ニオイが気になる方におすすめ!ニオイや汗を抑える一押し商品

足の臭いを消すには?おすすめ消臭石鹸で納豆臭にサヨナラを!

足の臭いが気になって、お風呂でゴシゴシやっている人も多いはず。
けれどなかには、どんなに石鹸で洗ってもニオイが取れない、という人がいるようです。
頑張ってキレイにしているのに一体なぜ…?

ここでは、しつこい足臭の原因と、効率的に消臭できる石鹸情報、さらには石鹸以外にもできる消臭対策についてみていきましょう。

スポンサーリンク

足臭対策の第一歩は「清潔」から

足が臭ってしまうのは、足からでた汗が雑菌に分解されるから。
汗自体にはほぼニオイはないのですが、ここに雑菌が作用すると、納豆のようなあの独特のニオイの原因になってしまうのです。

雑菌はジメジメした環境が大好き。
足裏は汗をかきやすいうえに、一日中履いている靴によってとても蒸れやすくなっています。

古くなった角質や爪垢、皮脂なども、汗と同じく雑菌の格好のエサに。
こういう「雑菌にとっての栄養分」が多い人ほど、足の臭いがキツくなってしまうと言えます。

足臭対策には、まずはきちんと足を洗って雑菌を取り除くこと。
同時に、余分な角質、皮脂ケアや爪のお手入れも必要になってきます。

普通に足を洗っただけでは臭いが取れないのはなぜ?

清潔にしなければいけないのは分かっていて、気をつけてもいる、けれどニオイが取れない…。
そんな人たちも少なからずいるようです。
どうしてそんなことがおこるのでしょうか?

足裏の主なニオイ物質は「イソ吉草酸」(※納豆臭の原因物質)や「アンモニア」といったものです。
実はこれらのニオイ物質は適切なケアを怠っていると、どんどん蓄積していきます。

それとともに、ニオイ物質は角質や爪垢に浸透して取り込まれていきます。
そのままでは落ちにくい状態になってしまうのです。

こびりついてしまった足臭には普通の石鹸じゃダメ?

普通の石鹸では、すでに浸透しきってしまったレベルの足臭はなかなか落とすことができません。

ニオイには、酸性のもの、アルカリ性のもの、といった具合にさまざまな物質があります。
それぞれに効く成分で洗わないとなかなかニオイは落ちません。
それにはノーマルな石鹸では役不足なのです。

しつこい足臭には、消臭専門石鹸を使えば間違いないでしょう。

ここで石鹸に使われている洗浄剤の話を少しだけ。

固形石鹸は「石鹸素地」という洗浄成分を使っています。
石鹸素地は高洗浄力とお肌へのやさしさを同居させた優れた洗浄成分です。

ボディソープでも「カリ石鹸素地」というものを使っているものには同等の効能がありますが、高価であるため市販品にはほとんど使われていません。
液体石鹸は固形のものに比べると、水分が多い分、石鹸成分の含有率が下がってしまいます。
洗浄力では固形の方にやや軍配があがります。

迷ったり成分がよく分からない場合には、固形タイプの石鹸を選んでおいた方が無難でしょう。

足の消臭効果バッチリ!石鹸ランキング

具体的に、どんな石鹸を使えば足臭を解消してくれるのでしょうか?
おすすめの石鹸情報をランキング形式でまとめてみました。

1位:AGICA(アジカ)石鹸

AGICA

「AGICA(アジカ)」は、男性の加齢臭対策を目的として作られた石鹸です。
けれど加齢臭だけでなく、足の臭いを解消する効果もてきめん。
女性ももちろん使えます。

AGICAは、「竹炭」のニオイ吸着除去の作用と、「銀イオン」の除菌効果を利用して作られています。
素材にこだわっているため、無香料、無着色。
安全な日本製です。

通常の消臭石鹸は、ニオイが改善されるまでに数回はかかる傾向にあります。
けれどこのAGICAは強力で、1度目の使用からハッキリと消臭効果を感じることができます。
ニオイが強い人ほどこの石鹸をおすすめします。

ただし、強力な消臭効果がある分、人によっては肌が乾燥しやすくなるようです。
AGICAを試す場合には、お肌の調子をみながら、使う部位を選んでいきたいですね。

AGICAの気になるお値段は、80gで定価6,090円(税込)と少しお高いです。
けれどいつでも中止できる定期購入コースを利用すれば、初回1,980円(税込)(※2回目以降は税込価格2,856円)で買うことができます。

