ニオイが気になる方におすすめ!ニオイや汗を抑える一押し商品

デリケートゾーンの我慢できないかゆみに!外陰部の腫れやかぶれの原因と対策

デリケートゾーンの我慢できないほどのかゆみに
「血がでるほどかきむしってしまった」「夜もじゅうぶんに眠れないと」というケースも…。

また、原因がわからず「病気かもしれない」と不安に感じる女性は少なくありません。

この記事では、デリケートゾーンのかゆみについて、原因と対策を解説します。

病院へ行ったほうがよいのか、市販薬や自然治癒でかゆみをおさえられるのか、デリケートゾーンのかゆみについて、原因ごとに対処法をくわしくチェックしていきましょう。

【check!】最初に始めるべき対策は?

蒸れによって繁殖した雑菌が肌への刺激となり、デリケートゾーンのかゆみを引き起こします。

また、皮膚が薄く保湿力が低いため、乾燥しやすいのも原因の1つ。

つまり、デリケートゾーンのかゆみ対策をするならまず『雑菌の繁殖と乾燥を防ぐのが』大切になります。

>>2つの原因を予防!デリケートゾーンのかゆみ対策方法を確認したい方はコチラ

デリケートゾーンかゆみの原因

デリケートゾーンは、かゆみトラブルを起こしやすい部位です。
まずは、かゆみの原因について、チェックしていきましょう。

蒸れ・汗

デリケートゾーンは構造上、蒸れやすく・汗をかきやすい部位です。

蒸れた状態が続くと、繁殖した雑菌が肌の刺激となり、かゆみを感じやすくなります。

蒸れの原因は、衣類や生理用品により、通気性が悪いことが理由のひとつです。
また、デリケートゾーンには汗腺が集中しているため、汗をかきやすくなります。

ストレス・疲れ・体調不良(免疫力の低下)

ストレスや疲れ、体調不良により免疫力が落ちていると、かゆみを感じやすくなります。

免疫力が低下しているときは、肌が敏感になりやすいため、かゆみといったトラブルを抱えやすくなるというわけです。

ホルモンバランスの乱れ

かゆみの原因のひとつに、ホルモンバランスの乱れがあります。
ホルモンバランスが乱れやすいタイミングは、以下の通りです。

更年期

更年期になると、ホルモンバランスが崩れやすく、デリケートゾーンにかゆみをはじめとする、さまざまな悩みを抱えやすくなります

加齢とともに、女性ホルモンが減り、肌が乾燥しがちになります。

また、膣内のうるおいが減ることで、膣炎を起こしやすくなることも理由のひとつです。

妊娠中

妊娠中は、ホルモンバランスが変化しやすく、「妊娠性搔痒(にんしんせいそうよう)」といって、デリケートゾーンにかゆみを感じやすくなります。

妊娠初期に、かゆみを感じているママは、およそ半数近くにのぼります。
おりものの量が増えることで蒸れやすく、カンジダ膣炎になるケースがあります。

生理前後・期間中

期間中や、生理前後もホルモンバランスが乱れやすく、肌が敏感になることで、かゆみを感じるようになります。

また、ナプキンや経血により、デリケートゾーンが高温多湿になることで、かゆみを感じる場合があります。

ホルモンバランスの乱れにより、生理前後は、おりものの量が増えるため、さらに蒸れやすく、かゆみを感じやすくなります。

洗い方が間違っている

洗いすぎが、かえってデリケートゾーンのかゆみを悪化させている可能性があります。
また、細かな部分の汚れがきちんと洗えていない場合は、雑菌が繁殖することで、かゆみを感じやすくなります。

洗うときに使う石鹸の刺激が強すぎて、かゆみを引き起こしているケースもあります。

かゆみをケアしてくれる石鹸が気になった方は、『【デリケートゾーンの臭いにおすすめ石鹸5選】かゆみや黒ずみもケア』をご参照ください。

乾燥

デリケートゾーンは、もともと皮膚が薄く、保湿力が低いため、乾燥しやすい部位です。
乾燥状態では、肌が敏感になるうえ、雑菌が繁殖しやすく、かゆみを感じやすくなります。

