ニオイが気になる方におすすめ!ニオイや汗を抑える一押し商品

多汗症の治療は何科?ボトックスや手術に保険は使える?

多汗症の方は「物を触るのが怖い」「人と手を繋げない」「夏に運動するのが怖い」などと悩みを抱えていることが多いようです。

多汗症は、日常生活での努力では改善しにくく、本人にとってはつらい毎日になりがち。
なかでも「止められない汗」や、汗をかくことで起こる「体臭」「服のシミ」「わきのにおい」など悩みはどんどん深刻になります。

周囲の人から多汗症は「汗っかきの体質」という考えをもたれてしまい、病気ととらえられていないこともあるのです。
しかし、原因がはっきりわからない多汗症は「原発性多汗症」として、治療することができます。

とはいえ、治療といってもどこにいけばよいのか、どんな治療が自分に合っているかなどは、わかりずらいものです。

ここでは、多汗症の治療について、どのような方法があるかや保険診療が可能かどうかについて解説します。

スポンサーリンク

多汗症の治療は何科を受診すべき?


多汗症の治療は「皮膚科」や「美容外科」の分野で扱っているようです。

病院によって得意分野が違うことがあるので「多汗症の治療を行っている」ということを事前に確認してから受診するのがよいでしょう。

また「多汗症専門外来」や「発汗異常外来」という、多汗症の治療を専門にしている病院・クリニックもあります。
症例数が多いかどうかも病院選びの際のポイントにするとよいでしょう。

まずは自分の通院圏内で、気になる治療を行っている病院・クリニックを探してみることをオススメします。

皮膚科で行う治療方法

多汗症の治療は、いくつか方法があります。

どの方法がもっとも効果的かは、ドクターと相談して自分の体質に合ったものを決めることになります。

また、治療内容や重度によって、かかる費用や保険適応かどうかも異なるので、あらかじめ確認する必要があるでしょう。

塗る治療:塩化アルミニウム外用療法

塩化アルミニウム外用療法は、塩化アルミニウム溶液(塗り薬)を汗の気になる部分の皮ふに塗る方法です。

塩化アルミニウムは、毛穴の奥にある汗管(汗が出てくるところ)を閉鎖させ、発汗量を少なくする働きがあります。

重症度によっては、閉鎖密閉療法を行う場合もあります。

閉鎖密閉療法とは

閉鎖密閉療法は、塩化アルミニウム溶液を染み込ませた布手袋や靴下を手足につけてから、ゴム手袋やラップなどを使用して、密閉するという方法です。

手軽に行える治療方法

基本的には塗るだけという治療法のため、自宅でも簡単におこなうことができるだけでなく、価格が安いのも魅力のひとつでしょう。

デメリットとしては、効果が一時的になりやすいことがあるようです。

制汗効果を持続させるためには、継続的に治療をし続ける必要があります。

副作用として塩化アルミニウム溶液の刺激をうけて、皮膚炎が起こるケースがあるので、医師のカウンセリングのもとに進めていくことが一般的です。

  • 薬代:保険適用外(イオントレフォーシス治療が無効の場合は保険が適用されることもある)
  • 診察費:保険適用

電気治療:イオントフォレーシス療法

イオントフォレーシス療法は、手足の多汗症に効果があるといわれており、保険適応になる場合が多い治療法です。

治療は、手のひらや足の裏を水に浸したところに、医療機器から微弱な電流を流すという方法で行います。
電流を流すことによってできる水素イオンが、手足の汗を出す細胞に働きかけて、汗がつくられないようにする仕組みです。

医療用の精度のよいものを使用すると、週に1~2回程度の通院を1か月程度行うと効果がみられ始めることが多いようです。

アルミニウム外用療法が合わない方に、オススメの治療法です。
また、アルミニウム外用療法と併用して行うことで、相乗効果があり、より効果を発揮できることもあります。

デメリットは、イオントレフォーシス治療を行えない方がいることです。
妊婦やペースメーカー(胸に埋め込む医療機器)をしている方は、行うことができません。

  • イオントレフォーシス治療:保険適用

注射をする治療:ボツリヌス毒素局注療法

ボツリヌス毒素局注療法は、塩化アルミニウム外用療法やイオントフォレーシス療法を行っても改善がみられないケースで検討されることが多い治療法です。

汗は、交感神経の命令によって出てきます。
ボツリヌストキシンという毒素の入った薬液を皮膚に注入することで、交感神経の働きをブロックして、活発な汗腺を一時的におさえる方法です。

とくに、脇の下に効果的で、10~20分の施術時間で、効果は個人差がありますが数か月~1年間ほど持続するようです。

多汗症のなかでも、原因がわからない「原発性腋窩多汗症」という重症度の高いものに関するボツリヌス療法は、2012年より保険適用が可能になりました。

  • ワキの多汗症:保険適用
  • ほかの部位:保険適用外

手術:胸腔鏡下交感神経遮断術

「ETS手術」や「胸腔鏡下胸部(きょうくうきょうかきょうぶ)交感神経遮断術」といわれ、多汗症を完治できる手術として注目されている方法です。

手術としては、内視鏡を使用して、胸の交感神経を遮断します。

手の多汗症に効果的といわれており、手術の痕はほとんど目立たず、身体への負担も少なく、半永久的に効果が持続するといわれています。

手術時間は20~30分程度で、基本的に入院をしない日帰り手術になるケースが多い手術です。

デメリットは副作用として、代償性発汗(身体のほかの部位から汗がでること)が起こる可能性が、かなり高いことといえるでしょう。
ほかには、手が乾きすぎることによる頭痛が起こるケースもあります。

