ニオイが気になる方におすすめ!ニオイや汗を抑える一押し商品

生理の臭いがきついのは病気?生理臭の原因と対策方法まとめ

あなたは生理のとき、臭いが気になりませんか?
もしくは周りの人から「いま生理でしょ?」と言い当てられた経験はありませんか?

逆に「この人、生理の時なんかクサい…」と思うこともあるかもしれません。

生理のときって、どうしてニオイが出てしまうのでしょうか?

周りが敏感に反応する生理のニオイ

トイレに行ったときは別として、部屋で普通に過ごしている限りでは、同性同士ではなかなか生理臭には気づきにくいですよね。

ところがこれが男性になると、「生理独特の生臭いニオイ」が分かるという人が、少なからずいるようです。
これは、本人の臭覚能力以上に、異性の体臭はより目立ちやすい、という理由からくるもの。
普段嗅ぎなれていないニオイはキャッチしやすいのです。

ある程度の生理臭は仕方がないとしても、やっぱり他人に、それも男性に分かってしまうのはなるべくなら避けたいですよね。

生理の経血自体は、実は「無臭」!

気になる生理時のニオイですが、実は経血自体は無臭なんです。

経血は真っ赤なので、完全に血液であるかのように感じてしまいますが、実は純粋な血液は10%程度。
残りの90%は、不要になった子宮内膜や粘液、分泌物、酵素などです。
この豊富な栄養分があだとなり、ニオイが発生しやすくなります。

生理中のニオイ、どうしておこる?

本来無臭であるはずの経血が臭うのはなぜでしょうか?

ときに、「こんなに臭うのって異常なのでは?もしかして病気?」と感じる人もいると思います。
けれど大部分の人は病気ではなく、さまざまな要因が重なってニオイが悪化しているものです。

ひとつずつ見ていきましょう。

経血の酸化

経血が臭う第一の理由は、経血が酸化することにあります。

経血は体外に出ると、空気と反応して酸化します。
空気にふれて15分もすると、血液の分解反応がすすみ、じょじょに臭い始めます。

雑菌の繁殖

経血は、雑菌が繁殖することによっても臭います。

経血には血液だけではなく、分泌液などが多く含まれています。
これは雑菌にとってはごちそうなのです。

雑菌が経血の栄養分を食べ、老廃物を出します。
これが強いニオイを発します。

生理時は、デリケートゾーンが血液で湿った状態になりますし、防水性の高いナプキンを使い続けます。
この環境では、必然的に蒸れやすくなります。
高温多湿は雑菌にとっては非常に快適な状態ですので、どんどん増えていきます。

また、アンダーヘアに経血汚れが付着すると、雑菌の栄養分がそこにキープされてしまいます。
雑菌のエサが豊富な状態ですので、繁殖もすすんでいきます。

アポクリン腺のはたらき

「アポクリン腺」もニオイにひと役買っています。

アポクリン汗腺は、普通の汗腺である「エクリン汗腺」と異なり、タンパク質や脂質、アンモニアといった栄養豊富な汗を出す汗腺です。
アポクリン腺はワキ、乳首、陰部などの限られた部分にしか存在しませんが、体質によってはワキガ臭、チチガ臭、スソワキガ臭などの強いニオイの原因になります。

生理中はホルモンバランスが変化しますので、このアポクリン汗腺のはたらきが活性化することがあります。
アポクリン腺からどんどん栄養分が分泌され、雑菌のエサが増えることになるため、ニオイやすくなります。

生理用品の高分子吸収剤と血液の化学反応

いまの生理用品には、経血を素早く、もれなく吸収するために、高分子吸収剤が使われていることがほとんどです。
実はこの高分子吸収剤や石油系原料が経血と化学反応を起こすことによっても、ニオイは発生します。