しかも今申し込めば、毎月「デオトールスリー」という消臭サプリメントのプレゼントつきです。
キャンペーンは期間限定のようなので、気になる方はすぐにチェックを。

AGICAは、初めての方限定で45日間の全額返金が保証されます。
迷ったら、まずは試してみるというのもよいでしょう。

AGICA石鹸の詳細はこちら

2位:薬用柿渋石鹸

柿渋

「薬用柿渋石鹸」も加齢臭用の石鹸というイメージがありますが、足臭ケアにももちろん使えます。

「薬用柿渋石鹸」には、消臭に即効性のある「茶カテキン」と、持続性効果のある「柿タンニン」が配合されています。
Wの消臭効果があるところに抗菌・抗酸化作用のある「ユーカリエキス」を配合。
またマイルドながら高い除菌効果をもつ「イソプロピルメチルフェノール」も配合し、臭いの原因菌をシャットアウトしてくれます。

薬用柿渋石鹸は、マイルドな天然成分を使っているため、ニオイ改善まで数日かかるようです。
その代わり、一度効き始めると長時間の消臭効果を実感できるようになります。

100gで定価1,886円(税別)とお手頃価格なので、無理なく続けられるのも魅力のひとつ。
万一気に入らなければ、30日間返金してくれるシステムまであります。
これなら気軽に始められ、続けてもいけそうですね。

薬用柿渋石鹸の詳細はこちら

3位:クリアネオボディソープ

クリアネオボディソープ

どうしても固形石鹸が使いづらいという人には「クリアネオボディソープ」をおすすめいたします。

「クリアネオクリーム」はワキガ対策商品として有名なクリームです。
それのボディソープ版がこの商品です。
言うまでもなく、ワキガ以外に足臭改善の効果ものぞめます。

クリアネオボディソープは前にお話した「カリ石鹸素地」を使った液体石鹸ですので、マイルドながら優れた洗浄力をもちます。
洗い上がりのスッキリ感かつサラサラ感は、固形石鹸とそん色ないものです。

クリアネオボディソープは優れた抗菌成分「o-シメン-5-オール」(※「イソプロピルメチルフェノール」の化粧品名)や、クマザサ葉エキス、チャ葉エキスといった天然抗菌成分、柿タンニンなどの天然消臭成分もふんだんに配合。
効果的にニオイを解消してくれます。

クリアネオボディソープは300ml入りで定価3,480円(税別)、定期購入コースだと2,480円です。
金額は若干高めですが、足に限定してよく泡立てて使えば、無理のない金額かと思います。
返金保証制度がないのが残念ではありますが…。

液体状のため、ボディソープ派の人は違和感なく生活に取り入れられるのが最大の魅力です。

クリアネオボディソープの詳細はこちら

番外編:逆性石鹸

おすすめ石鹸情報の番外編として「逆性石鹸」をご紹介します。

一般の人には馴染みが薄いかと思いますが、逆性石鹸は飲食店や病院で手を洗うときに使われます。

逆性石鹸は、言葉のとおり「石鹸の逆の性質をもつ」ものです。
何が石鹸の逆かというと、イオンの性質。
逆性石鹸はプラスに帯電した「陽イオン界面活性剤」にあたります。

もっと分かりやすく言うと、逆性石鹸は「弱酸性」なんです。

普通の石鹸はご存知のとおり「弱アルカリ性」ですよね。
この性質により、汚れにしみこんで分離させる作用があり、これがお肌の洗浄につながります。

逆性石鹸には洗浄力はほとんどありません。
代わりに雑菌を吸着して変性させる効果があります。
つまり殺菌作用をもちます。

普通の石鹸でも、汚れを取り去るのと同時に雑菌も洗い流してくれます。
このときの除菌率は95%程度と言われています。
逆性石鹸はイオンの仕組み的に、もっと根源的に「殺菌」してくれます。

逆性石鹸は石鹸の代わりにはなりません。
けれど、石鹸で落ちなかったニオイ物質を落としたり、殺菌することはできます。

消臭石鹸を使い続けてもイマイチ効果が感じられない人は、逆性石鹸を一度試してみてもいいかもしれません。

ただし、石鹸と逆性石鹸をまぜると「プラマイゼロ」でどちらの効果も薄くなってしまいます。
試す場合には必ず別々に使い、それぞれをよく洗い流すように気をつけましょう。