こすれ・摩擦

デリケートゾーン部分の皮膚がこすれたり、摩擦されることで、かゆみを感じるケースがあります。

ストッキングやスキニータイプのパンツなど、締め付けが強い衣類は、デリケートゾーン部分の肌に、負担を与え続けてしまいます

また、こすれや摩擦といった負担を肌が受け続けると、乾燥を引き起こし、かゆみを感じやすくなります。

抗生物質の服用

抗生物質の服用中は、かゆみを感じやすくなります。
服用開始後、1~2週間でかゆみを感じる人が多くいます。

抗生物質は、デリケートゾーンを清潔に保つために必要な善玉菌まで弱めてしまうため、かゆみを感じやすくなるというわけです。

アレルギー・アトピー(体質)

アレルギーやアトピーなど、体質的な原因で、かゆみを感じる場合があります。

ナプキンといった、直接デリケートゾーンに触れるアイテムが肌に合わず、かゆみにつながるケースがあります。
アトピーによるかゆみを放置すると、真っ赤に腫れあがったり、カンジダ症を併発する恐れがあります。

続けて、デリケートゾーンのかゆみと病気の関係について、みていきましょう。

病気

病気が原因で、デリケートゾーンにかゆみが起こっているケースがあります。

ただし、「かゆいから病気である」とは限らず、性感染症や炎症が原因のかゆみは、ごく一部です。

病気の原因は、性交渉とは限らず、ストレスや加齢など、じつにさまざまです。

いっぽう、性交渉でパートナーにうつってしまう可能性はゼロではありません。

かゆみの原因がはっきりしない場合は、うやむやに放置せず、治療を受けることが大切です。

デリケートゾーンかゆみの原因になる主な病気

デリケートゾーンかゆみの原因になるおもな病気をチェックします。

以下の表は、病気ごとに「かゆみがでる場所」「かゆみの強さ」「おりものの状態」「そのほかの症状(特徴)」について、まとめたものです。

かゆみ 場所 おりもの 症状
外陰部搔痒症 個人差がある 外陰部、肛門周辺 異常なし かゆみ以外なし
細菌性膣炎 むずがゆい 膣、外陰部 生臭い、黄色で水っぽい におい
膣カンジダ 痛痒い 膣周辺 白色で酒粕やヨーグルト、カッテージチーズ状になる 痛痒い(ヒリヒリ)、ブツブツができる
接触性皮膚炎 激しいかゆみ 陰毛部分、外陰部※原因物が触れる部分 異常なし 紅斑(赤いブツブツ)、水疱
トリコモナス膣炎 痛痒い 外陰部、膣 黄色や緑色で泡状、悪臭 膣の痛み、赤い腫れ
性器ヘルペス 痛痒い 外陰部、膣の入り口付近 異常なし 性器周辺の水疱、痛み
白癬症 むずがゆい 性器周辺、外陰部 ポロポロとした白いおりもの ポツポツとした湿疹や、水疱
尖圭コンジローマ やや激しいかゆみ 性器周辺、外陰部 異常なし イボ
毛じらみ 激しいかゆみ 陰毛部分 異常なし 下着に茶色い粉末がつく
精神性疾患 激しいかゆみ デリケートゾーン全般 異常なし ひっかき傷、赤み、ただれ
疥癬 激しいかゆみ 外陰部 異常なし 赤み
外陰萎縮症 むずがゆい 外陰部、性器周辺 異常なし 白斑
糖尿病 むずがゆい 外陰部 異常なし 肌の乾燥
膀胱炎 むずがゆい 外陰部 異常なし 残尿感、排尿時に痛み

