ニオイが気になる方におすすめ!ニオイや汗を抑える一押し商品

ワキガを強くするNG食事と改善する食べ物

日本人にとって、ワキガのニオイは大きな悩みの種です。
ワキガ体質が少数派のため、「ニオイによって周りの人を不快にさせてしまっているのではないか」と心配になる方がいるかもしれません。

少しでもワキガのニオイを抑えるためには、どうしたらよいのでしょうか。

ここでは、食事によってワキガ臭を少しでも改善する方法を紹介します。
具体的にどんな食べ物がワキガに効果的で、どんなことに注意して食事をしたらニオイを抑えられるのかみていきましょう。

ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

ワキガと食事の関係性とは

ワキガのニオイは、アポクリン腺から出る汗が、皮膚の常在菌によって分解されることで発生します。

そのため、アポクリン腺を発達させるような食べ物を摂取すると、ワキガ臭が強くなってしまうのです。

また、アポクリン腺の数は遺伝によって決まっていますが、食事によってアポクリン腺に溜まる物質は変わってきます。
つまり、ニオイを強める食べ物を摂取すると、粒の大きくべたべたした汗が出てきて、体臭を強めてしまう可能性が高いのです。

子どものワキガで悩んでいるという方は、親として子どもの食生活をしっかり管理し、改善していくことで、少しでもニオイを抑えられるかもしれません。

ワキガを強くする食べものはなに?

ワキガを強めてしまう食べ物には、具体的にどんなものがあるのでしょうか。
ニオイを強めるとは知らずに、普段から多く摂取しているものがみつかるかもしれません。

以下に挙げる食べ物を意識しながら、自分の食生活を振り返ってみてください。

高たんぱく質、高脂質の食べ物

たんぱく質や脂質は胃や腸で消化・吸収をするのに時間がかかるのです。

胃での消化の際には、硫化水素とメチルメルカプタンという物質が発生します。
これらは腐乱臭のひとつの「硫黄のニオイ」であるため、これが体臭として認識されてしまうようです。

さらにアポクリン腺から出る汗がニオウ原因は、ほとんどが脂質といわれるほど、脂質はアポクリン腺の活動を活発化させ、ワキガ臭を強めます。

こうしたことから、たんぱく質や脂質を多く含む食べ物は、なるべく控えるとよいでしょう。
とくに動物性のたんぱく質動物性脂質には注意が必要です。

具体的には以下のようなものがあります。

  • 肉類
  • 揚げ物
  • 乳製品(チーズ、バター、生クリーム)
  • バターを多く含む洋菓子
  • ジャンクフード
  • レバー
  • うなぎ
  • ラード

リノール酸を多く含む油

リノール酸は、血液中のコレステロールや、中性脂肪を増やします。
中性脂肪やコレステロールが体内で酸化することで、さまざまなニオイの原因につながってしまうのです。

リノール酸が多く含まれる植物性の油

  • 菜種油
  • ひまわり油
  • 紅花油
  • ごま油

ただし、ごま油には血液をサラサラにするαーリノレン酸が多く含まれているため、少量であればむしろ体臭を抑える効果を期待できるでしょう。

その他リノール酸が多く含まれるもの

  • マーガリン
  • マヨネーズ
  • スナック菓子

ニオイや刺激の強い食べ物

ニオイや刺激の強い食べ物や、香辛料を使った料理は、アポクリン腺に働きかけて、ニオイ成分の生成を促してしまいます。

ワキガだけでなく、体臭を強める原因になるので、控えたほうがいいようです。
具体的には以下のようなものがあります。

  • にら
  • ニンニク
  • キムチ
  • エスニック料理
  • 激辛料理

これらは食べなければ食べないほど、ニオイを抑えられるのです。
食べる頻度を減らしたり、どうしても食べないといけない状況になったときだけ食べることをおすすめします。
  