逆性石鹸で有名な商品に「オスバン」があります。

オスバン

価格は600mlで800円(税抜)です。

原液ではなく、必ず100倍程度に薄めてから、そこに足を浸して使いましょう。
浸ける時間は5分もあれば十分です。
これを数日間続けて様子をみてください。

石鹸以外でできる消臭対策

おすすめ石鹸情報をもとにあなたに合う石鹸を見つけ、一刻も早く足臭から解放されましょう。

石鹸でのケアと同時に、次のようなことに注意すれば、より短期間で効果的にニオイが消えていきます。
どうせならできる範囲で対策をとり、スピード消臭を目指してください。

爪の手入れ

爪垢がたまってしまうと雑菌の栄養になり、悪臭につながります。
また、爪の間はニオイ物質をためこめやすい部分でもあります。

爪はなるべくのばさず、深爪しない程度に短く切っておきましょう。
すでに溜まってしまった爪垢は、爪ケア用スティックなどを利用して取り除いておきます。
足の親指の爪は特にニオイやすいので念入りにお手入れしましょう。

角質ケア

角質は雑菌のエサになりますし、ニオイがとどまりやすい部分です。
普通に入浴しているだけでは角質はなかなか落とせません。
定期的にケアするように心がけましょう。

軽石で強くこすると皮膚を傷め、かえってニオイが悪化するケースも。
足の角質用のスクラブやピーリング剤を使ってやさしくオフしましょう。

フットリフレクソロジーのお店のなかには、角質ケアのサービスを提供しているところもあります。
積年の角質がたまっているようであれば、こういったお店を利用してからセルフケアに移行したほうがスムーズかもしれませんね。

重曹足湯

重曹水は弱アルカリ性です。
足の酸性ニオイ物質「イソ吉草酸」などと反応することにより、中和してニオイ物質を別のものに変換させることができます。

また角質を柔らかくしたり、ピーリングしたりする効果もあります。
つまり重曹は、長年お肌にためこまれたニオイの元を効果的に取り除くことができるのです。

重曹を使う場合、足湯をする方法がおすすめです。

詳しくはコチラ!>>『足の臭いを消す!「重曹」の気になる効果と使い方まとめ』

ミョウバン足湯

ミョウバン水は弱酸性です。
足のアルカリ性ニオイ物質「アンモニア」などと中和反応を起こし、ニオイが相殺されます。

またミョウバンには殺菌効果や制汗作用もありますので、菌の繁殖をおさえることができます。
つまりこれからニオイ物質が発生するのをおさえてくれるのです。

ミョウバンも足湯で使うのがおすすめです。

詳しくはコチラ!>>『効果てきめん!ミョウバン足湯で足の臭いとサヨナラを!』

靴下の工夫

いくら足を清潔にしてニオイを取り除いても、靴下がイマイチだと消臭効果は半減してしまいます。
どんな点に気をつければよいでしょうか。

素材は綿かシルク

よくあるナイロンやポリエステル素材の靴下は取り回しはよいのですが、通気性が悪くニオイやすくなってしまいます。
できれば蒸れにくい綿かシルク素材の靴下にしましょう。

5本指ソックス

足の指の間は、汗がたまりやすい部分です。
5本指ソックスを履くことによって足指間の汗が吸収されて蒸れにくくなり、格段にニオイをおさえてくれます。

5本指ソックスを人に見られるのが恥ずかしい場合には、ソックスの中にはくインナータイプの5本指ソックス(足先の部分だけのもの)を利用してみましょう。
ストッキングも5本指タイプになっているものがあります。
ぜひチェックしてみてください。

消臭対策もお忘れなく

一度ニオイの出てしまった靴下は、普通に洗濯しただけではなかなかニオイが取れないことがあります。
これは繊維の奥までニオイ物質や雑菌が取り込まれ、さらに皮脂汚れなどでコーティングされることによっておこります。

クサい靴下には、次のような方法を試してみてください。

  • 洗濯用石鹸で予洗いしてから洗濯する。
    (初めに皮脂汚れを落としてニオイ物質を落としやすくする。)
  • 60度程度の熱いお湯に付け置きしてから洗濯する。
    (靴下についた雑菌は熱に弱いので消毒する。靴下にしみこんだ皮脂を取り除く効果も。)
  • 重曹水に浸してニオイ物質を中和し、よく洗い流してから洗濯する。
    先に洗濯してから重曹水をスプレーする方法でもよい。
    (イソ吉草酸などの酸性臭を中和する。)
  • ミョウバン水に浸してニオイ物質を中和し、よく洗い流してから洗濯する。
    先に洗濯してからミョウバン水をスプレーする方法でもよい。
    (アンモニアなどのアルカリ性臭を中和する。)

