ニオイが気になる方におすすめ!ニオイや汗を抑える一押し商品

口臭を改善して自分に自信♪原因別でわかる口臭対策11

会話している相手がとつぜん鼻をふさいだり、急に顔をそむけたという経験、あなたはありませんか?
このような人は、もしかしたら“口臭”があるのかもしれません。

口臭は、体臭のなかでもとくに恥ずかしいもの。
人に話しかけるのがはばかられたり、人前にでるのが苦痛になる人もいるようです。
口臭があったのでは、恋人とのラブタイムもおちおち楽しめないでしょう。

とはいえ、自分の臭いは、なかなか自分ではわかりにくいものです。
そのぶん、どのような対応をとれば臭わなくなるのか、判断がつきにくいといえるでしょう。

そんな方のために、口臭の原因と、原因ごとの対処法や予防法について解説していきましょう。

至近距離でも大丈夫!はみがきやタブレットでも消せなかった口臭とオサラバ>>

スポンサーリンク

口臭の大きな原因は4つ

口臭の原因は、大きく分けると4つあります。

そのなかには、自分で対策できる口臭と、自分だけでは対策できない口臭が…。
まずは、自分の口臭の原因をつきとめるところからはじめてみましょう。

【口臭の原因4つ】
1.ニンニクやお酒…飲食物による口臭
2.寝起きは要注意!生理的な口臭
3.緊張すると臭う…心理的な口臭
4.病気による口臭

それぞれの原因について、詳しくみていきましょう。

1.ニンニクやお酒…飲食物による口臭

ニンニクやニラといった臭いの強い食べものを食べたり、アルコールをとったときには、口臭がひどくなります。
消化には3~5時間かかりますので、その間は胃からダイレクトに臭いがあがってくるでしょう。
消化後も、血液と一緒にニオイ物質が体内をめぐり、完全にニオイが消えるには14~16時間ほどかかると言われています。

2.寝起きは要注意!生理的な口臭

唾液には、口臭の原因菌を殺す働きがあります。
寝起きは、体内の渇きによって唾液がへるため細菌の繁殖がすすみ、口臭がひどくなるのです。
菌はとくに、歯垢(プラーク)や舌苔(ぜったい)(※)の部分に多く繁殖しています。

空腹時にも、膵液(すいえき)の分解によってガスが発生するため、口臭が発生しやすい状態といえるでしょう。

※舌苔(ぜったい):
舌のうえにできた、白い苔状のもので、食べカスや菌などが原因で起こる。

3.緊張すると臭う…心理的な口臭

緊張すると、自律神経のうちの“交感神経”が活発になるため、唾液の量が減ります
口内の殺菌能力が低下するため、寝起き時と同様、口臭につながりやすくなるのです。

4.病気による口臭

病気でも、口臭が悪化することもあり、注意が必要です。
代表的なものには、以下のものが挙げられます。

  • 虫歯や歯周病…口の病気による口臭
  • 虫歯の穴や歯周ポケットの部分には、歯垢や雑菌・歯周病菌などがたまりやすくなり、口臭悪化の原因になります。

  • 胃の調子は?消化器の病気による口臭
  • 胃が不調だと、消化不良をおこし、胃の中で腐敗した食べもののニオイが食道をさかのぼってきます。
    消化後も、腐敗ガスが血液とともに身体じゅうをめぐり、ニオイの原因になるのです。
    腸に不調があったり、便秘の場合も、腸内で発生した有毒ガスが体内をめぐることになります。

  • そのほか病気による口臭
  • 糖尿病や肝臓・腎臓の不調、呼吸器障害がある場合にも、特徴的な口臭がする場合があります。

これら病気を治療しなければ解決しない口臭について、くわしくは以下のリンク先をご確認ください。

詳しくチェック!

