ニオイが気になる方におすすめ!ニオイや汗を抑える一押し商品

【デリケートゾーンにおい対策】病気が原因?市販の商品で解消できる?

デリケートゾーンは、においトラブルを抱えやすい反面、人に悩みを相談しづらい部位で、対策に悩む女性が多くいます。
デリケートゾーンのにおいが原因で、「彼氏にフラれてしまった…」なんてことも。

対策方法は、においの原因ごとに変わり、市販の商品で軽減できる場合があります。
しかし、原因に合わない、間違ったケアを続けていると、においを余計に強くしてしまうことも。

また、デリケートゾーンのにおいは、病気のサインでもあります。
病気の場合は、自分ひとりでの解決が難しくなります。

そこで、この記事では、デリケートゾーンにおいの原因と対策方法について、詳しく解説していきます。

スポンサーリンク

デリケートにおいの原因

デリケートゾーンのにおいが気になる原因は、ひとによってさまざまです。

適切な対策方法を知るためには、まずはじめに、ニオイ発生の原因を突き止める必要があります。
さっそく、においの原因について、詳しくみていきましょう。

雑菌の繁殖

繁殖した雑菌から排出される「老廃物」が、においの原因のひとつです。

デリケートゾーンは高温多湿で蒸れやすく、身体のなかでも、とくに雑菌が繁殖しやすい部位です。
また、ショーツについたおりものや、毛、尿、汗、経血などは、雑菌の栄養となるため、においの原因となる老廃物が溜まりやすくなります。

雑菌が繁殖しやすくなる原因について、詳しくみていきましょう。

恥垢が溜まっている

デリケートゾーンのケアが不十分で、汚れが放置された状態が続くと、雑菌の栄養となる「恥垢」と呼ばれる垢が溜まります。

デリケートゾーンの構造上、大陰唇と陰唇のあいだや、ヒダ部分、クリトリスと皮のあいだ部分などに、恥垢が溜まりやすく、放置するほど、においが強くなります。

また、恥垢自体が、チーズのような臭いがします。

汗をかいて蒸れやすい

デリケートゾーンは、「アポクリン汗腺」が集中しているため、汗をかきやすく、蒸れやすくなります。

汗のほかにも、アンダーヘアやナプキンなどにより、蒸れて湿った状態が続き、雑菌が繁殖しやすいというわけです。

膣の自浄作用が低下する

雑菌の繁殖を抑える役割をもつ「膣の自浄作用」が低下することで、においやすくなります。
膣の自浄作用が低下する原因は、以下の通りです。

加齢

加齢により、更年期ごろから、自浄作用が低下します。
自浄作用が弱くなるだけでなく、膣のうるおいが少なくなることで、細菌感染を起こしやすくなります。

雑菌が繁殖しやすく、病気に感染しやすくなることで、においがきつくなるというわけです。

ストレス・疲労・体調不良

ストレスや疲労、体調不良で、身体の免疫力が落ちることで、ホルモンバランスが乱れ、自浄作用が低下します。

洗いすぎ

デリケートゾーンの洗いすぎも、自浄作用を低下させる原因のひとつです。

洗いすぎにより、雑菌だけでなく、自浄作用の働きをする「デーデルライン桿菌(乳酸菌の一種)」という善玉菌まで洗い流してしまいます。
ウォシュレット(温水洗浄便座)やビデの使いすぎも自浄作用を薄める恐れがあり、雑菌が繁殖しやすくなるというわけです。

病気

デリケートゾーンのにおいが気になる場合は、病気の可能性があります。

「におう=病気」ではない

とはいえ、においが気になっても、すぐに病気と考える必要はありません。
デリケートゾーンのにおいは、病気のほかにも、ストレスや食生活など、じつにさまざまな原因で引き起こされます。