吸収がよいというのは便利なようですが、思わぬデメリットがあるのです。

余談ですが、高分子吸収剤を使った紙ナプキンは、経血をどんどん吸収するため、それにけん引されるかのようにどんどん出血もひどくなる、という説があります。

肉食に偏った食生活

肉や卵、乳製品といった動物性タンパク質を過度に摂っている人も、生理時のニオイが悪化しやすくなっています。

動物性タンパク質は消化吸収時、アンモニアといった刺激臭が出やすいですし、動物性脂質は皮脂分泌が活発化し、皮脂の酸化臭につながります。
また肉類を食べると汗腺を刺激しますので、汗の量が増えます。
デリケートゾーンが蒸れやすい状態になりますので、ニオイが悪化します。

病気の可能性も

正常な人でも、悪条件が重なれば生理臭がきつくなります。
けれど生理中のニオイが、ある日を境に急にひどくなったような場合には、もしかしたら病気がひそんでいる可能性もあります。

膣内からのおりものや経血のニオイが悪化する病気としては、次のものが考えられます。

  • 膣の病気:
    細菌性膣炎、カンジダ膣炎
  • 性感染症:
    トリコモナス膣炎、クラミジア、淋病
  • 子宮の病気:
    子宮頸がん、子宮内膜炎

それぞれの病気の特徴などについては『知らないと危険!デリケートゾーンのにおいに潜む病気の可能性』をご覧ください。

生理の終わりかけに臭い悪化?

生理の終わりかけのときのニオイを気にする方がよくいます。
経血量は減っているはずなのにニオイがひどくなるなんて、一体なぜなんでしょうか?

ひとつには、経血量が減ることにより、ナプキンを替える頻度がおちることが原因です。

経血汚れが少ないと、ついついナプキン交換をおろそかにしてしまうものです。
けれどナプキンには経血だけでなく、目に見えない雑菌汚れがたくさんついています。
時間がたてばたつほど雑菌の繁殖はすすみますので、長く放置するとニオイやすくなってしまうのです。

また量が減った分、経血に勢いがなくなり、なかなか外まで排出されなくなることも原因の一つです。

勢いがないと、経血はその分長い間、膣内にとどまります。
経血は膣内にあるときからじょじょに酸化していき、場合によっては雑菌まで繁殖してしまうのです。
体外に出た時点ですでに臭う状態になりますので、よりニオイを感じやすくなります。

これが生理終わり前のニオイが気になる原因です。

では、生理のニオイを防ぐにはどうしたらいいのでしょうか?

生理のニオイを防ぐにはどんな方法がある?

ここからは、生理のニオイを防ぐための対策法をみていきましょう。

清潔を保つ

デリケートゾーンを清潔に保つというのも、当たり前ですが大切なことです。

ナプキンを頻繁に取り換えていても、デリケートゾーンのお肌には経血も雑菌もたっぷり付いています。
ナプキン交換時には、この汚れをきちんとふき取るなり、洗い流すなりした方がベターです。

デリケートゾーン用のウェットシートを使うか、トイレのウォシュレットで汚れをさっと取り除きましょう。
ただし、それぞれ注意点があります。

ウェットシートは、アルコールなど強い成分を使ったものも多くあります。
デリケートゾーンの皮膚は薄く繊細ですので、お肌に合った製品を選びましょう。
赤ちゃん用のおしりふきは刺激が少ないので代用におすすめです。

またトイレのウォシュレットですが、大きい方の用足しをした後でウォシュレットを使うと、便汚れが膣側に逆流したり、しぶきがとんだりして危険です。
便には雑菌がうようよしていることを忘れずに、十分注意して使いましょう。

またウォシュレットにはビデ機能がありますが、膣内まで洗うことはおすすめできません。
膣内には、バイ菌から体を守る良い菌(乳酸菌の一種)がいます。
ここを洗ってしまうと、膣内の菌バランスが崩れ、かえってニオイが悪化しかねません。

膣内を洗う場合には、膣バランスを崩さず膣を洗える医療用の洗浄剤を使うようにしましょう。
医療用膣洗浄剤については後ほどご紹介します。

やさしく洗う

ニオイが気になると、ついゴシゴシと念入りに洗いたくなるものです。
けれど、洗いすぎは臭い対策には逆効果になります。

デリケートゾーンは皮膚が薄いため、刺激を受けやすくなっています。
そんな箇所をタオルで強くこすったり、体用の普通のボディソープをたっぷり付けて洗うと、お肌がダメージを受けてしまいます。
菌バランスの崩れにもつながりますので、かえってニオイが悪化することにもなりかねません。

