ニオイが気になる方におすすめ!ニオイや汗を抑える一押し商品

足の臭いを消す!「重曹」の気になる効果と使い方まとめ

足のニオイって気になりますよね?
蒸れにくいサンダルやスニーカーばかり履いていられれば問題ないかもしれません。
けれど仕事がからむと、そうも言っていられません。

女性はストッキングにパンプスを履きます。
仕事場で靴を履き替えられればいいのでしょうが、接客業などの人は無理でしょう。

仕事でなくても、ときにはブーツのオシャレを楽しみたいこともあります。

このように、女性の足はニオイやすい環境にあります。
ろくにケアしないで放置すると、その足臭はどんどん悪化することに…。
どうしたらいいのでしょうか?

ここでは、身近にあるアイテム「重曹」を使って、効果的に足のニオイを取る方法を伝授したいと思います。

スポンサーリンク

足の臭いの原因はなに?

足の裏には汗腺が密集しています。
一日でコップ1杯分の汗をかくと言われているほど、じつは足には汗をかくのです。

汗自体にはニオイはありませんが、一日中靴やストッキングなどを履いているため、足はとても蒸れやすくなっています。
すると、雑菌が繁殖しやすくなります。

繁殖した雑菌は汗や皮脂、角質、爪垢などをエサにしてさらに増え、代わりに「イソ吉草酸」という脂肪酸を老廃物(=フン)として出します。
雑菌の吐き出すこのイソ吉草酸が、納豆くさい足臭の原因です。

余談ですが、納豆には本当にイソ吉草酸が含まれています。
足のニオイを「納豆クサい」と表現するのは、あながち間違いではないということです。

イソ吉草酸は、洗っても落ちにくいという特徴をもっています。
爪の間には特に臭い物質がたまりやすくなっています。

足の爪や角質を定期的にケアしていかないと、「ちょっとしたことですぐ足がにおう」「洗っても足臭がなかなか落ちない」といった事態におちいることになるのです。

足臭改善には重曹が効果的!

落ちにくい足臭。
そんな厄介なニオイですが、実は効果的に落とすアイテムがあるんです。

それはズバリ、「重曹」

重曹って、たぶん一度はどこかで見たり聞いたりしたことがあると思います。
掃除や洗濯に使うことでも有名ですよね。

重曹は具体的にはどんなものなのでしょうか?

重曹ってなに?

重曹は、正式には「炭酸水素ナトリウム」といいます。
白い粉状の見た目をしていて、水に溶かすと弱アルカリ性に。

重曹は、消火剤や食品添加物など、私たちの身の回りの品に広く使われています。
大抵のスーパーには置いてありますし、安いので、とても重宝します。

重曹が足の臭いに効く理由

重曹は、なぜ足の消臭に効果があるのでしょうか?

臭い物質の中和

一番のポイントは、におい物質を中和してくれることにあります。

足臭の主な原因はイソ吉草酸。
弱酸性のニオイ物質です。

一方の重曹は弱アルカリ性。

二つが合わさると中和反応がおこり、別の物質へと化学変化します。
ニオイ物質がなくなるわけですから、効果的に足臭を取り除けるのです。

吸水作用

重曹には、吸水作用もあります。
この作用により、ニオイ物質を含んだお肌の上の水分を吸着し、取り除いてくれます。

角質軟化作用

重曹には、お肌にたまった余分な角質や皮脂を柔らかくし、取り除きやすくする効果があります。

足裏にたまった角質は、雑菌の格好のエサ。
お手入れが行き届いていないと、いざという時に臭いやすい足になってしまいます。
これらを効果的に取り除いてくれる重曹は、足臭防止に役立ちます。

スクラブ効果

重曹には、優しいスクラブ効果があります。

粉の状態でこすると、人によっては研磨効果が強い場合もあります。
そんな場合には少し水を含ませると、粒子が丸くなり、肌当たりがソフトになります。

お肌に負担をかけずに角質をピーリングすることができます。

重曹はどうやって使えばいい?