突然においがきつくなったり、おりものの量や色が変わったなど、「急な変化」を感じた場合は、婦人科系の病気にかかっている可能性があります。

また、清潔にしていても、強いかゆみを伴うときは、感染症の疑いがあります。
自然治癒が難しいため、医療機関を受診しましょう。

病気の原因は性交渉だけではない

においを引き起こす病気の原因は、必ずしも性行為とは限りません。
疲労やストレスによる免疫力の低下で、雑菌が異常繁殖し、病気になるケースもあります。

においの原因となる病気

それでは、においの原因になりやすい、おもな病気を確認していきましょう。

細菌性膣炎

細菌性膣炎になると、おりもののにおいがきつくなり、強い生臭さを感じます。

自浄作用といって、膣が本来持っている雑菌の繁殖を抑え、病原菌などの侵入を塞ぐといった働きが弱まることが原因です。

ストレスや免疫力低下が、膣の自浄作用を弱めます。
また、入浴時にデリケートゾーンを洗いすぎることで、自浄作用が弱まるケースがあります。

カンジダ膣炎

カンジダ膣炎になると、生臭い魚のようなにおいにくわえて、かゆみや、おりものが酒粕のようなぽろぽろとした状態に変わります。

カンジダ菌」というカビの一種により、引き起こされる病気で、性行為以外にも、ストレスや体調不良による免疫力低下や、不衛生な環境、糖尿病などが原因で起こります。

膣の自浄作用により、自然治癒するケースがありますが、婦人科で抗菌薬を処方してもらうことで治療できます。

クラミジア

クラミジアは、「クラミジア・トラコマチス」という細菌に感染することで発症し、おりもののにおいがきつくなります。
日本で圧倒的に感染者が多い性病で、性行為でしか感染しません。

クラミジアを放置しているうちに、パートナーにうつしてしまったり、「不妊症リスク」を高めてしまう恐れがあります。
突然、おりものの量が増えたり、色が緑っぽいと感じたり、性交痛があったら、婦人科を受診しましょう。

淋病

淋病は、「淋菌」に感染することで発症し、ほとんどの感染ルートが性行為です。
投薬治療によって完治できますが、放置すると感染が広がり、卵管炎といったほかの病気を引き起こす恐れがあります。

トリコモナス膣炎

トリコモナス膣炎になると、黄色っぽいおりものから、悪臭を感じます。
トリコモナス」という微生物の原虫に感染することで発症し、感染ルートは性行為です。

女性の場合は、自然治癒が難しく、きちんと服薬を続けないと再発する可能性もあります。

すそわきが

陰毛からワキガ臭がする場合は、すそわきが(腋臭症)の可能性があります。

すそわきがの原因は、アポクリン汗腺から出る汗で、ワキガと同じ仕組みです。
専用のデオドラント商品を使うことで、においを抑えられますが、完全に治すには病院での治療が必要です

アポクリン汗腺は、ストレスや緊張、興奮などで活発に働きだします。
そのため、すそわきがの場合は、面接前や性行為中など、気持ちが高ぶる場面で、においがきつくなりやすくなります。

食生活

肉類を好んで食べたり、アルコール摂取量が多いひとは、においがきつくなります。

動物性たんぱく質」を多くとっていると、体内でにおいの原因となる悪玉菌が増えやすく、体臭がきつくなります。
また、アルコールにはアポクリン汗腺を活発にさせる作用があるため、においを発生させやすくなります。

おりもの

おりものは、正常時でも、すこしだけ「すっぱいにおい」がします。
健康であれば、気になるほどのにおいではありませんが、生理前や妊娠中は、おりものの量が増えるため、においを感じやすくなります

また、ストレスや体調不良により、ホルモンバランスが乱れると、おりものが増え、においが強くなります。

生理(経血)

生理中は、空気に触れて酸化した経血が、においの原因のひとつです。

長い時間、ナプキンを交換できないと、蒸れた状態が続くため、雑菌が繁殖しやすくなります。
また、付着した経血は、雑菌の栄養となるため、さらに繁殖を進めて、においを発生させます。

