ニオイが気になる方におすすめ!ニオイや汗を抑える一押し商品

靴まで臭い足のニオイ!足・靴下・靴の消臭で効果的な方法

靴を脱いだときに、どうしても気になるのが、体臭やムレた足のにおいです。

彼氏・彼女の家に行ったとき、座敷での飲み会など、自分の足が臭いと気まずくてこの上なく脱ぎにくいものです。
また、脱いだ靴そのものが臭うと、自分の靴だけどこか遠くにできないものかと、焦ってしまうこともあります。

もし、自分の足のニオイが気になっているなら、日々の消臭対策を心がけましょう。
ポイントは靴・靴下・足への消臭です。

臭う原因を抑え、しっかり対策をすることで、足のニオイから解放されるかもしれません。
自己流のケアで効果がなかった人も、参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

足が臭くなる原因は?

手や足にも汗腺はあるのです。
エクリン汗腺とよばれる汗腺は、体中にあり、とくに手足には多く存在します。

足の裏の発汗は、1日に約コップ1杯もあるといわれており、靴をはいて歩きまわった足の裏は、汗でムレてしまいまうのです。
女性は季節をとわず、ブーツをはいていると、足の裏は汗をかいています。

しかし汗自体は、99%が水分のため、においはありません。

皮膚に常在する菌が、足の裏の汗や皮脂、角質を分解してイソ吉草酸」とよばれる脂肪酸を作り出します。
イソ吉草酸が足の臭いニオイの原因です。

そして、混ざり合った汗・皮脂・角質は、湿気の高い靴の中で雑菌のエサとなり、雑菌が繁殖します。

この雑菌が靴の中にいると、いくら足をきれいに洗っても、またニオイの元となります

足の臭いを防ぐポイント

ります。

臭い足のニオイとサヨナラするためには、靴・靴下・足の3つに対して、同時に消臭対策をすることがポイントです。
そうしなければ、いつまでも、イタチごっこのように足のにおいはとれません。

靴への対策

すでに臭くなっている靴で洗える素材のものは、よく洗って乾燥させましょう。

日光に当てられる素材の靴は天日干しに、革靴などは日陰で風通しのよい場所で乾燥させてください。

毎日のお手入れ

毎日の手入れ方法として簡単なのは、市販の消臭剤を靴の中に入れることです。

不要になったストッキングをカットして、中に重曹を入れて、両端を結べば、消臭剤の効果があり安上がりです。

靴がムレた状態で放っておくと、雑菌が繁殖するので、帰宅したら、新聞紙を靴の中に入れておきます。
新聞紙は湿気を吸い取るので、靴を外に干す時間がないときにおこなってください。

冷凍したら菌は死ぬ?

靴を冷凍庫に入れると、靴の中のバクテリアや雑菌が死ぬという説がありますが、衛生上あまりおすすめできません

靴の選び方

靴を選ぶときは、自分のサイズにあった靴を買いましょう。
合成やゴム素材など、通気性が悪い靴は足がムレやすいので避けてください。

靴の中に、消臭インソールを入れておくのも効果的です。

毎日同じ靴をはくと、靴が乾燥する時間がないので、靴はローテーションではくようにしましょう。

下駄箱の換気

下駄箱をいつも閉めていると、湿度がこもり、雑菌が繁殖しやすい環境ができます。
そのため、下駄箱の除湿をこころがけましょう。

外出中は、開けておいたり、除湿剤を入れておくのも有効です。

靴下への対策

靴下は通気性のよい、綿素材のものを選びましょう。

五本指タイプの靴下は、指と指が直接触れるのを防ぎ、指からの汗を吸収するため防臭効果があるといわれています。
ただし、横幅の厚みが増すため、靴がキツくなることもあります。

足汗をかいたら、靴下やストッキングを履き替えるのもよいでしょう。
替えの靴下を持ち歩き、こまめに履き替えるだけでも、ニオイは軽減できます。

靴下洗濯方法

履いたあとの靴下は、まず薬用石鹸で手洗いしてから洗濯してください。
重曹水につけても殺菌効果はあります。

自宅に薬用石鹸や重曹がない場合は、60度以上のお湯につけるだけでも、雑菌が死滅します。

洗濯前のひと手間が、ニオイの元となる雑菌や汚れを効果的におとします。

足への対策

お風呂やシャワーで簡単に洗い流すだけでは、足の裏にある古い角質は取り切れません。

  1. お湯を洗面器に入れ、少なくとも3分以上、足をつけておいてください。
  2. その後、固形石鹸で足をよく洗います。
  3. 洗ったあとは、石鹸成分をじゅうぶんに洗い流してください。
  4. 洗い流したあとは、きれいなタオルで完全に水分をふき取ります。
    このとき、指と指の間まできちんとふいてください。
  5. 足が乾ききってから、靴下をはきます。

