ニオイが気になる方におすすめ!ニオイや汗を抑える一押し商品

デリケートゾーンのニオイは食べ物が影響している?その対策は

皆さん、自分のデリケートゾーンが臭いと感じたことはありませんか?
ほとんどの女性が自分のデリケートゾーンが臭いと思ったことがあるのではないでしょうか。
また、このニオイは7割以上の男性が気にしているんです!

そんな気になるアソコのニオイの対策は普段から行っていますか?
ひたすらアソコをよく洗うなどしているだけなんて人もいると思います。

しかし、アソコのニオイって、なかなか改善されませんよね?

実はデリケートゾーンのニオイのほとんどが、生活習慣が原因になっているんです。
アソコの洗浄方法が間違っている、雑になっている、アンダーヘアのお手入れをしていないなど、日常の習慣が関わっています。

知らなかったという人は、ぜひ最後までチェックしてみてください!

スポンサーリンク

生活習慣がニオイの原因?

その主な原因に食生活が大きく関わっています。
それでは、どんなことが原因になっているのでしょうか?

食生活が原因

昔と違って、現在は欧米人の好む食事を日本人は多く取り入れ、昔ながらの日本食を好む人はグッと減りました。
そのため、欧米人に多いワキガや体臭に悩む人が増えているんです。
ニオイのヒミツは食事が原因になってることが多いんです。

運動不足が原因

普段から汗をかいていない人は、体臭がきつく、汗がべたついています。
汗をあまり流さない生活を続けていると、汗腺が脂などで詰まってしまい、それが酸化して体臭になってしまいます。
そのため、雑菌などが繁殖しやすい環境になっています。

ストレスが原因

緊張したり、ストレスがたまると、アポクリン腺からニオイ物質がたくさん出てしまいます。
アポクリン腺は普通の汗と違い、べたべたした汗でニオイが出やすいのです。
デリケートゾーンには、アポクリン腺がたくさんあるので、その分、ニオイもキツくなってしまいます。

普段からストレスをためないようにする、ストレスを感じたら、発散をするなど、ストレス対策をしましょう。

ニオイの原因となっている物&対策は?

そもそも、体内からのニオイの発生はなぜ起こるのでしょうか?
知らない人が多いと思いますので、ぜひ、覚えておきましょう。

腸内環境のバランスの崩れでニオイが発生

腸内環境のバランスが崩れると、便秘や下痢になり、腸内でアンモニアが発生します。
そうなると、再び腸内から血中へと流れ、汗として表に出てきてしまうんです。
その結果、汗として体外に流れるので、アンモニア臭がしてしまうんです。

また、便秘になると、消化しきれなかった食べ物が腐敗したり、カスが腸にたまってしまいます。
女性は便秘になりやすいので、自然とデリケートゾーンのニオイが強くなってしまいます。

他にも、デリケートゾーンは汗や汚れがたまりやすい部分なので、ニオイも出やすいです。
そのため、どうしてもニオイ対策が必須になってしまう人が多いのです。

オリモノの雑菌臭

女性のオリモノは結構ニオイます。
腸内のバランスが整っていると、悪臭になりませんが、バランスの崩れ、体調の変化でオリモノは悪臭になります。
これは雑菌が増殖してしまったせいで起こります。

ニオイの原因は食事にあり?

食事の改善だけで、ニオイがかなり軽減されることをご存じですか?
ニオイの原因は良質な食事を取っていないことが大きく関わってきます。
それでは、ニオイの原因になる成分、食品にはどんな物があるのでしょうか?

ニオイの原因になる成分

主にニオイの原因になる成分は以下の物です。
この成分は過剰に摂取しないようにしましょう。

動物性タンパク質

高カロリーで、過酸化脂質を活性化させてしまいます。

食品添加物

ポテトチップス、ハンバーガー、コンビニ弁当、惣菜などの食品添加物を多く含む食品は、酸化を促進する働きをもっています。

アリシン&硫化アリル

アリシンは強いニオイの食品に含まれている成分で、ニオイを強くする働きがあります。
また、硫化アリルは酸化すると硫黄酸化物が発生し、血中に溶け出して、汗と共に悪臭が体外に放出してしまうんです。

ニオイの原因になる食品

消化しにくい食品は腸に残りやすいので、どうしてもニオイの原因になります。
また、他にもニオイの原因になる食品があるので、ご注意ください!

