ニオイが気になる方におすすめ!ニオイや汗を抑える一押し商品

ミョウバン水は効果ある?ワキガと脇汗を抑えたい!

気になるワキのにおいに、ミョウバン水がいいという話を、聞いたことはありませんか?
ワキガ臭と汗を抑えたい人のために、ミョウバン水の作り方や効果、活用方法をご紹介します。

スポンサーリンク

ワキガ臭を抑える方法って?


「ワキガが気になって、人と接するのが怖くなってしまった」
こんな風に、ワキガで悩んでいる人も多いようです。
このように深刻な悩み種であるワキガ臭を抑えるのには、どんな方法があるでしょうか?

基本的に、消臭の方法は、次の3つが考えられます。

  1. においの原因を取り除く
  2. より強い別のにおいで臭さを感じなくさせる
  3. 中和させる

ワキガは体質からくるもの

まずは、においの原因を取り除くという方法について、考えてみましょう。
ワキガ臭の原因は、どこにあるのでしょう?

人間の汗腺には、エクリン腺とアポクリン腺がありますが、ワキガのにおいのもとは、アポクリン腺から排出される汗です。

アポクリン腺から出される汗には、脂質やタンパク質やアンモニアなどが含まれており、それが体表に存在する細菌によって分解されることで、鼻につくような独特のにおいを発します
つまり、ワキガは、アポクリン腺からの発汗量の多い体質(ワキガ体質)が原因です。

体質ですので、簡単に原因を取り除くことはできません。
重度の場合は、アポクリン腺を切除する手術などもないわけではありませんが、お金もかかりますので、最終手段として考えた方がいいでしょう。

ワキガ臭+香水=さらに悪臭になることも

実は、ワキガ体質は、欧米人に多くみられます。

彼らが日常的に香水やコロンを多用するのも、そのためです。
しかし、欧米人は、香水でごまかそうという観点から香水を使うのではありません。
体臭と香りと組み合わせることは、魅力のひとつとしての演出なのだそうです。

しかし、もともと強い香りをあまり好まない日本人には、この方法は適しているとはいえません。
ワキガの上に強い香水や香料を重ねると、においが重なって、余計に気持ち悪く感じる人の方が多いのです。

市販のデオドラント剤においても、香料が気になるという人もいます。
香りでごまかす方法は、日本人には向かないようです。

中和させるとワキガ臭が消える!?

アポクリン腺から出される汗が、体表の細菌によって分解されることで、ワキガ独特の嫌なにおいが発生するのですが、その細菌はアルカリ性を好みます
アルカリ性の体表では、その細菌が繁殖しやすくワキガ臭も強くなります。
細菌の繁殖を防ぐには、アルカリ性の反対である酸性のものを加え中和させるのが効果的

ミョウバンは、水に溶けると酸性になる性質をもっています。
中和させて、においを発生させないようにする。
ミョウバン水がワキガにいいというのは、そういうわけなのです。

ワキガ臭を抑えるというミョウバンとは?

ところで、ミョウバンと聞いても、ピンとこないという人も多いかもしれません。
しかし、日本の台所では、なすの漬物の色落ち防止など、日常的に使われてきた食品添加物です。
現在でも、スーパーの乾物コーナーなどで、100円程度で手軽に入手できます。

化学的には、カリウム、アルミニウムなどの金属イオンと硫酸イオンを含む複塩で、硫酸カリウムアルミニウムとも呼ばれます。
白っぽい透明な結晶ですが、これを加熱処理した物が焼きミョウバンと呼ばれるもので、一般に市販されているものはこれに当たるのです。

現在では、合成したものがほとんどですが、もともと自然界にも存在し、温泉水などから採取されていました。
なかでも、大分県の明礬温泉が有名です。

ミョウバンの働き

ミョウバンには、さまざまな働きがあります。

ミョウバンが食品に対して使用される場合は、なすの漬物の色落ち防止や、煮物のアク抜き、煮崩れ防止、ベーキングパウダーの原材料(膨張剤として)といった用途で使われているのです。
また、古くから媒染液としても使用されており、染色においても欠かせないものでした。

それ以外でも、抗菌、殺菌作用や、消臭作用、制汗作用があり、台所以外に、スキンケアや美容の用途での使用が注目されています。
また、デオドラント剤としてもミョウバンの歴史は古く、古代ローマでもデオドラント剤として使われていたという記述もあるくらいです。

ミョウバン水がワキガにいいという理由は ?

このように、さまざまな作用をもつミョウバンですが、なぜ、ワキガや脇汗を抑えてくれるのか、ここでは、もう少し詳しくみてみましょう。

抗菌、殺菌作用

ミョウバンは水に溶かすと酸性になります。
臭いにおいを作り出す細菌は、アルカリ性の環境にあると繁殖しますが、ミョウバン水は酸性のため、細菌の繁殖を抑えます

このミョウバン水の抗菌、殺菌作用によって、においを作る細菌が減少するために、結果として、においが軽減されるのです。

消臭作用

ミョウバンは金属イオンを含んでいますが、金属には、消臭効果があります。

とくにミョウバンは、アンモニア臭に対して優れた消臭作用を発揮します。
脇の下はもちろん、ワキガ臭のする洋服や、ペットのトイレの消臭にもミョウバン水が活躍します。

制汗作用

ミョウバンには、収れん作用があります。
収れん作用とは、組織の収縮をおこし、引き締める作用のことで、毛穴を引き締めてくれることから美容液などの化粧品によくみられる作用です。

また、この収れん作用は、汗腺を引き締め、汗が大量に出るのを抑える働きもしてくれます。
そのためにおいの原因である、アポクリン腺からの汗が抑えられ、その結果、においが抑えられるのです。

上記のように、ミョウバンには、ワキガ臭を作り出している汗の放出を防ぐと共に、細菌の繁殖を抑え、アルカリ臭を消す作用があることがわかります。

重曹でも消臭できるの?

