ニオイが気になる方におすすめ!ニオイや汗を抑える一押し商品

秋冬でも脇が臭い?脇臭の原因と対策マニュアル【完全版】

脇のニオイといえば、汗をかきやすい暑い季節のもの…と考えていませんか?

実は、秋口から真冬の涼しい季節になってニオイが悪化する、という人も多いんです!
その原因と、対策方法をご紹介します!

≫脇の臭い&ワキガ対策にも人気のデオドラントを今すぐ知りたい!

秋や冬でもワキが臭うのはなぜ?

あまり汗をかかないはずの秋冬にニオイが悪化するのはなぜでしょうか?

基礎代謝が上がって蒸れやすく…

d387298aaa9075d567bdbe6d08b6802f_s
涼しい季節になると、体温を一定に保つために体は熱を作ります。
つまり、基礎代謝が高くなるのです。

基礎代謝が高いと、少し動いたり、暖房の効いた部屋に移動しただけでじんわりと汗をかきます。

冬服は生地が分厚いので、熱や湿気がこもりやすく夏以上にムレやすいのです。

すると、雑菌も繁殖しやすくなりニオイも強くなりがち…。

さらに、涼しい季節は制汗剤やデオドラント剤をつけなくなるので、余計ににおいやすくなるのです。

運動不足

4b513440d63f48e9fef505d113bdd20f_s

秋冬はあまり体を動かさなくなる、という方も多いのでは?

汗をかく機会が減ると、全身に広がる汗腺の多くが休眠状態になります。
全身が汗をかきづらい状態になると、汗腺が強い脇の下や頭からの汗が増えます。

さらに、本来なら汗に出ないはずの老廃物も、汗腺が弱くなることで汗と一緒に出て行ってしまい、「におう汗」になってしまうのです。

※脇臭の原因に関してはこちらも参考にどうぞ:
>>『ワキガの原因を徹底リサーチ!遺伝?ストレス?』

脇の臭い対策方法【ラクラク対策編】

涼しい季節も脇のにおいは油断できない、ということがわかりましたね。
では、ここからは具体的な対策方法をご紹介します!

ワキガ用のデオドラントクリームを使う

83a20370f7c8fd6c0a95ae7b590edf8a_s

デオドラントグッズは数多く販売されていますが、ニオイレベルによっては効き目がまちまちなことも。

やっかいな秋冬の脇臭を防ぐには、デオドラント剤としてもっとも効率的なデオドラントクリームがオススメです。

消臭力がすごい!ワキガにも効く「クリアネオ」

秋冬の服は脱ぎづらく、デオドラントを塗りかえるのは難しいですよね?

その点でも、持続性があり、消臭成分が肌の上に留まりやすい“クリーム”タイプのデオドラント剤はとても便利。

中でも、おすすめなのが、ワキガのような独特な臭いにも負けないデオドラントクリーム「クリアネオ」です。

%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%a2%e3%83%8d%e3%82%aa5

クリアネオは、日本製の医薬部外品デオドラントクリーム。
クリアネオには、長時間にわたって菌の繁殖を防ぐ「イソプロピルメチルフェノール」が配合されています。

「柿渋エキス」「茶エキス」といった消臭成分も入っているので、すでに出てしまったニオイにも働きかけます。
制汗成分「パラフェノールスルホン酸亜鉛」が、必要以上に汗をかくのを防いでもくれます。

朝、着替える時に脇に塗れば、個人差はありますが夕方くらいまで効果が持続します。
ニオイが気になる方は、一度試してみてもいいのではないでしょうか。

≫クリアネオの公式サイトを見てみる

クリアネオの口コミをチェック!

脇の臭い対策方法【その他の方法】

ワキガクリーム以外では、どんな方法でニオイ対策できるのでしょうか?

