ニオイが気になる方におすすめ!ニオイや汗を抑える一押し商品

口臭が気になるけど…病気?!その原因と対処方法を紹介!

どんなに素敵な人でも、口臭がキツイと魅力が半減してしまうどころか、会いたくないとまで思われ兼ねません。
「ニオイますよ」とも言えないし、あからさまに顔を背けるわけにもいかないし。

口臭は出来ればなくしたい、でも歯磨きやケア製品でもなかなか改善しない…。
そんなときは病気の疑いがあるかもしれません。

では、口臭がでているときに考えられる病気とはどのようなものなのでしょうか。

スポンサーリンク

口臭にはどんな種類がある?

口臭の種類は、大きく分けると次のように分類されています。

生理的口臭

誰にでもあるにおいで、起きてすぐ、お腹が空いている時、緊張している時に、唾液の分泌が減少することで細菌が増えるため口臭が強まります。

飲食物や嗜好品による口臭

ニンニク、ネギ、酒、タバコ等のようにニオイの強いものを食べたり飲んだりすることによる口臭は一時的なものなので、時間の経過とともにニオイも無くなります。

ストレスによる口臭

いろんなストレスによって、唾液の量が少なくなると口の中が臭くなります。
精神面でのケアが必要です。

心理的口臭

自分自身で強いニオイがあると思い込む人がいます。

病的口臭

口臭の原因の約9割に当たり、歯科口腔科関連によるものだとされています。
歯周病や虫歯、歯垢(プラーク)などがそうです。
残り1割はその他の病院が原因で生じているとと思われます。

口臭の原因となる歯科口腔の病気や状態とは

歯科口腔の病気(1)歯周病

歯茎からの出血がある場合には、まず、歯周病を疑ってみれば良いでしょう。
初期においては痛みもなく自覚できませんが、放っておくと静かに進行していきます。

一見何でもないようでも、歯をみがくなど、ちょっとした刺激ですぐに出血することがよくあります。
歯周病が進行していくと、歯ぐきから出血したものに膿が混ざり、口臭もひどくなってしまいます。

ニオイは、腐った卵のようなにおい温泉臭魚の臓物臭に似ています。
歯磨きをするときに歯茎の歯に近いところまできっちりブラッシングするなどのケアをして予防することが大事です。

歯科口腔の病気(2)虫歯

虫歯になると、歯に空洞ができます。
すると、その空洞に食べ物の食べカスが詰まりやすくなります。
その食べカスが腐るとニオイが発生します。
虫歯が進行すると口臭が出てくるので、口臭が気になった時点で歯医者さんにいくなどの注意が必要です。

虫歯がひどくなり抜歯した場合にも、歯を抜いた部分が穴になってしまい、食べカスが詰まりやすくなりますので、この食べカスが腐ることでニオイが発生します。
神経まで侵され神経が腐ってしまうと、かなりキツイニオイがします。

口内の状態(1)歯垢(しこう)、プラークがある

歯磨きがきちんとできていないと、歯の表面に、柔らかい堆積物がついていきます。
これらのほとんどが細菌のかたまりです。

食べ物の残りかすを栄養としていて、長期間たつと歯石を作っていきます。
この歯石が虫歯や歯周病の原因になります。

きちんとした歯磨きでケアができていれば回避できますが、なかなか難しいので、定期的(1~3ヶ月に1回程度)に歯科医でクリーニングしてもらうか、ご自分で磨き残しの部分に色がつく着色剤を使用して磨き残しがないように毎日のケアをしっかり行うことをお勧めします。

口内の状態(2)歯石がある

歯垢が作ってかたく固まった石灰成分です。
歯石がたくさん付くようになると口臭もひどくなってきます。

また歯石が付くことにより歯周病を進行させます。
歯石ができる前に歯垢をきちんと除去するケアを行うことをお勧めします。

口内の状態(3)舌苔(ぜったい)がある

体調が良くないときなどには、舌の表面に白っぽいものが付着することがあります。
これは舌苔(ぜったい)と呼ばれているもので、歯垢と同じように、細菌が固まった結果、口臭が発生するというものです。

舌をきれいにすると口臭も軽減しますが、歯磨きついでに歯ブラシでゴシゴシすれば良いと言うものではありません。
専用のブラシなどを使ってきっちりケアしても改善されない場合には、歯医者さんに相談することをお勧めします。

口内の状態(4)唾液の減少(ドライマウス)

唾液は口臭予防に大切なものです。
口の中を洗い流す役目や、細菌が増えるのを抑える作用もあり、口の中の粘膜を保護する作用などもあります。

唾液の分泌が少なくなると、口内に雑菌が繁殖しやすくなり、歯周病やむし歯、歯槽膿漏になったり、口臭が強くなったりしやすくなります。
こまめに水分を摂ったり、うがいをしたり、飴を舐めたり、ガムを噛んだりすることで少しはケアできます。

