ニオイが気になる方におすすめ!ニオイや汗を抑える一押し商品

大人女子のデリケートゾーンに新エチケット! シェリーケアデリケートウォッシュで快適♪

多かれ少なかれ人の体からは、さまざまな臭いが発生しています。
愛しい人の体臭はさほど気にならないものの、嫌いな人の臭いは鼻につくものです。
体臭の内でもデリケートゾーンの臭いは、気になるものです。
特に女性は、体調や生理などの関係から臭いがきつくなることがあるので、的確なケアが必要です。

スポンサーリンク

デリケートゾーンの臭い対策にはシェリーケアが効果的

体は、それぞれ場所によって分泌物が微妙に違います。
ついボディソープでデリケートゾーンも洗ってしまいがちですが、ボディソープは洗浄力が強すぎるため、デリケートゾーンのPHに近い専用のソープで洗うことをおすすめします。

シェリーケアの7つの効果

1.デリケートゾーンがムズムズしないので、仕事や勉強に集中できます。
2.温泉やスポーツジムなどで人前で着替えをするときも、臭いを気にせずにすみます。
3.生理時の臭いが、気にならなくなります。
4.パートナーとも自分の臭いを気にすることなく、積極的に愛し合えます。
5.ほのかな香りに、自分自身も癒されます。
6.たえず自分の臭いを気にする必要がなくなり、ストレスから解放されます。
7.日本製の植物由来のオーガニック植物成分が配合されており、安心して使えます。

デリケートゾーンは正しく洗いましょう

シェリーケアの使い方は3ステップです。

1.1回に3プッシュほど手に取り、軽く泡立てます。

2.デリケートゾーンを傷つけないように、優しくていねいに洗います。

3.最後にシャワーですすぎ、泡が残らないように洗い流します。

デリケートゾーンが臭う原因は、尿のアンモニアや生理の経血、おりものなどがアンダーヘアや下着について、雑菌が繁殖するからです。
デリケートゾーン専用のウエットティッシュで拭き取ったり、まめに下着を取り換えたりして、アンダーヘアを手入れしておくと臭いは軽減されます。
デリケートゾーンを洗うときには、ばい菌が入らないように前から後ろに洗います。
膣内は絶えず弱酸性に保たれ、雑菌が繁殖しないようになっているため、毎日の入浴で膣内まで洗うと常在菌まで洗い流してしまうおそれがあります。

シェリ―ケアの7つのこだわり

1.使ったその日から、臭いが気にならなくなります。

2.低刺激のため、使用後のヒリヒリ感がありません。

3.成分は、肌に優しい植物由来成分です。
柿に含まれるエキスと柿タンニンに抗菌効果があり、ガリカバラの花エキスには洗浄力があります。また、アロエベラエキス、コンフリーエキスは、乾燥から肌を守ってくれます。
その他にも、肌バリアを強化するカミツレエキス、ダメージから肌を守るカンゾウエキスなどが含まれています。

4.さわやかな柑橘系の香りと、リラックス効果のあるラベンダーが良質の睡眠を誘います。

5.デリケートゾーンの常在菌を洗い流さないph値4.5の弱酸性なので、安心して洗えます。

6.使用しているハーブは、国内産で完全無農薬栽培されています。

7.日本製品を原料としており、成分や香り、低刺激にこだわり使用感の良さと使いやすさが特徴です。

デリケート部分にトラブルを起こさないために

デリケートゾーンは皮膚が薄く神経も過敏なので、ちょっとしたことが原因で誰でも痒みが出たり、ヒリヒリしてしまいがちです。

デリケート部分にトラブルを起こさないようにするには、汗やおりもので蒸れないように気を付けましょう。

下着は綿素材を選び、レースなどの付いていないなるだけすっきりとしたデザインのものにします。縫い目にも反応してしまう人は、裏返してはいてみましょう。

生理の時などにかぶれる人は、ナプキン選びにも気を使いましょう。
一般的にメッシュタイプのものが痒みが起きやすいと言われているので、コットンシートなど敏感肌用のものを選ぶようにしましょう。

また、おりものシートでかぶれる人も多いようなので、なるべく使用しない方がトラブルを回避できるようです。
生理の時の入浴は気がひけるという人も、シャワーで洗い流しましょう。

デリケート部分専用のシェリーケアで洗うと、トラブルなく清潔に保つことができます。
不潔にすると臭うからとか、かゆくなるからと強くこすったりするのは、特に生理中はやめて下さいね。

ていねいに洗ってもさまざまなトラブルに悩ませられるのは病気かも

女性なら誰もが一度は経験したことがあると言われるのが、カンジダ膣炎です。

陰部のかゆみのうち約3分の1が、カンジダ菌が原因と言われています。
カンジダはカビと同じ真菌に属し、人の皮膚や粘膜に常在菌として誰にでも少しは棲みついている菌です。