2b95c8a3ab9c42db81cbb620ede41c72_s

年中汗をかくような人は、発汗量をおさえると効果的です。

発汗を防ぐものに、「塩化アルミニウム液」があります。
塩化アルミニウムは汗の出口である「汗口」を物理的に閉じます。
汗口にフタを作り、汗が外に出ないようにするのです。

塩化アルミニウムは多汗の治療にはよく使われ、皮膚科で処方されることも多いです。

使用方法は、夜塗って、朝になったら洗い流すかふき取ります。
これを繰り返していくと、汗口にじょじょにフタができてきます。
フタができあがったらしばらく塩化アルミニウムの塗布は中断し、お肌を休めます。

塩化アルミニウムは制汗効果は高いですが、かゆみや腫れなどの副作用が出る場合があります。

塩化アルミニウム液の市販品としては、「テノール液」や「オドレミン」などの商品が出回っていて、誰でも購入できます。
近年注目されている「デトランスα」は海外製品ですが、副作用をおさえる成分が入っているので手が出しやすくなっています。

石鹸で清潔にする

402b8c2a089450df20fa5f4ba62eca5e_s

脇の下は蒸れやすく、雑菌が繁殖しやすい場所です。
石鹸でワキの下を丁寧に洗うようにしましょう。

ただしゴシゴシと強く擦り過ぎるのは厳禁です。

過剰にこすると、お肌のバリア機能が崩れ、肌乾燥が進みます。
そうするとお肌を守ろうと、皮脂分泌が過剰に行われることになります。
皮脂は雑菌のエサですので、臭いがひどくなります。

ワキの下はよく泡立てた石鹸と柔らかい布でやさしく洗いましょう。

すすぎは十分に行います。
すすぎが不十分だと、石鹸カスをエサに細菌が繁殖することになります。

※参考:
>>『脇の臭いに効果アリ!おすすめ石鹸ランキング』

毛を剃って清潔にする

9004397c117179c398c9a78bdfd83217_s

体臭対策に清潔は欠かせません。
ワキの下は発汗量が多く、ワキ毛が生えていて、非常に蒸れやすくなっています。
ただでさえ細菌にとっては好環境であるところに、ワキ毛があるとその分体の表面積が増え、汗や皮脂汚れ、細菌類の居場所が増えてしまいます。

女性はもちろん、男性も可能であれば、ワキ毛を剃るか、短く切っておきましょう。

アロマ

448fe9d1a0e1771ecd74e23c283e15e7_s

アロマテラピーも体臭に効果があります。
汗をかいて臭いが気になってきたときに、デオドラントシートで体をぬぐうことがあるかと思います。
この市販品のシートの代わりに、アロマウォーターをひたしたティッシュでお肌をふけば、臭いを防ぐことができます。

作り方はカンタンです。
まず、アロマオイルと無水エタノール、お好みで精製水を用意します。
無水エタノール2mlに対し、アロマオイルを1~4滴たらし、そこへ精製水(用意していない場合は水道水)を18ml入れればアロマウォーターの完成です。

【おすすめのアロマオイル】

  • ゼラニウム:
    鎮静効果のある香りはもちろん、ゼラニウムには皮脂バランスを整えるはたらきがあります。
    脇のベタつきや皮脂の酸化臭をおさえます。
    自律神経や女性ホルモンも整えますので、これらの不調で多汗になっている場合には効果がみられます。
  • ラベンダー:
    ラベンダーは鎮静効果のある香りとして有名です。
    殺菌、消毒してくれますので、デオドラント効果がのぞめます。
    皮脂バランス調整効果もあり、皮脂の酸化臭を防ぎます。
  • ペパーミント:
    収れん作用がありますので、汗をおだやかにおさえます。
    抗菌作用があり、汗が臭くなるのを防いでくれます。

    すっきりしたメントールで冷却作用と精神的疲労に効果的です。
    仕事や勉強の気分転換に向いた香りです。

    余談ですが、ハエ、蚊、ゴキブリ、ネズミなど害虫、害獣忌避効果があるとも言われています。

以上、消臭に役立つアロマオイルをいくつかご紹介しましたが、基本的にはお好みで選んでいただいて構いません。

ただし、アロマオイルのなかには「光毒性」といって、お肌についた状態で紫外線にあたると皮膚ダメージを受けるものがあります。
光毒性のあるアロマはグレープフルーツ、レモン、ベルガモットなどです。
これらは日中の使用は避けるようにしましょう。

またアロマの芳香自体に、心を落ち着ける効果があります。
緊張しそうなときやストレスを感じるときに、鎮静効果のある香りや、自分の好きな香りを嗅げば、くつろぐことができます。
必要以上の精神性発汗につながらないですむので、汗臭さをおさえることができます。

外出先でアロマオイルをたくのは難しいですから、好きな香りを1~2滴たらしたハンカチを持ち歩くとよいでしょう。
アロマオイルを直接お肌に塗ってしまうと、刺激が強すぎて肌荒れしてしまいますのでやめましょう。

