ニオイが気になる方におすすめ!ニオイや汗を抑える一押し商品

顔汗をすぐに抑えたい!顔用制汗剤の効果は?副作用はない?

顔汗は、目立ってしまうぶん、他の部位の汗よりも厄介です。
なるべくスムーズにおさえる方法として、まっ先に思い浮かぶのが制汗剤でしょう。
制汗剤は手軽で、即効性が期待できるため、とても便利な顔汗の対策方法といえます。

この記事では、顔汗をおさえる制汗剤についてチェックしていきましょう。

スポンサーリンク

薬局で買える市販の制汗剤は、顔にはNG!

薬局には、とてもたくさんの種類の制汗剤が売っています。
しかしこれらの一般的な制汗剤は、身体用に作られているものなので、デリケートな顔への使用は絶対にNGです。

ボディ用制汗剤には、皮膚が薄い顔に使うには、強すぎる薬剤が使われていることがほとんど。
顔には、顔用の制汗剤を使いましょう。

ドラッグストアにも、顔用の制汗剤はおいてある?

ドラッグストアで顔用の制汗剤を選べたらよいのですが、じつは一般のお店には、顔専用の制汗剤というものは置いていません
顔用の制汗剤は、開発に手がかかるため、大量生産には向いていないようです。

それではどこで買えるのかというと、通信販売で売られています。
顔汗対策をしたい人は、通販を利用するとよいでしょう。

顔用制汗剤を選ぶときのポイント

顔につかう制汗剤は、つぎの点に注意して選びましょう。

【顔用制汗剤の選びかた】

  • 顔への使用が認められたもの
    (ボディ用の制汗剤は、肌ダメージが高くなります。)
  • 肌にやさしい成分のもの
    (顔の皮膚はデリケートなため、なるべくやさしい成分のものを選びましょう。)
  • 医薬部外品に該当する制汗成分が配合されたもの
    (たしかな制汗力があるものでないと、使う意味がうすくなります。)
  • メイクしても大丈夫なもの(女性の場合)
    (制汗できてもメイクができないのでは、不都合が生じることも多いでしょう。)

おすすめの顔用制汗剤は【サラフェプラス】

“顔用制汗剤を選ぶポイント”をふまえておすすめできるのが、国産の医薬部外品である「サラフェプラス」です。

サラフェプラスの効果

サラフェプラスは、どのようなしくみで顔汗をおさえるのでしょうか?

フェノールスルホン酸亜鉛が汗をおさえる

サラフェプラスに配合されている薬用成分「フェノールスルホン酸亜鉛」には、汗に吸着して流れ落ちないようにするはたらきがあります。
この成分は、一般的な制汗剤のように毛穴をふさぐものではありません。
そのため、発汗を完全にとめるようなムリなことはしないで、お肌に負担をかけることなく、効果的に汗を減らすことができるのです。

フェノールスルホン酸亜鉛は、汗を抑える作用が学術論文でも報告されています。
※ニューヨーク大学メディカルセンター ケネス/ウォーリックら。National Medical Association.Journal of the Vol.58 No.2 110-113(March,1966)

(※公式サイトより引用)

美肌成分をプラス

肌荒れやホルモンバランスの乱れは、過剰な汗や皮脂分泌をまねくケースがあるので、汗に悩む人にとっては大敵です。
サラフェプラスには、ナノセラミドをはじめ、シャクヤクエキス・オウゴンエキス・茶エキス・ワレモコウエキスといった美肌やホルモンを整えるのによい成分が、23種類も配合されています。

化粧下地としても使えるので便利ですし、汗をおさえながら、ツルツル美肌を目指せるのがサラフェプラスのいいところです。

お肌に悪い成分はカット

サラフェプラスは、着色料・合成香料・石油系界面活性剤・鉱物油・パラベン・紫外線吸収剤・動物由来原料は不使用。
毎日使うものだからこそ、お肌の負担になるこれらの添加物は、いっさい含まれていないのです。

副作用は大丈夫?