アブラナ科の野菜

アブラナ科の野菜は、消化の際に出る硫黄のせいで、腐った油のニオイと表せるような、硫黄臭を発することがあります。
このニオイが、体臭に直接影響を与えるようです。

ただし、アブラナ科の野菜にも、ビタミンやミネラルといった栄養素が豊富に含まれているため、控える必要はありません。
炒めたり、湯通ししたりと、調理を加えることによって、ニオイを抑えてから食べるようにしましょう。

具体的には以下のようなものがあります。

  • ブロッコリー
  • カリフラワー
  • キャベツ
  • 菜の花

インスタントや添加物の多い食品

インスタント食品に含まれる、防腐剤などの食品添加物は、胃や腸での分解、吸収を妨げたり、腸内細菌に悪影響を与えることがあるのです。

腸内で、消化・吸収に失敗した腐敗物は、悪臭を放つことがあります。

また添加物の種類によっては、消化吸収をするときに揮発性臭(きはつせいしゅう)を発し、それが直接的な体臭の原因になる可能性があるようです。

ジャンクフードには、添加物を多く含むだけでなく、大量の油が含まれています。
脂質もワキガ臭を強める大きな原因となるため、ニオイを軽減したいなら、ジャンクフードはとくに避けなければならない食品といえるでしょう。

ついやりがちなワキガによくない食べ方

ここまでは、控えたほうがよい栄養素食品をみてきました。
ここからは、ワキガによくない「食べ方」をみていきましょう。

毎日の生活で、ニオイを強めるとは知らずにやっている方が多いのではないでしょうか。
自分の食生活はどうか、ぜひ見直してみてください。

塩分、糖分の摂りすぎ

塩分のとりすぎは高血圧を引き起こし、血の巡りが悪くなることで、細胞に栄養がいきわたりにくくなります。
また血液の巡りが悪くなると、新陳代謝が低下して、老廃物が溜まりやすくなることで、体臭を強めるのです。

いっぽうで、糖分は微量ではあるものの、アポクリン腺から汗として分泌されます。
しかし、糖分は全ての細菌の栄養素となることから、ワキガの原因となる細菌の活動も活発になるのです。

さらに糖分をとりすぎて太ると、アポクリン腺に脂肪がたまり、皮膚の常在菌が繁殖してニオイが発生します。

インスタント食品や冷凍食品には、塩分や糖分が多く含まれています。
また、主食になる炭水化物を食べすぎたり、甘いお菓子や、糖質を多く含む炭酸飲料を飲むと、人間が1日に必要な糖分の量を簡単にこえてしまうので注意が必要です。

冷たすぎる食べ物を好む

冷たすぎる食べ物は、ワキガのニオイにどのように影響するのでしょうか。

冷たすぎるものを摂取すると、内臓が冷え、消化機能や代謝機能がうまく働かなくなってしまいます。
そうなると、正常に汗が出せなくなり、体温調節ができなくなるのです。

しかし人間の体は、なんとか体温調節のために汗をかこうとするので、その汗には過剰に栄養分が含まれ、べたべたしていて乾きにくい汗になります。
このような汗には、雑菌が多く繁殖し、臭いもきつくなってしまいます。

こうしたことから、冷たい食べ物は避けて温かい食事をしましょう。

よく噛まずに飲み込む

食べ物をよく噛まずに飲み込むと、胃の中で食べ物が消化しきれずに、そのまま腸に送られます。
すると、胃で消化しきれなかった食べ物は、腸の中で腐敗してしまうのです。

腐った食べ物が腸の中にあるのですから、体の調子は悪くなりやすく、また便やオナラのニオイが臭くなります。
身体の中のニオイが外に出ると、体臭の原因になるのです。

こうしたことから、食べ物は十分に嚙んでから飲み込むようにして、早食いは避けましょう。

偏った食事

食べものの好き嫌いが多い人は、肉類や洋菓子類を食べ過ぎてしまうケースが多いようです。

肉類にはたんぱく質や脂質が多く含まれ、アポクリン腺を刺激してしまいます。
洋菓子類の食べ過ぎは糖分の過剰摂取につながり、細菌の働きを活発化させたり、汗をかきやすくします。