ブロッコリーなどのアブラナ科の野菜

体に良かれと食べていたと思うので、かなりショッキングな情報ですが、実はコレがニオイの原因になっているんです。
ブロッコリー、カリフラワー、キャベツもデリケートゾーンのニオイを悪化させるんです。
アブラナ科の野菜は硫黄混合物を多く含み、強い刺激臭があります。

そのため、体内に取り入れると、悪臭が汗と共に外に放出されてしまうんです。
アブラナ科の野菜を口に入れると、最短でたったの1時間程度でニオイが放出され始めます。

しかし、6時間程度でこのニオイは消えてしまいます。
デートの前には取り入れるのはやめましょう。

たまねぎなどのユリ科やニオイのキツい野菜

たまねぎ、ニンニク、ニラなどは、それ自体が強いニオイをもっています。
この食品には主に、アリシンや硫化アリルが含まれています。
そのため、食事に取り入れると、体臭やデリケートゾーンのニオイがキツくなってしまうんです。

赤身肉

赤身肉、脂肪分の多い肉は消化に悪いため、消化しきれなかった肉のカスが腸に残ってしまいます。
そうすると、そのまま腸にこびりつき腐敗して、悪臭の原因になる確立が高くなってしまうのです。

肉のタンパク質は女性の美容には重要な栄養ですが、過剰摂取は気をつける必要があります
肉中心の食生活ではなく、野菜中心の和食の生活にするのがニオイ対策にはいいです。

また、人によって時間差はあるものの、赤身肉を摂取後、2時間程度でニオイが放出されはじめ、最長で2週間近くも悪臭が放出され続けるんです!

さらに、動物性タンパク質が含有されている肉類を食べると、甘い物もほしくなってしまうんです。
そうなると、悪循環になるので、動物性脂肪を減らすようにしましょう。

また、彼とのラブタイムを控えているなら、赤身肉を食べるのは避ける方がいいですね。

魚はアソコが魚臭くなる

魚介類は日本人が好んで食べる食品です。
特に、マグロ、カツオ、イワシ、サンマ、イカ、タコ、カニなどは好まれます。
DHAやEPAなどの含有率が高い魚の摂取は美肌&健康に良いので、それを考えるなら摂るべきです。

しかし、脂質が分解された後、生臭さが出てくるんです!
つまり、魚を食べると、アソコも魚臭くなってしまうんです!

ただ、魚の場合、長期間におうことはなく、1日もすればニオイは解消されます。

乳製品

チーズ、バターなどの乳製品は消化に悪いんです。
ヨーグルトは腸内環境を良くしてくれるイメージですが、多く摂り過ぎると腸に負担をかけてしまいます。

また、肪分が腸にたまりやすく、ニオイやすいんです。
さらに、皮脂の過剰分泌が起こり、酸化して強い刺激臭を出します。

しかし、適度なヨーグルトは腸に良いので、適度に摂るようにしてください。

ジャンクフード

コンビニ弁当、ジャンクフード類は消化に悪いので、ニオイの原因になります。
消化や健康に悪いだけでなく、添加物も多いので避けるのがベター!

発酵食品

発酵食品であるキムチ、納豆、みそ、しょうゆは、ガスを発生し続けるため、長い間、ニオイがし続けます。

甘い物

女性は甘い物が大好きです。
しかし、甘い物を過剰に摂取する習慣があると、子宮内を菌が繁殖しやすい環境にしてしまいます。

菌のえさは糖分なので、どんどん菌が増えてしまうんです!
そうなると、オリモノのニオイがキツくなってしまうんです。

イースト菌の入っている食品

パン、ビール、マッシュルーム、その他の食品に含まれる糖分もイースト菌に変わります。
これはカンジダの発生にもつながるので、注意が必要です。

その他の食品

酸性食品である穀類、卵、刺激物であるアルコールとたばこも控える方がベター。
アルコールの飲み過ぎは過剰な汗の原因になり、ニオイの元になってしまいます。
また、たばこは体にも悪く、それ自体に独特なニオイが含有されているため、臭くなってしまうんです。