デリケートにおいの種類

「どんなにおいがするのか?」は、原因によって違いがあります。
デリケートゾーンのにおいの種類について、みていきましょう。

イカ臭い・納豆臭い・鉛筆臭い

イカ臭い・納豆臭い・鉛筆臭い場合は、すそわきがの可能性があります。
ワキガとよく似たにおいで、チーズ臭いと感じる人もいます。

チーズ臭い・生臭い・魚臭い

チーズ臭い・生臭い・魚臭いにおいは、生理のときに感じられます。

また、どぶのような生臭さや、魚臭い感じがある場合は、腸内環境が悪化していたり、細菌性膣炎の可能性があります。

粉チーズの容器を直接嗅いだようなチーズ臭さがある場合は、恥垢がにおいを発生させているケースがあります。

酸っぱいにおい

酸っぱいにおいの原因は、おりものです。
汗とおりものが混ざり、独特な酸っぱいにおいになっている可能性があります。

正常なおりもののにおいと考えられるので、においが多少きつくても、病気を疑う必要はないでしょう。

アンモニア臭

陰毛やショーツに、尿など排せつ物が残って臭っている可能性があります。

また、ストレスなどが原因で内臓機能が低下すると、体内で解毒しきれなかったアンモニアが体臭となってにおっている恐れがあります。
汗や皮膚からアンモニア臭が発生している場合は、いくらきれいに洗っても、においを抑えられないため、体内環境を整える必要があります。

甘いにおい

糖尿病など、肝機能が低下することで、甘いにおいを感じるケースがあります。
香水のような甘さではなく、甘酸っぱいアンモニア臭で、不快なにおいと感じる人が多いでしょう。

デリケートにおいの解消・対策方法

それでは、デリケートゾーンのにおいを抑えるためのケアや対策方法を確認していきましょう。

殺菌・除菌をする

デリケートゾーンのにおい対策は、清潔な状態を保ち、においの原因となる雑菌を「殺菌・除菌する」ことです。
ただし、良い細菌まで除菌してしまうと、かえってにおいを悪化させてしまうので、正しい殺菌・除菌方法を身につける必要があります。

正しい洗い方を覚える

デリケートゾーンを間違ったやり方で洗ってしまうと、恥垢を流しきれなかったり、膣の自浄作用を薄めてしまう可能性があります。
正しい洗い方の手順を確認していきましょう。

正しい洗い方の手順

石鹸などをよく泡立てて、前から後ろにかけて指で優しく洗いましょう。

ごしごし洗うと皮膚を傷つけ、炎症を起こしてしまう恐れがあります。
いっぽうで、泡を乗せただけでは、恥垢を洗い流せないので、ていねいに洗うように心がけましょう。

陰核から性器、会陰、肛門の順番に洗いますが、石鹸で膣内まで洗ってしまうと、自浄作用を薄めてしまうので、指を膣のなかまで入れて洗う必要はありません

また、陰毛部分は、根元をマッサージするように洗い、毛の流れに逆らって指を動かしたときに、抜けてしまう毛は洗い落としてしまいましょう。

恥垢が溜まりやすい陰核の包皮部分や、陰唇の溝部分を中心に、ていねいに洗ったあとは、流し残しのないように、シャワーでしっかりとすすいでください。

なお、熱いお湯には殺菌作用がありますが、良い細菌まで殺してしまうので、ぬるめのものを使用するようにしましょう。

デリケートゾーン専用石鹸を使う

洗うときは、デリケートゾーン専用の石鹸を使いましょう。

市販で売られている身体用の石鹸では、刺激が強すぎるため、炎症を起こす恐れがあります。
低刺激で、泡立ちがやわらかな専用石鹸を選ぶことで、膣周辺を清潔に保ち、雑菌の増殖を抑えられます。

含まれる成分によって、かゆみや黒ずみの原因を抑える専用石鹸もあるので、ニオイケア以外にも、気になる悩みによって、石鹸の種類を選ぶとよいでしょう。

拭き取りシートを活用する

おりものや、生理時の経血が気になるときは、デリケートゾーン用の拭き取りシートを活用しましょう。
外出先でも、気になる汚れを拭き取れ、ある程度のにおいを抑えられます

赤ちゃん用のおしりふきでも代用できますが、使用後のシートを汚物入れに捨てることに抵抗がある場合は、洗い流せるタイプのシートを利用するとよいでしょう。

膣洗浄ジェルで菌バランスを整える

膣内の汚れやにおいが気になる場合は、膣洗浄ジェルを使いましょう。
専用のジェルを使用することで、膣内環境が整えられて、雑菌の繁殖が抑えられます

石鹸などで、膣内を洗おうとすると、善玉菌まで洗い流してしまい、自浄作用を低下させてしまう恐れがあるため、膣内の洗浄にはジェルを使うようにしましょう。

市販の商品を利用する

市販の商品で、デリケートのにおいケアができます。
ケア商品の種類を確認していきましょう。

サプリ

専用のサプリを活用することで、外側からでは対策できない、体内からでるにおいをケアできます
アンモニア臭などの体臭は、洗浄で解消できないため、サプリの活用がおすすめです。