つまり、栄養の偏りはニオイの原因になる可能性が高いのです。

さらに、肉類や洋菓子類などに偏るということは、そのほかの野菜や果物などをあまり食べていないことになります。

食物繊維が多く含まれる野菜や果物をとらなくなると、消化不良を起こし、腸内環境が悪化するのです。
その結果、口臭や体臭が強くなってしまいます。

このように、偏った食事もニオイに影響を与えるので注意しましょう。

腹10分目まで食べる

おなかいっぱいまで食べると、消化器官が休まらないため、消化不良栄養過多を引き起こす可能性が高いのです。

また、いつも食べ過ぎていると、内臓が弱り消化力・吸収力・排泄力が落ちてしまいます。
とくに、排泄力が落ちると、老廃物がワキからも排泄されるようになり、ワキガのニオイが強くなってしまうのです。

食事は、なるべく食べ過ぎないよう、腹8分目までを心がけましょう。

寝る前の飲食

寝る直前に食事をすると、内臓が全く休まりません
眠っている間中、すい臓や肝臓、腎臓などが消化吸収のために働き続けるのです。

内臓が疲労し、老廃物を正常に処理できないので、老廃物がワキから排出されます。

また、寝る前の食事は睡眠の質も下げてしまうので、少なくとも就寝の2時間ほど前までには食事を済ませ、しっかりと睡眠時間を確保しましょう。
  

アルコールの摂取

アルコールを飲むと、アルコール成分が完全には分解されず、汗腺から体外に放出されます。
アルコールを摂取した日や翌日に、部屋や尿からアルコール臭がしたという経験のある方は多いようです。

アルコールは直接体臭に影響するため、ワキガに限らず、直近でニオイを抑えたい方は飲まないようにしましょう。

食の変化がワキガに与えた影響

昔は米を主食として、野菜、魚介類、大豆などを食べる和食が一般的でした。
しかし、食の欧米化に伴い、パンや肉類が多く食べられるように変化してきたのです。

さらに現在は、ラード、ドレッシング、焼き肉、炒め物など頻繁に食事に油が使われ、脂質を過剰に摂取する傾向にあります。

また、おやつにも変化があったのはご存じのとおりです。

昔の日本のおやつといえば、小豆を使ったきなこやあんこ、もち米でできたお団子やおしるこ、せんべいなどの低脂質な和菓子が中心でした。

しかし最近はケーキ、クッキー、アイス、チョコレートなどバターや乳製品を使った洋菓子のほうが一般的です。
その他にも、たっぷりの油で揚げられたポテトチップスはよく食べられています。
どれも高たんぱく、高脂質な食べ物ばかりです。

このような食の変化は、アポクリン腺を発達させたり、アポクリン腺に溜まるものに影響を与えていると考えられています。
さらに皮脂腺にも変化を引き起こし、皮脂の分泌の増加にもつながったようです。

アポクリン腺の数は生まれつき決まっていますが、偏った食事のせいで後天的なワキガが発生することもあるので、食事には気を付けたいものですね。

それでは、どのようなものを食事に取り入れていくのがワキガに効果的なのでしょうか?
次はワキガに効く食材を具体的に紹介します。

ワキガを改善する食べものは?

