ニオイが気になる方におすすめ!ニオイや汗を抑える一押し商品

知らないと危険!デリケートゾーンのにおいに潜む病気の可能性

デリケートゾーンがなんだか臭う…。
そんな経験はありませんか?

女性の場合、おりものなどが原因でデリケートゾーンはなにかと臭いやすいものです。
ニオイの種類がよくある「酸味のある感じ」「甘酸っぱい臭い」なら大丈夫。
膣機能が正常に保たれていて、膣内の善玉菌である乳酸菌がしっかりと働いている証拠です。

けれど、えも言われないキツイにおいがしたり、急にニオイの傾向が変わった場合、病気にかかってしまった可能性も考えられます。
放置しておくと、取り返しのつかない事態になることも…。

この記事では、病気が原因でおこるデリケートゾーンの臭いについてチェックしていきましょう。

スポンサーリンク

ニオイやおりものの特徴をチェック!

まずは、デリケートゾーンからどんな臭いがしているのか、おりものの状態はどうなのか確認してみてみましょう。
ニオイやおりもの等の状態によって、次のような病気が考えられます。

におい おりものの特徴 その他の特徴 疑わしい病気
生臭い 灰色 強いかゆみ 細菌性膣炎
強い 白いチーズ状 強いかゆみ、場合によっては痛み カンジダ膣炎
強い 黄色、黄緑色 強いかゆみ、排尿時の痛み トリコモナス膣炎
くさい 緑色 下腹部の痛み クラミジア
くさい 量が増加、膿っぽい 淋病
くさい 血が混じる 不正出血、血尿、血便、頻尿、体のだるさ 子宮頸がん
強い 黄色い膿状 不正出血、発熱、腰痛、下腹部痛 子宮内膜炎
アンモニア臭 尿の見た目の変化、トイレ回数の変化、血圧上昇、体のむくみ 腎臓の不調
ドブ・カビ臭 黄疸、発熱、吐き気、体のだるさ 肝臓の不調
腐った卵臭 腹痛、胸やけ、吐き気、腹部のもたれ、腹部の痛み、胸やけ、げっぷ 胃腸の不調
腐った肉臭 せき、たん、血たん、気管支炎、鼻炎、胸痛、呼吸困難、発熱 肺の不調

どんな病気が考えられる?

ここからは、デリケートゾーンのニオイが悪化する病気を詳しくチェックしていきましょう。

陰部(膣)の病気

まずは、膣や陰部自体に不調がある場合です。

細菌性膣炎

細菌性膣炎だとニオイが出る可能性があります。

特徴

膣内には善玉菌である乳酸菌が繁殖し、悪いバイ菌(膣ガルドネラ菌など)から体を守っています。
細菌性膣炎は、膣内のバランスが崩れ、善玉菌より悪玉菌が優位になることによって発症します。

細菌性膣炎は、免疫の低下や、ホルモンバランスの乱れ、膣の洗いすぎが原因で起こることが多いようです。
症状としては、魚のように生臭い、灰色っぽいおりものが多くでて、強いかゆみが出ます。

原因
  • ストレス、疲労による免疫の低下、膣内バランスの乱れ。
  • 誤った膣洗浄による膣内の善玉菌(乳酸菌)減少、悪玉菌の増加。
治療法

膣洗浄して雑菌を洗い流したのち、抗生物質を投与します。
このとき使用する膣洗浄剤は医療用のものです。
膣内の環境ににやさしい処方になっていますので、膣バランスを崩す心配はありません。

予防法・注意点

細菌性膣炎は、ちょっとしたカラダバランスの乱れからおきます。
きちんと薬を使えば治りますが、不摂生やストレス過多な生活を送っていると、何度も再発することになりかねません。

まずは生活習慣の見直しを行いましょう。
また、デリケートゾーンは清潔に保ちつつ、過度に洗いすぎたり膣洗浄したりすることのないよう、気をつけましょう。

カンジダ膣炎(膣カンジダ症)