におい対策スプレー

専用のスプレーを使うことで、いやなにおいや、蒸れの不快感をやわらげられます。
消臭力があるだけでなく、除菌や洗浄できるスプレーは、一時的にかゆみをおさえることも。

携帯サイズのスプレーは、においやかゆみが気になるときの応急処置として使うとよいでしょう。

コスメ(オイル商品)

コスメにも、臭いをやわらげるアイテムがあります。

有名なのが「馬油」などのオイルアイテムで、洗ったあとのケアとして保湿や、細菌感染の予防におすすめです。

また、デリケートウォッシュオイルは、石鹸よりもしっかりと、においの原因となる汚れを落とせます。
植物油である「アロマ」も、におい対策に有効なアイテムです。

専用クリーム

専用のデオドラントクリームを使うことで、気になるにおいを抑えます。
すそわきがの臭いを抑えられるものから、雑菌によるにおいを対策できるクリームまで、さまざまな商品があります。

また、クリームには、黒ずみケアになる美白成分が含まれている商品などもあり、デリケートゾーンのトータルケアとしておすすめです。

黒ずみも気になる方はチェック!

薬局で買える市販薬を利用する

においの原因が炎症の場合は、薬局で購入できる市販薬で改善につなげることが可能です。
また、整腸効果のある市販薬を服用することで、膣の自浄効果を高められます。

薬局で購入できる市販薬を一部ご紹介します。

ビオフェルミン

ビオフェルミン」は、ヒト由来の乳酸菌で、膣内の環境を改善する効果が期待できます。

飲用だけでなく、膣内に直接入れる方法もあります。
直接挿入する場合は、ビオフェルミンの溶けた残骸が膣内から外に出てくることがあるので、おりものシートを使用しておくとよいでしょう。

メディトリート

大正製薬が販売している「メディトリート」は、カンジダ膣炎の薬です。
第一類医薬品のため、購入時には薬剤師からの説明が必要です。

ただし、においやかゆみがあっても、カンジダ膣炎とは限りません。
カンジダ膣炎は、再発しやすい病気のため、疑いがある場合は、早めの受診がおすすめです。

ムレ対策をする

においの原因となる雑菌は、高温多湿の環境で増殖します。
そのため、デリケートゾーンの蒸れは、においを悪化させます。

具体的なデリケートゾーンのムレ対策を確認していきましょう。

下着を工夫する

下着の素材には、通気性のよい綿やシルクを選びましょう
ポリエステルやナイロン素材は通気性が悪く、蒸れやすくなります。

ズボンはパツパツのものを避ける

スキニージーンズなど、ピタッとした密着度の高い服は蒸れやすいので、においが気になる場合は避けたほうが無難です。

また、締め付けの強いガードルや、ストッキングもムレやすくなります
なるべく通気性のよい、締め付けない衣類を選びましょう。

アンダーヘアの手入れをする

アンダーヘア(陰毛)は、毛量が多いほど、ムレの原因になるため、剃ったり、短く揃えるなど、お手入れをするとよいでしょう。
また、毛を短くすることで、汚れが付着しづらくなり、殺菌の繁殖を抑えることにも繋がります。

ナプキンの使い方に気をつける

生理時のナプキンは、蒸れる原因のひとつです。
ナプキンによる蒸れ対策は、以下の通りです。

ナプキンを頻繁に取り換える

ほとんど汚れていない場合でも、同じナプキンを使い続けていると、時間とともに菌汚れが進んでいきます。
見た目の経血量に惑わされず、2~3時間を目安に、ナプキンを交換するようにしましょう。

布ナプキンを使う

布ナプキンは通気性に優れているため、ムレ対策におすすめのアイテムです。
通販だけでなく、東急ハンズやロフトといった量販店で購入できます。

タンポンと併用する

タンポンを使用することで、陰部が経血で湿った状態にならないので、ムレ対策としておすすめです。

経血が膣の外に出ないことで、雑菌の繁殖を抑えることにも繋がります。
また、経血自体のにおいを抑えられるので、タンポンとナプキンをうまく使い分けるとよいでしょう。

病院で治療・手術を受ける

においの原因が病気やすそわきがの場合は、病院で治療を受けることで改善します。
いくらデリケートゾーンを清潔にしていても、原因を改善しない限りは、においをなくせません。