それぞれの病気について、さらにチェックしていきましょう。

  • 外陰部搔痒症:乾燥や、洗いすぎ・締め付けの強い衣類によって、肌が刺激を受け、外陰部にかゆみがでる症状を指します。
  • 細菌性膣炎:細菌性膣炎は、膣内の菌バランスが崩れることが原因で起こります。
  • カンジダ膣炎(膣カンジダ症):カンジダ膣炎は、もともと体のなかにある「カンジダ真菌」というカビの一種が、増えすぎてしまうことで、かゆみを感じます。
  • 接触性皮膚炎:接触性皮膚炎は、下着やナプキンが刺激となり、おこる湿疹のひとつです。
  • トリコモナス膣炎(膣トリコモナス症):トリコモナス膣炎は、「トリコモナス原虫」という微生物が感染しておこる性病です。
    感染経路のほとんどは性交渉です。
  • 性器ヘルペス:性器ヘルペスは、「単純ヘルペスウィルス」の感染でおこります。
    水ぼうそうの経験があるひとなら、だれもが発症する可能性があります。
  • 白癬症(はくせんしょう):白癬症は、水虫と同じ原因菌の「白癬菌」への感染でおこります。
  • 尖圭コンジローマ:尖圭(せんけい)コンジローマは、「ヒトパピローマウィルス(HPV)」に感染しておこる性感染症のひとつです。
    男性の場合は、自覚症状がないケースが多くあります。
  • 毛じらみ症(寄生虫):毛じらみ症は、「ケジラミ」という寄生虫が、陰毛に住み着いて血を吸うことで、激しいかゆみを感じます。
    ほとんどの感染経路は性行為です。
  • 精神性疾患:特定の原因がなく、治療してもかゆみがおさまらない場合は、精神性疾患の可能性があります。
    激しいかゆみに、傷ができるほど掻いてしまい、赤くただれてしまうケースがあります。
  • 疥癬(かいせん):疥癬は「ヒゼンダニ」というダニが原因です。
    症状の感じ方には個人差があります。
  • 外陰萎縮症:外陰萎縮症は、更年期以降に女性ホルモンが減ることで発症するひとが多くいます。
    デリケートゾーンの皮膚が委縮して、うるおいが失われることで乾燥しやすくなり、かゆみを感じやすくなります。
  • 糖尿病:デリケートゾーンのかゆみと直接的な関係はありませんが、糖尿病のひとは、皮膚の抵抗力が低いため、炎症や発疹をおこしやすく、かゆみを感じやすくなります。
  • 膀胱炎:膀胱炎自体に、かゆみの症状はありませんが、膣や外陰部の炎症が広がることで、膀胱炎を併発する恐れがあります。
    残尿感がある場合は、膀胱炎を起こしている可能性があるので、病院を受診しましょう。

デリケートゾーンのかゆみとにおいの原因は一緒?

デリケートゾーンかゆみの原因が、病気である場合は、同時に「デリケートゾーンのにおい」に悩まされやすくなります。

病気により膣環境が崩れることで、おりものに異変があらわれ、悪臭をはなつ恐れがあります。

また、デリケートゾーンのにおいは、雑菌により発生するケースが多くあります。
かゆみを我慢できず、傷ができるほど掻いてしまった場合は、傷口から雑菌が侵入してしまい、においやすい環境を作ってしまいます。

デリケートゾーンのかゆみと黒ずみの原因は一緒?

デリケートゾーンのかゆみと黒ずみは、直接的には関係がありません。
しかし、皮膚のかきすぎは、黒ずみを悪化させます

皮膚を掻く刺激で、黒ずみの原因となるメラニン細胞が活性化されてしまうためです。

黒ずみも気になる方は、こちらの記事がおすすめです。

詳しくチェック!
デリケートゾーンの黒ずみ対策に!市販・通販ケアクリームおすすめランキング

最後に、気になるデリケートゾーンのかゆみの「対処法」を紹介します。

デリケートゾーンかゆみの対処法

それでは、デリケートゾーンのかゆみについて、対処法をチェックしていきましょう。

デリケートゾーン専用の石鹸が「雑菌の繁殖と乾燥」を防ぐ!

いつのもボディーソープや石鹸ではかゆみの原因となる『菌の繁殖』は防ぐことが難しいです…。

また、香料・色素の配合されている商品も多く、肌への刺激にもなっています。

そのため、デリケートゾーンのかゆみを抑えるためには、まず『いつもの石鹸をデリケートゾーン専用のものに変える』事が大切です。

赤ちゃんにも使える優しさ!『コラージュフルフル泡石鹸』

imgres
※医薬部外品

殺菌成分 ・ミコナゾール硝酸塩
・トリクロサン
保湿成分 ・ 濃グリセリン
肌への優しさ ・弱酸性
・無香料、無色素
価格 2,484円
ポイント ・カビと細菌をWで除菌できる薬用石鹸!
・保湿成分も豊富でかゆみの原因となる乾燥を防ぐ!
・赤ちゃんにも使えるほど、肌に優しい

コラージュフルフルに含まれる『ミコゾナール硝酸塩』はカビを殺菌、『トリクロサン』は細菌を殺菌します!

『カビと細菌』をWで抗菌できるため、デリケートゾーンを常に清潔に保つことができます!

また、殺菌成分だけでなく『濃グリセリン』という高い保湿成分を配合。

かゆみの原因となる乾燥もしっかり予防します!