サラフェプラスが汗ケアによいことはわかりましたが、副作用が気になるという方もいるでしょう。

サラフェプラスは、アレルギーがおきやすい添加物はカットされていて、敏感肌の人や子どもでも使える設計になっています。
ほとんどの人が肌刺激を感じることなく、快適に汗ケアできるでしょう。
万が一お肌に合わなかった場合には、返金対応もしてもらえます。

使いかたのコツ

サラフェプラスの使いかたはシンプルで、基本的には化粧下地がわりに顔に塗るだけです。
具体的には、つぎのようにして使いましょう。

【サラフェプラスの使いかた】

  • 朝の洗顔後、化粧水などの基礎化粧品でお肌を整えたあと(日焼け止めの前)にサラフェを使う。
  • 保湿クリームをたっぷり塗ったあとにサラフェを使うと、成分がなじみにくくなり、効果がおちる。
    クリーム類をスキンケアに使う場合には、ケア後しばらくたって十分吸収されてからサラフェを使う。
  • 気になったときには、メイクの上からでも使用可能。
    効果を高めるためには、油とり紙などでお肌の汚れをケアした後に塗り直しを。

“お試しコース”(公式サイト)利用の購入が断然オトク!

サラフェプラスは、通販限定商品です。
もっともお得にサラフェプラスを買いたいなら、公式サイトから“お試しコース”に申し込むことをおすすめします。

お試しコースは、オトクな会員価格で定期的(30日ごと)にサラフェを届けてくれる制度です。
「定期的に」といっても、購入回数のノルマはいっさいなし
次回お届け予定日の7日前までに連絡すれば、いつでも変更・休止や解約ができます。

【サラフェプラス商品情報】

特徴 薬効成分である高純度パラフェノールスルホン酸亜鉛が、やさしく顔汗を吸着し、汗と汗による化粧崩れを防ぎます
ふんだんに配合された美肌成分で、汗ケアと同時にお肌のケアも可能
25日間返金保証制度(※)あり!
※お肌に合わなかった場合のみ。
価格 8,480円(税抜)+送料600円 ⇒ 定期便(購入回数ノルマなし)で送料無料の5,480円(税抜)
購入方法 ネット通販

販売サイト

サラフェプラスを使って、気になる顔汗対策を手軽に行っていきましょう!

>>サラフェプラスの詳細はこちら

男性用の顔用制汗剤はある?

今回ご紹介したサラフェプラスは、化粧下地として使える顔用制汗剤です。
男性は、どのような顔用制汗剤を選べばよいのでしょうか?

じつはサラフェプラスは、男性の使用もOK
洗顔後、スキンケアの最後(日焼け止めを使っている人はその前)に塗るだけです。

クリニークやAHCなど【塩化アルミニウム】を使った商品は要注意!

“AHCセンシティブ”や、クリニークの“アンティパースパイラントデオドラント”といった商品を顔汗対策に使うとよい、という口コミをみかけますが、これは要注意です。

これらの商品は「塩化アルミニウム液」という強い薬剤を使っているため、汗止め効果は高いですが、顔へのダメージも強いものになります。
かゆみ・かぶれなどの副作用がでやすいため、顔への使用はやめたほうが無難でしょう。

どちらの商品も、もともとは海外向けの商品です。
日本人の皮膚は、白人の4分の1ほどの薄さで、とてもデリケートといわれています。
海外製品は、注意して選ぶべきでしょう。

そもそも、顔汗はなぜひどくなるの?

顔汗対策に有効な制汗剤についてチェックしてきましたが、そもそもなぜ、顔に滝汗をかいたりするのでしょうか?

汗腺機能のおとろえ

ふだん汗をかかない人は、汗腺がおとろえ、手足の先などには汗をかきにくくなります。
そのため運動や気温があがったときに、体温をさげるため、顔や脇のした、背中など汗腺機能の残った限られた部分にいっきに汗をかくのです。

対策方法としては、湯船につかったり、定期的に運動するなどして、全身からこまめに汗をかけるような習慣づけが有効になります。

緊張や不安などの精神的なもの

汗をかくことへの不安があると、緊張して、ますます汗をかくことがあります。
これは“精神性発汗”とよばれるもので、だれにでもおこることです。

精神的な汗は、いっきにどっとかくので、よぶんな栄養を含んだベタベタドロドロしたものになります。

精神性発汗は、プレッシャーがかかるほどおこりやすいものです。
緊張しそうな日には、顔用制汗剤を塗っておくなど、事前に十分な対策をとっておくとよいでしょう。
できる手をうったら、あとは気にし過ぎないことも大切です。