香水

82e5e08150d5864e8d84e311f49b3c35_s

体臭対策として古くから使われたきた手段として、香水があります。
香水は、自分の臭いをマスキングしてしまうものです。
香水の本場である海外では、香水に自分の体臭を混ぜ合わせて芳香を完成させる、と考えられています。

香水のマスキングはある程度有効ですが、ワキガなど体臭が濃い人の場合は注意が必要です。
ワキガ臭をごまかそうとして香水を使うと、濃い臭い同士がまじりあって、何とも言えないイヤなニオイになってしまいます。
汗臭いくらいのニオイには有効ですが、ワキガの人は香水だけで問題を解決しようとは間違っても思わないことです。

汗臭さにはシトラス系のさっぱりとした香りや、グリーン系の爽やかな香りが向いているでしょう。

重曹

%e9%87%8d%e6%9b%b9

重曹は、おそうじグッズとしても有名ですが、ニオイ対策にも古くから使われています。
重曹はアルカリ性ですので、皮膚の雑菌が出す酢酸や酪酸、イソ吉草酸などの酸性物質を中和し、ニオイをなくす効果があります。

濃度の目安は、小さじ1杯の重曹に対して水道水100ml程度です。
よく溶かして、スプレー容器などに移してからお肌に直接吹きかけましょう。

注意点としては、重曹がアルカリ性であることです。
アルカリ性は雑菌が繁殖しやすい環境ですので、ニオイが発生しやすくなります。
重曹使用後は、次にご紹介する「ミョウバン」を利用してお肌の状態を弱酸性に戻してあげましょう。

なお、重曹は衣類についたワキガなどの黄ジミを落とすのにも大変有効です。
黄ジミ部分に重曹水をよく吹きかけてしばらくつけておき、あとは通常の洗濯を行うだけで汚れがしっかり落ちます。

ミョウバン

%e7%84%bc%e3%81%8d%e3%83%9f%e3%83%a7%e3%82%a6%e3%83%90%e3%83%b3

ミョウバンも、古代ローマの時代から愛用されてきたデオドラントです。
制汗、収れん、デオドラント効果があります。

こちらは水に溶かすと弱酸性を示します。
アンモニアなどアルカリ性の臭い成分を中和することにより、ニオイを消すことができます。

弱酸性ではお肌に有益な皮膚常在菌以外の雑菌は生きられません。
雑菌が繁殖しないので、ニオイの発生をおさえられます。

ミョウバン水を作る目安は、50gの焼きミョウバンを水道水1.5リットルで溶かし、2~3日放置して完全に溶けたら、使う部位や症状に合わせてこれをさらに30~50倍程度に希釈します。
この希釈液をスプレー容器で吹き付けたり、原液をお風呂に入れてつかります。
※一度に薄いミョウバン液を作ろうとすると、一度溶けた結晶が再度出てくるなどして、液が安定しないようです。

%e9%bb%92%e9%85%a2

お酢もミョウバンと同じく、弱酸性です。
この力を利用して肌環境を整えましょう。

お酢は、入浴剤代わりにして利用しましょう。
湯船に対しておちょこ1~2杯分が適量です。

使うお酢の種類としては、クエン酸の多い醸造酢や黒酢が最適です。
お湯に溶け込んだクエン酸が開いた汗腺から吸収されると、乳酸の分泌をおさえてくれます。
乳酸量が減るとアンモニアもおさえられますので、より効率的にニオイをおさえてくれます。

お酢を直接飲むのも効果があります。
毎日大さじ1杯のお酢(黒酢やリンゴ酢が適しています)を飲みましょう。

衣類

8a0e7203c7e2be1420162993bdf682f2_s

汗がこもりやすく、蒸れやすい衣類は、雑菌の温床となってしまいます。
臭いを悪化させてしまうので避けましょう。

ポリエステルは水分がたまりやすく、一度染みついたニオイも取れにくい素材です。
冬場に着がちなヒートテック素材にもポリエステルが配合されていて、ワキガの人は特に臭いが悪目立ちしてしまうようですので、着用は控えましょう。

綿やシルクなど天然素材のものは、ニオイが出にくく、ニオイ成分も染み込みづらい素材なので、ワキガの人でも安心して着ることができます。

洋服の形状としては、ぴったりタイトなものより、ゆったりしたラインの方がムレにくいのでおすすめです。

汗をかいたら、ニオイが出るまえにマメに取り換えましょう。
脇汗パッドを使って、脇の部分だけこまめに取り換えるのも有効です。
洗濯の際にも、ニオイ成分をしっかり落とせるよう、消臭効果の高い洗剤や漂白剤を使いましょう。

