ニオイが気になる方におすすめ!ニオイや汗を抑える一押し商品

足湯やミョウバン水で使える!ミョウバンを使った足の臭い対策まとめ

足食品添加物として知られる「ミョウバン」は、実は足の臭い対策にも役立ちます。

足の臭いのもととなる、汗を抑えて、雑菌を撃退してくれるからです。

今回は、そんなミョウバンを使った「足の臭いのケア方法」を紹介します。

ミョウバン足湯や、ミョウバン風呂など入浴時に活用できるものもありますので、ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

ミョウバンは足の臭い対策にも役立つ!

「ミョウバン」は足の臭い対策に役立ちます。

ミョウバンを食品添加物としてご存知の方も多いのではないでしょうか。

しかし実は、消臭剤としても効果があるといわれているのです。

ミョウバンで足の臭いが消えるメカニズム

では、どのようにしてミョウバンで足の臭いが消えるのでしょうか?
メカニズムをみていきましょう。

殺菌作用

足の臭いの原因は、足の皮膚についた汗と、皮脂や角質によって雑菌が繁殖して発生します。

「雑菌」は弱酸性の環境におかれると、生きていけません。
ミョウバンは、水に溶かすと弱酸性になるので、消臭効果が期待できるのです。

足の臭いの原因について詳しく知りたい方はこちらの記事がオススメです。

ニオイ物質の中和による消臭

体からは、さまざまなニオイ物質が出ています。
そのなかでもキツイ臭いのひとつに、アンモニアといったアルカリ性のニオイ物質があります。

ミョウバンは弱酸性ですので、こういったアルカリ性の臭いを中和し、別の物質に変換してくれます。

ニオイ物質がなくなるので、効果的に消臭してくれるわけです。

制汗効果

ミョウバンには、制汗作用もあります。

発汗量が減れば、その分湿気も減り、雑菌が住みにくい環境になります。
雑菌のエサ自体も減ります。
そのため、ニオイが出にくい環境をキープすることができます。

制汗剤がわりにミョウバンを使うこともできるのです。

収れん作用

ミョウバンには収れん作用があります。

収れん作用があると、角質層が引き締まり、お肌のバリア機能が高まります。

これによって過剰な皮脂分泌を防ぐことが可能となります。

皮脂分は酸化すると脂肪酸のイヤなニオイを発しますし、雑菌のエサにもなります。

ミョウバンを使えばこれを防ぐことができるので、消臭に役立つのです。

ミョウバンを使った足の臭い対策の方法

ミョウバンがニオイ対策に有効であることがわかりましたね。

ではここからは、ミョウバンを使った具体的な足の臭いの対策方法について見ていきましょう。

今回は、下記の対策方法を紹介します。

  • ミョウバン足湯
  • ミョウバン風呂
  • ミョウバン水スプレー

ミョウバン足湯

ミョウバンの効果を余すところなく発揮させるには、何といってもミョウバン足湯がおすすめです。

足湯をすれば、足をまるごと殺菌できますし、薬効がしみわたりやすくなります。

【材料】

  • 足をひたす容器
  • 30~40度程度のお湯
  • ミョウバン水原液

ミョウバン水原液の作り方

はじめに、ミョウバン足湯の材料となる、ミョウバン水原液の作り方を紹介していきます。

【材料】

  • 焼きミョウバン10~20g(大さじ1.5杯~2杯)
  • 水道水500ml【※ミネラルウォーターや精製水はNG】
  • 500mlの水が入るあきペットボトル【※よく洗えば飲料の使用済ペットボトルでOK】
  • ロウトなど

【作り方】

  1. ペットボトルに指定量の焼きミョウバンを入れます。
    ※ロウトや、円すい形に丸めた紙などを利用しましょう。
  2. ①に水道水を400mlほどいれてからフタをし、よくシェイクします。
  3. ミョウバンがある程度かき混ざったところで、残り100mlの水道水をいれ、再びシェイクします。
  4. 冷暗所で1~3日程度放置し、結晶が完全に溶けきって透明になったら完成です。

ミョウバン水ができたら、いよいよ足湯に入る準備を進めていきましょう。

ミョウバン足湯のやり方

【やり方】

  1. あらかじめ足をきれいに洗っておく。
    (入浴の最後の仕上げに風呂場で行ってもOK。)
  2. 両くるぶしが浸る程度の量のお湯を容器にはる。
  3. 上記②にミョウバン水原液を湯量の10分の1程度入れ、よくかき混ぜる。
  4. ③に10~15分程度足をひたす。