  • 手の多汗症:保険適用
  • ほかの部位:保険適用外

飲み薬の治療:内服療法

内服療法は、ほかの治療法と併用して行われる場合が多いようですが、最近ではあまり使用されていないようです。

抗コリン剤という種類の薬が処方される場合では、交感神経を遮断する働きがあるため、気になる部分だけでなく、全身の汗を出にくくなります

薬による効果は、本人の体質や症状・状態・薬の種類によって、個人差がありますので医師と相談しながら治療を進めましょう。

副作用として、口の渇きや眠気、便秘や目のかすみが起こるケースがあります。

  • 薬代:保険適用

美容外科で行う治療方法


美容外科で、多汗症やワキガを専門に扱っている病院・クリニックが増えています。

美容外科で行われている施術は、皮膚科とは異なった特色があり、とくに女性が気軽に通いやすいという点が人気の理由のひとつでしょう。

注射:ボトックス(ボツリヌス菌)注入

汗腺は、全身にあるエクリン汗腺と、脇や足の裏などの局所にあるアポクリン汗腺の2種類があります。
どちらの汗も、汗そのものは無臭ですが、皮ふの常在菌が分解することでニオイが出ます。

エクリン腺からの汗はサラサラとしており、時間が経つと、汗臭いニオイになります。

いっぽうアポクリン腺からの汗は、粘度がありアンモニアを含んでいることから、雑菌が繁殖しやすくワキガ臭になるのです。

両者ともに「アセチルコリン」という神経伝達物質が汗を出す働きを促しています
ボトックス注入は、交感神経と関係している「アセチルコリン」の分泌を抑えることで、過剰な汗を止める方法です。

上記の皮膚科の治療で紹介した「ボツリヌス毒素局注療法」と同じメカニズムといってよいでしょう。

  • ワキの多汗症:保険適用(クリニックが保険診療を行っている場合のみ)
  • ほかの部位:保険適用外

超音波治療:ミラドライ

ミラドライは、マイクロ波(超音波)という電磁波をワキの皮ふに照射して、汗腺を壊す手術です。

一般的な手術やボトックス注入のように、皮膚に傷跡をつけないので、体への痛みや負担が少ないのが特徴です。

マイクロ波は、水分に反応するため、周辺組織へのダメージがないまま汗腺を壊し、安全性も高いといわれています。

手術リスクは低いのですが、高額なため、事前に納得するまで調べたほうがよいでしょう。

また、施術できるのはワキのみなので、ほかの部位の多汗症は別の治療を行わねばなりません。

  • 治療:保険適用外

高周波治療:サーミドライ

サーミドライは、直径2~3mm程度の極細管を皮下組織に挿入して、高周波を当て、アポクリン腺とエクリン腺の両方の汗腺を破壊します。

照射時は、皮膚を赤外線やサーモグラフィで熱を観察するため、温度が管理されており火傷をするリスクは少ないといえるでしょう。

施術時間は、30分程度です。

麻酔をするので、痛みはほとんどないですが、腫れや内出血が3~7日程度続く場合があるようです。

  • 治療:保険適用外

保険が適用されるかは部位や施術によって違う


多汗症の治療で保険適応になる治療は、基本的に皮膚科が行う治療が多いようです。
部位によって、保険が適用されるかは異なるため、事前にしっかり調べましょう。

ボツリヌス毒素局注療法(ボトックス注射)は、2012年から保険適応になりました。

医師が診察をして、「汗が多いと本人が感じているだけ」か「原発性腋窩多汗症(原因のわからない大量の汗がある)」か判断・診断がつくかどうかによって、治療内容や保険適応かが変わる場合があります。

そのため治療に入る前のカウンセリングの際に、費用について必ず確認をしましょう。

医療費控除は受けられる?


医療費控除とは、同一世帯の家族にかかった医療費が年間合計10万円以上かかった場合に、税務署に申告することで、計算されてお金が戻ってくる制度です。

基本的に、治療費・治療のために医師が指示したものや、処方薬は対象になります。

対象外になるのは、予防・美容・健康を目的として支払われた費用です。

極端にいうと、同じものでも、治療目的か美容目的かで対象になるかならないかが分かれるということになります。
「原発性多汗症」と診断がついていて、治療を行えば心配はいりませんが、自分で判断がつきにくい場合は、医師に確認してみましょう。

まとめ


汗は、身体だけでなく心とも密接に関係しており、緊張する場面が多い方、赤面症の方など、交感神経が優位になると汗の出方も大量になります。

多汗症の方は、少しの日常生活に支障が出るのを恐れて、汗が極力出ないようにと、さまざまなシーンで気をつけていることでしょう。

予算的にOKであれば、自分に合った治療法をみつけて実践してみることで、生活上のストレスも格段に少なくなるのではないでしょうか。

悩みが軽くなり、よりよい日常生活を過ごせるようになるよう祈っています。

スポンサーリンク

Pick Up

足の臭いを消すクリームランキング!市販の対策グッズは効果があ…

【デリケートゾーンの臭いにおすすめ石鹸・ボディソープ15選】…

洗うだけでワキガが無臭!?脇の臭いケア石鹸・ボディソープラン…

関連記事

【ひどい脇汗を止めたい!】すぐにできる脇汗を止める方法とは?

汗が止まらない!?多汗症の原因と症状、対策方法

男の汗を強力に止める!メンズ制汗剤ランキング

脇汗が多い原因はなに?ひどい脇汗の対策

体臭の原因と予防改善方法はズバリこれ!今すぐできる8つの対策

脇の汗ジミにサヨナラ!もう悩まない脇汗対策法6つ