口内の状態(5)入れ歯のケアが不十分

入れ歯のプラスチック部分は色やにおいを吸着しやすいので、毎日きれいに清掃して、寝るときには消毒剤に浸して、きちんとケアすることをお勧めします。
一度吸着すると色やニオイはなかなか取れませんので、毎日のケアをしっかりすることをお勧めします。

口臭の原因となる内臓系の病気とは

病的口臭の原因は9割が歯科口腔科関連ですが、残り1割に重篤な病気が隠れていることがあります。
これに気づかずに一生懸命歯磨きやお口のケアをしても、口臭は無くなりません。
きちんとケアしているのに口臭が改善されない場合には、残り1割の病気かどうかを疑った方が良いかもしれません。

鼻やのどの病気、呼吸器系の病気、消化器系の病気、糖尿病、肝臓疾患などが原因で口臭が起こる場合もあります。
まず、どんなニオイがするのかによって、予測される原因の見当を付けましょう。

病気の原因を把握して、それぞれの症状に応じた治療行うことで、口臭を減らしたり、治すこともできますので、受診を考えてみてください。

肉の腐ったようなニオイ(消化器系の病気)

口から「肉の腐ったようなニオイ」のする方は、以下のような消化器系の病気の疑いがあります。

・胃潰瘍
・胃ガン
・食道ヘルニア
・食道気管支瘻(しろう)

消化機能が落ちるので、物が腐ったようなひどいニオイがします。
また、口臭の他にも酸っぱい感じのゲップが出たりします。
胃が痛かったり、慢性的に感じる口臭がある場合は医療機関を受診してみてください。

肉の腐ったようなニオイ(呼吸器系の病気)

同じく口から「肉の腐ったようなニオイ」のする方は、以下のような呼吸器系の病気の疑いもあります。

・気管支拡張症
・肺結核
・肺ガン
・肺腫瘍

呼吸器系の病気が原因である場合は、どうしてもその原因によって増えてしまう『痰や膿』にあります。
器官部に「痰や膿」が溜まりやすくなると、息を吐いたときに、そのニオイが口から直接に出てしまうのです。

アンモニア臭(肝臓の病気)

口から「アンモニア臭」のする方は、以下のような肝臓の病気の疑いがあります。

・肝炎
・肝硬変
・肝臓ガン

肝臓は様々な代謝や解毒を行なっています。
肝臓の機能が低下すると、肉や魚などのタンパク質や糖質、アルコールなどを処理することが難しくなって、代謝がスムーズにいかなくなり、これが口臭の原因となります。

また、口臭だけでなく体臭もきつくなるため、すれ違うだけでもニオイがしてしまうことがあります。
特に肝硬変や肝炎の場合に強く臭うことが多いです。

アンモニア臭(腎臓の病気)

同じく、口から「アンモニア臭」のする方は、腎不全の疑いもあります。

腎臓は体の水分代謝を担う重要な臓器です。
腎臓の機能が低下することで高血圧や尿の異常、発熱等がおこり、これによって食欲不振や下痢、嘔吐等の症状が出ます。
こういったことが原因となって、水分のコントロールが出来なくなり、唾液の分泌量が減ってしまうため、口臭が出始めることがあります。

りんごが腐ったような甘酸っぱいニオイ

口から「りんごが腐ったような甘酸っぱいニオイ」のする方は、糖尿病の疑いがあります。

特徴的なのは尿のニオイが甘くなることです。
糖尿病の場合は、足の裏や脇の下から甘酸っぱいニオイがするようなると言われています。

膿のニオイ

口から「膿のニオイ」のする方は、以下のような耳鼻咽喉科の病気の疑いがあります。

・鼻づまり
・副鼻腔炎(蓄膿症)

鼻づまりがひどくなり蓄膿症になると鼻の中にたまった膿のニオイが口から臭うことがあります。

自分の症状を知って適切な口臭改善を

冒頭で述べた方法で、自分の口臭をチェックしてみて、どんなニオイがするのかが大体分かると、対処方法も分かります。
口の中が原因の場合は歯科を受診、内臓疾患が原因の口臭なら内科を受診、耳や鼻の場合は耳鼻科や耳鼻口腔外科などを受診しましょう。
適切なケアや治療をすれば、口臭は改善されます。

口臭を改善してより良い印象を与えられれば、人間関係にもプラスになるでしょう。

スポンサーリンク

Pick Up

足の臭いを消すクリームランキング!市販の対策グッズは効果があ…

【デリケートゾーンの臭いにおすすめ石鹸・ボディソープ15選】…

洗うだけでワキガが無臭!?脇の臭いケア石鹸・ボディソープラン…

関連記事

口臭予防効果が高い歯磨き粉ランキング!効果を出す磨き方

口臭にガムは効果がある?臭いを消す効果的な噛み方と逆効果の方…

コンビニで速攻口臭対策!効果はある?おすすめグッズ12選

口臭の原因と対策はコレ! 種類に合った対処法でさわやか息に

口臭を改善して自分に自信♪原因別でわかる口臭対策11

口臭チェックって?気になる口臭チェックの方法とは?