ワキガに直接的に働きかけ、治してくれる食べ物はありません。
しかし、摂取することで少しでも体臭を抑えてくれる食べ物はあるのです。

ここでは、食材がなぜ体臭予防につながるのかという理由や、食事へのおすすめの取り入れ方もあわせて紹介します。
ぜひ参考にしてください。

魚介類

肉類や魚介類には、動物性タンパク質が含まれています。
動物性のたんぱく質は、私たちが生きていくうえで、丈夫な体を作っていくのに必要不可欠なものです。

しかし肉類には、動物性のたんぱく質以外に脂質が多く含まれています。
魚介類のほうが、肉類に比べると脂質が少ないため、同じ動物性たんぱく質をとるなら体臭を抑えられるという点で優れているでしょう。

普段の食事が、肉類に偏りがちの方は、週の半分だけでもメインディッシュを魚介類に切り替えてみるとよいでしょう。
徐々に脂質を減らすことで、ニオイを軽減する効果が期待できるのではないでしょうか。
  

植物性の脂質

現代の食事には、私たちが意識していないところで、バターやラード動物性の油が多く使われています。
その他にも、自然の原料が使われていない化学性の油は、インスタントや冷凍食品に多く含まれているのです。

私たちの体は、化学性の油酸化した油を摂取すると、拒否反応を起こし体外に排出しようとします。
そのため、脇からも排出されやすくなるのです。
ワキから油分が排出されれば、当然、ワキガのニオイも強くなります。

そこで動物性の油はなるべく抑えて、オリーブオイルごま油などの植物性の油をとりましょう。

そのためにも、なるべくインスタント食品や冷凍食品に頼らず、自炊することをオススメします。

炒め物や、揚げ物を調理するときに、家にある動物性の油を植物性の油に変えるだけで簡単にできるので、ぜひ挑戦してみてください。

緑茶・ほうじ茶

緑茶やほうじ茶には、体内のニオイと化学反応を起こし、ニオイを消す効果のある、ポリフェノールが含まれています。

ポリフェノールにはニオイを消すだけでなく、抗酸化作用があるため、疲労回復やアンチエイジング、認知症予防などの多くの働きが期待できるのです。

とくに緑茶には、消臭効果のあるビタミンCビタミンEも多く含まれます。
飲むのはもちろんですが、緑茶の茶葉を細かく刻んで卵焼きやチャーハンに入れてみるのも、より効果を期待できそうです。

体臭の予防だけでなく、体によい緑茶やほうじ茶を、積極的に毎日の食生活に取り入れていきましょう。

アルカリ性の食品

アルカリ性の食品にはアスパラギン酸が含まれおり、「脂肪臭」を抑え、アンモニア臭の原因となる乳酸を、分解する作用があるのでオススメです。

そもそもアルカリ性の食品とはなんでしょうか。
違いはリトマス試験紙で判断されるのではありません。

アルカリ性の食品とはマグネシウム、ナトリウム、カルシウム、カリウムを多く含む食品のことをいい、酸性の食品とはリンや硫黄を含む食品のことをいうのです。
健康な人の血液は、弱アルカリ性に保たれています。

逆に、体臭の強い人や、免疫が低下したり消化不良のときの血液は酸性になりやすいといわれています。

酸性の食品には肉、魚、乳製品、インスタント食品などがあり、これらを食べたからといって、いきなり血液が酸性になるわけではありませんが、ニオイは強くなりやすいのです。

ちなみに、アルカリ性の高い食品には以下のようなものがあります。

  • 野菜
  •   ほうれん草、里芋、なす、ごぼう、大根、小松菜、にんじん、じゃがいも、さつまいも

  • 果物
  •   バナナ、リンゴ、グレープフルーツ

  • 豆類
  •   大豆(豆腐、納豆など)、インゲン

  • 海藻類
  •   わかめ、めかぶ

  • きのこ類
  •   しいたけ

次に、とくに効果の高いアルカリ性の食品を詳しくみていきましょう。

酢には、クエン酸が含まれています。
クエン酸には、汗や尿のニオイを減らせる働きがあるのです。

酢のなかでも黒酢は1日に大さじ1杯飲んだだけでも、かなり効果があるといわれています。

また、酢は食事に取り入れるだけでなく、お風呂に入れることでも体内に取り込むことが可能です。

人の肌は弱酸性に保たれているのが理想的、といわれています。
肌にとって必要な常在菌は、弱酸性の環境を好むためです。

コップ1杯ほどの酢を少しぬるめの湯船に入れることで、昔から殺菌効果の高いとされる弱酸性の温泉に近いpHになります。
酢に含まれるクエン酸の殺菌作用から細菌の繁殖を防ぐことができるのです。