さらに、弱酸性なので赤ちゃんのにも使えるほど、肌に優しく作られた商品です!

【WEB限定】今なら先着1000名様にお得な特典付き!

今なら、コラージュフルフル石鹸は先着1000名様限定でお得に手に入れることができます。

デリケートゾーンのにおいで悩んでいる方は、一度公式サイトを確認してみてはいかがでしょう?

WEB特典付き
コラージュフルフル石鹸の公式サイト

▽デリケートゾーン専用の石鹸について詳しく知りたい方は、以下をタップしてください!

市販薬を使う

デリケートゾーンのかゆみに悩んでいる場合は、市販薬を活用してみてください。
薬局やドラッグストアなどで購入できる市販薬は、デリケートゾーンのかゆみを緩和させる作用があります。

デリケートゾーンかゆみの症状を緩和させる市販薬を、一部紹介します。

フェミニーナ軟膏

【第2類医薬品】フェミニーナ軟膏S 30g

フェミニーナ軟膏は、デリケートゾーンのかゆみやかぶれを鎮めます。
非ステロイド剤で、肌に安心して使えます。

蒸れや軽度のかぶれによるかゆみであれば、フェミニーナ軟膏でじゅうぶんケアできます。
ただし、かゆみの症状を素早くおさえられますが、あくまで一時的な効果です。

かゆみの原因が病気の場合は、根本的に改善しなければ症状を繰り返す恐れがあります。

メンソレータムフレディメディカルクリーム

【第2類医薬品】メンソレータムフレディメディカルクリームn 22g

デリケートゾーンのかゆみのほかに、赤みや腫れが気になる場合は、メンソレータムフレディメディカルクリームがオススメです。

抗炎症成分が含まれており、腫れを鎮めてくれます。

デリケア

【第3類医薬品】デリケアb 15g

痛みやヒリヒリが気になる場合は、デリケアがオススメです。
デリケートゾーンにやさしい弱酸性で、かぶれがひどい人にもオススメです。

【注意】使用を控えたい市販商品

デリケートゾーンへの使用を控えたい市販商品は、以下の通りです。

オロナイン軟膏

オロナイン軟膏は、含まれる殺菌成分が強すぎるため、体に必要な善玉菌まで弱めてしまう恐れがあります。

善玉菌が弱まることで、カンジダ膣炎をおこす可能性があり、かえってかゆみを感じやすくなります。

ムヒ

ムヒはかゆみ止めとして有名ですが、デリケートゾーンに使用すると、ヒリヒリとした痛みや刺激を感じる恐れがあります。

敏感な性器部分や粘膜部分には刺激が強すぎるため、使用しないでください。

ニベア

ニベアを陰部に使うことは、オススメできません。

乾燥によるかゆみ対策にはよいですが、ニベアのクリームが、かえって蒸れを強めてしまうケースがあります。

また、ニベアは、あくまで保湿を目的とした商品のため、根本的にかゆみ対策向きではありません。

病院で診察を受ける

デリケートゾーンのかゆみをはじめ、腫れやかぶれなど症状がひどい場合は、病院を受診しましょう。

リンデロンVG軟膏など、炎症によるかゆみに効果的な薬を処方してもらえます。

自然治癒を待っていると、寝られないほどの激しいかゆみで、皮膚を掻きむしってしまい、二次的な炎症をおこしたり、症状を悪化させてしまう恐れがあります。

また、かゆみで寝不足になることで免疫力が落ち、かえって病気を発症させてしまうケースが考えられます。

婦人科を受診する

基本的に、産婦人科を受診しましょう。

陰毛部分など、皮膚にかゆみや吹き出物がある場合は、皮膚科でも問題ありませんが、性器周辺や膣内のかゆみは性病の疑いがあります。

また、産婦人科では、診察中に医師と顔が合わないように配慮された診察台や椅子が用意されています
診察に恥ずかしさや抵抗があるひとは、皮膚科より産婦人科がよいでしょう。

デリケートゾーンを清潔に保つ

かゆみ対策として、デリケートゾーンを清潔に保つことが大切です。
具体的に、対策方法をチェックしていきましょう。

ていねいに洗う

デリケートゾーンをていねいに洗い、汚れや雑菌をきれいに洗い流すようにしましょう。

構造上、デリケートゾーンは汚れが溜まりやすいため、ていねいに洗ってください。
しかし、力任せにごしごし洗ってしまうと、かえってかゆみの原因を悪化させてしまう恐れがあります。

