ニオイが気になる方におすすめ!ニオイや汗を抑える一押し商品

口臭の原因と対策はコレ! 種類に合った対処法でさわやか息に

口臭は、なかなか自分では気がつきにくいものです。
一緒にいる人が、なんとなく自分と距離を置いているように感じられたら、それは口臭が原因かもしれません。

口臭が原因で営業がうまくいかなかったり、恋人と疎遠になったり、口臭の悪化は、人生の悪化にもつながるから要注意!

そんな口臭対策には、まずは口臭の原因を知ることからはじめましょう。

ひとくちに口臭といっても、原因はさまざまで、それに合った対応策が必要です。
ここでは、原因別にみた口臭の種類と、それぞれに適した対処法を紹介していきます。

スポンサーリンク

原因別にみた口臭の種類

口臭は、多かれ少なかれ誰でもあるものですが、それが仕事や人とのコミュニケーションに悪影響を及ぼすほどひどくなった場合は、放ってはおけません。

しかし口臭の種類は、原因によっていくつかあり、対策もそれぞれ異なります。
まずは自分の口臭の種類と、原因をみつけることが大切です。

口臭の原因は大きく分けると、生理的口臭と病的口臭のふたつに分けられます。

生理的口臭

全く口臭がしないという人はいません。

生理的口臭は、多少の違いはあれ、誰にでもあるものです。

ここでいう生理的口臭とは、身体のコンディション、生活習慣、生活環境の変化などからおこるものをさします。
口臭の原因でもっとも多いのも、この生理的口臭です。

一時的な口臭であることが多く、生活習慣や体のコンディションを整えることで改善できます。

生理的口臭の原因はさまざまで、主に、以下のようなものがあります。

1: 起床時、空腹時、緊張時、疲労時の口臭

起き抜けや、お腹がすいているとき、緊張や疲れたときなどは、口臭が強くなります。

唾液の分泌量が減少することにより、口内の細菌が増殖されておこるのです。

唾液の分泌量が少ないうえに、食べカスが口内の残っていたり、歯磨きが不十分だと、口内の細菌をさらに増殖させます。

増殖した細菌は、口内の食べカスなどを餌にして、ニオイのもとになるガスを発生させるのです。

また細菌が増殖すると、舌苔(舌の上の白いコケ)ができ、それがさらに悪臭を発生させることもあります。

2:ホルモンバランスの変化による口臭

とくに女性の口臭に多くみられる原因に、ホルモンバランスの変化が関係しているものがあります。

月経時、妊娠時、更年期など、ホルモンのバランスが大きく変化する時期に現れます。

3:食べ物による口臭

ニンニクやアルコールなど、強いニオイを引き起こす食べ物を食べたことが原因でおこる口臭です。

この記事もチェック!

病的口臭

口臭のなかには、病気が原因で引き起こされるものもあります。

そのような口臭の場合は、原因となっている病気を改善しない限り、口臭も改善されません。

食生活や、生活習慣、体調などに気を使っているのに、口臭が改善しないという場合は、別の疾患が口臭の原因として疑われます。

1:口腔内疾患による口臭

もっともよくみられるのは、歯周病による口臭です。

歯周病は、歯茎に炎症を起こす病気ですが、悪化すると悪臭の膿が発生します。

また虫歯も放置しておくと、独特のニオイを発生させる虫歯菌が増殖するために、悪臭を放つようになります。

2:口腔内以外の疾患による口臭

口腔内に問題がなくても、病気で口臭が悪化するケースもあります。

副鼻腔炎、胃の異常、便秘、肝疾患、糖尿病なども口臭の原因になるのです。

合わせて読みたい!


