ニオイが気になる方におすすめ!ニオイや汗を抑える一押し商品

脇汗が多い原因はなに?ひどい脇汗の対策

薄着になる季節は「脇汗が気になってつり革につかまれない」「脇のシミが気になって着たい洋服が着られない」など、男性も女性も悩みをもつ方が少なくありません。

しかし脇汗が気になることで、プライベートや仕事にも影響が出てしまうのは、もったいないことです。
そこで、脇汗やニオイのストレスを感じないようにしてみませんか。

ひどい脇汗の原因や対策、ニオイを抑える方法などをしっかりみていきましょう。

スポンサーリンク

脇汗の原因は2つの汗腺

人それぞれ個人差があるとはいえ、全身のなかでも脇に汗が多いことには原因があります。

脇汗は、身体にある2つの汗腺(皮膚にある汗が出る穴)が深く関わっているのです。
それぞれの汗腺を「エクリン腺」と「アポクリン腺」といい、異なる特徴があります。

あまり知られていない身体の構造から脇汗の原因をみていきましょう。

全身にある「エクリン腺」が汗を出すワケ!

エクリン腺は、全身に張り巡らされている汗腺です。

とても小さくて肉眼ではなかなか見えないですが、1平方cmあたり約100個存在し、全身で200~400万個以上あるといわれています。

エクリン腺から出る汗の成分は、99%以上が水分で、サラサラしているという特徴があります。

汗を出すメカニズムには、自律神経のひとつである交感神経が深くかかわっており、活動したり興奮・ストレス状態にあると汗が出やすくなるようです。

(1)体温を調節するための汗

気温・室温が高いときや運動をしたときなどに、汗を出すことで身体が熱くなりすぎないように体温を調整する働きがエクリン腺にはあるのです。
このことを「温熱性発汗」や「運動性発汗」といいます。

寒いときも暑いときも、体温を一定に保つことができるのは、エクリン腺が深く関わっているといえるでしょう。

(2)精神的なことが原因の汗

人間は精神的にストレス・緊張状態・不安を感じたとき、手足や脇の発汗が活発になり、これを「精神性発汗」といいます。

緊張しやすい人や人前に出るのが苦手な人は、「脂汗をかく」「手に汗を握る」などの経験があるかもしれません。

これは、興奮したときに働く交感神経が優位になるためでしょう。

運動時のようなあふれる汗というよりは、じわっと出てくるようです。

(3)辛いものを食べて出る汗

辛い食べものなど、刺激物を食べたときに、額や鼻・首などの顔周りを中心に汗が出ることがあり、これを「味覚性発汗」といいます。
しかし、味覚そのものや、味覚性発汗は、まだはっきりと解明されていません。

人によっては辛いものだけではなく、甘いもの、酸味のものでも汗が出るケースもあり、生理的な現象です。

ニオイを出す?「アポクリン腺」が汗を出すワケ!

アポクリン腺から出る汗には、エクリン腺のような体温調節機能はありません。
脇汗の臭いは、脇に存在しているアポクリン腺が影響しているようです。

もともと、汗は無臭です。
しかし、皮ふの上にある常在菌が皮脂や汗を分解することで、ニオイが出てきます。

エクリン腺の汗は、成分のほとんどが水分のため、サラサラしていますが、アポクリン腺から出る汗は、粘り気があります。

エクリン腺もアポクリン腺も、はじめは無臭ですが、放置すれば両方とも臭います
とくにアポクリン腺のほうが成分に栄養が豊富なため、強烈なニオイを発するのです。
これがワキガ臭です。

アポクリン腺は、全身の中でも脇・肛門・耳の中・陰部などの特定の場所にしか存在しない汗腺なのですが、とくに脇はニオイが服の外に出やすいため、脇の臭いが気になるのです。

アポクリン腺の数や、大きさは遺伝的な要素が強いため、臭いの強弱にも個人差があります。

汗のニオイにも役割がある?

脇汗のニオイは、フェロモンを出して異性を引き付ける役割があります。

言葉をもたない動物は、臭いを出すことで個体を認識し、異性にアピールするといわれています。
アポクリン腺は哺乳類の、芳香腺が退化したものと考えられており、思春期以降に発達します。

なんで脇に汗が多いの?