湯船につかった後は、酸っぱいにおいが体に残らないように、よく洗い流しましょう。

梅干し

梅干しは、アルカリ性食品の代表格といえるくらい栄養価の高い食品です。

梅干しには、酢と同じようにクエン酸が含まれています。
殺菌作用のほかに、疲労・ストレス回復、老化防止、食欲増進など、多くの働きがあるのです。
そのため、毎日の食事に取り入れることがニオイの軽減にも、健康にもつながります。

ただし、梅干しには塩分がかなり多く含まれているため、1日に2個を限度にしましょう。
減塩の梅干しや、塩分が少なめの梅干しエキスを選ぶとさらによいかもしれません。

メカブ

メカブも、梅干しに並ぶ、代表的なアルカリ性食品です。
ミネラルが豊富で、食物繊維も多く含まれるため、腸内環境を整えてしっかり排出するデトックス効果が高くなっています。

また、血液中の中性脂肪を整えるエイコサペンタエン酸やオレイン酸など、不飽和脂肪酸が多いため、肉や魚の脂肪分との中和が期待できる食品です。

肉類や魚介類と一緒に摂取することで、食事のきちんとしたバランスがとれます。

ショウガ

ショウガには血行の促進作用があるため、身体を温めて、汗をかきやすくします。
また、ショウガに含まれる辛味成分には、消臭効果殺菌作用があるのです。

さらに、ショウガの匂い成分である、ジンギべロールやシスキテルペンには胃を健康に保ったり、解毒作用を期待できます。

みそ汁やスープに刻んで入れるだけで、簡単に摂取できるので、ぜひ食事に意識して取り入れてみてください。

こんにゃく

たんぱく質や脂質を含む肉類を食べるときは、腸内環境を整えるものと一緒に食べるとよいといわれています。

とくに、こんにゃくは食物繊維のグルコマンナンが豊富で、腸内を掃除し排泄をスムーズにうながす働きがあるのです。
消化されにくい肉と一緒に摂ることで、腸内での腐敗を防ぎ、体臭を抑える効果が期待できます。

ワキガ臭を抑える食べ方

ワキガのニオイを抑えてくれる食べ物を具体的にみてきましたが、これらはただたくさん食べればよいというわけではありません。

実は食べ方の方が重要かもしれません。
ここからは、体臭をより軽減できる食べ方を紹介していきます。
食べ物と合わせて、食事を改善するのに役立ててください。

和食を基本にする

日本人の食事は欧米化してしまいます。

しかしながら、昔から和食に使われる食品はアルカリ性の食品がほとんどなので、ニオイを抑えるには和食が向いているのです。

たんぱく質は、魚介類や大豆でとるようにして、ホウレン草や小松菜などの緑黄色野菜を合わせることで、脂質が少ないローカロリーで栄養たっぷりの和食となります。

ご飯には梅干しを添え、食後にはお茶を飲む習慣をつけることで、体臭をかなり改善できるのではないでしょうか。

毎回の食事を和食中心にするのは難しくても、1日の食事で1回だけや、週に何度かでも意識して和食に切り替えることで、ワキガ臭の予防だけでなく体調を整えることにもつながるかもしれませんね。

