ニオイが気になる方におすすめ!ニオイや汗を抑える一押し商品

冬でもかゆみや臭いの原因になる!足が蒸れるのを防ぐワザとは?

気持ちの悪い足蒸れ…。
夏の暑い時期はもちろん、真冬でも、ブーツファッションを楽しむ女性は足蒸れを感じることが多いものです。

どうして足が蒸れてしまうのでしょうか?
足蒸れを放置するとまずいのでしょうか?
対策方法はあるのでしょうか?

この記事で探っていきたいと思います。

スポンサーリンク

足はどうして蒸れる?

体のいろいろな部位の中でも、特に足が蒸れて困る、という人は多いでしょう。
そもそも足はなぜ蒸れるのでしょうか。

足は元々汗をかきやすい

足には「エクリン汗腺」という汗腺が密集しています。
エクリン汗腺は、暑かったり運動したときに汗を放出する汗腺です。

エクリン汗腺は全身に存在しますが、足のエクリン汗腺は他の部位の実に3~10倍も存在。
両足で1日にコップ1杯分の汗をかくと言われています。
そのため足は湿気が多くなり、蒸れやすいのです。

足はもともと湿気が多いうえに、外出中は常に靴を履いています。
素材や形状にもよりますが、靴は足を包み込んで密閉するため、余計に蒸れやすくなります。

靴下・ストッキング

靴下やストッキングも蒸れやすくなる要因です。
足を布で包むわけですから、必然的に蒸れやすくなります。
しかも化繊など汗を吸わない素材のものを履く機会の多い人ほど、ジメジメしがちに…。

ストレスでさらに汗が増加

人は緊張したりストレスを感じたりすると汗をかきます。
これを「精神性発汗」と呼びます。

精神性発汗は、顔や手足にかくことが多い汗です。
そう、仕事や人間関係の悩みなどで精神的に負荷がかかると、足の汗が増えるのです。

しかも緊張性の汗は、ネバネバと臭いやすい汗になりやすいもの。
足が蒸れるばかりか、すぐに臭うイヤな汗になってしまうのです。

足蒸れを放置するとどうなる?

足が蒸れやすい原因は分かりました。
ちょっと蒸れるくらいならだれの身にも起こりますが、これを放置してしまうとさまざまな弊害がやってきます。
具体的にどんなことが起こるのでしょうか?

イヤな足臭の原因に

ほとんどの方が経験済だと思いますが、足が蒸れた状態を長く放置すると、足のニオイがでてきます。

足の臭いは独特で、納豆クサいとよく表現されます。
このニオイは「イソ吉草酸」という物質が原因。
足に住み着いた雑菌が、汗や皮脂、角質などの垢を分解すると発生します。

足からツーンとするニオイを感じる方もいるかもしれません。
これは主に「アンモニア」が原因になっています。
これもやはり、雑菌のしわざ。

雑菌は高温多湿の環境でどんどん増殖します。
靴や靴下で包まれ大量の汗をかく足は、雑菌たちにとってはまさに格好のすみかなのです。

皮がむけるのは水虫や異汗性湿疹といった病気かも

足蒸れを放置すると、単にクサいだけでなく、病気になることもあります。

一番多いのが「水虫」です。

水虫の原因は「白癬菌」に感染すること。
菌なので、やはり湿気を好みます。

白癬菌は何もないところから急に降って沸いたりはしませんが、人と共用するバスマットやスリッパなどからカンタンにうつります。
白癬菌をもらってしまった後に足をジメジメさせてしまうと、白癬菌が大増殖。
結果、水虫になってしまうのです。

また、足汗によるムレが原因で「異汗性湿疹」になることもあります。

異汗性湿疹は、皮膚内部に汗がたまって水ぶくれになってしまうものです。
はじめに1~2ミリ程度の水疱ができます。
これが破裂して皮がむけると湿疹になり、痛みやかゆみが出てきます。

異汗性湿疹は、水虫のように菌が原因になっているわけではありません。
汗自体が原因です。
異汗性湿疹は伝染しませんが、湿気の多い環境では悪化しやすいので注意が必要になります。

水虫も異汗性湿疹も、足の皮がむけたり、痒い症状が出やすいので、紛らわしい場合があります。
判断が難しい場合には、なるべく早めに皮膚科を受診しましょう。

今日からできる足ムレ対策

困った足蒸れですが、対策方法はあるのでしょうか?