汗は全身から出ているのですが「脇から出る汗の量は多い」と感じる方が多いようです。

これは、エクリン腺がワキの下や手のひらなどに集中しているからなのです。
そのため、脇は汗がいっぱい出ると感じます。

また脇は腕を下している状態だと皮膚が重なるため、発汗された水分がすぐに蒸発しにくく、蒸れやすかったり、水分の粒子がくっついてしっとり濡れるため、脇汗がたくさん出ているように感じるのです。

冬でも脇汗が多いのはどうして?

寒い冬でも脇汗が気になる方は、多いようです。
なぜ、寒いのに汗をかくのでしょうか。

寒いときは、身体が熱をつくろうとするため代謝が上がることが原因で、脇汗が出やすくなるようです。

また、冬は夏よりも室内にいて、身体を動かさないケースが多いため、喉が渇きにくくなりがちです。
そのため、水分摂取量が減ってしまい、老廃物や塩分が濃い汗になりやすいようです。

このように栄養豊富な汗は、皮ふにいる常在菌のエサになりやすく、ニオイやすいという特徴があります。
さらに冬は重ね着をしている場合が多く、湿度がこもり菌にとって過ごしやすい環境になることもニオイの原因といえるでしょう。

オススメの脇汗対策8選!

さまざまなことが、汗を出す引き金になっています。

そのひとつひとつを知り、対策を試して自分にとって効果が出やすい方法を見つけましょう。

(1)脇を清潔に保つ

もともと、汗は無臭ですが雑菌が分解することで、ニオイが発生します。

そこで、汗をかいたらワキをこまめに拭いたり、脇汗パッドを使用したりすることで、ワキで雑菌が増殖しにくい環境をつくることが大切です。

また、服に汗が染みこんでしまうと、しみこんだ汗を雑菌が分解することも。
汗ふきシートを持ち歩いて、汗が衣類につきにくくしたり、脇汗パッドに汗を吸収させて、パッドを交換するなどの配慮が効果的でしょう。

(2)食生活を見直す

汗と食生活には密接な関係があります。

脂質の多い食事は、脇汗の量が増えて、ニオイも強くなりやすいといわれています。
なるべく、脂っぽい食べものや、ファストフード・インスタント食品・肉類を控えるとよいでしょう。

また、刺激の強い料理や、カフェインが多いものは、汗腺を刺激するため、汗が出やすくなります。

逆に、大豆製品や、ハーブは発汗を抑える食べ物といわれています。

大豆製品に多く含まれるイソフラボンがホルモンバランスを整え、ハーブはリラックス作用で副交感神経を優位にさせるために、よいのだそう。

また、体を冷やす働きのある夏野菜は、体内の熱を逃がすカリウムが多く含まれているため、体温を下げ脇汗をかきにくくるするといわれています。

刺激の強い食べ物や、脂質が多い食事をしていた方は、食生活を見直してみるのもよいでしょう。

(3)適度に汗を流す運動

汗腺は、いつも動かしていると活発になります。

しかし、運動不足だと全身の汗腺が活発になりません。
そこで、なにかと動かす機会があるワキの汗腺が活発になり、脇汗がかきやすくなるのです。

運動で汗を流していると、たくさんの汗腺から汗をかき、老廃物もスムーズに流れていきますが、運動不足だとそうはいきません。
運動不足だと、数少ない活発な汗腺に老廃物がたまり、たまたま汗をかいたときにドバっと出てくるのです。

そうなると、ベタベタした臭いやすい汗になってしまうのです。

日ごろからの運動習慣や体質にもよりますが、運動不足の方はとくに、適度に運動をして汗を流し、新陳代謝を良くする生活習慣をつけることが脇汗予防の方法のひとつでしょう。