カンジダ膣炎(膣カンジダ症)だと、陰部から悪臭がすることがあります。

特徴

カンジダ膣炎は、カンジダ菌が原因になって発症します。
カンジダ菌自体は、もともと女性の膣内に存在するカビ菌の一種です。

免疫の低下やホルモンバランスの乱れ、過剰な膣洗浄などがキッカケでカンジダ菌が過剰に増殖すると、カンジダ膣炎にかかります。
症状としては、ニオイの強い白いチーズ状のおりものがポロポロとたくさん出て、強いかゆみや、場合によっては痛みも出ます。

原因
  • ストレスや疲労をきっかけにした免疫機能の低下、膣内バランスの乱れ。
  • 風邪などの病気治療による抗生物質の投与。
  • 生理前や妊娠、ピル服用などによるホルモンバランスの乱れ。
治療法

膣内を洗浄したのち、カンジダ菌をおさえる薬を膣内に入れたり、軟膏、内服薬などを使って治療します。
ごく軽いカンジダ膣炎の場合、免疫やホルモンバランスの改善とともに自然に治癒する場合もあります

予防法・注意点

カンジダ菌は誰でも持っている菌です。
カンジダ膣炎は、体の抵抗力が落ちると発症しやすくなりますし、再発を繰り返してしまいます。
食事や睡眠に気をつけ、規則正しい生活を心がけましょう。

糖尿病の方は、カンジダ膣炎にかかりやすく、かかると重症化する傾向にあるので注意が必要です。

トリコモナス膣炎(膣トリコモナス症)

トリコモナス膣炎(膣トリコモナス症)という病気にかかって臭うことがあります。

特徴

トリコモナス膣炎は、「トリコモナス原虫」という微生物の原虫に感染しておこる、性病の一種です。
性交渉でうつる場合がほとんどですが、まれにプールやお風呂で感染してしまうこともあるようです。

症状としては、黄色や黄緑色をした、ニオイの強い泡状のおりものが多くでて、強いかゆみや、排尿時の痛みを伴う場合もあります。

潜伏期間は6か月以内です。
感染者の20~50%には症状が出ないとも言われているので、特にかわりがなくても、感染のおそれがある場合には積極的に検査を受けましょう。

原因
  • 性交渉をきっかけにした、微生物原虫「トリコモナス原虫」への感染。
  • まれにプールや入浴などで、水やタオルを介して感染するケースも。
治療法

症状は感染から10日程度で現れますが、検査自体は感染から3日間前後で可能です。
女性は膣の膿(男性は尿道の膿)を検査し、トリコモナス原虫の有無を調べます。

感染していた場合、経口薬や膣剤でトリコモナス原虫を駆除します。
トリコモナス原虫がいなくなれば、しだいに膣環境が元のとおりに整い、不快な症状はじょじょに改善されていきます。

予防法・注意点

トリコモナス膣炎は性交渉で感染する場合がほとんどです。
不特定多数との性行為を控えるのはもちろん、パートナーとの性交渉時にも、避妊具を使うなどして安全策をとりましょう。

トリコモナス原虫は水に強いため、プールやお風呂で感染してしまうこともあります。
水回りは清潔を心がけましょう。
また、トリコモナス原虫は乾燥には弱いので、使用済みの濡れタオルは放置せず、洗濯と乾燥に留意しましょう。

生理中は感染しやすいので注意が必要です。
またトリコモナスの経口薬を飲んでいると、アルコール分解がにぶります。
治療中は禁酒してください。

クラミジア

クラミジアが原因でデリケートゾーンが臭う場合もあります。

特徴

クラミジアは性病の一種で、クラミジアトラコマチスという菌が原因で発症します。
感染初期は、自覚症状がほとんどない場合も多いですが、緑色の臭いおりものが出たり、下腹部に痛みを感じる場合があります。
陰部だけでなく、喉にも感染します。