足の対策

はじめに、自分の足自体に行える足ムレ対策方法をみていきましょう。

制汗剤を使う

まずは制汗剤を効果的に使うことです。
市販されている制汗剤でも商品をうまく選べば、汗やニオイをおさえつつ、サラサラ感をキープすることができます。

※スプレータイプの制汗剤情報はこちら:
>>『もう座敷も怖くない!足の臭いの緊急対策には消臭スプレーを活用!』

※クリームタイプの制汗剤情報はこちら:
>>『足臭対策に!足の臭いを消すおすすめクリームランキング』

足汗の量が半端ない人は、もしかしたら市販の制汗剤では不足かもしれません。
一般のドラッグストアで売られている市販品は、ニオイには効くけれど発汗をおさえる効果は弱い傾向にあります。

足の発汗量をどうしても減らしたい人には「デトランスα」をおすすめします。

デトランスα公式1-200

デトランスαはデンマーク製の制汗剤です。
デトランスαの主成分は、多汗症の治療薬として皮膚科でも処方される「塩化アルミニウム」です。

通常、塩化アルミニウム液はかゆみやかぶれ等の副作用が起こりやすいのですが、このデトランスαは副作用をおさえる成分を配合。
できるだけ安全に塩化アルミニウム液を使うことができます。

塩化アルミニウム液は、一般には夜塗って朝落とします。
これを数日繰り返すことによって汗腺にフタを形成。強力に汗をストップします。

制汗効果が高く副作用の出にくいデトランスαですが、残念ながら日本未販売です。
個人輸入代行業者を利用すれば、普通の通販と同じ感覚で商品を購入できて便利です。

定価4,800円ですが、初回限定2,900円で購入可能。
興味のある方はチェックしてみてください。

ストレスをためこまない

足汗はストレスで増えます。
ということは、心の状態を整えれば、汗を減らし足ムレを軽減できます。

ストレス解消の仕方にルールはありません。
自分なりに気分転換の方法を見つけてください。

どうしてもいいやり方がないという人は、一度「マインドフルネス」に挑戦を。

呼吸法とともに自分を客観的に見つめ直すマインドフルネス。
評判は上々で、テレビや雑誌でも取り上げられることが増えてきました。
ストレスを感じている方、うつ気味の方は試してみてはどうでしょうか。

靴下・ストッキングの対策

次に、靴下やストッキングでできる足ムレ対策を確認しましょう。

蒸れにくい素材を選ぶ

化繊の靴下が蒸れやすいことはすでにお話しました。
綿やシルク、ウールといった天然素材の靴下は汗を吸収し、蒸れにくいのでおすすめです。
綿100%だと汗の発散が悪い場合もあるので、天然素材だけを使った混紡製品もチェックしてみましょう。

5本指ソックスを履く

足先が5本に分かれているタイプの靴下もおすすめです。

足の指の間は汗が溜まりやすい部分です。
5本指ソックスを履けば、この部分の汗をうまくキャッチでき、蒸れにくくなります。
ストッキングにも5本指タイプのものがあります。

人前で靴下姿をさらす可能性のある人は、5本指ソックスに抵抗があるかもしれません。
そんな人は、ふつうの靴下のインナーとして履く5本指ソックスを利用しましょう。

替えの靴下を用意しておく

吸水性のよい靴下を履いていても、汗を吸い取れる量には限界があります。
足が蒸れやすい人は、ある程度汗をかいた時点でまめに靴下を交換するとよいでしょう。

靴の対策

最後に、靴の足ムレ対策方法をみていきましょう。

ローテーションさせる

1日履いた靴は、2~3日の間は湿気っています。
これが乾ききる前に同じ靴を履いてしまうと、元々ある湿気の分、足は蒸れやすくなります。
靴は最低でも3足は用意し、ローテーションを組んで履きまわしましょう。

中敷を使う

靴に中敷をしいておくのも有効です。
中敷が湿気を吸収し、靴自体への汚れや汗濡れが軽減できます。

洗えない靴の場合、中敷を交換すればある程度靴のなかをリフレッシュさせることもできて便利です。

中敷にはいろいろなタイプのものがありますが、吸湿性の高いタイプや消臭タイプのものがおすすめです。

よく乾燥させる

履き終わった靴はよく乾燥させましょう。

洗える靴なら定期的に洗ってから、十分に乾かします。
洗えない靴の場合、天然皮革など傷みやすい靴は日陰干しにして、その他は天日干しでよく乾燥させます。
シリカゲルのような乾燥材を靴に入れておくのもよいでしょう。

見落としがちですが、下駄箱にも湿気がたまりやすくなっています。
下駄箱の扉を少し開けたり、除湿剤を利用するなどして靴箱の湿気にも気を配りましょう。
下駄箱に湿気がたまると臭いが発生し、そのニオイが靴にも移ることになるので要注意です。