また、病気の場合は、自然治癒が難しく、放置していると不妊症になるケースがあります。

すそわきがの場合は、原因のアポクリン汗腺を手術で取り除く方法があります。
手術が不安なときは、「メスを使わない治療法」もあるので、病院で相談してみるとよいでしょう。

食事を見直す

食生活を見直すことで、デリケートゾーンのにおいを改善できます。
におい対策として、積極的に摂りたい食品について確認していきましょう。

ヨーグルト

ヨーグルトに含まれる豊富な乳酸菌は、身体によい働きをしてくれる善玉菌のひとつです。
乳酸菌は膣内の環境を改善し、雑菌によるにおい解消に効果的です。

とくに、「ラクトバチス」という乳酸菌は、自浄作用を高める働きがあり、「明治プロビオヨーグルトLG21」や「雪印メグミルクの恵み」といった商品に含まれています。

また、小さじ1杯ほどの無糖ヨーグルトを直接、膣に塗るという方法があります。
すそわきがのにおい改善には役立ちませんが、雑菌繁殖によるにおいが気になる場合には、試してみるのもよいでしょう。

野菜やくだもの

野菜やくだものには、イヤなにおいの原因となる、脂肪の酸化を抑える働きがあります。
また、動物性のたんぱく質と違い、野菜やくだものに含まれる植物性たんぱく質は、ニオイ物質を出しません。

そのため、においを改善したい場合は、野菜を中心の食事を心がけるとよいでしょう。

重曹を使う

重曹には、消臭効果があります。
また、普通のボディーソープに混ぜてスクラブのように使用したり、湯船に入れて「重曹風呂」をすることで、肌のターンオーバーを促し、黒ずみの解消も期待できます。

ただし、重曹は弱アルカリ性のため、洗い残しを肌に放置し続けていると、酸性で保たれている膣内のバランスを崩す恐れがあります。
膣内のバランスが崩れると、自浄作用が低下し、雑菌繁殖により、かえってにおいがきつくなる可能性があります。

また、重曹には皮膚を溶かす作用があるため、皮膚の薄いデリケートゾーンに直接塗るのは避けてください。

ストレスを解消する

日頃から、ストレスを溜めすぎないことも、におい対策のひとつです。

ストレス状態が続くと、汗腺が刺激されて、べとついた臭い汗がでます。
べとついた臭い汗は、雑菌の大好物で、においの原因となるため、適度にストレス解消を心がけましょう。

原因を知って適切なデリケートにおいケアをしよう

デリケートゾーンのにおいは、さまざまな原因によって引き起こされます。
対策方法も、原因によって変わりますが、日頃からデリケートゾーンの蒸れを抑え、膣周辺を清潔な状態にしておくことが大切です。

市販の商品では、雑菌の増殖を抑え、膣環境を整えることで、においを抑えます。
かゆみがあったり、おりものの状態に違和感のある場合は、病気の可能性があるため、ひとりで抱え込まず、病院を受診しましょう。

ただし、デリケートゾーンのにおいが、必ずしも、すそわきがや病気が原因とは限らず、洗い方や食生活、ストレスの場合があります。
においが気になるときは、じぶんの日常を振り返り、においの原因を探ってみてください。

スポンサーリンク

Pick Up

足の臭いを消すクリームランキング!市販の対策グッズは効果があ…

【デリケートゾーンの臭いにおすすめ石鹸・ボディソープ15選】…

洗うだけでワキガが無臭!?脇の臭いケア石鹸・ボディソープラン…

関連記事

デリケートゾーンのにおいケア!専用クリームおすすめランキング

デリケートゾーンのニオイには、イビサデオドラントで集中ケア!…

デリケートゾーンの悩みには、イビサソープがおすすめ?効果や使…

急にすそわきがになることってある?何が原因?対処法は?

男性でもすそわきがになる?場所はどこが臭う?原因と対策まとめ

すそわきがってうつるの?性行為が原因?