デリケートゾーンはぬるま湯で、できればデリケートゾーン用の石鹸の泡を手に取り、やさしく洗いましょう。

膣内まで石鹸で洗う人もいるようですが、これは絶対にやってはいけません。
膣内の菌バランスが崩れ、ニオイが悪化するばかりか、膣炎などの病気に発展してしまいます。
膣内を洗う場合には、医療用の膣洗浄剤を使うようにしましょう。

オススメのデリケートゾーン用石鹸:イビサソープ

普通の石鹸でデリケートゾーンを洗うのは、清潔なように思えて実はニオイが悪化したり、病気になる可能性もあるのでオススメできません。

安心な石鹸を使って、ニオイにおさらばしましょう。

入浴時に使うだけなので、誰でも簡単にケアができます。

特徴 イビサソープは医薬部外品。
無添加処方でお肌に優しく雑菌効果も期待できますので、敏感なデリケートゾーンにオススメされています。
合わせてジャムウ成分、ビタミンも配合。
デリケートゾーン以外にも、ニオイの気になるワキやバストにも使えます。
28日間の全額返金保証付き。
内容量 140ml(約1ヶ月分)
価格 5,800円(税別)→ キャンペーン中3,970円(税別)+送料無料

イビサソープの公式サイトを見る

ナプキンはまめに交換する

ナプキンを長時間放置すればするほど、雑菌の繁殖がすすみ、臭いやすくなります。
経血があまり付いてない状態でも、それは変わりません。
ナプキンは経血量にかかわらず、2~3時間を目安に交換しましょう。

また、使っている紙ナプキンの素材自体が体に合わない方もなかにはいます。
どうしても臭うという場合には、別の銘柄、種類のものを試してみましょう。

タンポンや布ナプキンを使用する

タンポンは、体のなかで経血を吸収します。
そのぶん空気に触れにくくなるため、酸化や雑菌の繁殖といった現象が起こりづらくなります。
仮にニオイが発生したとしても、体の中にあるので、外までは臭いが伝わりにくいです。

また布ナプキンは、紙ナプキンより通気性がよく、蒸れにくくなっています。
雑菌が繁殖しにくいため、臭いづらく、快適に使うことができます。

タンポンや布ナプキンに完全に切り替えるのはもしかしたら難しいかもしれませんが、併用していって、状況で使い分けるという選択肢もあります。

月経カップを使用する

月経カップは、日本ではまだまだなじみが少ないでしょう。
ドラッグストアで見かけることもほとんどないと思います。

月経カップとは、シリコンなどでできた小さなカップを膣内にいれ、そこに経血をためる、というものです。

タンポンに少し近いですが、タンポンは経血を吸収するものです。
月経カップは吸収はせず、そこにどんどんためていきます。
12時間ほど連続装着可能です。

月経カップも、経血が空気に触れないため、酸化臭、雑菌臭が出るのを防いでくれます。
しかもタンポンのような石油系の化学物質とも違いますので、化学反応によるニオイも出ません。

使い方には少しコツがいるようですが、慣れた方からは「こんな快適なものがあるなんて!」という絶賛の声が聞かれます。
月経カップと、万一の漏れ防止用の布ナプキンを併用すれば、快適な生理週間を過ごせそうですね。

通気性のよい下着や洋服にする

なるべく外に臭いがもれないよう、厚手のジーンズなどで下半身をがっちりガードしている場合もあるでしょう。
けれどタイトな洋服や圧迫の強い下着は蒸れやすくなっています。
ニオイを隠そうとして着こんでいると、ニオイを悪化させる可能性があるので注意が必要です。

下着や洋服はなるべく蒸れない、風通しのよいものを選びましょう。
下着の素材としては、蒸れやすいナイロンやポリエステルよりも、通気性のよい綿やシルクがおすすめです。

また、下着の蒸れはデリケートゾーンが擦れて黒ずみにもつながります。
ニオイを防ぐと同時に、黒ずみの対策もしておきましょう。

詳しくチェック!