原因
  • 性交渉によるクラミジアトラコマチス菌への感染。
治療法

通常は抗生物質を5日前後服用して治療します。
腹痛や発熱といった炎症が強く、症状が重い場合には、数日間の点滴治療が必要となり、完治までに数か月かかることもあります。

予防法・注意点

クラミジアはあまり強い菌でないため、性交渉以外でうつる心配はほとんどありません。
けれどクラミジアは抗生物質に耐性を持つこともあるので、再発すると悪化し、なかなか完治しないケースも。

口にも感染するので、性交渉時には常に避妊具をつけるなどの気づかいも必要になります。

男性には自覚症状が現れないことが多いです。
女性になんらかの変化が現れた場合には、パートナーも一緒に医療機関で検査を受けましょう。

淋病

淋病にかかっている人も、陰部から悪臭がすることがあります。

特徴

淋病は、淋菌の感染でおこる性感染症の一種です。
自覚症状が出ない場合も多いですが、膿っぽいおりものが増えたり、ニオイがきつくなったりします。
淋病もクラミジアと同じく、喉にも感染しますが、ノドの場合は目立った症状は現れません。

原因
  • 性行為による淋菌への感染。
治療法

投薬治療で完治できますが、耐性菌ができやすいため治療薬の選択には注意を要します。

予防法・注意点

淋菌自体はあまり強い菌ではありませんが、感染力は30%と高めですので注意が必要です。
ほとんどが性交渉による感染ですが、家族間でうつってしまうケースもあるようです。
妊婦が淋病だと、出産時に赤ちゃんにも感染し、淋菌性結膜炎や角膜潰瘍をまねくおそれがあります。

続いて、子宮・内臓の病気をみていきましょう。

子宮の病気

膣よりもっと深い場所「子宮」に不調があるときも、デリケートゾーンからニオイがすることがあります。

子宮頸がん

子宮頸がんで臭うときがあります。

特徴

子宮頸がんは、子宮の入り口である「子宮頸部」にできるガンです。
原因となる「ヒトパピローマウイルス(HPV)」は、実に女性の80%もが一度は感染経験を持つとも言われているほどポピュラーなウイルスです。
ほとんどが性交渉によって感染します。

HPVには、低リスク型と高リスク型があります。
HPVの感染は、ほとんどが一過性のもので、子宮頸がんにまで発展する人はごくわずかです。
とは言え、高リスク型HPVに感染した場合には、1,000人に1~2人の確率で子宮頸がんに進行しますので、油断は禁物です。

症状としては、おりものの悪臭以外に、生理時以外の不正出血や血尿、血便、頻尿、身体のだるさなどが挙げられます。

原因
  • ヒトパピローマウイルス(HPV)への感染。
治療法

子宮頸がんの進行度合いによって治療法はさまざまです。

初期段階であれば、手術をして経過観察します。
ある程度進行してしまった段階であれば、化学療法や放射線治療を行います。
最終段階にまで進んでしまった場合には、痛みなどの緩和をメインにした治療に移行することがあります。

予防法・注意点

子宮頸がんの原因ウイルスHPVは、感染しやすいウイルスですが、初期段階では目立った症状があらわれにくいという特徴があります。
そのため、定期的な検診を心がけるようにするのが何よりの予防方法となります。

喫煙も子宮頸がんのリスクを高めますので、できるだけ禁煙するのも有効な対処法になります。

子宮内膜炎

子宮内膜炎にかかっていると、陰部が臭うときがあります。

特徴

子宮内膜炎は、子宮内膜に病原菌が感染し、炎症をおこす病気です。
原因になる菌は、淋菌、クラミジア(クラミジアトラコマチス菌)などや、大腸菌、ブドウ球菌、結核菌などさまざまです。