家で手軽にできる口臭対策

口臭の原因がわかったところで、今度は原因ごとの対処法をチェックしてみましょう。

飲食物による口臭に効く対策4つ

食事やアルコールが原因で口臭が発生している場合には、つぎのような対策が有効です。

1.口臭サプリメント

サプリメントは、飲み込んだ状態でカラダのなかからアプローチするものなので、口内の病気が原因でおこる口臭には効果がありません。
しかし食べものによる口臭や、便秘のように体の中からおこる臭い対策にはとてもおすすめです。

口臭対策サプリメント「かほりのおめぐ実」は、シャンピニオンエキスや乳酸菌のチカラで、善玉菌・悪玉菌などの体内バランスを整えることにより、口臭を防いでくれます。

>>かほりのおめぐ実公式サイト<<

さらに赤ワインの8倍もの抗サビ力(抗酸化力)をもつ“モリンガ”や、消臭効果のある10種類のハーブを配合。
健康的に“さわやかな息”を目指せます。

日ごろからニオイの強い食べものや、アルコールを飲む機会が多い人はとくに、サプリを生活の一部に取り入れてみたらいかがでしょうか。

かほりのおめぐ実の詳細をチェック!

合わせて読みたい!

2.口臭ケア用ガム・タブレット

食後すぐは、口内に食べものカスやニオイ物質が残っています。
このニオイをカバーするには、ガムをかむことも有効です。
ガムには唾液分泌の効果もありますので、一石二鳥となります。

また食事が消化されるまでの5時間ほどは、タブレットを飲んで胃の中にあるニオイ物質をマスキングする方法も有効です。
お腹のなかからニオイをおさえてしまいましょう。

3.口臭ケア用歯磨き粉

食後は、口のなかを清潔にすることも大切です。
歯磨きをして、食べものカスや雑菌をキレイに取り除きましょう。
消臭効果のある「口臭ケア用歯磨き粉」を使えば、口臭ケア効果が高くなり、おすすめです。

4.口臭スプレー

口臭スプレーは、シュッとひとふきで、いつでもどこでも、気になるニオイをケアできる便利アイテムです。
ガムをかみ続けることが難しいような場合にも、数秒でケアが完了しますので、エチケット対策用に持ち歩いておくと安心でしょう。

おすすめの口臭スプレーは、「オーラクリスタ―ゼロ」です。

>>オーラクリスタ―ゼロ公式サイト<<

オーラクリスタ―ゼロは、3つの薬用有効成分が口内の殺菌・消毒をし、口内環境を整えてくれます。
その除菌率は、なんと99.7%。
消臭効果のある茶エキスや、口内を整えるドクダミ・トウエキスといった植物エキスも配合され、すっきり爽やかなお口を目指せます。

オーラクリスタ―ゼロの詳細をチェック!

合わせて読みたい!

一押し!口臭対策プラン【食べ物編】

口臭が出るとわかっていても、おいしい食事とお酒をたしなみたい夜もあるでしょう。

ニンニク料理とお酒をたっぷり堪能した女子会などのあとには、次のような口臭ケアプランを提案します。

~口臭対策プラン【食べ物編】~

  • 飲食直後:
  • ガムやタブレット、口臭スプレーを使い、口内&胃の緊急消臭対策をします。
    アルコールをとると身体の水分が失われやすく、だ液量が減るので、水分補給も意識的に行いましょう。
    アルコールがぬけないと二日酔いになるだけでなく、イヤな口臭も出やすいので、アルコール分解を手助けするウコンのようなものを飲むのもおすすめです。

  • 就寝前:
  • 口臭ケア用歯磨き粉を使い、しっかり歯磨きします。
    仕上げに「かほりのおめぐ実」といった口臭対策サプリメントを飲んでおきましょう。

  • 起床時:
  • 寝る前と同じく、口臭ケア用歯磨き粉で歯磨きしましょう。
    口臭サプリも補給しておきます。
    起きぬけは水分が不足しやすいため、水をたっぷりと飲むことも大切です。

  • 出勤・外出時:
  • まめに口臭スプレーをしましょう。
    ペットボトルの水を持ち歩いてこまめに飲んだり、ガムをかんで唾液分泌をうながすことも有効です。

このように対策すれば、イヤな口臭はかなり緩和されるでしょう。

しかし、とても大切なデートや会社のイベントをひかえている場合には、その16時間前以降は、ニオイの強い食べものをとらないでおく、というのもひとつのやり方です。

この記事もチェック!