靴の工夫

靴は足が蒸れてしまう最大の要因です。
この部分の対策も怠ることはできません。

通気性のよい靴

靴はなるべく通気性のよいものを履くようにしましょう。

合皮の靴はお手ごろ価格で、ついつい買ってしまうものです。
けれど合皮靴は実はとても蒸れやすいのです。

逆に天然皮革のものは適度に湿気を発散してくれ、ニオイがこもりにくくなるのでおすすめです。
足のニオイが気になる人は、多少費用がかかっても天然皮革の靴を用意しましょう。

靴をローテーションする

1日中履いた靴には湿気がたまっています。
履いた後はよく乾燥させないと雑菌が繁殖してしまいます。
靴が乾燥しきるのに2~3日はかかるので、最低でも3足は用意し、ローテーションで履くようにしましょう。

おニューの靴をおろす前に中敷も一緒に購入し、まめに取り換えたり洗ったりして使う工夫も有効です。
中敷は100円ショップで売っている安いもので十分です。
消臭インソールというものもあるので探してみましょう。

靴の消臭には重曹シューズキーパーを

重曹をつめた布をシューズキーパー代わりに使うと、靴のなかのニオイ物質をすっきりと落としてくれます。

わざわざ布を用意しなくても大丈夫。
いらなくなった靴下などに重曹をつめ、輪ゴムで口を縛るだけで完成です。
手軽にできるので一度試してみてください。

参考:>>『足の臭いを消す!「重曹」の気になる効果と使い方まとめ』

ミョウバンで靴の中を除菌

ミョウバンには除菌効果があります。
ミョウバン水を作り置きしておいてスプレーすれば、靴の中で繁殖してしまった雑菌を1万分の1におさえられます。
靴を脱いだらまずミョウバンスプレーをしておくと臭い対策に効果的ですよ。

参考:>>『効果てきめん!ミョウバン足湯で足の臭いとサヨナラを!』

食べ物やストレス解消などの工夫

肉類や乳製品を過度に摂ったり、脂っこいものばかり食べていると、ニオイやすい体質になります。
こういった食事は汗腺を刺激して汗の量が増えます。
また皮脂分泌も促し、ニオイの元も増えてしまいます。

肉を食べるなとは言いませんが、行き過ぎないようにはしたいところです。
肉と同じくらい野菜も摂るよう心がけるだけでも随分と違うはずです。

また、なかには仕事のある日だけ足の臭いがひどくなる、という人がいます。
これはストレス性の発汗が原因です。
こういう人は、少しでもストレスをためこまないような、自分なりの発散方法を見つけておくことが重要になります。

何をやっても改善されない場合には病気の可能性もある

ご紹介した方法をどれだけ実践してもまったくニオイが改善されないときには、もしかしたら病気である可能性も考えられます。

例えば「点状角質融解症」という病気では、足の角質部分に膿などができ、それがとても臭います。
それこそ、洗って取れるようなレベルのものではないそうです。

糖尿病や多汗症だったり、水虫や内臓疾患がある場合にも臭いがひどくなることがあります。

ニオイと同時に少しでも体調に違和感があるようなら、まずは医療機関を受診されることを強くおすすめします。

病気でなければ足臭は改善できる!一歩踏み出す勇気と努力が大切

いかがでしたか?

お風呂に入っても足の臭いが取れないという人は、現状維持ではたぶん一生クサいままです。
石鹸を変えたり、その他にも、今回ご紹介した方法をできる限り試してみてください。

それでもやっぱりニオイが取れないというときは、もしかしたら体調不良が影響しているのかも…。
そんなときは、迷わずドクターに相談してみましょう。

スポンサーリンク

Pick Up

足の臭いを消すクリームランキング!市販の対策グッズは効果があ…

【デリケートゾーンの臭いにおすすめ石鹸・ボディソープ15選】…

洗うだけでワキガが無臭!?脇の臭いケア石鹸・ボディソープラン…

関連記事

足が臭い!靴が脱げない臭さと病気の関係は?

靴まで臭い足のニオイ!足・靴下・靴の消臭で効果的な方法

足汗が気になる人の原因と6つの対策

【足の臭い対策】ブーツも革靴も怖くない!足の臭いを消す方法

冬でもかゆみや臭いの原因になる!足が蒸れるのを防ぐワザとは?

もう座敷も怖くない!足の臭いの緊急対策には消臭スプレーを活用…