こういったものを摂取するなら

控えたい食品ではありますが、全く摂らないとバランスの悪い食事になるので、適度な摂取を心がけましょう。
上記の食品を摂った場合は、よく噛む、少量にするなど、工夫をしましょう。
それだけでも、ニオイが抑えられます。

甘い物は代替え品を

甘い物に関して、ガマン出来ない場合は黒砂糖、てんさい糖などで作られたスイーツを楽しみましょう
また、サツマイモ、カボチャなどで、本来の甘味を楽しめるものをチョイスするのもベター。

すそワキガの対策にもなる!食事改善

デリケートゾーンのニオイがキツい場合、すそワキガの可能性もあります。
年々、ワキガ体質の人が増えてきているのは、食べ物の変化も一因です。
そのため、ニオイ対策に有効な食品を取り入れるだけでも、ニオイの改善が出来てしまうんです!

しかし、長期的に見なくてはいけませんので、根気よく続けましょう。

ニオイを軽減する成分

ニオイを軽減する成分は様々な食品に入っています。
ここでチェックしておきましょう。

抗酸化成分

抗酸化作用がある食品はもニオイを抑えてくれる食品です。
体内にある脂肪酸の酸化、余分な脂質を抑制し、ニオイの発生が軽減されます。
抗酸化作用がある栄養素はβカロチン、ビタミンC、イソフラボン、ビタミンEです。

βカロチンは、皮脂腺から出る皮脂の酸化を防ぎ、デリケートゾーンのニオイを抑制する働きがあります。
ビタミンCも強い抗酸化作用があるので、ニオイ対策に有効です。

イソフラボンは汗の発汗を抑えてくれます。
ビタミンEは抗酸化脂質で、ビタミンCと一緒に摂取すると吸収率がアップします。

アルカリ成分

アルカリ性食品を多く摂取しましょう
体臭の主な原因は酸性食品で、多く摂取すると体臭がきつくなります。
ニオイを中和させるため、アルカリ性食品を摂取するとニオイが軽減されます。

食物繊維

腸内環境のバランスを良くし、ニオイの原因成分を排出してくれます。
上記の成分を多く取り入れることで、デリケートゾーンのニオイがグッと減ります。

ニオイを軽減する食品

意外と普段食べているものが入っています。
さらにプラスすることで、ニオイの軽減につながります。

βカロチンを多く含む食品

ニンジン、かぼちゃ、ほうれんそう、みかん、すいか、プルーン

ビタミンCを多く含む食品

パプリカ、芽キャベツ、レモン、パイナップル、グレープフルーツ

イソフラボンを多く含む食品

大豆、豆腐、油揚げ、みそ

ポリフェノールを多く含む食品

赤ワイン、イチゴ、緑茶、ゴマ、タマネギ、大豆、ベリー類、バナナ

ビタミンEを多く含む食品

植物油、ナッツ類、ウナギ、ほうれんそう、ベリー類

アルカリ成分を含む食品

ほうれんそう、ニンジン、里芋、キノコ、大豆、メロン、海藻類、梅干し、お酢

食物繊維を多く含む食品

めかぶ、わかめ、ゴボウ、キャベツ

特にめかぶがオススメ!

めかぶはニオイの元を包み込んで、体外に出してくれるフコイダンが多く含まれています
めかぶを食事に取り入れるだけで、オリモノのニオイの軽減、他のニオイ対策にも有効なんです。

ニオイ対策に良い飲み物

緑茶、ほうじ茶、紅茶
カテキンが豊富な飲み物がニオイ対策に有効です。

悪臭の原因、カンジダ&便秘の予防に

悪臭の原因の1つである初期のカンジダ&予防策として、善玉菌であるプロバイオティックを豊富に含むヨーグルト、クランベリージュースの摂取が良いとされています。

また、食物繊維が豊富な納豆、ほうれん草、わかめを摂取すると、悪玉菌を抑制し、腸内環境を良くしてくれます。
結果として、便秘の改善につながります。

ただし、ニオイがあまりにひどかったり、気になるようなら、一度、産婦人科などで受診することをオススメします。

食事の改善以外にも効果があること

食事以外でも、日常生活でちょっと気をつけるだけで、グッとニオイが減ります。
無理は禁物ですが、出来るだけ取り入れましょう。

運動&サウナで汚れを出し切る!