生理的口臭の原因と対策

自分の口臭の種類がわかったら、それに適した対処法を実践してみましょう。

まずは口臭の大半を占めるという、生理的口臭の原因を詳しくみながら、解決策を考えていきます。

起床時、空腹時、緊張時、疲労時の口臭の原因と対策

人の口臭はいつも一定ではなく、1日のなかでも変化します。

朝起きたときや、お腹が空いたとき、緊張したとき、疲れたときなどは通常よりも口臭は強くなるものです。

また、強いストレスにさらされている場合や、無理なダイエットを続けているときにも口臭は悪化します。
なぜ、このような場合に口臭が強まるのでしょうか?

原因:嫌気性細菌の増殖

人の口腔内には、嫌気性細菌(けんきせいさいきん)が生息しています。

嫌気性細菌は、古くなった細胞や、食べかす、歯垢などのタンパク質を分解します。
そのときに、メチルメルカプタンやジメチルサルファイドなどの、揮発性硫黄化合物と呼ばれる悪臭ガスを発させることが口臭の原因です。

とはいえ、普段は唾液の抗菌作用によって、嫌気性細菌の活動は抑えられており、気になるほど口臭が強くなることはありません。

しかし、人の唾液の分泌量は、いつも一定というわけではありません。

寝ている間や、お腹が空いたとき、緊張したとき、疲れたときには、唾液の分泌量は少なくなります。
唾液が少なくなると、嫌気性細菌の活動が活発になり、口臭を強めることになってしまいます。
ドライマウス気味な人、寝るときに口呼吸している人も唾液の分泌が少ないので、口臭が悪化しがちです。

その上に、口内の食べカスが残っていたりすると、さらに嫌気性細菌の活動を活発にしてしまいます。
歯垢や舌苔(舌の上の白いコケのようなもの)は細菌の塊です。
これらも悪臭の原因となっています。

対策1:唾液を増やす

嫌気性細菌の活動を抑制するには、唾液を増やすことが大切です。

唾液の分泌を増やすには、これから紹介する以下のことが役立ちます。

1.:こまめに水分補給

十分な唾液の分泌のためには、水分補給が欠かせません。

体内の水分が不足すると、十分な唾液が作られないためです。

1日に1.5リットル前後の水分を、こわけにして補給しましょう。

2.:食事は抜かずによく噛んで食べる

唾液の分泌はお腹が空いていると減りますが、その逆に食事を取ることで、活発に分泌されます。

最近は、朝食を抜く人も多いようですが、唾液の分泌量が減少している朝こそ、しっかり食事をとって唾液を十分に出しましょう。

また、食事を取るときには、ゆっくりとよく噛んで食べると、唾液の分泌がさらに活発になります。

3:リラックスする

緊張しているときに、口の中がカラカラに渇いたという経験はありませんか。

緊張やストレスで口が渇くのは、自律神経の働きによって、唾液の分泌が抑えられるためです。

唾液の分泌をよくするには、リラックスしていることが大切といえます。

深呼吸をしたり、ティータイムで一息ついたり、自分なりにリラックスできるように心がけましょう。

4: 口内に刺激を与える

唾液の分泌には、口内への刺激を与えることも効果的です。

食べることも口内への刺激のひとつですが、唾液を分泌させるには、ほかにもいろいろあります。

歯磨きやうがい、ガムを噛むことなども口内に刺激を与え、唾液の分泌を促進します。

5: 唾液腺マッサージ

唾液腺を直接マッサージすることでも、唾液の分泌は促進されます。

顔には、耳下腺、顎下腺、舌下腺の3つの唾液腺があります。

寝起きや、空腹時など、口の中がちょっとパサパサしてきたなと思ったら、これらの唾液腺をマッサージしてみましょう。

  • 耳下腺のマッサージの仕方
  • 顎の関節近く、耳タブの下の少し前方にあるのが耳下腺。頬の骨の下あたりに指を揃えてあて、小さな円を描くように優しくマッサージしてあげてください。

  • 顎下腺のマッサージの仕方
  • エラより少し下のあたりから、顎のラインに沿って、骨の内側を指で優しく10回前後押してあげてください。

  • 舌下腺のマッサージの仕方
  • 顎の骨の内側、ちょうど舌の付け根の下側あたりを、両親指でゆっくりググ〜っと突き上げるような押しましょう。痛くない程度に、10回前後おこなってください。

