと減ります。
汗をかかない生活を続けていると、全身の汗腺機能が低下し、「汗をかかない」から「汗をかけない」に変化していきます。
全身の大部分の汗腺は休眠状態になり、活動を停止します。

体がこんな状態になっても、大事な心臓を熱から守るために、脇の下の汗腺機能は残りやすいのです。
(脳に近い頭や顔も汗腺機能が残りやすい部位です。)
ワキの下の汗だけ特に気になる方の原因は、こういったところに潜んでいます。

汗腺機能が衰えていると、汗腺での血漿回収率も悪くなります。
鉄分などが汗と一緒にどんどんもれ出し、黄ジミがひどくなるのです。

汗腺機能が衰えている人は、汗腺トレーニングを行って全身の汗腺機能を回復すれば、脇汗の量や、黄ジミが改善されます。

汗腺トレーニングをするには、30分程度の有酸素運動を定期的に行うか、入浴で体を温めて汗をかくことです。
入浴でトレーニングする場合、次のようにするとより成果をあげやすくなります。

  • 手湯・足湯:
    ヒジから先、ヒザから先の部分を、45度前後の熱めのお湯に10分程つけます。

    腕と脚の部分は汗腺の余力が高い部分です。
    ここを鍛えれば、それだけ全身に発汗がまわります。

    ※この方法を行うと、緊張・発汗を促進する「交感神経」が優位になります。
    就寝前などの場合には、この後に半身浴を行うとよいでしょう。

  • 半身浴:
    38度程度のぬるめのお湯に、お腹から下の部分だけつかる方法です。

    半身浴がよいのは、お湯につかっていない上半身から汗をかいて、体温を下げる訓練をしながら入浴できる点です。
    ゆっくり湯船につかっていると、リラックス・制汗をつかさどる「副交感神経」が優位になります。
    お休み前に行うのは特におすすめです。

ワキの下の発汗をピンポイントでおさえる

脇の発汗量自体がおさえられれば、脇の汗染みも目立たなくなりますし、その分黄ジミもできにくくなります。
どんな方法で対応すればよいのでしょうか?

ツボ押し

ワキ汗をおさえる効果のあるツボを押して、発汗を一時的にストップする方法があります。

  • 屋翳(おくえい):
    乳首の上、3~5センチ部分にあるツボです。
  • 大包(だいほう):
    ワキの下をまっすく下にたどり、乳首の高さくらいのところにあるツボです。

いずれのツボも2~3分圧迫すれば効果があります。

この方法は「半側発汗」と呼ばれる、身体の一時的な汗止め方法でよく使われるツボです。
半側発汗というのは、身体の片側を圧迫すると、圧迫している側の汗がとまり、逆サイドに汗をかくようになる、身体の皮膚圧反射というものの一種です。

上半身側を圧迫すると、その分下半身側に汗をかくことになります。
下半身の汗が気になる状況では使わない方が無難でしょう。

この方法はずっとは使えませんが、一時的に汗を止めるにはたいへん効果的なやり方です。
覚えておけば、いざというときに重宝するでしょう。

制汗剤

ワキ用の制汗剤というものは、広く市販されています。
こういったものを利用するのも、ワキ汗をおさえるのに有効です。

ただし、制汗剤には人によって向き不向きがあります。
自分に合った製品を選ぶようにしましょう。

制汗剤の選び方については『【市販で買える11個を比較】制汗剤おすすめランキング』をご覧ください。

ミョウバン水

ミョウバンは、古代ローマの時代から愛用されてきたデオドラント・制汗剤です。
安全性は、食品にも使われるくらいですから確かなものです。
お肌にも安心して使用することができ、アトピーの治療にも使われるほどです。

ミョウバン水は弱酸性です。
雑菌は酸性に弱いため、雑菌による汗臭対策にも効果てきめんです。
ミョウバンはスーパーや薬局など、どこでも安く手に入りますので、気軽にトライできます。