バランスのとれた食事

ワキガのニオイを抑えてくれる食べ物を紹介しましたが、同じものを集中的に食べるのでは意味がありません。
なんでも偏って食べすぎるのは、体にとってよくないのです。

体臭を改善するためには、バランスのとれた食事をすることがもっとも重要になります。

肉類や乳製品といった酸性の食品を食べるときは、アルカリ性の食品を一緒に食べるようにしてバランスをとりましょう。

例えば、肉や魚を全くとらないと、筋肉の発達が損なわれるだけでなく、皮膚の不健康にもつながり、ニオイを発散する皮膚膜が弱ってしまうのです。

肉や魚によってたんぱく質や脂質を摂取した際には、同時に野菜や梅干し、こんにゃくなどを食べるとよいでしょう。

どんな食品でも食べ過ぎ、食べなさすぎには注意が必要です。

便秘解消の食事

便秘になると腸に長い間便が溜まるため、悪玉菌の腐敗と発酵が進み、悪臭のする有害物質がガス化します。
ガス化した有害物質は、血液中に溶け込み全身に運ばれ、やがて汗に含まれて排出されるのです。

したがって、便秘はワキガ臭を強める原因になります。
便秘を解消する食べ方は、ワキガのニオイを弱めることにつながってくれるのです。

朝食にフルーツを取り入れたり、食物繊維を多く含む食べ物を意識してとることで便秘を解消していきましょう。
また、水分をこまめに補給し、ウォーキングなどの軽い運動を習慣にするとよいですね。

食事のこだわりすぎに注意

ここまで、ニオイを軽減するためにオススメの食材や食べ方を紹介してきましたが、いろいろ考えすぎて食事が楽しくなくなるのでは意味がありません。

毎回の食事に、アルカリの性食品だけを意識して食べる必要はありません。

インスタント食品やジャンクフードを食べてしまっても、次の食事では自炊して和食にしてみたり、緑茶は毎日持ち歩くと決めたり、ちょっとした心がけだけで体臭は改善されるでしょう。

食事が苦痛にならないように、食べたいものは食べても、ワキガ予防の食品も何かしら習慣づけてとることにすれば、無理のない食生活が送れるのではないでしょうか。

生活習慣も大切!十分な睡眠と適度な運動

ワキガを予防するには、食事はもちろんのこと、毎日の生活習慣も重要です。

十分な睡眠をとり、適度な運動を取り入れることで、ホルモンバランスを整えたり、代謝を促進できます。

食事の改善と一緒に睡眠と運動も見直すことで、ワキガ臭を抑えるだけでなく、健康につながり精神的にもスッキリするのでオススメです。

デオドラント剤の使用

食事、睡眠、運動で生活習慣を整えることに、さらにプラスすると効果的なのはデオドラントアイテムの使用です。

安くて手に入りやすい市販の制汗剤から、ワキガ専用のクリーム、ワキガに効果のある石鹸まで、さまざまな種類があります。

ワキガの程度によりますが、残念ながら重度のワキガには市販のものだと、効果を感じれないこともあるようです。
自分のニオイレベルに合わせて選び、ワキガの改善に役立てましょう。

食事が変わればニオイは軽減する!

いかがでしたでしょうか?
ワキガを強くしてしまう食事と、改善する食事を詳しくみてきました。

食事で完全にワキガを抑えられませんが、食事が変わればニオイは軽減します。
普段の食事を和食に切り替えたり、バランスを意識するだけでも、体臭は変化します。

いまの食事を見直してみて、改善できることがあれば試してみてくださいね。

スポンサーリンク

Pick Up

足の臭いを消すクリームランキング!市販の対策グッズは効果があ…

【デリケートゾーンの臭いにおすすめ石鹸・ボディソープ15選】…

洗うだけでワキガが無臭!?脇の臭いケア石鹸・ボディソープラン…

関連記事

女子の気になるニオイ対策に!クリアネオパールの効果とは?

ワキガやすそわきがに効果あり?クリアネオの正しい使い方講座

【クリアネオの口コミ】ワキガに効く?敏感肌は?使用者のリアル…

「脇が臭い=ワキガ」ではない!ニオイの原因と5つの対処法

ワキガが治らない!?しっかり治す治療方法

多汗症には漢方が効果的!汗に有効な漢方薬まとめ