具体的に、重曹ってどうやって使えばいいんでしょうか?
極端な話、重曹の粉をお風呂で手に取って足にこすりつけるだけでもある程度の効き目は期待できます。
けれどもっと確実に効果を出すためには、次のように利用しましょう。

足湯

重曹を入れたお湯で足湯をします。

重曹足湯のやり方

用意するのは次のものです。

  • 洗面器やバケツなどのお湯をはる容器
  • 30~38度程度のぬるま湯
  • 重曹【※食用のもの】

準備はカンタン。
容器にぬるま湯をはり、そこに重曹を入れてよくかき混ぜるだけです。

重曹の量は、初めは小さじ1~2杯から試し、消臭力やお肌への効果をみながら増減します。
最大でも大さじ3杯までにおさえるようにしましょう。

上記のお湯に10~15分程度足をつけます。
特にニオイがひどい場合には30分くらいつけてもよいです。

重曹足湯をやる前に、あらかじめ足をキレイにしておいた方が効果が高くなります。
そのため、お風呂の最後の仕上げや、お風呂上がりに重曹足湯をするのがおすすめです。
重曹足湯の最後に、爪の間や指の股、足裏の角質を軽くこすってからさっと洗い流しましょう。

重曹足湯は毎日やると効果的ですが、足に傷がある場合にはしみることがあります。
そういうときには重曹を少なめに入れるか、しばらく重曹足湯はひかえるようにしましょう。

※【注意】
重曹は、必ず食用のものを使ってください。
掃除用や洗濯用のものだと、不純物が多かったり、界面活性剤や研磨剤、発泡剤など、肌負荷のかかる成分が入っている場合があるためです。

さらにお酢やクエン酸を加えて「炭酸足湯」にするのもアリ

重曹足湯にお酢やクエン酸を加えると、炭酸ガスが発生します。

炭酸シャンプーを使ったことのある方ならご存知でしょうが、炭酸には、皮脂汚れや角質を落とす効果があります。
ベタつきがちなお肌をスッキリさせるのと同時に、血行促進効果もあります。
美肌や冷え性にもよいので、たまには炭酸足湯にしてみるのもおすすめです。

クエン酸も、工業用のものには不純物などが含まれている可能性があるので、食用のものを使いましょう。

重曹とクエン酸の比率は、2対1程度が適しています。

炭酸足湯の注意点としては、「たまに」にした方がベターということ。
基本は重曹足湯でケアするか、重曹足湯の仕上げにクエン酸を入れる程度がいいでしょう。

アルカリ性の重曹に酸性のクエン酸を混ぜると、中和反応が起こります。
クエン酸の量が少な目なら、少しはアルカリ性が残るかもしれませんが、酸性の臭い物質であるイソ吉草酸を中和する効果は弱まります。
この点をおさえて上手に足湯をするようにしましょう。

重曹風呂

ちまちま足湯をするのはかえって面倒くさいという人は、湯船に直接重曹を入れてしまってもOKです。

ただしお風呂に入れた場合、全身に重曹が触れます。
お肌の敏感な部位のことも考えて濃度は低めにし、湯船に対して大さじ2~3杯程度におさえます。
また毎日利用するとお肌への負荷が高くなる可能性があるので、週1~2度の利用にとどめた方が無難です。

重曹スプレーや粉を使って靴を消臭

重曹水を靴にスプレーすれば、靴に残ってしまった足臭を取り除くことができます。
重曹は冷たい水には溶けにくいので、ぬるま湯を使って溶かしましょう。

濃度の目安としては、重曹小さじ1杯に対しお湯120~150ml程度です。
100円ショップなどで売っているスプレーボトルを利用しましょう。
スプレー後の靴はよく乾かします。