おもな症状は、かゆみとおりものの異常です。おりものは酒かすやチーズのような状態です。色は白っぽいクリーム色で、臭いは魚のような生ぐさい臭いがします。

膣の中は湿度が多くカビが繁殖しやすい条件ですが、健康ならカンジダ菌が異常に増えることはありません。

カンジダ菌が増える5つの原因

1.免疫力の低下
疲労やストレス、風邪を引いたときなど免疫力が低下したときにカンジダ菌が繁殖しやすくなります。

2.抗生物質を使用
抗生物質を服用していると、膣内の常在菌まで殺菌してしまう場合があるので、カンジダ膣炎を起こす場合があります。

3.便秘や下痢
大腸の中にはカンジダ菌が棲みついていますが、肛門から膣に感染することがあります。

4.閉経後
閉経すると、エストロゲンの減少によって膣内の分泌量が減ってしまいます。そのため、自浄作用が弱まりカンジダ菌が繁殖しやすくなります。

5.セックスによる感染
男性はカンジダ菌に感染していても症状が出ないため、パートナーとピンポン感染することがあるため、一緒に治療をする必要があります。

その他のおもな性感染症

クラミジア
男女を問わず、クラミジアトラコマチスという菌に感染することによって起きる感染症ですが、性交渉によってパートナーとのピンポン感染をくり返すおそれがあります。
男性には痛みやかゆみなどの症状が現れないため、治療をしない場合が多いのですが、数日間の抗生物質の投与で治癒するので、ペアで治療をするようにしましょうね。
女性の場合の症状は 、緑色のおりものと強い臭いに加え下腹部が痛みます。

トリコモナス
膣や陰部のかゆみと泡状のおりものがあり、強い臭いがします。トリコモナス菌は便座やタオルなどからも感染します。

細菌性膣炎
膣や陰部に、かゆみと臭いが発生します。
通常女性の膣内は弱酸性に保たれており自浄作用がありますが、カンジダ膣炎と同じように免疫力が低下したときにかかりやすくなります。カンジダ膣炎が真菌(カビ)なのに対して細菌性膣炎は細菌が原因です。

淋病
症状は、おりものに強い臭いがあります。
淋菌に感染した母親から生まれた赤ちゃんは、出産するときに母体感染を起こしている可能性があります。
その他にも子宮頸がん、子宮内膜症などもおりものに異常があったり、臭いがあります。
いつもと違う状態が続くようなら、専門の病院を受診するようにしましょう。
病気にかかっていた場合、不衛生にしているからと思い込み、洗いすぎるとよけいにトラブルを招く原因になってしまいます。
膣内を弱酸性に保つシェリーケアで優しく洗い、泡が残らないようにていねいに洗い流しておきましょう。

ワキガ体質の人はデリケート部分が臭うすそワキガの可能性も

性感染症でなくても、デリケート部分が強く臭うのが「すそワキガ」です。
ワキガと同じように遺伝的なものもあり、ていねいに洗っても臭う場合があります。
それは汗腺の違いが原因です。

汗腺にはエクリン汗腺とアポクリン汗腺とがあり、エクリン汗腺は全身に分布していて手の平と足の裏に最も多く存在します。さらっとした透明な汗が特徴です。
アポクリン汗腺は、脇の下、耳、乳輪、へそ、陰部に分布しており、黄色いねばねばした汗を分泌します。この汗がワキガの原因になります。
アポクリン汗腺が発達している人はワキガ体質で、デリケートゾーンも臭う人がほとんどです。

すそワキガの臭いはどうすれば改善できるの?

専用ソープで日々のお手入れを

シェリーケアなどのデリケートゾーン専用のソープでていねいに洗い、良く乾かすことが臭いの軽減になります。

アンダーヘアの処理をしていますか?

適度な長さにカットしておくことで、汗や分泌物、尿などがアンダーヘアにつくことが少なくなります。

太り過ぎではありませんか?

太っていると股ズレなどで蒸れやすく、臭いも強くなります。

生活習慣が乱れていませんか?

睡眠不足や運動不足、かたよった食習慣などでも臭いはきつくなります。

食習慣を見直すとデリケートゾーンの臭いは軽減される

体をアルカリ性にすると、体から発する臭いを抑えることができると言われています。
昔から、酸性にかたよった体をアルカリ性に導くために梅干しを食べましたが、梅干しはワキガに効くと言われてきました。

毎日の食事が酸性に傾いているようなら、食事を改善することでも大切です。
酸性の食品とは、肉類や魚、チーズ、牛乳、ファストフード、スナック菓子などです。
アルカリ性食品とは、ワカメやコンブ、メカブなどの海草類やシイタケやシメジなどのキノコ類、大豆や小豆、インゲン豆などの豆類です。
肉や魚の良質なたんぱく質は欠かせませんが摂り過ぎや、偏りは禁物です。

体臭予防には、体を弱アルカリ性に近づけることが大切です。

シェリーケアで快適な毎日を過ごそう!

日本人女性の約70%が、デリケートゾーンのトラブルに悩んでいると言われています。

臭いを防ぐためにとボデイソープなどの洗浄力の強い洗剤で洗うと、常在菌までが洗い流されてしまいます。

デリケートな部分は、デリケート専用の「シェリーケア」でのお手入れが適しています。
「シェリーケア」は使ったその日から臭いが気にならなくなるのが嬉しく、毎日続けることでデリケート部分からハーブの香りが漂うようになります。

女性は隅々まで清潔で美しくありたいものですね。

スポンサーリンク

Pick Up

足の臭いを消すクリームランキング!市販の対策グッズは効果があ…

【デリケートゾーンの臭いにおすすめ石鹸・ボディソープ15選】…

洗うだけでワキガが無臭!?脇の臭いケア石鹸・ボディソープラン…

関連記事

デリケートゾーンのにおいケア!専用クリームおすすめランキング

デリケートゾーンのニオイには、イビサデオドラントで集中ケア!…

デリケートゾーンの悩みには、イビサソープがおすすめ?効果や使…

急にすそわきがになることってある?何が原因?対処法は?

男性でもすそわきがになる?場所はどこが臭う?原因と対策まとめ

すそわきがってうつるの?性行為が原因?