ボディーソープは保湿剤が入っているため、固形石鹸を使ってください。
殺菌効果のある石鹸を選ぶと、より効果的です。

ゴシゴシこすって肌を傷つけると逆に細菌感染をおこすので、石鹸をつけた手で優しく洗いましょう。
足全体はもちろんのこと、指と指の間や、爪の部分もていねいに洗います。

上記のように、足の手入れをしたのにまだニオイが残る人は、重曹の入ったお湯で足湯をおこなってください。
足湯のあとに、ミョウバン水をスプレーするのもおすすめです。

水虫のある方は、水虫の治療をおこないましょう。

重曹を使った足湯の方法

  • 洗面器に両足がつかる程度のお湯を入れます。
  • そこに大さじ2〜3杯の重曹を溶かします。
  • 重曹を溶かしたお湯に、15〜20分くらい足をつけておくだけです。

アルカリ性の重曹が、足のにおいの原因である、酸性のイソ吉草酸を中和するとされています。

重曹には種類がありますが、食料品売り場にある食用の物を使ってください。
掃除用に売られているものは、肌への刺激が強すぎる場合があります。

ミョウバン水の作り方

ミョウバンはドラッグストアなどで買えます。
ミョウバン水の作り方は下記を参照ください。

できあがったミョウバン水は涼しい場所で保存し、1か月以内に使い切ってください。

ミョウバン水は、きれいに洗ったあとの清潔な足にスプレーをします。
スプレーした後は、完全に乾いてから、靴下をはきます。

ミョウバンは消臭作用と制汗作用があるとされており、足裏の汗をおさえて、雑菌が繁殖するのを防ぎます

ミョウバン水を作るのが手間な人は、市販の防臭スプレーや制汗スプレーを使ってもいいです。

水虫の治療

水虫自体が足のニオイの原因ではありませんが、水虫で荒れた皮膚の表面は、雑菌がひそむのに好条件です。

雑菌がひそんでいる状態では、足を洗ってもじゅうぶんな防臭効果は得られません。

また、他人に感染させる可能性もあるので、水虫の症状がある人は、皮膚科で治療を受けてください。

緊急時の対策

最後に、外出先で急に靴を脱がなければいけなくなったときに、足のニオイが気になった場合の対策をご紹介します。

持ち歩くもの

  • 除菌ウエットティッシュ
  • 消臭スプレー
  • 替えの靴下もしくはストッキング
対策方法

  1. 靴下・ストッキングを脱いで、除菌ウエットティッシュで足を指と指の間まできれいにふきます。
  2. 次に消臭スプレーを吹き付けて、乾くまで待ちます。
  3. 待ちきれないときは、軽くティッシュなどでおさえて乾燥させます。
  4. 足が乾いてから、新しい靴下・ストッキングをはきます。

今日から、日頃の手入れと緊急時の対応で、臭い足のニオイを解消しましょう。

気になる足のニオイは毎日のお手入れが大事

気になる足のニオイは、足だけお手入れすればいいというわけではありません。
毎日、正しく足を洗うことや、靴下・靴のケアが必要です。

足のニオイを消すために、対策グッズを使用するのもよいでしょう。
菌の繁殖を抑えるクリームには、効果がバツグンに高いものあるようです。
詳しくは下記を参照ください。

スポンサーリンク

Pick Up

足の臭いを消すクリームランキング!市販の対策グッズは効果があ…

【デリケートゾーンの臭いにおすすめ石鹸・ボディソープ15選】…

洗うだけでワキガが無臭!?脇の臭いケア石鹸・ボディソープラン…

関連記事

足が臭い!靴が脱げない臭さと病気の関係は?

足汗が気になる人の原因と6つの対策

【足の臭い対策】ブーツも革靴も怖くない!足の臭いを消す方法

冬でもかゆみや臭いの原因になる!足が蒸れるのを防ぐワザとは?

もう座敷も怖くない!足の臭いの緊急対策には消臭スプレーを活用…

接客業や営業など立ちっぱなしの仕事の人必見!足のニオイ撃退方…