食生活の見直し

2eeaa1d9f421041282953b5c4598babf_s

食生活を見直すのも臭いに効果的です。
具体的には、次のように対処しましょう。

ニオイを悪化させる食べ物は控える

体臭がキツくなる食品はなるべく摂らないようにしましょう。
具体的には、次の食事が該当します。

外食

外食はカロリーが高く、塩分や糖分が多く含まれます。
その割にビタミンは少ないので、過度に頼ると肥満の原因になります。
肥満が進むと体熱がこもりやすく、臭い汗をかきやすくなります。

肉食

動物性タンパク質は腸内で分解吸収する際に、アンモニア臭が出やすい性質があります。
また動物性脂質は皮脂の酸化臭につながりやすくなります。
肉類は発汗も促しますので、摂取する場合は適量におさえておきましょう。

香辛料が効いた物

香辛料が効いた食べ物は発汗を促します。
汗の量が増えるため、体臭がでやすくなります。

臭いの強い食材

ニンニクやニラなど、臭いのきつい食材の摂取もほどほどにしておきましょう。
臭いの成分は胃から腸に行って終わりではなく、血液とともに全身を巡回し、体臭として発散されます。

インスタント食品

インスタント食品に多く含まれる過酸化脂質は、腸内環境を悪化させる原因物質の1つです。
腸内環境が悪化すると便がなかなか排出されず、腸内で腐敗し、臭いが全身をめぐることになります。

アルコール

飲酒した際、分解しきれなかったアルコールは汗として排出されます。
体臭がアルコール臭くなることになります。

ニオイをおさえる食べ物を積極的にとる

次の食品はニオイをおさえる効果があります。
意識的に摂るよう心がけましょう。

抗酸化食品

抗酸化食品には、活性酸素除去作用があります。
活性酸素は体を外敵から守ってくれる大事なものですが、過剰に分泌され過ぎると、正常な細胞まで攻撃してしまいます。
これはつまり酸化することで、皮脂の酸化臭が発生しやすくなります。

抗酸化物質には、ビタミンE、ビタミンC、ビタミンB、カテキンや大豆イソフラボンなどのポリフェノール、リコピン、コエンザイムQ10、アスタキサンチンなどがあります。

アルカリ性食品

アルカリ性食品には、体内で乳酸が発生するのをおさえる働きがあります。
乳酸だけでも酸っぱい臭いがしますが、乳酸量が増えるとアンモニア量も相乗的に増えることが分かっています。
アンモニアの強烈な刺激臭を抑えることができれば、かなりの体臭改善効果が見込めます。

アルカリ性食品には、野菜、果物、大豆製品、海藻類、キノコ類が該当します。

腸内環境を整える食品

腸内環境が悪化すると、便が滞留して発酵し、臭いにつながります。
これを防ぐには、食物繊維やオリゴ糖、乳酸菌をとることです。
腸内の悪玉菌を減らして善玉菌を増やせば、腸内環境は整いますし、悪臭の原因物質を排泄すればニオイも抑えられます。

海藻には、アルギン酸という食物繊維の一種の他に、フコイダンという消臭成分も含まれます。
フコイダンは海藻類のぬるっとした部分に多く含まれ、硫化水素やアンモニアといった悪臭物質をくるんで体外に出す働きを持ちます。

サプリ

7950f04b0d98810bbf2d3c6fe3e56067_s

消臭効果のあるサプリメントをとることも臭い対策には有効です。
一般的に広く市販されているニオイ対策サプリのなかでは、がおすすめです。美容効果まであるローズや、腸内環境を整える効果のあるシャンピニオン