ミョウバン水は、傷があるとしみることがあります。
濃度を調節するなどして様子をみながら行ってください。

ミョウバン風呂

ミョウバンは、足だけでなく、全身に使用することができます。

ミョウバン風呂は、足の臭いに悩む方はもちろん、加齢臭などの体臭対策にも有効です。

また殺菌、制汗、収れん効果があるため、背中ニキビやあせも、アトピーの症状をお持ちの方や、水虫対策にもおすすめの方法です。

【材料】

  • 湯船
  • ミョウバン水原液

【やり方】

  1. お風呂にお湯をはる。
  2. 湯船にミョウバン水原液を50~70ml程度入れ、よくかき混ぜる。
    (※ペットボトルのキャップには7.5mlの水が入るので、目安にすると便利。)
  3. 湯船に10~15分程度つかる。

足に直接ミョウバンをスプレー

ミョウバンの水原液を薄めた希釈液を直接足に吹きかける方法もあります。

外出前や外出先で気になったときに、足全体が軽く湿る程度にスプレーしましょう。

ミョウバン水希釈液の作り方

ミョウバン水原液をより、使いやすくしたものがミョウバン希釈液です。

つくり方を見てきましょう。

【材料】

  • 水道水【※ミネラルウォーターや精製水はNG】
  • スプレーボトルなど

【作り方】

  1. ミョウバン水原液をスプレーボトルなどの小分け容器に取り分けます。
  2. ①が10~50倍程度に薄まるよう、水道水を加えてよく振り混ぜます。
    ※ペットボトルのキャップは、1杯およそ7.5ccです。計量の際に利用しましょう。
※【注意】:
ミョウバン水を作る場合には、原液、希釈液とも、必ず水道水を使いましょう。

ミネラルウォーターや精製水にはカルキが入っていないため、水のもちが悪くすぐ腐ってしまいます。

また一度に希釈液の濃度のミョウバン水を作ろうとすると、いったん溶けていたミョウバン結晶がまた出てきてしまうなど、液が不安定になることが多いようです。

面倒なようでも、かならず原液を作ってから希釈液をつくるようにしましょう。

ミョウバン水・希釈液の保存について

ミョウバン水はそれぞれ、以下の期間を目安に使い切りましょう。

  • ミョウバン水原液:冷暗所保管で、有効期間1か月程度。
  • ミョウバン水希釈液:冷蔵庫保管で、有効期間1週間程度。

希釈液は原液より日持ちしないので、使用の都度作り直すようにしましょう。

水道水でいれた緑茶を使って希釈液を作ると、緑茶の効果で消臭力がアップします。

ただしこの場合、不純物が多くなるため、日持ちはさらに悪くなります。

数日程度で使い切りましょう。

また、靴下などが色づいてしまう危険もあるので注意してください。

足に直接ミョウバンをスプレーをかける方法

足にスプレーをしようとした時点ですでにニオイが出てしまっている場合には、先に足を清潔にしましょう。

ミョウバン水を浸したティッシュやタオルでふき取りした後にスプレーする方が効果的です。

臭いのたまりやすい指の間などもていねいに拭き取りましょう。

(※ふき取りには、アルコール除菌シートを利用してもよいです。)