ミョウバン水を作るには、【焼きミョウバン50g:水道水1.5リットル】の割合でミョウバンを溶かして作ります。
完全に溶けるまでには2~3日かかります。

このミョウバン水原液を、部位に合わせてさらに30~50倍に薄めて使用します。
スプレー容器などを用意しておくとサッとふきかけられ、便利です。

塩化アルミニウム液

塩化アルミニウム液は、皮膚科でも処方されるほど、多汗にはポピュラーな治療薬です。
塩化アルミニウム液をお肌に塗ることによって、汗腺の出口に角栓のフタを作り、汗をストップします。

塩化アルミニウム液は夜塗って、朝、軽く洗い流します。
これを数日間続けるとフタが完成し、発汗量がぐっと減ります。

フタは数日間キープされます。
新陳代謝によって角栓が排出されるまでの間は、塩化アルミニウム液を塗らないでも汗止め効果が続くので、ケアを中断することができます。

塩化アルミニウム液は汗止め効果は高いですが、かゆみ、かぶれなどの副作用がおきる場合があります。

塩化アルミニウム液は皮膚科で処方されるだけでなく、市販もされています。
有名な市販品としては次のものがあります。

  • テノール液:
    国産の塩化アルミニウム液で、薬局や通販などで手軽に購入できます。
    塩化アルミニウム含有濃度が低めなので、初心者でも手を出しやすいですが、香料が独特なため、向き不向きが分かれます。

  • オドレミン:
    薬局、通販で広く販売されている、国産の塩化アルミニウム液です。
    テノール液より塩化アルミニウム含有濃度が高めです。

  • デトランスα:
    デンマーク製の塩化アルミニウム液です。
    日本未発売のため、個人輸入(通販形式で購入可能)で手に入れる必要があります。
    ワキ用と手足用があり、濃度は高めです。
    かゆみなどの副作用をおさえる成分が入っていますので、比較的安全に高濃度のものを試すことができます。

ワキガ対策クリーム

ワキガ対策クリームは、消臭効果が高いばかりでなく、制汗作用も持ちます。
しかも安全に長期間続けられるよう、一般の制汗剤や塩化アルミニウム液のような、肌刺激につながりやすい成分は徹底排除されているものがほとんどです。

ワキガクリームの代表例が「クリアネオ」です。

クリアネオは、消臭制汗効果が高いと評判になっている人気商品です。

若干お値段がはります(月5,000円程度)が、安全で長期的に脇汗ケアできると思えば、決してコスパは悪くないでしょう。
なにより、ダラダラとかいてニオイの原因にもなる、恥ずかしい脇汗にサヨナラできると思えば、すごく頼りになる存在です。
塩化アルミニウム液が強すぎてダメだった人は、一度試してみる価値はあると思います。

クリアネオの口コミをチェック!

>>クリアネオの詳細はこちら

汗染みは、できる前にまず「作らない」工夫を!

ワキにできてしまった黄ジミの落とし方から、汗ジミ対策方法までみてきましたが、いかがでしたでしょうか?

最も効果的な汗ジミ対策は、やはり「できる前に防ぐ」ことです。
体質改善にじっくり取り組むのもいいですが、ある程度時間がかかります。
即効性のある、塩化アルミニウム液やワキガ対策クリームなど、他の方法と併用しつつ、脇汗を改善してしまいましょう!

※わきのニオイが気になる方は『冬でも脇が臭い?腋臭の原因と対策マニュアル【完全版】』もご参照ください。

スポンサーリンク

Pick Up

足の臭いを消すクリームランキング!市販の対策グッズは効果があ…

【デリケートゾーンの臭いにおすすめ石鹸・ボディソープ15選】…

洗うだけでワキガが無臭!?脇の臭いケア石鹸・ボディソープラン…

関連記事

女子の気になるニオイ対策に!クリアネオパールの効果とは?

ワキガやすそわきがに効果あり?クリアネオの正しい使い方講座

【クリアネオの口コミ】ワキガに効く?敏感肌は?使用者のリアル…

ワキガを強くするNG食事と改善する食べ物

「脇が臭い=ワキガ」ではない!ニオイの原因と5つの対処法

ワキガが治らない!?しっかり治す治療方法