アンダーヘアをお手入れする

アンダーヘアの量が多かったり、長いままだと、経血が毛に付着しやすくなります。
これでは汚れが長い間体にとどまりますし、毛が雑菌のすみかにもなってしまいます。
また毛があることによって、デリケートゾーンはますます蒸れやすい状態になります。

これを避けるために、アンダーヘアは短くカットしたり、量を減らすなどのケアをしておきましょう。

アンダーヘアのお手入れ方法については『デリケートゾーンのムダ毛、みんなどうしてる?おすすめ自己処理方法』をご参照ください。

衣類消臭スプレーを利用する

ニオイは、時間とともに下着や洋服にも移ります。
まめに着替えられればそれでもいいですが、難しい場合もあるでしょう。
そんなときには、衣類用の消臭スプレーを利用するのも手です。

ファブリーズといった市販品を利用してもいいですが、大量生産品のこういった製品は効果が薄いことが多いものです。
市販品がイマイチだった場合には、ヌーラデオッシュ(DEOSH)といった強力な威力のある通販商品を試してみましょう。

食生活を見直す

過度な肉食は体臭を強めます。
生理臭も当然きつくなりますので、なるべくバランスのとれた食事を摂るよう心がけましょう。

緑黄色野菜やポリフェノールには活性酸素を除去する効果があり、体臭を軽減することができます。
善玉菌が豊富に含まれるヨーグルトも、腸内環境や膣環境の改善に効果があるので積極的に摂りたいところです。

生理の終わりかけにはどうする?

生理の終わりかけに臭いがひどい人の場合、どう対策すればよいでしょうか?

医療用の膣洗浄剤を使って膣ケアする

まめにナプキンを替えていても生理終わりのニオイが改善されない場合、膣内に残った経血をキレイにするのが最善の方法です。
けれどウォシュレットのビデ機能などで膣洗浄すると、膣バランスの悪化をまねき、かえってニオイがひどくなる可能性も…。

そこでおすすめしたいのが、医療用の膣洗浄剤です。

医療用の膣洗浄剤として人気の「インクリア(inclear)」には乳酸菌が配合されています。
乳酸菌は膣内の善玉菌です。
洗浄と同時に膣バランスを積極的に整えてくれますので、ニオイを改善したい方や、デリケートゾーンのバランスが気になる方にはうってつけです。

使い方もカンタン(タンポンを使う感覚で使えます)で、お値段もお手ごろ価格から始められます。
一度試してみてはいかかでしょうか。

生理臭は正しい対処で改善可能!それでも臭ったら婦人科へ

生理臭の原因から改善方法までみてきましたが、いかがでしたでしょうか?

経血自体にはニオイはない、というのは意外な事実だったのと同時に、逆に言えば、少し工夫するだけでニオイが緩和されるということにもなります。
ご紹介した情報を元にニオイをおさえ、より快適な生理ライフを送ってください。

いろいろ手を打ってもニオイが改善されない場合には、もしかしたら病気の可能性があります。
少しでも不安があったら、婦人科を受診しましょう。

Pick Up

足の臭いを消すクリームランキング!市販の対策グッズは効果があ…

【デリケートゾーンの臭いにおすすめ石鹸・ボディソープ15選】…

洗うだけでワキガが無臭!?脇の臭いケア石鹸・ボディソープラン…

関連記事

デリケートゾーンのにおいケア!専用クリームおすすめランキング

デリケートゾーンのニオイには、イビサデオドラントで集中ケア!…

デリケートゾーンの悩みには、イビサソープがおすすめ?効果や使…

急にすそわきがになることってある?何が原因?対処法は?

男性でもすそわきがになる?場所はどこが臭う?原因と対策まとめ

すそわきがってうつるの?性行為が原因?