対策2:口内を清潔に保つ

細菌の餌となるガスを発生させるもとになるものや、ニオイの温床となるものを除去することも口臭予防には欠かせません。
口内を清潔に保って細菌の繁殖を防ぎましょう。

1:正しい歯磨きと歯のお手入れ

毎日の歯磨きは、正しく磨き残しなくできているでしょうか。

口内に残った食べカスは、嫌気性細菌のかっこうのエサです。

歯ブラシで磨いてたとしても、食べカスを残してしまったのでは、意味がありません。

また、歯ブラシだけでは歯と歯の間の食べカスなどを完全に除去できません。

歯の間に残った食べカスはデンタルフロスを活用して、常に口内を清潔に保ちましょう。

2:うがい

マウスウォッシュによるうがいは、口内の洗浄、消毒に効果的です。

口内やのどにいる細菌を、殺菌する効果があります。

しかし、強い殺菌作用があればあるほど「口腔内の善玉菌まで殺菌してしまうのではないか」と心配する方もいるのではないでしょうか。

そういう方におすすめなのは、アルカリイオン水によるうがいです。

口内が酸性に傾くと、細菌が増殖しやすくなります。
アルカリイオン水で、口内を中性にすることで、善玉菌の細胞を活かしまたまま、臭いのもとを作る細菌の繁殖を抑制できます。

3: 舌磨き

舌に白いコケのようなものが付いている場合は、舌ブラシで取り除きましょう。

白い物体は、舌苔と呼ばれるものです。

舌の表面には細かい突起状のザラザラした「舌乳頭」があります。
舌乳頭の間にたまった食べカスや、舌からはがれ落ちた細胞に、大量の細菌が繁殖することでできたものが白苔です。

舌が白くなってしまっている状態のときには、口臭も悪化していると考えられます。

舌苔は、舌ブラシや舌クリーナーで除去できます。

しかし、舌をゴシゴシとしごくのは厳禁です。

舌の細胞を傷つけないように、優しくこする程度にしましょう。
また、毎日やるのも舌の細胞を傷つけてしまため、おすすめできません。

この記事もチェック!

ホルモンバランスの変化による口臭の原因と対策

思春期に月経が始まり妊娠・出産・更年期、さらに毎月の生理と、女性のホルモンバランスは、一生を通じて変化しています。

ホルモンバランスの変化の影響は、体のさまざな箇所に現れます。
女性特有の口臭が強くなることも、ホルモンバランスの変化がもたらすことのひとつです。

思春期や、妊娠中、更年期、月経前あるいは月経中に口臭が強くなるという人は、女性ホルモンのバランスの変化を強く受けていると考えられます。

しかし、ホルモンと口臭はどのような関係があるのでしょうか?