ところで、消臭効果がある食品添加物としては、重曹も有名です。
ただ、重曹とミョウバンでは、消臭できるにおいが異なります。

ミョウバン水が酸性で、アルカリ臭に対して、消臭効果を持つのに対し、重曹はアルカリ性なので、酸性のものを中和させる働きがあります。
普通の汗のにおいや、足のにおい、腐敗臭は酸性のにおいなので、それらの消臭には重曹が効果的といえます。

しかし、ワキガのようなアルカリ臭のにおいには、酸性であるミョウバン水が効果的です。

ミョウバン水は安価で簡単に手作りできる

ミョウバンをワキガ対策に活用するなら、ミョウバン水にして使うのが便利です。
焼きミョウバンはスーパーで100円程度で売られていて、簡単に入手できますし、安価なのも嬉しいところ。
ご家庭で簡単に作れますので、ぜひお試しください。

ミョウバン水の作り方

用意するもの

  • 焼きミョウバン 16g
  • 水道水 500ml
  • 空のペットボトル
  • お好みのスプレー式ボトル
作り方

  1. 空のペットボトルに焼きミョウバンと水道水を入れ、蓋をして1日〜3日ほど冷暗所に置きます。
    ミョウバンは水に溶けにくいのですが、放置しておくと自然に溶けます。
  2. ミョウバンの粒が見えず、水が透明になって入れば原液の出来上がりです。
  3. 直接肌にスプレーする場合は、10倍程度に薄めた原液を、スプレーボトルに入れて使用しましょう。

注意事項

  • 原液は冷蔵庫に入れておけば1ヶ月程度保存可能です。
  • 初めて使う際には、ミョウバン水を腕の内側につけて、アレルギーが出ないかどうか、パッチテストをしてからにしましょう。
    (稀にミョウバン水でかぶれる人もいます。その場合は、濃度を薄くするなど調整してください)

ミョウバン水の活用方法

作っておいたミョウバン水は、さまざまな用途で活用できます。

ワキガ対策スプレーとして

原液を10倍に稀釈したものをスプレー式ボトルに入れて、脇に直接、スプレーします。

お風呂やシャワーの後など、清潔になった状態でスプレーする方が効果が長持ちします。
ただ、外出先や、職場にもスプレーを持参し、気になったときに、トイレでなどでシュッとひと吹きすると安心ですね。

じっくりとパックで

時間のあるときは、スプレー液を染み込ませたコットンを脇に下に貼り付けてパックしましょう。

パックする時間は3分から5分、お風呂上がりなどがおすすめです。
スプレーよりもしっかりと長く消臭できます。

入浴剤として

入浴剤として使えば、ワキだけでなく、全身の消臭、殺菌効果が期待できます。

ミョウバン水の原液50mlと10円玉を20枚程度湯船に入れておけばミョウバン風呂の出来上がり。
お風呂に入ると体表は弱アルカリ性になるのですが、水に溶けたミョウバンは酸性なので、中和する効果があるというわけです。

そこに10円玉を加えると、銅イオンの効果で殺菌効果がアップします。
消臭に加え、殺菌効果も期待できますので、ワキガの人はもちろん、アトピーの人にもいいといわれています。

ワキガ臭の洗濯物の消臭

ワキガ臭は、衣類に移ります。
衣類に残ったワキガ臭対策としても、ミョウバン水が活用できるのです。

ミョウバン水の原液50mlをすすぎの水に加えるだけという簡単さ。
あとは、普通に脱水して干すだけです。

注意事項

ミョウバン水は、あまり濃い濃度で使用すると金属を腐食する可能性があります。
使用の際には、濃度と量に注意してください。

また、追い炊きができる風呂釜などでの使用はオススメできません。

ミョウバン水でも対処できない匂いには?

ワキのにおいが気になり始めたとき、ワキガかもと思ったら、安価で、手軽なミョウバン水を試してみる価値はあります。

ミョウバンは、食品添加物ですし、スキンケア商品にも使われているものなので、敏感肌の人にもオススメです。

ただしミョウバン水は、あくまでも消臭、抗菌作用、制汗作用があるだけで、ワキガ自体を治療するものではありません
軽度のワキガであれば、ミョウバン水を継続的に使用することで、においがほとんど気にならなくなったという声も聞かれますが、全てのワキガの人に効果があるとはいいきれません。

ミョウバン水を1~2ヶ月使ってみても、あまり効果が感じられない場合は、重度のワキガである可能性もあります。
その場合は、ワキガ専用のデオドラント剤を使うか、皮膚科などに相談するなどの対処が必要になってくるでしょう。

体質やワキガの程度によって、対処の仕方や治療法はさまざまです。
自分に合った方法をぜひ見つけて、ワキガのにおいにさよならしましょう!

スポンサーリンク

Pick Up

足の臭いを消すクリームランキング!市販の対策グッズは効果があ…

【デリケートゾーンの臭いにおすすめ石鹸・ボディソープ15選】…

洗うだけでワキガが無臭!?脇の臭いケア石鹸・ボディソープラン…

関連記事

ワキガやすそわきがに効果あり?クリアネオの正しい使い方講座

ワキガが治らない!?しっかり治す治療方法

【制汗剤・石鹸・食事】ワキガのにおい対策&予防法完全版

ワキガがつらい!いじめ怖いし電車やばい!

彼女・彼氏がワキガ!別れる?結婚する?解決できる方法は?

服についたワキガの臭いを落とす洗濯方法