ちょっとした運動、サウナなどで汗をかくようにするだけで、さらさらの汗に変わり、雑菌の繁殖も減ります
これは健康にも良いとても大事な習慣なので、取り入れましょう。

しかし、なかなか運動が続かない人もいるでしょう。
そういう人は、サウナがオススメです。
定期的にサウナに通って、汗とともに老廃物を流しましょう。

適切な膣洗浄機を使用する

乳酸配合ジェルを使用したインクリアなどで膣洗浄を行いましょう。
市販でよくある膣洗浄機ではなく、乳酸配合ジェルで膣内をきれいにすることでデリケートゾーンのニオイを除去できます。

アソコのケアをしっかり行う

デリケートゾーンはムレやすく、汗もかきやすい部分です。
1日1回、必ずシャワーや入浴で清潔にすることが大事になります。

プラス、オリモノシートをこまめに変える、拭くなどするのがよいでしょう。
トイレではウォシュレットなどでキレイにするだけでも、アソコをキレイに保てます。

入浴時には、ふつうの石鹸ではなく、デリケートゾーン専用石鹸を使用するのがニオイ対策には一番です。

デリケートゾーン用のボディソープとしてオススメなのが、「デオシーク」です。

特徴 殺菌成分「イソプロピルメチルフェノール」「グリチルリチン酸ジカリウム」を配合。
厚労省が認定した医薬部外品なので、気になるニオイにきっちりアプローチできます。
価格 4,980円(税別)⇒定期コースの利用(回数ノルマなし!)で2,480円(税別)
購入できる場所 オンラインショップのみ

販売サイト

デオシークボディソープは、お肌にやさしい殺菌成分が2種類も入っているうえに、消臭成分も配合され、さらにきっちり保湿までしてくれるすぐれものです。
デリケートゾーンの臭いが気になる方は、いちど試してみてはいかがでしょうか。

デオシークの詳細はコチラ

馬油オイルでアソコを保湿

馬油オイルは抗酸化作用、殺菌作用、炎症を抑える作用、保湿作用があります。
そのため、デリケートゾーンのケアにピッタリのオイルなんです。
清潔にしたデリケートゾーンに馬油オイルを塗って、保湿を心がけましょう。

すそわきが用クリームでケア

デリケートゾーンに使える「すそわきが用クリーム」は、アソコのイヤな臭いをおさえるように作られています。
「すそわきが」と名付けられてはいても、すそわきがの人はもちろん、そうでない人もふつうに使えて便利です。
敏感な部分に使っても問題がおこらないように、お肌にやさしい成分が厳選されていますので、ためしに使ってみるのもよいでしょう。

生活改善でニオイは軽減出来る!

皆さん、いかがでしたか?
食生活の改善では、即効性はありません。
それは、体内に残っている物質や体質の関係があります。

しかし、お金もかからずにオリモノのニオイを軽減出来る方法なので、是非生活習慣に取り入れてください。
理想的なのは、野菜と果物をよく摂取し、よく噛んで食べることです。

柑橘系、パイナップルなど、ビタミンCを多く含む果物を毎食後に摂るといいでしょう。
また、なるべくノンオイルの野菜中心の食事、キノコ、穀物を多くとりいれると効果が現れます。
食生活の見直しをしつつ、外側のケアをしっかりすることで、相乗効果が得られるので、継続していきましょう。

さらに効果をあげるなら、ケア用品を一緒に使っていくとよいです。
今までの悩みが嘘のように、におわなくなります!

スポンサーリンク

Pick Up

足の臭いを消すクリームランキング!市販の対策グッズは効果があ…

【デリケートゾーンの臭いにおすすめ石鹸・ボディソープ15選】…

洗うだけでワキガが無臭!?脇の臭いケア石鹸・ボディソープラン…

関連記事

女子の気になるニオイ対策に!クリアネオパールの効果とは?

ワキガやすそわきがに効果あり?クリアネオの正しい使い方講座

【クリアネオの口コミ】ワキガに効く?敏感肌は?使用者のリアル…

ワキガを強くするNG食事と改善する食べ物

「脇が臭い=ワキガ」ではない!ニオイの原因と5つの対処法

ワキガが治らない!?しっかり治す治療方法