寝起きなど生理現象による口臭に効く対策3つ

寝起きの口臭など、生理現象に起因しているものについては、つぎのように対策しましょう。

1.寝る前と寝起きの歯磨き・舌磨き

口内の細菌量が減らせれば、そのぶん口臭を軽減できます。
そのためには、寝る前と寝起きに、しっかり雑菌や汚れ(食べかす・歯垢など)を落とす必要があるのです。

歯ブラシでていねいに歯をみがくのはもちろん、デンタルフロスや歯間ブラシを使って歯間をキレイにするのも大切といえます。
また、菌がたまりやすい舌苔を取りのぞくために、舌ブラシを使って舌のケアをしておくのも効果的でしょう。

歯ブラシは、細部までケアしやすい小さめのものか、最新の電動歯ブラシがおすすめです。

2.寝る前に水分補給

寝ている間には、身体じゅうの水分がどんどん失われていきます。
そうすると唾液の量も減り、口のなかで雑菌が繁殖しやすい状況になってしまうのです。
寝る前にじゅうぶん水分を補給しておき、睡眠中のカラダの渇きを防止しましょう。

緑茶や紅茶のようにカフェインの入ったものだと、利用作用により水分が尿として出ていきやすくなります。
そのため、就寝前の水分補給は「水」がおすすめです。

3.通勤時のガムで唾液を出す

だ液の分泌量が少ないと、口内の細菌が増えやすくなります。
それを防ぐには、水分補給はもちろん、ガムをかんで唾液を出すようにうながすことも有効です。
空腹時にも口臭が悪化しやすいので、ガムを利用するといいでしょう。

ストレス・緊張による口臭に効く対策4つ

ストレスや緊張状態が続くと、自律神経のうちの“交感神経”が優位になり、唾液の量が減って口臭が出やすくなります。
これを緩和するには、交感神経と対になる“副交感神経”を刺激してだ液を増やす方法が有効です。
具体的な方法をみていきましょう。

1.深呼吸をする

自律神経は通常、自分の意思ではコントロールできないのですが、“呼吸”だけは意識的に動かすことがでる部分です。
深呼吸のように、ゆったりと深い呼吸を繰り返すと、副交感神経が優位になり、リラックス効果が得られます。
それにともない、唾液の量も増えるので、緊張タイプの口臭緩和に役立つでしょう。

深呼吸のいいところは、いつでも誰でも、手軽に無料でできることです。
気になった時には試してみましょう。

2.食事する

消化器官は、副交感神経がコントロールします。
つまり、食後の消化活動中は、副交感神経が優位になるのです。
食事をすればリラックス効果がえられますし、唾液の分泌もすすみます。

ただし仕事しながら食事するなど、交感神経を刺激する行為を同時に行うと、交感神経が優先されてしまうので避けましょう。

3.ぬるめの湯船につかる

入浴にもリラックス効果があります。
ただし熱めのお湯は、交感神経を刺激するためよくありません。
ぬるめのお湯にゆっくり浸かると、副交感神経が優位になるため、おすすめです。

4.音楽を聴く

音楽も、リラックスに有効です。
外部の音を遮断して好きな曲に身を任せれば、ストレスが軽減され、副交感神経がはたらきはじめるでしょう。

一押し!口臭対策プラン【メンタル編】

会社での重要なプレゼンをひかえて、緊張の極致にいるとき、よりによって口臭が…。
人前にでる大事なシーンでは、なるべく清潔で爽やかにいたいものです。
このような人は、次のプランを実践してみましょう。

~口臭対策プラン【メンタル編】~

  • 自宅にいる段階からすでに緊張しているとき:
  • 時間がたっぷりある場合や、前日の夜は、ぬるめのお湯にゆっくり浸かってみましょう。
    ただしあまり時間がない場合には、あわてて入浴すると逆効果になるため、避けましょう。

  • 通勤・移動途中:
  • 音楽プレイヤーを持参して音楽を聴き、リラックスを心がけます。
    ことさらに「リラックス」を意識し過ぎず、なるべく自然体の自分でいられるような「お気に入りの曲」を聴くのが賢い選択です。

  • プレゼンが午後だったり、時間があく場合:
  • 思い切って軽めに食事をするのもひとつの手でしょう。
    油ものなどの重い食事は、なかなかノドを通らないですし、胃腸への負荷もかかるため、さっぱりしたものや麺類などがオススメです。

  • 会社や会場に到着後~プレゼン間際:
  • とにかく深呼吸を繰り返しましょう。
    深くゆっくりした呼吸を繰り返すうちに、心臓の鼓動が落ち着いてくるのが分かります。