ニオイ対策サプリメントとしては、以下のものが話題になっているようです。

【消臭サプリの一例】

  • パクチーエナジーゴールド:
    沖縄産パクチーを主成分としています。
    体の酸化を鎮め、ニオイをおさえる効果があります。
    60粒入り(1ヶ月分)で通常価格2,806円(税抜)、初回限定価格1,899円(税抜)です。
  • えがおのゼロシュー:
    有名な消臭成分である柿渋エキスと茶カテキンを配合しています。
    これとトレハロースの脂肪酸酸化防止効果により、ニオイをおさえます。
    62粒入り(1ヶ月分)で通常価格2,500円(税抜)、定期購入価格2,150円(税抜)です。
  • 楽臭生活:
    腸内のニオイ物質を消臭するために、シャンピニオンエキスとデオアタック(コーヒーとゴボウ由来の成分)を配合しています。
    腸内環境を整える効果もあり、悪臭物質を体にため込まないでスムーズに排出し、ニオイをおさえます。
    90粒入り(1ヶ月分)で通常価格3,240円(税込)です。

漢方

26e3a9742266b4d2b9d97f573909a501_s

漢方薬には、発汗をおさえる効果があるものがあります。
汗が減れば、ムレや雑菌臭がおさえられます。

漢方薬は種類が豊富です。
素人判断できるものではないので、必ず専門家に相談してから購入するようにしましょう。

代表的な漢方薬を、特徴とともに簡単にご紹介しておきます。

【汗改善の漢方薬】

  • 防已黄耆湯(ぼういおうぎとう):
    色白で柔らかい筋肉をしていてむくみやすく、疲れやすい体質の方の、汗かき症状に効きます。
    水分代謝を整え、皮膚表面に停滞している水分を取り除き、尿として排出します。
  • 女神散(にょしんざん):
    体内の「めぐり」(水、血、気の3つ)に着目した薬です。
    女性特有の症状によく効きますが、男性にも使用できます。
    のぼせやめまい、不安感の解消、不眠症状の緩和、更年期障害や自律神経失調症にも効きます。
  • 柴胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつぼれいとう):
    体力が中等度以上で、緊張やストレスがかかったときにかく「精神性発汗」がひどい方向けです。
    不眠や精神的不安を改善します。
  • 桂枝加竜骨牡蠣湯(けいしかりゅうこつぼれいとう):
    体力が弱く、緊張やストレスからくる精神性発汗がひどい方向けです。
    不眠や神経症、神経過敏、興奮症状に効きます。
  • 桂枝加黄耆湯(けいしかおうぎとう):
    体力が弱く、自然に汗をかいてしまう方向けです。
    体の水のめぐりをよくし、解熱、交感神経鎮静により、発汗機能を整えます。
  • 柴胡桂枝乾姜湯 (さいこけいしかんきょうとう):
    体力があまりなく、イライラや不眠症状がある方向けです。
    緊張状態や神経のたかぶりを緩和して自律神経を整え、発汗をおさえます。
  • 黄連解毒湯(おうれんげどくとう):
    体力が中等度以上で、イライラやのぼせの症状がある方向けです。
    更年期障害を改善したり、自律神経を整え、発汗をおさえます。

ツボ

05037f565fd13151dc95fc2c16397de2_s

ニオイに役立つツボがあります。
ツボ押しは、ニオイが気になった時にするのではなく、日常的に習慣化しておき、気づいたら行うのがベストです。
どのツボも、数秒押して数秒離すという動作を何回か繰り返しましょう。

合谷(ごうこく)

合谷(ごうこく)は、手にあるツボで、万能のツボと呼ばれることがあります。
皮脂バランスを整える効果がありますので、ニオイの原因となる皮脂量を調整することができます。

神経過敏な状態を緩和する効果もあります。
発汗を司る交感神経が過敏になるのを防ぎますので、汗からくるニオイをおさえることができます。

合谷のツボは、手の甲の、親指と人差し指の付け根(人差し指寄り)にあります。

労宮(ろうきゅう)

労宮(ろうきゅう)は、鎮静のツボです。
緊張やストレスがかかったときにかく精神性発汗をおさえます。
精神性発汗は運動でかく「温熱性発汗」よりベタベタとした、ニオイやすいものである場合が多いので、ニオイ対策に有効です。

労宮のツボは、手のひらの真ん中にあります。

後谿(こけい)

後谿(こけい)にも鎮静効果がありますので、精神的な発汗からくるニオイに有効です。
ベタつく寝汗にも効きます。

後谿のツボは、小指の付け根にあります。

陰郄(いんげき)