原因:口内環境の悪化

生理前後や、思春期・妊娠・更年期などは、女性ホルモンのバランスが大きく変化します。

とくに、生理中にさまざまな体の不調を訴える女性は多いのですが、それは女性ホルモンのエストロゲンが減少することが大きく関わっているようです。

エストロゲンには唾液の分泌を活性化する働きがあるため、ホルモンバランスが変わると、唾液の分泌も減少し、口内が乾燥しがちになります。

それだけではなく、ホルモンバランスの変化は抵抗力の低下にもつながるため、口内における細菌の繁殖にもつながります。

このようにホルモンの変化によって口内環境が悪化することが、口臭を強める原因となっています。

対策

女性なら誰でも、ホルモンバランスの変化は避けられないものです。

また、ホルモンバランスの変化による口臭の悪化は、ホルモンのバランスがもとに戻ることで自然に収まるものです。

一過性のものなので、過剰に心配しないようにしましょう。

とはいえ、女性にとって、口臭の悪化は大きな問題です。

ホルモンバランスの変化による口臭の対策として、考えられるのは、できるだけリラックして、口腔ケアに努めること。

起床時口臭や空腹時口臭の対策で紹介した、唾液を増やす方法を試すのもよいでしょう。

また、ホルモンバランスの変化を最小限に抑えるためには、普段から生活習慣の改善と、ストレスの軽減が大事になってきます。

食べ物による口臭の原因と対策

口臭を起こしやすい食べ物を摂取することも、口臭を悪化させる原因のひとつです。

ニンニクやアルコールは、口臭を悪化する食べ物としてもよく知られています。

それ以外にも、口臭を悪化させる食品には、ニラ・ラッキョウ・キムチなどがあります。

原因ー臭い成分に変化する食品

ニンニク・ニラ・ラッキョウ・キムチ・アルコールは体内で分解されるときに、臭い成分が作られてます。

ニオイ成分は、息と共に口から出されるため、息が臭くなってしまうのです。

とくにニンニクには、アリシンという、強烈な臭いの原因になる成分が含まれいて、食後もなかなか臭いが消えず、翌日まで影響を及ぼすことがあります。

合わせて読みたい!