緊張のあまり飲食をしていない場合には、物理的に体内が渇いていることもあるでしょう。
この場合には、水をこまめに、すこしずつとる工夫も必要です。

緊張性の口臭対策には、とにかくリラックスを心がけましょう。
状況次第では、「生理的口臭への対策方法」を同時にとり、雑菌の繁殖を阻止することも肝要です。

リラックスの方法は、人それぞれ。
呼吸法だけでなく、“マインドフルネス”や“ヨガ”といった「自分なりのリラックス方法」を見つけておくのも、口臭の有効な対処法・予防法となるでしょう。

何をしても効果がない…そんなときは「口臭外来」へ

ここまで、だれでもできる口臭対策方法をお伝えしてきました。
ご紹介した方法のどれにも効果が感じられない場合には、病気が原因で口臭が出ている可能性もあります。
このような人は、いちど口臭外来を受診してみましょう。

口臭外来は、口臭で悩む人のための診療科で、口臭にまつわる検査や治療などひと通りの対策が可能です。

ただし、口臭外来は保険診療がきかない「自由診療」であることも多く、この場合、治療にはまとまった費用がかかります。
あきらかに虫歯があるような人は、まずは歯科医院で虫歯治療をしてからもろもろ検討したほうが、ムダがないかもしれません。

この記事もチェック!

自覚しづらい口臭…チェックする方法は?

常日ごろ嗅いでいる自分のニオイは、鼻がマヒしてしまうため、感じにくいものです。
口臭も例にもれません。
自分の口臭をすこしでも正確にチェックするには、次のような方法をためしてみましょう。

【自分の口臭をチェックする方法】

  • 袋に息を吹き込みチェック
  • 舌苔ができていないか確認
  • デンタルフロスの臭いを確認
  • 家庭用口臭測定器を使う方法も

それぞれについて詳しくみていきましょう。

袋に息を吹き込みチェック

ビニールなどの袋にめいっぱい息をふきこみ、そのニオイを確認してみましょう。
わかりにくい人は、小さめの袋を使って、ニオイの出やすい寝起きにチェックしてみるのがおすすめです。
袋の素材自体にニオイがついていると、判断が難しくなるためご注意ください。

舌苔ができていないか確認

舌苔は菌のかたまりなので、口臭の原因になります。

自分の舌を鏡でみて、表面が白くなっている人は要注意!
臭っている可能性が高くなります。

舌ブラシでかきだして、ニオイを嗅いでみましょう。

デンタルフロスの臭いを確認

歯間は歯垢がたまりやすいため、細菌が繁殖しやすく、ニオイやすい部分です。
デンタルフロスで歯間をこすり、とれた歯垢のニオイを確認しましょう。

家庭用口臭測定器を使う方法も

自宅で使える“口臭測定器”を利用する方法もあります。
手軽なものは数千円程度で購入できますので、めやすとしてチェックに利用するには便利でしょう。

タニタ 口臭チェッカー ブレスチェッカー

タニタ 口臭チェッカー ブレスチェッカー ホワイト HC-212S-WH

息を吹きかけ5秒で簡単にチェックができる「口臭チェッカー」です。

さりげなく口臭をチェックでき、分かりやすい6段階の数値とイラストで表示してくれます。

口臭対策には原因を見極め、複合的に対処を!

口臭の改善方法を、原因別にみてきました。

条件によっては、どんな人でも口臭が発生する可能性があることがおわかりいただけたでしょうか。

できる対策を複合的に行えば、ニオイはぐっと緩和されるでしょう。
ご紹介した情報をもとに、口臭のストレスゼロを目指してください。

スポンサーリンク

Pick Up

足の臭いを消すクリームランキング!市販の対策グッズは効果があ…

【デリケートゾーンの臭いにおすすめ石鹸・ボディソープ15選】…

洗うだけでワキガが無臭!?脇の臭いケア石鹸・ボディソープラン…

関連記事

口臭予防効果が高い歯磨き粉ランキング!効果を出す磨き方

口臭にガムは効果がある?臭いを消す効果的な噛み方と逆効果の方…

コンビニで速攻口臭対策!効果はある?おすすめグッズ12選

口臭の原因と対策はコレ! 種類に合った対処法でさわやか息に

口臭チェックって?気になる口臭チェックの方法とは?

知っておきたい!口臭の原因&口臭対策になる15の食べ物