(4)リラックスをする

精神性発汗は、緊張状態になるとドバっと汗が出ます。
度重なるストレスや「汗をかいたらどうしよう」という不安が、よけいに汗を出すことも。

そこで、なるべく自分がリラックスできる方法を探し、実践してみましょう。

例えば、緊張をほぐす思考トレーニングをしてみたり、緊張しないように場慣れすることもひとつの方法です。

また日ごろからストレスを感じやすい方は、適度な運動や、趣味で気分転換するのもよいでしょう。
マッサージで血行をよくしたり、良質な睡眠をとることもオススメです。

(5)ホルモンバランスを整える

女性は、女性ホルモンのバランスが乱れることが、汗と影響しているようです。

とくに更年期になると女性ホルモン量の低下が、自律神経のバランスを崩してしまい、さまざまな症状があらわれます。

自律神経の乱れから交感神経がエクリン腺を刺激し、気温に関係なく大量の発汗がみられる現象(ホットフラッシュ)が起こる場合もあります。

この場合は、生活上の注意では改善しにくいため、婦人科を受診して相談することをおすすめします。

また、年齢に関係なく若い女性でも、不規則な生活や睡眠不足が続くと、女性ホルモンのバランスが乱れて汗に影響が出る可能性があるようです。

(6)体脂肪率を下げる

痩せている人に比べ、太っている人は脂肪が断熱材のような働きをするため、体に熱がこもりやすく、汗をたくさん出すことで体温を調整しようとする働きが活発になるようです。

脇汗だけでなく顔周りや全身からの発汗も気になるようであれば、体質改善が必要かもしれません。

肥満解消のためには、ウォーキングエアロビクスなどの有酸素運動を続けることがおすすめです。

(7)制汗剤を活用

制汗剤にはさまざまな種類があります。
汗腺は全身になるので、ワキという小さい範囲の汗を抑えたところで、体への影響はないとされています。

最近では、スプレータイプ以外にもクリームタイプやジェルタイプ・自然由来でつけ心地のよいものなど、さまざまな商品が販売されているので、自分に合ったものを選ぶとよいでしょう。

制汗剤は、スプレータイプより、クリームタイプのように、肌に直接塗れるもののほうが効果が高いようです。

ちなみに口コミで高評価なのは、クリアネオというクリーム状の制汗剤。
制汗効果が高いだけでなく、ニオイを抑えるのもピカイチと評判です。

(8)病院での治療

日常生活に支障をきたすように汗は、多汗症の可能性もあります。
脇の多汗症は、腋窩多汗症(えきかたかんしょう)といい、厚生労働省によると日本人の5.8%は患者がいるようです。

さまざまな対策をしたのに、なにも改善されないという場合は、医師に相談しましょう。

多汗症は、皮膚科や多汗症専門外来で、治療を行えます。
症状によってさまざまな施術があり、塗り薬や経口薬を使う方法や、電気治療・超音波治療、手術などがあります。

ワキの多汗症を治療する際は、塩化アルミニウムの塗り薬からはじめるケースが多いようです。

まとめ

脇汗の原因は、さまざまです。
しかし、生活習慣を変えることで、ある程度は脇汗を抑えられるかもしれません。
タオルが手放せないような、多汗をいつもワキにかく場合は、多汗症を疑って受診するとよいでしょう。

最初の対策は、気軽にできる方法として、制汗剤などを使用してみるのもよいですね。

汗のニオイが気になる方は、汗をかいたらすぐに拭くことも大切です。
体臭の感じ方は人それぞれなので、自分が思っているほど、周りの人は気になっていないということもあります。

汗やニオイを気にしすぎて、積極的になれず、対人恐怖症になってしまうようなことがないように「これだけ対策をしたから大丈夫」と開き直ってしまうと、精神性発汗がなくなることも。
しっかり脇汗対策をして、活き活きとした毎日を過ごしましょう。

スポンサーリンク

Pick Up

足の臭いを消すクリームランキング!市販の対策グッズは効果があ…

【デリケートゾーンの臭いにおすすめ石鹸・ボディソープ15選】…

洗うだけでワキガが無臭!?脇の臭いケア石鹸・ボディソープラン…

関連記事

【ひどい脇汗を止めたい!】すぐにできる脇汗を止める方法とは?

多汗症の治療は何科?ボトックスや手術に保険は使える?

汗が止まらない!?多汗症の原因と症状、対策方法

男の汗を強力に止める!メンズ制汗剤ランキング

体臭の原因と予防改善方法はズバリこれ!今すぐできる8つの対策

脇の汗ジミにサヨナラ!もう悩まない脇汗対策法6つ