スニーカーなど水洗い可能な靴は、重曹水で直接丸洗いすると、より効率的に消臭できます。

粉の状態で重曹を使うこともできます。
いらなくなった靴下(※穴あきはNG)に重曹の粉をつめ、靴の中に入れます。
こうすることで除湿・消臭効果が発揮されます。

重曹シューズキーパーは3か月くらいが寿命です。
期間が過ぎたら新しいものと交換しましょう。

重曹スプレーも重曹シューズキーパーも面倒という人は、重曹の粉を靴の中に直接振りかけてしまっても構いません。

大さじ1杯程度の重曹を靴の中に直接入れ、靴底にまんべんなく広がるようによく振ります。
その後、中に残った重曹を十分に掃きだして完成です。

直後に黒い靴下を履くと粉が目立つことがあるので注意してください。

洗濯に利用して靴下を消臭

足のニオイが強烈な場合、靴下についたニオイがなかなか取れないこともあるでしょう。
そんなときには、靴下を洗濯するときにも重曹を利用しましょう。

洗濯機で洗う前の予洗いとして、60度程度のお湯に重曹を大さじ1杯とかし、靴下を20~30分付け置きします。
その後重曹を洗い流してから、普段通り洗濯機で洗いましょう。

重曹の消臭効果がいまいち感じられない場合

重曹をしばらく使ってみてどうでしょうか?
「足のニオイがまだ取れない!」「納豆クサいのはよくなったけど、別のニオイが気になり始めた」という人がいるかもしれません。
どうしてでしょうか?

臭いの原因物質が違う可能性が

どんなに重曹ケアを続けても足のニオイが改善されない場合、もしかしたら気になるニオイ物質が「イソ吉草酸」でない可能性があります。

イソ吉草酸は確かに足臭を作り出す最大のニオイ物質です。
けれど体にはそれ以外のニオイ物質もたくさん存在します。

アンモニアなどアルカリ性のニオイ物質が原因の場合、アルカリ性の重曹では消臭には役不足。
酸性のものを使う必要があるのです。

ミョウバンを使って対策してみる

酸性の消臭剤として有名なものに「ミョウバン」があります。

ミョウバンはアルカリ性のニオイ物質である「アンモニア臭」を中和し、効率的に取り除くことができます。
ミョウバンにはさらに殺菌効果や制汗作用もありますし、体にもやさしく、安全です。

※ミョウバンは食品添加物にも使われ、ウニの保存や漬物の発色などに利用されています。

ミョウバンも重曹同様、どこのスーパーでも売っていますし、安価です。
試してみて損はないでしょう。

ミョウバンを使うには、まずは「ミョウバン水原液」を作ります。

ミョウバン水原液は、水道水1.5リットルに対し「焼きミョウバン」50gが目安です。
ミョウバンはすぐには溶けないため、この状態で2~3日放置します。
ミョウバンが完全に溶けきったところでミョウバン水原液の完成です。

ミョウバン水原液は冷暗所に保管し、1か月を目安に使い切りましょう。

※【注意】
精製水やミネラルウォーターで原液を作ってしまうとカルキが入っていないため、水がすぐに腐ってしまいます。
必ず水道水で溶かしましょう。

足湯をやる場合には、ミョウバン水原液を10倍程度に薄めて使います。

靴や足に直接スプレーすることもできます。
その場合には、30~50倍に薄めて使いましょう。

薄めたミョウバン水スプレーは冷蔵庫で保管し、1週間で使い切りましょう。

重曹のもつ科学のチカラで足臭にサヨナラを!

重曹の消臭効果についてみてきましたが、いかがでしたか?

重曹はニオイ物質を中和することで、効果的に足臭対策できる優れものです。
カンタンに手に入りますし、体にも安全です。
足のニオイが気になったときには、ぜひ重曹を試してみてください。

それでもニオイが改善されなかった場合には、ミョウバンも利用してみましょう。

身近にあるお手ごろ対策グッズを使って、足のニオイに別れを告げましょう。

スポンサーリンク

Pick Up

足の臭いを消すクリームランキング!市販の対策グッズは効果があ…

【デリケートゾーンの臭いにおすすめ石鹸・ボディソープ15選】…

洗うだけでワキガが無臭!?脇の臭いケア石鹸・ボディソープラン…

関連記事

足が臭い!靴が脱げない臭さと病気の関係は?

靴まで臭い足のニオイ!足・靴下・靴の消臭で効果的な方法

足汗が気になる人の原因と6つの対策

【足の臭い対策】ブーツも革靴も怖くない!足の臭いを消す方法

冬でもかゆみや臭いの原因になる!足が蒸れるのを防ぐワザとは?

もう座敷も怖くない!足の臭いの緊急対策には消臭スプレーを活用…