ニオイが気になる方におすすめ!ニオイや汗を抑える一押し商品

足の爪が臭い!効果的なケアでニオイのない足へ

夏は、自分が放つ体臭が気になる時期。
汗をたくさんかき蒸れが起こるこの季節は、匂いが発生しやすくなります。

体臭のなかでも悩んでいる人が多いのが、足のニオイ。
足のニオイの原因はさまざまですが、そのひとつに足の爪に溜まった汚れが、ニオイの元となっている可能性があります。

ちゃんと洗ったつもりでもなかなか取り除くことの難しい足の爪の汚れ。
もうニオイに悩まされないために、その汚れの原因と正しいお手入れ方法やニオイ対策法をご紹介します。

スポンサーリンク

足の爪からチーズ臭が!その原因は?

裸足になる機会も多くなる夏の時期。
靴を脱いだときに、チーズ臭のような悪臭が漂ってしまったら大変です。

その嫌なニオイは足の爪に溜まった汚れが原因かもしれません!
なぜ臭くなってしまうのかニオイの原因を知って、足の爪のニオイを撃退しましょう。

汚れの原因はズバリ垢!

足の爪に溜まる汚れの正体は、垢です。
この垢が爪のなかで溜まることによって、結果的に悪臭を放ちます。

古くなった角質が溜まる

人間の皮膚は、古くなった角質を剥がし新しい角質に変えていくという働きを常にしています。
新しい角質に生まれ変わることで皮膚を清潔に丈夫に保ってくれていますが、その剥がれた古い角質は爪のなかに残ったまま。
きちんと掃除をしない限り、どんどん溜まっていってしまいます。

靴下のゴミくずやホコリなどが溜まる

靴下を履くとどうしても爪に残ってしまうのが、靴下の繊維などのゴミくず。
足を覆われていないサンダルや裸足の場合でも、床にあるホコリは爪のなかに入り込んでしまいます。
これらも雑菌の元となるので、綺麗に取り除かなければなりません。

体の中で最も高温多湿な環境にある足

足は靴や靴下を履くため、密室状態となります。
そのなかで皮膚呼吸をして体温調節のために汗をかくので、湿気の多い蒸れ蒸れの状態に。
さらに皮脂も分泌されるので、菌が非常に繁殖しやすい環境になってしまいます。

ニオイの発生源である『イソ吉草酸』

人間の皮膚は「皮膚常在菌」という菌で守られています。
感染力のある悪い菌から皮膚を守るはたらきを持っているので、人間の皮膚には無くてはならない菌です。
しかし、実はこの菌こそがニオイの元となるイソ吉草酸と呼ばれる脂肪酸を発生させる原因となります。

イソ吉草酸とは、皮膚常在菌が汗や皮脂をエサにして分解するときに生まれる成分。
チーズ臭のような独特のニオイは、このイソ吉草酸が原因です。
足の裏には皮膚常在菌が特に多くいるため、イソ吉草酸はさらに発生しやすくなっています。

親指は足の爪のニオイが特につきやすい場所

なかなかニオイを確実に取り除くことが難しい、足の爪のいやなニオイ。
ニオイが特につきやすい場所は、親指の爪です。

足の親指は他の指とちがい、爪が大きく両サイドが湾曲しています。
そのため、他の指よりもゴミや垢が溜まりやすいのです。

足の爪を手入れするときは、まずは親指をしっかりと掃除してあげましょう。

足の爪のニオイを撃退!効果的なニオイ対策とお手入れ方法

湿気の多い環境で古い角質やゴミなどの汚れが爪のなかに溜まることで、細菌が増殖・繁殖。
足の爪のニオイの原因は、こういったニオイを発生させやすい環境にあります。

この悪循環を正すケアを心がけて、ニオイ対策をしていきましょう。

爪を短く切って垢が溜まりにくい環境を作っておく

爪が長いと、垢が溜まるのはもちろん垢掃除も困難になってしまいます。
垢が溜まらないようにするためには、まず溜まりにくい環境を作っておくことが大切です。
そのためには、定期的に爪を短く切っておくようにしましょう。

目安としては、白い部分が1mm残る程度。
切りすぎると深爪や巻き爪の原因になってしまうので、両端は少し残して切りすぎないように気をつけましょう。

ツメブラシを使用してゴミを取り除く

爪を短く切っていても、どうしても日常的なゴミは爪と皮膚の間に付着してしまいます。
そんなときは、爪専用のブラシのお手入れがおすすめ!
爪のなかに溜まった汚れやゴミをしっかりと落とし、ニオイの発生を防いでくれます。

バスタイムでのブラシケアがおすすめ!