ウォシュレット・ビデを使う

陰部にたまった汚れを、ウォシュレットやビデで洗い流しましょう。

ただし、かえってかゆみといった症状を悪化させる恐れがあるため、膣の中まで洗うのは避けてください

また、膣に必要な細菌まで弱めてしまうため、ウォシュレットやビデの使いすぎには、注意しましょう。

ナプキンをかえる

生理中のかゆみがひどい場合は、ナプキンが肌に合っていない可能性があります。
通気性や、自分の肌にあうナプキンを探してみましょう。

また、長時間、同じナプキンを使い続けないようにしてください。
見た目には汚れていない場合でも、雑菌が繁殖しています
ナプキンは、こまめに取り換えるようにしましょう。

アンダーヘアを剃る・脱毛する

かゆみ対策として、蒸れの原因となるアンダーヘアを剃ったり、脱毛する方法があります。
また、陰毛をなくすことで、ケジラミといった寄生虫を駆除できます。

Vラインをツルツルにすることに抵抗がある場合は、陰毛を短くカットして、お手入れするだけでも、かゆみの原因となる蒸れを軽減できます。

衣類に気を配る

ゆったりとしたパンツやスカートを着用し、摩擦やこすれといった刺激を減らすとよいでしょう。

ストッキングやスキニーパンツなど、肌を締め付ける衣類は、蒸れを強めるため、かゆみを感じやすくします。

ショーツも通気性がよく、肌あたりがよいシルクや綿の素材を選ぶことで、デリケートゾーンへの刺激をおさえられます。

保湿をして乾燥対策をする

デリケートゾーンを保湿して、皮膚の乾燥をおさえることで、かゆみ対策ができます。

オイルアイテムを使う

保湿アイテムとして、馬油やココナッツオイルなどのオイル商品がオススメです。

馬油は人の皮脂と似ているため、肌に馴染みやすく、かゆみ対策として使えます。

ココナッツオイルは、抗真菌成分が含まれているため、カンジダなどのかゆみ対策として使用する女性が多くいます。

また、アロマ(植物油)は、天然成分のため、妊娠中でも安心してデリケートゾーンに使えます。

ワセリン

乾燥によるかゆみ対策として、ワセリンがオススメです。

ワセリンは低刺激のため、デリケートゾーンの保湿剤として使えます。

ただし、殺菌などの成分は含まれていないため、病気が原因のかゆみ対策はできません

蒸れ・汗対策をする

デリケートゾーンの蒸れや汗対策をすることで、かゆみをおさえられます。

ベビーパウダー

汗をおさえて蒸れを対策するアイテムとして、べピーパウダーがオススメです。

赤ちゃんや子どもにも使えるパウダーなので、デリケートゾーンにも安心して使えます。

ヨーグルトでカンジダ対策できる?

かゆみの原因がカンジダの場合は、ヨーグルトを患部に塗り込むという方法があります。
カンジダ症は、膣内に必要な乳酸菌(善玉菌)が減ることが原因のためです。

ただし、かゆみの原因がカンジダであるとは限らず、自己判断が難しいため、あまりオススメできる方法ではありません。

デリケートゾーンのかゆみは悪化を防いで原因から対策しよう

デリケートゾーンのかゆみは、さまざまな原因で引き起こされます。

かゆみのほかに、おりものに異変を感じた場合は、病気の可能性が高くなります。

掻きむしってしまうことで、症状を悪化させてしまう恐れがあります。
数日様子をみても、かゆみが治まらない場合は、はやめに受診するようにしましょう。

かゆみ対策として、日常的にデリケートゾーンを清潔に保ち、保湿を忘れないようにしてください。

Pick Up

足の臭いを消すクリームランキング!市販の対策グッズは効果があ…

【デリケートゾーンの臭いにおすすめ石鹸・ボディソープ15選】…

洗うだけでワキガが無臭!?脇の臭いケア石鹸・ボディソープラン…

関連記事

デリケートゾーンのにおいケア!専用クリームおすすめランキング

デリケートゾーンのニオイには、イビサデオドラントで集中ケア!…

デリケートゾーンの悩みには、イビサソープがおすすめ?効果や使…

急にすそわきがになることってある?何が原因?対処法は?

男性でもすそわきがになる?場所はどこが臭う?原因と対策まとめ

すそわきがってうつるの?性行為が原因?