ニオイが気になる方におすすめ!ニオイや汗を抑える一押し商品

足が臭い!靴が脱げない臭さと病気の関係は?

足のニオイが気になる方は「周りが気になり靴が脱げない」「汗をかくのが怖い」などと悩みを抱えている場合が多いようです。
なかには「毎日、風呂場で洗っているのに消えない足の臭いは、病気と関係しているのではないか」と心配になる方も。

そこで今回は、足の臭いと病気の関係性や、自分でもできる対処方法について詳しく解説していきます。

スポンサーリンク

足のニオイと病気の関係

足が臭いと気にしている方は、もしかして病気なのでは?と心配になったことがあるかもしれません。

足のニオイそのものが病気というよりは、ほかの病気の影響で足のニオイが発生するということもあるようです。

ここからは、足のニオイと関係のある病気について紹介します。

多汗症

人は、暑いときや運動したときなどに、汗を出すことによって身体が熱くなりすぎないように体温調節しています。

しかし多汗症の人は、外気温や運動などとは関係なく、汗がたくさん出てしまうのです。
多汗症のなかでも、足の裏に汗をかきやすい多汗症は、靴下が濡れてしまうケースも。

そもそも汗自体はくさくないのですが、汗の成分と皮ふの古い角質や脂質を、皮ふにいる常在菌が分解し、ニオイを発するようになります。

足の裏は、靴下や靴で熱もこもりやすく水分も蒸発しにい環境なので、高温多湿になり、もっとも雑菌が繁殖しやすい状態といえるでしょう。

水虫

「水虫の足は臭い」というわけではありませんが、足のニオイと水虫は無関係とはいえません。

足のニオイは、皮ふにもともと生息している皮膚常在菌が原因です。
水虫は、白癬菌(はくせんきん)というカビが原因で起こります。

この白癬菌も皮膚常在菌も、高温多湿の環境で活発に繁殖することがわかっているのです。

つまり、足の裏の汗を長時間放っておくなどして不衛生な状態が続くと、足が臭くなりやすいだけでなく、水虫にもなりやすくなります。

また、爪の間にも雑菌が住みつきニオイのもとになることがあるので、爪も短くするよう配慮しましょう。

「かゆい」「皮ふがむける」「白っぽくなる」などの自覚症状が足の裏にみられたら、水虫の可能性があります。

水虫の治療は、時間がかかります。
塗り薬だけでなく、場合によっては内服薬での治療が必要になるので、早めに皮膚科を受診し専門医に相談しましょう。

糖尿病

足のニオイは、内臓疾患である糖尿病とも関係しているという説があります。

糖尿病になると菌に対する抵抗力が低下するため、感染症にかかりやすい状態になるのです。
そのため、水虫などにかかりやすいといえるでしょう。

皮ふの角質層や爪などに白癬菌が侵入して繁殖し、皮ふに潰瘍やただれ、傷をつくるのです。
血流にのって全身に菌が回ってしまったら、敗血症や血流障害を起こして、命に関わることもあります。

糖尿病の持病がある方や、遺伝で家族に糖尿病の方がいる場合は、免疫力を保つよう体調管理をする必要があるでしょう。

肝臓疾患

肝臓の代表的な役割として、アルコールや身体にとって有害な物質の解毒・分解をする働きがあります。
解毒のなかには、食べ物を分解したときに発生するアンモニアなどを分解しているので、肝臓が正常だとニオイは皮ふから出ないで、排出されているのです。

しかし肝臓の機能が低下すると、身体のニオイを発する成分の分解がうまくいかず、血液中に悪臭になる物質が流れます。
そのため、体臭につながる場合があるようです。

健康診断を受けた方は、大抵は肝機能を調べる項目があるので、結果を確認してみることをオススメします。

その他、腸内環境

腸内は、善玉菌や悪玉菌などさまざまな腸内細菌が住んでおり、お互いがバランスを保っています。

食生活の乱れや睡眠不足・運動不足などの生活習慣の乱れによって、悪玉菌が増え、便秘などの腸トラブルが起こりやすくなるのです。

便秘になると、腸内に便が停滞していることで、毒素が溜まり、硫化水素などのニオイ成分が発生します。
このニオイ成分が血液中に流れ、汗腺から排出されるので臭うのです。