蒸れにくい靴を選ぶ

靴の素材選びも意外と重要です。

合成皮革の靴は、じつはとても蒸れます。
反対に天然皮革の靴は、皮膚と同じく目に見えない細かい穴がたくさん開いています。
そのため通気性に優れているのでおすすめです。

スニーカーを履けるときなら、メッシュ素材を利用したものが蒸れにくくてよいでしょう。

なお、「ゴアテックス」という素材に注目している人もいるかもしれません。
ゴアテックスは登山靴などによく利用されていて、防水性と透湿性の両方がある素材として有名です。

けれどこれはあくまで「防水モノのなかでは蒸れない」ということであって、ゴアテックスなら必ず蒸れないかというと、そうではありません。
また、正しいお手入れを怠ると、ゴアテックスは逆にすごく蒸れてしまいます。
(表面の撥水性が落ちると水の膜ができ、水蒸気を通さなくなります。)

購入の際はその点を理解しておきましょう。

足にピッタリあったサイズの靴を選ぶ

足蒸れが気になるからといってゆるめの靴を購入する人もいるかもしれません。
けれどこれは逆効果になりかねません。

ぶかぶかな靴だと、歩くとき、靴が脱げそうになったりしますよね?
そうすると足の変なところに力が入ったり、不自然な歩き方になります。
これがストレスになり、足の発汗量が増えてしまうのだとか。

きつ過ぎる靴も足痛などからストレスがかかりますので、同じことが言えます。

靴はできるだけジャストサイズの快適なものを選びましょう。

【靴のフィッティング時のチェックポイント】

  1. つま先に5ミリほどの余裕がありますか?
    この「捨て寸」がないと、歩いているときに靴のなかで足の逃げ場がなくなり、足痛につながります。
  2. 靴幅の最も広がっている部分は、親指の付け根にあっていますか?
    ここがきついと歩くたびに痛いですし、逆にゆるいと足が靴の中で踊って靴擦れになってしまいます。
  3. 小指の付け根部分はなだらかなカーブになっていますか?
    鋭角に当たる形だと、痛くなる可能性が高いです。

なお、おすすめしている天然皮革の靴は、はじめは多少窮屈だとしても、履いているうちに革がのび、足にフィットしてきます。
逆に合皮の靴はのびないので、ピッタリタイプだとあたって痛い部分が出るかもしれません。

靴は必ず試着し、店員さんにサイズを見てもらうようにしましょう。

会社では靴を履き替える

出勤して会社に着いたら、別の靴に履き替えるのもよい方法です。
このとき履き替える靴は、サンダルのように通気性がよいものがベターです。

サンダル履きNGの会社では、ちょっとした工夫が必要です。

デスクワーク作業の人は、見た目は普通のビジネスシューズやパンプスのもので、ちょっとゆるめのものを履くと、空気のとおり道ができ、蒸れにくくなります。

歩き回る作業のときは、先にお伝えしたように、ゆるい靴は逆にストレス性発汗が増えるためおすすめできません。
そういう方は、ジャストサイズの靴を何足か会社に置き靴しておき、一日のなかで蒸れてきたらローテーションしていけば多少蒸れは改善されるでしょう。
靴の置き場所がない人は、中敷だけでも交換していくという方法もあります。

足の臭いケアはどうすればいい?

足蒸れとセットで悩みになるのは、やはり足のニオイでしょう。
足臭対策はどうすればよいのでしょうか?

足はよく洗う

基本中の基本ですが、足はよく泡立てた石けんでていねいに洗いましょう。
指の間や爪の部分は特に念入りに洗うよう心がけます。

ただし、ゴシゴシと強くこすってしまうとその刺激でお肌が傷み、皮膚のバリア機能が崩れます。
結果、雑菌が繁殖してニオイが悪化するケースも。
しっかり洗うのと同時に、やさしく洗うようにも心がけましょう。

足を洗う前に湯船に浸かっておくと、足が適度にやわらなくなります。
こうすると汚れをやさしく、かつしっかり落とすことができますのでおすすめです。
シャワー派の人は、洗面器にしばらく足をつけておいてから洗いましょう。

爪のケアをしておく

お風呂に入っても足がクサい人は、足の皮膚にニオイ物質をため込んでしまっている人です。
足の臭いはいったん染みついてしまうと、ちょっと石鹸で洗ったくらいでは簡単には落ちません。
このタイプの人は、お風呂以外の足ケア方法を見直す必要があります。