更年期障害

気温や精神状態に関係なく、急にほてって顔汗がひどくなる人は、更年期障害の可能性もあります。
ストレスによるホルモンバランスの乱れから、まだ若い30代のうちから同様の症状があらわれる人もいるようです。

ホルモン療法を行ったり、大豆イソフラボンのように、女性ホルモンに似た構造をもつ食品を積極的にとることで、症状の緩和をめざしましょう。
疲れやストレスといった、ホルモンを乱す要因を取りのぞくことも重要です。

多汗症(顔面多汗症)

多汗症とは、たんなる「汗っかき」とは異なるもので、異常に汗をかいてしまう病気の一種です。
なかでも顔汗がとくにひどい症状を、「顔面多汗症」といいます。

多汗症の原因は、完全には解明されていません。
自律神経の異常や、遺伝的な要因が関係していると考えられています。

とくに思い当たる理由もないのに汗がひどい人は、いちど医療機関を受診してみましょう。

薬で顔汗をおさえるという方法もある

制汗剤ではありませんが、飲み薬のなかには、汗をおさえるものもあります。
代表的なものが、“プロバンサイン”といった「抗コリン薬」と呼ばれる薬です。

この薬は、発汗のメカニズムを、神経伝達レベルで妨害する薬で、汗止め効果はてきめん。

ただし、そのぶん副作用が強く、のどの渇き・目のかすみ・胃腸障害・排尿障害といった深刻な症状があらわれやすくなります。
どうしても必要なときに限定して、計画的に使うべきでしょう。

抗コリン薬は、海外では市販薬ですが、日本では医師の処方箋が必要な薬です。
そのため入手のさいには、おもに個人輸入(代行業者から通販)を利用することになります。

顔汗には体質改善も大切

顔汗は、汗腺機能のおとろえや、ホルモンバランスの乱れからきていることがあります。
このケースでは、じっくり体質改善していくことも有効な顔汗改善方法です。

体質改善には、時間と手間ヒマがかかるものも多いので、サプリメントなどを利用しながら、長期計画で取り組んでみましょう。

汗かき体質を改善するサプリとしては、「アセッパー」がおすすめです。

【アセッパー商品情報】

特徴 トマト・スイカ・リンゴ・アサイーといった4つのポリフェノールの抗酸化力で、急にどっとくる汗の分散をサポート
大豆イソフラボンも配合され、ホルモンバランスの乱れを解消する手助けもしてくれます。

毎日飲むものだからこそ安全性にこだわり、合成保存料や防腐剤といった添加物は入ってません。
安心の180日間返金保証つきです。

価格 6,800円+送料650円(税抜) ⇒ 定期便(2回以上の購入必須)で送料無料の5,440円が、初回限定で4,800円(税抜)
購入方法 オンラインショップ

販売サイト

>>アセッパーの詳細はこちら

顔用制汗剤+αの対策で、より効果的に顔汗ケアを!

顔汗対策につかえる制汗剤の情報や、そのほかの対策方法、顔汗がおこる原因などについてみてきました。

サラフェプラスは、手軽で便利な制汗剤ですので、とてもおすすめです。

人によっては、あわせて体質改善や生活習慣の見直しにもじっくり取り組んでいけば、より効果的に顔汗をおさえることができます。
総合的にケアして、顔汗をスッキリおさえてしまいましょう。

サラフェプラスの購入検討はこちらから

スポンサーリンク

Pick Up

足の臭いを消すクリームランキング!市販の対策グッズは効果があ…

【デリケートゾーンの臭いにおすすめ石鹸・ボディソープ15選】…

洗うだけでワキガが無臭!?脇の臭いケア石鹸・ボディソープラン…

関連記事

制汗剤はどれがいい?スプレーの効果的な使い方

脇、足、デリケートゾーン…しつこい汗とニオイを10秒で抑える…

制汗剤スティックは効果的?本当におすすめできるのはどれ?