この悪臭は、本来肝臓が分解してくれますが、肝臓の機能が低下している場合は、分解しきれずに体臭として発散される場合があります。

もしも、足のにおいだけでなく、体臭・口臭も合わせて気になるようであれば、腸内環境や肝臓疾患の心配があるので、内科を受診し医師に相談しましょう。

自分でもできる対処法3選


足のニオイには、病気と関係しているものもありますが、まずは、日常生活で自分でできる対処法を試してみるのも大切です。

ここからは、足のニオイが発生しないようにする対策を紹介します。

自分に合った方法を見つけて参考にしましょう。

ニオイ対策に効果的な足の洗い方

足のニオイ対策には、足を徹底的に清潔にすることが大切です。

まずは「足をお湯で十分にふやかしてから洗う」「足の指や爪の間も石鹸で洗う」「殺菌作用のある石鹸を使用する」という、3つのことを実践しましょう。

風呂の湯船や足湯で皮ふをふやかすことで、足の表面の古い角質などの汚れを落としやすくすることが大切です。

夏場はシャワーで済ませるという方は、足だけお湯を張った桶に入れて、足湯をすることをオススメします。

石鹸はよく泡立てて足の指や爪の間の細部まで、しっかり洗うことが大切です。

最後は、足の指の間も清潔なタオルで拭き、しっかり乾燥させましょう。
湿った状態は、ニオイを発生しやすくさせてしまいます。

清潔な足にデオドラント製品を使うと、効果的です。

靴下選び・お手入れのポイント

靴下は、足の汗を吸収するため、選び方が重要といえます。

吸湿性の高い素材は「綿」「ウール」「シルク」です。
5本指ソックスを履くことも、指の間の汗が吸収できるためムレ予防になるため、ニオイ対策としておすすめでしょう。

また、1日履いていた靴下は、菌の宝庫です。

ひと手間ですが、殺菌効果のある洗剤でもみ洗いをしてから、洗濯機で洗うとしっかり洗えます。
熱湯をかけて除菌するのもよい方法でしょう。

また長時間の外出では、女性はストッキング、男性は靴下の替えを持ち歩き、適宜交換するとニオイの軽減につながります。

靴選び・お手入れのポイント

スニーカーやサンダルのように通気性のよい靴は、比較的ニオイがこもりにくいためオススメです。

洗える靴はこまめに洗い、太陽の光に当てて天日干しをすると、ニオイがとれやすくなります。

革靴は、靴の中の湿度が高くなるため、ニオイがこもりやすいと考えられます。
ニオイがこもりやすい靴の場合は、インソール(中敷き)を敷いて使用し、使わないときは、よく乾燥させるとよいでしょう。

サイズも大きすぎる靴・小さすぎる靴は、ニオイを発生しやすいようです。
靴を買うときは必ず試着し、自分の足に合ったものを選びましょう。

また、毎日同じ靴を履くのではなく、3足ほどをローテーションして履くことが大切です。

まとめ


足のニオイは、ただ足は蒸れているだけではなく、全身と繋がっていて病気との関係もあるようです。

足のニオイのほかにも気になる症状がある場合は、速やかに病院を受診することをオススメします。

また、自分でできる対処法で改善できる場合は、無理のない程度に実践していきましょう。

スポンサーリンク

Pick Up

足の臭いを消すクリームランキング!市販の対策グッズは効果があ…

【デリケートゾーンの臭いにおすすめ石鹸・ボディソープ15選】…

洗うだけでワキガが無臭!?脇の臭いケア石鹸・ボディソープラン…

関連記事

靴まで臭い足のニオイ!足・靴下・靴の消臭で効果的な方法

足汗が気になる人の原因と6つの対策

【足の臭い対策】ブーツも革靴も怖くない!足の臭いを消す方法

冬でもかゆみや臭いの原因になる!足が蒸れるのを防ぐワザとは?

もう座敷も怖くない!足の臭いの緊急対策には消臭スプレーを活用…

接客業や営業など立ちっぱなしの仕事の人必見!足のニオイ撃退方…