ニオイ物質のたまりやすい箇所のひとつが爪垢です。
たまってしまった爪垢は、石鹸では取れません。
爪垢用のスティックを買ってお手入れするか、つまようじを使って爪垢をそぎ落としましょう。

足の爪はあまり伸ばさず、深爪しない程度に切っておくこともニオイ防止に役立ちます。

角質の手入れをする

足裏の分厚い角質も、ニオイ物質がたまりやすい場所です。
定期的にピーリングし、古くなった余分な角質は取り除いておきましょう。

注意点としては、軽石でこすり過ぎるとお肌を傷めやすい点。
軽石でなく、ピーリング剤を使った方が、ソフトに角質を取り除けるのでおすすめです。

重曹を使う

重曹を使うのも足臭ケアには有効です。

足臭の原因のひとつ、納豆臭の「イソ吉草酸」は酸性のニオイ物質。
重曹はアルカリ性ですので、これを中和して臭わない別の物質に変換できるのです。

重曹はソフトなピーリング剤としても使えますので、古い角質を落とすのにも重宝します。

重曹の使い方については『足の臭いを消す!「重曹」の気になる効果と使い方まとめ』をご覧ください。

ミョウバンを使う

ミョウバンも足臭対策に使えます。

足臭のツーンとする「アンモニア」系のニオイはアルカリ性。
ミョウバン水は酸性ですので、これと中和反応を起こし、消臭することができます。

ミョウバンにはおだやかな除菌効果もありますので、ニオイ菌の繁殖をおさえる意味でも有効です。

ミョウバンの使い方は『効果てきめん!ミョウバン足湯で足の臭いとサヨナラを!』をご確認ください。

靴や靴下に残った雑菌と臭いは徹底的に落とす

皮膚にニオイ物質が残るくらいですから、靴や靴下にも残ります。

ニオイ物質や雑菌は布地の奥に入り込み、さらに皮膚から分泌された皮脂でコーティングされます。
そうすると普通に洗濯しただけではなかなか落ちません。

洗濯直後はよくても、少しの発汗でニオイが発生するようなら、ニオイ物質や雑菌が残ってしまっています。
これを落とす工夫が必要です。

靴下の場合、通常の洗濯前に、60度程度のお湯につけこんだり、石鹸や台所用の中性洗剤で予洗いするとよいです。
これで皮脂コーティングをはがせ、雑菌やニオイ物質を効率的に落とすことが可能になります。

重曹水やミョウバン水につけこみ、軽く洗い流してから洗濯機に入れる方法もあります。
これでニオイ物質を中和することができます。

洗濯後、乾燥前に重曹やミョウバンをスプレーしてもおいても消臭効果がのぞめます。
ミョウバン水スプレーは、気になった時にいつでも気軽に足や靴下、靴にスプレーできます。

市販の消臭スプレーを利用する方法もあります。

【市販の強力消臭スプレー】

  • 「ヌーラ」
    イオンの力で気になる衣類をしっかり消臭。
    210ml入りで1,800円(税抜)。
  • 「デオッシュ」
    次亜塩素酸で衣類を強力消臭。
    200ml入りで1,300円。
    10日間返金保証制度アリ。

どのスプレーを使う場合も、使用後はよく乾かすようにしてください。

※注意:
重曹とミョウバンは、効果対象のニオイ物質が異なります。
また両方を混ぜ合わせると効果が弱くなりますので避けてください。

足ムレやニオイ解消のための「ひと手間」を惜しまないで!

足蒸れの解消方法からニオイの対策方法までみてきました。
ちょっとしたポイントをおさえてひと手間かけるだけで、ムレもニオイもかなり改善されます。
今回ご紹介した対処法を実践し、ぜひ悩み知らずの足を手に入れてください。

スポンサーリンク

Pick Up

足の臭いを消すクリームランキング!市販の対策グッズは効果があ…

【デリケートゾーンの臭いにおすすめ石鹸・ボディソープ15選】…

洗うだけでワキガが無臭!?脇の臭いケア石鹸・ボディソープラン…

関連記事

足が臭い!靴が脱げない臭さと病気の関係は?

靴まで臭い足のニオイ!足・靴下・靴の消臭で効果的な方法

足汗が気になる人の原因と6つの対策

【足の臭い対策】ブーツも革靴も怖くない!足の臭いを消す方法

もう座敷も怖くない!足の臭いの緊急対策には消臭スプレーを活用…

接客業や営業など立ちっぱなしの仕事の人必見!足のニオイ撃退方…