出産後に発症しやすい傾向にあります。
また、慢性的に子宮内膜炎にかかると、不妊の原因になります。

子宮内膜炎にかかっていると、黄色い膿状の、ニオイの強いおりものが多く出ます。
おりものに不正出血が混じったり、発熱、腰痛、下腹部痛などの症状がみられることもあります。

余談ですが、子宮内膜炎は子宮内膜症とはまったく別の病気です。
※子宮内膜症:子宮内にしか存在しないはずの子宮内膜が、子宮以外の場所(卵巣、卵管など)にできてしまう症状。

原因
  • 子宮内膜への細菌の感染。
  • 原因菌は多岐にわたる。
  • 子宮頸部から細菌が入ることが多いが、リンパ液、血液、腹腔を経由して感染するケースもある。
治療法

血液検査などによって原因菌を特定したうえで、抗生物質や外用薬を使用します。
重症の場合には点滴による抗生物質の投与が必要なこともあります。

予防法・注意点

細菌感染を防ぐためには、清潔第一を心がけつつ、デリケートゾーンを洗いすぎたり誤った膣内洗浄をすることは避けましょう。
また性感染症がきっかけになることも多いので、性交渉の際にはあらかじめ避妊具などの防衛策をとるようにしましょう。

内臓の病気

デリケートゾーンのニオイの原因は、デリケートゾーンや子宮以外に、内臓機能の低下によっておこることもあります。

腎臓の不調

腎臓の調子が悪い場合にも、陰部から臭いがするケースがあります。

特徴

腎臓機能が低下すると、体内の解毒機能も低下し、アンモニアをうまく分解できなくなります。

残ったアンモニアは、汗として排出されます。
陰部は蒸れやすく、汗もかきやすい部位です。
解毒できなかったアンモニアがたまりやすくなり、デリケートゾーンがニオイやすくなります。

腎臓が不調だとデリケートゾーンがアンモニアくさくなるほか、尿の色がにごったり赤みを帯びたり、泡立つようになります。
体がむくんだり、血圧があがったり、トイレが近くなったり逆に遠くなったりすることもあります。

原因
  • 腎臓の不調。
治療法

タンパク質や塩分、カリウム、水分などを制限する食事療法や、薬物療法がおこなわれます。
重症の場合には人工透析をします。

予防法・注意点

腎臓の病気は自覚しにくいものです。
健康診断を定期的に受診するようにしましょう。

肝臓の不調

肝臓が弱っていると、陰部臭がするときがあります。

特徴

肝臓が不調だと、体内の有害物質をうまく解毒できなくなり、さまざまなニオイ物質が体内にとどまるようになります。
これが体中をめぐるうち、ドブやカビのニオイがしてきます。
発熱、吐き気、食欲不振、だるさといった風邪に似た症状がでたり、黄疸(皮膚や白目が黄色くなる)が出たり、お酒に弱くなることもあります。

原因
  • 肝臓の不調。
治療法

軽度であれば、お酒をひかえ、食事療法で改善することがあります。
クエン酸やオルニチンといった成分を積極的にとるのも効果的です。

予防法・注意点

暴飲暴食は控えましょう。
特にアルコールを摂り過ぎると、肝臓に負担がかかります。
定期的に健康診断を受けるようにも心がけましょう。

胃腸の不調

胃腸の調子が悪いと、デリケートゾーンの悪臭につながることがあります。

特徴

胃腸が不調だと、消化が悪くなり、食べたものが胃の中に残るようになります。
これが胃酸で発酵すると卵が腐ったような臭いが出ます。

ニオイ物質は血液に溶けだし、全身を巡ります。
それが汗とともにデリケートゾーンに吐き出されると、アソコから卵の腐敗臭が漂うことがあります。

胃腸が不調だと、ニオイと同時に胸やけ、吐き気、腹部のもたれ、腹痛、過度なげっぷなどの症状が現れます。

原因
  • 胃腸の不調。
  • ピロリ菌への感染。
治療法

精神的なプレッシャーで胃腸に負担がかかるのは、みなさん経験上ご存知のことと思います。

原因がストレスや疲れである場合には、まずはそれを取り除きます。
そのうえで、胃酸の分泌をおさえる薬や胃の粘膜を保護する薬、痛みをおさえる鎮痛剤などを服用します。
近年ではピロリ菌を除菌する治療も行われています。重症の場合には手術が必要なこともあります。