この場合、靴下にもニオイが移ってしまっていると思いますので、できれば履き替えるようにした方がベターです。

ミョウバン水の希釈濃度は、はじめのうちは様子見で薄めにしておきます。

その後、効果や肌刺激を考えて濃い目にしたり、逆に薄めるなどして利用しましょう。

スプレー後は、足が乾くまで待つか、軽くタオルで水気をふき取ってから靴下や靴をはきます。

靴下・靴の消臭

ミョウバン水はお肌だけでなく、靴や靴下などのアイテムにも使うことができます。

一度臭いが染みついてしまった靴下は、普通に洗濯しただけではクサいままということがあります。

洗濯直後はよくても、ちょっと汗で湿っただけでニオイがぶり返すことも…。

そんな場合には、洗濯後の靴下をミョウバン水希釈液に浸したり、スプレーしたのち、よく乾かしましょう。

洗濯のすすぎのときに100ml程度のミョウバン水原液を洗濯層に入れても、同様の効果が得られます。

靴に使うときには、ミョウバン水希釈液を靴の中にまんべんなくスプレーし、よく乾燥させます。

こうすることで靴の中の細菌が1万分の1におさえられます。

1日履いた靴は、できれば中2日程度あけて休ませましょう。
こうすることで、ますます足はニオイにくくなります。

ミョウバン水スプレーは、ニオイが出ないようにする予防と、すでに出てしまったニオイの消臭、どちらにも使えます。
上手に利用しましょう。

足にこびりついてしまったニオイにはまず重曹を

なかには、紹介した方法でミョウバンを使っていても、いまいち効果が感じられないという方もいるかもしれません。

その場合は「重曹」を試してみてください。

重曹には、臭いをためこみやすい角質を軟化させ、取り除きやすくする効果があります。

研磨効果もありますので、爪の間にたまった垢を落としやすくもしてくれます。

このように、重曹を使えば臭いのとどまる先をしっかりケアできますので、足の臭いを消すのにとても効果的なんです。

重曹もミョウバン同様、とても安価に購入できますし(50gで100円程度)、スーパーでも手に入ります。

ただし重曹は、あくまで酸性の臭い物質を退治してくれるだけです。
殺菌効果はありません。

またお肌がアルカリ性側に傾くと、雑菌が繁殖しやすい環境になってしまいます。

重曹でケアしたら、皮膚の殺菌と、菌が繁殖しにくい肌環境に整えるために、ミョウバンを使って仕上げをするとカンペキです。

重曹の詳しい使い方についてはこちらの記事がオススメです。

足に使えるデオドラントでさらに強力な臭い対策

ミョウバンを使った足湯や、ミョウバン水は、足の臭いの原因菌を殺菌してくれます。

しかし、臭いの程度によってはミョウバンだけでは効果を感じられないことがあるかもしれません。

その場合には、重曹の他に、足に使えるデオドラントの使用がオススメですよ。

重曹とミョウバンでケアをした後に足にデオドラントをつけておくことで、汗と雑菌の繁殖をしっかりと抑えられます。

クリアネオ


≫クリアネオ公式サイト

特徴 殺菌力が高く、足の臭いのもととなる雑菌の繁殖を抑えてくれます。
さらに、無添加・無香料なので肌への刺激が気になる方にもオススメです。
また、制汗効果もあるので、汗を抑えつつ、肌表面の雑菌を殺菌して臭いを抑えます。
価格 5,980円(税込)→ 2本定期便で1本あたり4,980円(税込)
購入できる場所 オンラインショップのみ

販売サイト

クリアネオは、制汗力があり、殺菌効果も高いので、外出時などの臭いをしっかりと抑えたいときに役立ちます。

足の臭い対策に役立つデオドラントや制汗スプレーについて詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでください。

ミョウバンは足の臭い対策にも役立つ!「ミョウバン+ケア」なら徹底的に消臭も

ミョウバンは足の汗を抑えて、肌表面にいる雑菌の殺菌をしてくれるので、足の臭い対策に役立ちます。

手軽に手に入れられて、お金もそれほどかからないので、気になる方は試してみてはいかがでしょうか。

また、ミョウバンを使っても「効果が感じられない」「もっと徹底的にケアしたい」という方は、重曹を使いましょう。

重曹を使ってから、ミョウバンを使うとより良いでしょう。

さらに、重曹とミョウバンのケアに、足用のデオドラントをプラスすることで、外出先でも足の臭い対策ができます。

臭いの程度や、用途に合わせて、ミョウバンとその他のケアも試してみてください。

スポンサーリンク

Pick Up

足の臭いを消すクリームランキング!市販の対策グッズは効果があ…

【デリケートゾーンの臭いにおすすめ石鹸・ボディソープ15選】…

洗うだけでワキガが無臭!?脇の臭いケア石鹸・ボディソープラン…

関連記事

足が臭い!靴が脱げない臭さと病気の関係は?

靴まで臭い足のニオイ!足・靴下・靴の消臭で効果的な方法

足汗が気になる人の原因と6つの対策

【足の臭い対策】ブーツも革靴も怖くない!足の臭いを消す方法

冬でもかゆみや臭いの原因になる!足が蒸れるのを防ぐワザとは?

もう座敷も怖くない!足の臭いの緊急対策には消臭スプレーを活用…