なかなか奥まで掃除することが難しい爪の間のケアは、バスタイムがおすすめです。
入浴してお湯に浸かると皮膚が柔らかくなるため、ゴミだけでなく角質ケアも同時にできます。

歯ブラシでも代用できる

ツメブラシがない場合は、歯ブラシでも代用できます。
石けんの泡をつけた歯ブラシで、優しく撫でるように洗いましょう。

細菌の発生を防ぐために、歯ブラシは使い古したものではなく新しいものを使用してください。

つまようじで溜まった垢を掃除する

すでに溜まってしまった垢を取り除くには、つまようじがとても便利です。
目には見えない奥にある垢も取れるので、爪のなかを清潔に保つことができます。

ただしつまようじは先端が尖っているため、使用の際には注意が必要です。
爪のなかの皮膚は神経に近く傷つきやすいので、怪我をしないようにしましょう。

安全に使用できる垢とり専用道具がおすすめ!

小さくて細いつまようじは便利ですが、皮膚を傷つけてしまったりなどというデメリットも。
そんなときにおすすめなのが、爪の垢とり専用の道具です。

こちらは爪のなかの垢を掃除するために設計されており、小さいスプーンのような先端で垢をしっかりとキャッチしてくれます。
尖っていないため、皮膚が傷つく危険もありません。

消毒用エタノールで雑菌臭を除去しておく

爪の間のゴミ掃除とあわせて行いたいケアが、皮膚の消毒です。
細菌の繁殖を防ぐためには、消毒も大事なニオイ対策ケアになります。

消毒には、消毒用エタノールを使用します。
コットンや綿棒につけて、爪と皮膚の間を丁寧に消毒しましょう。

脱脂作用があるため毎日の使用は避ける

消毒作用のあるエタノールは同時に脱脂作用があり、消毒しすぎると肌荒れを引き起こしてしまうことも。

日常的なケアはブラシやスティックでのごみ取りを、エタノールでの消毒はニオイが特に気になるときに行いましょう。

蒸れにくい環境を作り通気性の良さを心がける

湿気が多い場所は、細菌や雑菌にとって繁殖しやすい好都合な環境。
それを防ぐためには、通気性の良い湿気の少ない環境づくりを心がけることが必要です。

靴を脱いだあとはしっかりと乾かす

一日履いて脱いだ靴は、足裏の汗などで蒸れた状態。
その状態で靴箱などの密閉された空間に入れてしまうと、靴のなかで菌が増殖・繁殖し、靴自体にイヤなニオイが染み付いてしまいます。

靴を脱いだあとは、すぐに靴箱に入れずにしっかりと乾かしてからしまうようにしましょう。
靴用の消臭スプレーなどを使用するとさらに効果的です。
靴箱には乾燥剤を置いて、靴箱内の湿気も取り除いておきましょう。

吸水性に優れた靴下を履く

足のムレを抑えるために、靴下も蒸れにくいものを選ぶようにしましょう。
素材は、吸水速乾に優れた綿100%ものがおすすめです。

足は指と指の間に汗を抑えるため、5本指ソックスなどを履くとさらに効果的です。

靴に中敷き(インソール)を敷いておく

蒸れを起こしやすい靴には、消臭・除菌効果のあるインソールを敷いておくと足ムレやニオイ対策に効果的です。
素足で靴を履かなければいけない場合は、かならずインソールを使用するようにしましょう。

足の爪を正しくケアして臭いのない清潔な足元に!

ニオイを発生させやすい環境にある、足。
足裏からイヤなニオイがする場合は、まずは足の爪から手入れを始めてみましょう。
しっかりと手入れをすれば、ニオイを防ぐだけでなく清潔な状態を保つことができます。

正しいケアで、靴を脱いでもニオイを気にしない綺麗な足を手に入れてくださいね!

スポンサーリンク

Pick Up

足の臭いを消すクリームランキング!市販の対策グッズは効果があ…

【デリケートゾーンの臭いにおすすめ石鹸・ボディソープ15選】…

洗うだけでワキガが無臭!?脇の臭いケア石鹸・ボディソープラン…

関連記事

足が臭い!靴が脱げない臭さと病気の関係は?

靴まで臭い足のニオイ!足・靴下・靴の消臭で効果的な方法

足汗が気になる人の原因と6つの対策

【足の臭い対策】ブーツも革靴も怖くない!足の臭いを消す方法

冬でもかゆみや臭いの原因になる!足が蒸れるのを防ぐワザとは?

もう座敷も怖くない!足の臭いの緊急対策には消臭スプレーを活用…