予防法・注意点

ストレスや疲れは放置せず、できるだけすぐに解消するよう心がけていくことが大切です。
胃腸が弱っているときは、胃酸の分泌を促すようなカフェイン、刺激物、脂っこい食べ物はなるべく避けましょう。

肺の不調

肺に不調があるとき、陰部がクサくなることがあります。

特徴

リンパ節が集まる肺が不調だと、リンパ管の老廃物を処理しきれなくなり、目詰まりをおこします。
これを放置してしまうとやがて炎症がおこり、肉の腐ったような生臭いニオイが発生します。
ニオイのほか、せきやたんが増えたり、気管支炎や血たん、鼻炎、発熱、胸痛、呼吸困難の症状がみられることもあります。

原因
  • 肺の不調。
  • 結核菌への感染(肺結核の場合)。
  • 遺伝子異常の積み重ね(肺腫瘍の場合)。
  • 胸腔内への細菌感染(膿胸(のうきょう)の場合)。
治療法

ひと口に肺の不調といっても、単なる機能低下から肺結核、肺腫瘍、膿胸(のうきょう)などさまざまな病気があり、病気ごとに治療法は異なります。

ぜんそくの場合は吸入治療が一般的です。
肺結核の場合、現在ではほとんどが投薬治療で完治します。

予防法・注意点

乳製品や肉、魚といった動物性脂質はリンパ管で目詰まりしやすいので、肺が不調なときは極力控えましょう。
かわりにショウガ、ネギ類など発汗作用のある食品や、キノコ類などの食物繊維を意識的にとると改善に効果的です。

自宅検査キットを活用するのもアリ

デリケートゾーンが臭いと、さまざまな病気の危険性があることがお分かりいただけましたか?
なるべく早く病院を受診したいところですが、忙しくてなかなか行けなかったり、予約が先になってしまうこともあるかもしれません。

病気の可能性があって気になる場合には、まずは自宅でチェックできる検査キットを使ってみてもよいでしょう。

検査できるのは、クラミジア、淋病、トリコモナス、カンジダなどです。
価格は、検査項目によって1万円前後が目安となっています。

ただし、自宅検査キットはあくまで目安と考え、最終的な判断はドクターにゆだねましょう。

※参考①:STD(性病)研究所
※参考②:ふじメディカル

気になったら早めに病院を受診して

気が引けるかもしれませんが、最終的にはやはり病院に行ってきちんと検査してもらう必要があります。

内科はともかく、婦人科はなかなか受診しにくいかもしれません。
けれど今は女医さんも増えています。
診察内容などを含め、一度お近くのクリニックに電話などで問い合わせをしてみるとよいでしょう。

平日なかなか休みが取れない人のために、土日診察しているクリニックもあります。
なんとか時間をつくって、一度病院へ足を運びましょう。

スポンサーリンク

Pick Up

足の臭いを消すクリームランキング!市販の対策グッズは効果があ…

【デリケートゾーンの臭いにおすすめ石鹸・ボディソープ15選】…

洗うだけでワキガが無臭!?脇の臭いケア石鹸・ボディソープラン…

関連記事

デリケートゾーンのにおいケア!専用クリームおすすめランキング

デリケートゾーンのニオイには、イビサデオドラントで集中ケア!…

デリケートゾーンの悩みには、イビサソープがおすすめ?効果や使…

急にすそわきがになることってある?何が原因?対処法は?

男性でもすそわきがになる?場所はどこが臭う?原因と対策まとめ

すそわきがってうつるの?性行為が原因?