対策

食べ物による口臭も、時間が経てば自然と消える一時的なものです。

簡単で効果的な対策は、これらの食品を人と会う前には食べないことといえるでしょう。

とはいえ、全く口にしないというのも難しいものです。
そんなときは、次のことを試してみてください。

1:ニンニクには牛乳

ニンニクを食べる前、あるいは食べているときに牛乳を飲むと、多少ですがニンニクの臭いを抑えることができるといわれています。

ただし、食後に飲んでも効果はありません。

2: 緑茶や烏龍茶を飲む

食事中や食後には、緑茶や烏龍茶を飲むとよいでしょう。

緑茶には、消臭作用のある葉緑素と、殺菌作用のあるカテキンが含まれます。

烏龍茶には、カテキン以外にも、殺菌作用のあるタンニン、消臭作用のあるポリフェノールが含まれているので多少はニオイを抑えられるかもしれません。

3: レモンや梅干しを食べる

レモンや梅干しには、クエン酸が含まれています。

このクエン酸は殺菌作用があり、口内の雑菌の繁殖を防ぐと共に、唾液の分泌を促進させます。

4:食後のりんご

ニンニクを食べた食後に、りんごを食べるのも効果的です。

りんごには、消臭作用のあるポリフェノールが含まれています。

ニンニクに含まれているアリシンが体内で吸収される前に、ポリフェノールが臭いのものをカットするというわけです。

病的口臭の原因と対策

生理的口臭以外にも、疾患が原因で、口臭を悪化させているケースもあります。

その場合は、原因になっている病気の改善をしない限り、口臭を改善することはできません。

疾患が原因の場合、大半をしめるのは、口腔内疾患によるものですが、それ以外にも口臭を悪化させる疾患は数多くあります。

病的口臭の対策としては、自分の口臭の原因となっている病気を見つけるのが先決です。

ここでは、口臭の原因になる主な疾患を紹介していきます。

口腔内疾患による口臭の対策

病気が原因で、口臭が悪化するケースの大半は、歯周病や虫歯などの口腔内疾患によるものです。

歯周病や虫歯が原因で口臭がきつくなった場合、歯周病や虫歯もかなり進行している可能性があります。

セルフケアで対処できる範囲を超えていることが多いので、歯科医に相談しましょう。

歯周病による口臭の症状と対策

歯周病は、細菌によって歯茎に炎症を起こす病気です。

最初のうちは自覚症がないことから、知らない間に悪化させてしまい、歯茎から膿が出るようになったり、最悪のケースでは歯が抜けてしまうこともあります。

歯周病は、歯と歯肉の間が汚れたままになったところに細菌がたまり、歯垢を作りだすことから始まります。

この歯垢が蓄積すると固い歯石になり、歯茎に炎症がおきたり出血するようになり、放置すると化膿し、膿を出すようになります。

歯垢や歯石は細菌の塊なので、口臭を悪化させ、膿は強烈な臭いを発します。

玉ねぎが腐ったような臭いと形容されることもあります。

このような歯周病を防ぐには、普段から丁寧な歯磨きを心がけることが大切です。

歯ブラシだけでは、歯と歯の間の食べカスは除去できないので、デンタルブロスなども併用するとよいでしょう。

ただし、口臭が気になるほど悪化した歯周病は、自宅でのセルフケアだけでは対処できませんので、歯科医の受診をオススメします。

虫歯による口臭の症状と対策

虫歯は、口内の細菌によって、歯が溶かされる病気のことです。

口の中に存在するミュータンス菌という虫歯菌は、口内の糖に反応し歯垢をつくります。

歯垢の中で酸が作られ、その酸で歯が溶けてしまうのが虫歯です。

虫歯になると、虫歯独特の口臭が発生します。
その臭いは、チーズが腐ったような、魚が腐ったような臭いとよくいわれます。

さらに、虫歯を放置しておくと、虫歯が歯の神経まで浸食していき、歯根の炎症を起こすようになります。
こうなるとさらに強い腐敗臭がするようになります。

一旦虫歯になると、自力で虫歯を治すことはできません。
早めに歯科医の治療を受けましょう。

ほかの病気による口臭の対策

病気による口臭の悪化は、口腔内疾患によるものがほとんどですが、それ以外の病気が原因となることもあります。

口腔内疾患を治療したり、口内を清潔に保ち、唾液の分泌の増加を心がけても、口臭が改善しない場合や、これから紹介するような独特の臭いがある場合は、別の病気の可能性が疑われます。

素人判断は危険ですので、疑いがある場合は、医師の診断を仰ぐことをオススメします。

副鼻腔炎(蓄膿症)

副鼻腔に膿がたまる病気です。

鼻は喉と繋がっているために、膿独特の異臭がします。

便秘

便秘が悪化すると、腸内の悪玉菌の活動が活発になり、悪臭を放つガスが発生します。

そのガスが血液に運ばれ、全身を巡り、肺にも到達するため、吐息が便臭を放つようになります。

糖尿病

りんごが腐ったような、甘酸っぱい口臭がします。

肝疾患

肝硬変や肝臓ガンなどの場合は、口臭はアンモニア臭を帯びます。

腎疾患

腎不全など、腎臓の機能が低下する病気は、魚が腐ったような口臭がします。

呼吸器系疾患

気管支拡張症、肺結核、肺がんなどの場合、肉が腐ったような口臭がします。

消化器系疾患

胃がん、食道ヘルニア、食道気管支瘻などの場合も、肉が腐ったような臭いがします。

カンジダ感染

肺や咽頭、気管支がカンジダ感染した場合は、すえたような焦げた臭いがします。

口臭の原因を理解して、最善の対処を!

口臭の原因を大きく分けると、生理的口臭と病的口臭のふたつがあります。

生理的口臭は、生活習慣の改善などでかなり改善することもできますが、病的口臭のケースには、原因となる病気の治療が必要です。

原因が違えば、対処方法も変わるので、しっかり原因を知ることが大切です。

効果的に口臭の改善をしていきましょう。

この記事もチェック!

スポンサーリンク

Pick Up

足の臭いを消すクリームランキング!市販の対策グッズは効果があ…

【デリケートゾーンの臭いにおすすめ石鹸・ボディソープ15選】…

洗うだけでワキガが無臭!?脇の臭いケア石鹸・ボディソープラン…

関連記事

口臭予防効果が高い歯磨き粉ランキング!効果を出す磨き方

口臭にガムは効果がある?臭いを消す効果的な噛み方と逆効果の方…

コンビニで速攻口臭対策!効果はある?おすすめグッズ12選

口臭を改善して自分に自信♪原因別でわかる口臭対策11

口臭チェックって?気になる口臭チェックの方法とは?

知っておきたい!口臭の原因&口臭対策になる15の食べ物