陰郄(いんげき)は、余分な体熱の放出をうながすツボです。
熱が下がれば、その分汗をかかなくなりますので、ニオイがおさえられます。

陰郄のツボは、手首の付け根の部分の小指側にあるツボです。

運動で汗腺を鍛える

51e10d92ef29433889cab220405f54f1_s

ニオイが気になる人は運動して、逆にどんどん汗をかくようにしましょう。

運動不足になると、全身の大部分の汗腺機能が衰え、全身分の汗がワキなどの限られた部位に集中します。
汗腺1つ1つのはたらきも悪くなり、ベタベタしたニオイやすい汗になってしまいます。

汗腺は、訓練すれば元の機能を取り戻すことができます。

汗腺訓練の方法の1つに、適度に運動する方法があります。
体温が十分に上がる20~30分以上を目安に、ウォーキングやゆっくりとしたジョギングなど、軽めの有酸素運動を行うようにしましょう。

いきなりきつい筋トレなどを行うと、無酸素運動になってしまい、乳酸がたくさん分泌されてしまいます。
乳酸と同時にアンモニア量も増え、イヤなニオイにつながりますので、極力有酸素運動をメインで行うようにしましょう。

お風呂で汗腺を鍛える

c77158750a2943cb19e1e96cbf4c5437_s

今は年中問わず、入浴をシャワーですませてしまう人が多いと思います。
けれどニオイが気になる人こそ、きちんと湯船につかり、汗をしっかりとかいて汗腺トレーニングを行いましょう。

この時、より効率的に汗腺を訓練できるのは、「手湯・足湯」と「半身浴」です。

手湯・足湯

ヒジから先の部分とヒザから先の部分を、少し高めのお湯(43度くらい)に10分ほど浸します。
この部分は汗腺の予備力が最も高い部位です。
高温のお湯で刺激することにより、「いい汗をかく能力」が高まります。

手湯・足湯を行ったあとは、できれば次にご紹介する「半身浴」を行うようにしましょう。

手湯・足湯では高温のお湯を使うため、交感神経の働きを活発化してしまいます。
交感神経は自律神経という機能のうち、発汗や緊張を司る部分です。
就寝前にこれを行ったまま放置すると、なかなか寝付けないなどの問題が発生する場合があります。

半身浴

半身浴は38度くらいのぬるま湯に、下半身部分のみをゆっくりと浸す方法です。
この方法をとると、お湯につかっていない上半身からどんどん汗をかきます。
体温の上昇と発汗による体温低下を同時に行えますので、効率的に汗腺を鍛えられるのです。

半身浴では副交感神経を活性化させます。
副交感神経は、自律神経のうち、制汗やリラックスを司る神経です。
半身浴を行った後は、ぐっすりと眠ることができるでしょう。

体質にアプローチする長期計画+すぐ効くワキガクリームの合わせ技がベスト!

いかがでしたでしょうか。
ニオイ対策にはいろいろな方法があります。
気になったものがあったら、ぜひ試してみてください。

おすすめは、ワキガクリームなどカンタン手軽に使えるものと、食事療法や汗腺トレーニングなど長期間じっくり取り組むものとを組み合わせて対応していく方法です。

体質へのアプローチは理にかなっていますし、健康的でよいのですが、どうしても時間がかかります。
なかなか効果を感じられず、イライラがつのると、ストレス臭が出てしまう場合があります。
そこを手っ取り早く補ってあげる方法として、ワキガクリーム「クリアネオ」は非常に向いています。

クリアネオは若干お値段がはりますが、一時的なサポート役と思えば、なんとか費用をねん出していけるのではないでしょうか?
あまり根をつめすぎず、少し肩の力を抜いて、ラクできる部分はラクしてしまいましょう!

クリアネオの購入を検討する方はこちらから

この記事を読んで「もしかして自分はワキガなんじゃないか?」と不安になった方は、『【ワキガとは】においはうつるの?突然なる?定義と疑問について』で今すぐチェック!

スポンサーリンク

Pick Up

足の臭いを消すクリームランキング!市販の対策グッズは効果があ…

【デリケートゾーンの臭いにおすすめ石鹸・ボディソープ15選】…

洗うだけでワキガが無臭!?脇の臭いケア石鹸・ボディソープラン…

関連記事

女子の気になるニオイ対策に!クリアネオパールの効果とは?

ワキガやすそわきがに効果あり?クリアネオの正しい使い方講座

【クリアネオの口コミ】ワキガに効く?敏感肌は?使用者のリアル…

ワキガを強くするNG食事と改善する食べ物

「脇が臭い=ワキガ」ではない!ニオイの原因と5つの対処法

ワキガが治らない!?しっかり治す治療方法