ニオイが気になる方におすすめ!ニオイや汗を抑える一押し商品

中高年男性だけの問題じゃない!?女性にもある加齢臭の原因と対策まとめ

電車の中、仕事場、病院の待合室など…オジサンが近くにいる場面で、放たれるニオイに思わず「ウッ…」となったことはありませんか?
あの独特なツーンとしたニオイ、そう、加齢臭です。

加齢臭は中高年男性だけの話だと、他人事のように思っていませんか?
実は、同年代の女性にも大いに関係がある話なのです。

加齢臭を発生させる原因物質は、女性にもあるって知っていましたか?
しかも加齢臭は自分自身で気が付きにくいものなので、アラフォーになったら誰しもが意識すべき事なのです。

近くにいる人が「あれ、この人クサいな…」って思っていたらとても居たたまれないですよね。

そこで今回は、加齢臭の原因から対策方法まで説明しますので、「もしかして加齢臭?」と気になっている方はぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

女性も例外じゃない!?加齢臭の原因とは

そもそも加齢臭とは、ノネナールという物質から発生する、中高年特有のニオイのことを言います。

ノネナールは、皮脂腺の中にある脂質が活性酸素によって酸化した「過酸化脂質」と、脂肪酸の「パルミトオレイン酸」が結びついたときに生じます。

この成分は個人によって分泌量に差はありますが、決して男性だけが持っているわけではありません

加齢臭は男女問わず加齢で増加する

ノネナールは男女ともに若い頃には分泌されず、40代頃から分泌され始め60代からぐんと急増していく成分です。

男性は女性よりも皮脂量が多いため臭いが目立ちやすいですが、皮脂量は少量ですが女性も同じ原因物質をもっています

女性ホルモンの低下も加齢臭を増やす原因に

女性ホルモンには、皮脂分泌を抑える=加齢臭の原因であるノネナールの発生を抑える働きがあります。

しかし、女性ホルモンは35歳前後から減少し、更年期からは次第に男性ホルモンが増え続けます
その結果中高年になると、皮脂の分泌量が増え、加齢臭を発しやすくなってしまうのです。

そのニオイの実態は!?気になる加齢臭チェック

では、実際にあなたは加齢臭を発生させてしまってるのか…。
まずは簡単なチェックから、現実と向き合ってみましょう。

こんなニオイがしたらアウト!

チェック方法はカンタン。
「加齢臭が目立つ箇所にティッシュを押し当て、そのニオイを嗅ぐ」それだけです。

部位は加齢臭の出やすい頭皮、ワキ、背中、首の後ろなどが良いでしょう。
化粧品や香水などをつけていてわかりにくい場合は、頻繁に洗濯しない衣類、靴のニオイをチェックしてみてください。

そこで、こんなニオイがしてしまったら、アウトです。

  • ブルーチーズ
  • ロウソク
  • 古本
  • 酸化した油
  • お線香
  • 古い家の押入れ

加齢臭は「汗のニオイではない様な、ツーンとしたニオイ」がします。
女性の場合はブルーチーズみたいなニオイが多いようです。

チェックの結果はどうでしたか?

もし、当てはまらなかったとしても安心していられません。
生活習慣の乱れによって、これから加齢臭が出てくる可能性のある方もいるのです。

加齢臭予備軍の生活習慣

こんな生活習慣を送っていたら、立派な加齢臭予備軍です。

  • 肉類や揚げ物などをよく食べ、野菜はあまり食べない
  • お酒を毎晩飲む
  • 喫煙している
  • 不規則な生活を送り、睡眠不足ぎみ
  • ほとんど運動をしない
  • ストレスが多い

どうでしょう、心当たりはありませんか?
すでに加齢臭が出てしまった方も、予備軍の方も、ニオイをできるだけ軽減させるための対策をしておきましょう。

打倒加齢臭!対策3つ

では、加齢臭対策では具体的にどのようなことをすればいいのでしょうか。
大きく分けて「食生活」「バスタイム」「ホルモンバランス」からケアしていく事によって、効果が見込まれます。

まずは食生活から見ていきましょう。

食生活からケア

「加齢臭予備軍」のチェックにもあった通り、食生活は体のニオイに密接な関わりがあります。
食事に制限をかけすぎてそれがストレスになっては元も子もないので、始めやすいものから意識してみてくださいね。

大切にしたいポイントを5つお伝えします。

①動物性脂肪の摂取を控える

動物の肉類に含まれる「動物性脂肪」は消化不良になると脂質が皮脂の分泌量を増やすため、体臭を強くしてしまう原因にもなります。
そのため加齢臭を軽減させるには、肉類をできるだけ控えるのがオススメです。

また、洋食は動物性脂肪が含まれる料理が多いため、和食をメインにした食生活にするとより良いでしょう。

②食物繊維で善玉菌を増やそう

乱れた食生活を送っていると腸内細菌の悪玉菌が増え、ニオイ成分を発生させます
それが血液を通して体中に巡ると、加齢臭を強くする原因にもなるのです。

また悪玉菌は加齢によっても、どんどん数が増えてしまうので、悪玉菌を減らす作用がある食物繊維を意識的に摂取し、腸内環境を整える事が大切。

食物繊維には不溶性水溶性の二種類がありますが、どちらもバランスよく取るとなお良いです。

水溶性食物繊維を含む食材 わかめ/昆布/ごぼう/オクラ/アボカド/キウイ
/えのき茸/なめこ/押麦/納豆/さつまいも
不溶性食物繊維を含む食材 枝豆/ブロッコリー/アボカド/キウイ/キクラゲ/エリンギ
/とうもろこし/インゲン豆/納豆/こんにゃく/さつまいも

納豆アボカドごぼうキウイなど、水溶性・不溶性どちらも含む食品はいくつかありますので、効率よく摂取するならこれらがオススメです。

③植物性のイソフラボンで女性ホルモンの効果

前述の通り、女性ホルモンの減少によっても加齢臭は強くなります。
そこで、効果が期待できるのが女性ホルモンと同様の働きをする植物性のイソフラボン

植物性のイソフラボンは大豆に含まれており、摂取することで加齢臭の軽減に作用してくれます

植物性のイソフラボンを含む食材 味噌/醤油/納豆/おから/豆乳

大豆加工製品はいずれも和食に多く使われる食品なので、動物性脂肪も抑えやすいですね。

④添加物は活性酸素を増やすのでNG!

添加物は加齢臭の原因でもある活性酸素を増やすため、食品はできるだけ添加物が少ない物を選ぶようにしましょう。

そして、その活性酸素を中和してくれるのはポリフェノール、カロテノイドなどの抗酸化物質です。
免疫力アップ肌荒れにも効果があるとされています。

抗酸化物質を含む食材 ベリー類/赤ワイン/ゴマ/緑黄色野菜/そば/緑茶

色が鮮やかな食品に抗酸化物質が多く含まれている事が多いです。

⑤お酒は適量を心がけて

適量のお酒は問題ないのですが、飲み過ぎると加齢臭を強くする可能性があります。
それはアルコールを多く摂取した場合、肝臓で処理する時に加齢臭の原因でもある活性酸素を発生させてしまうからです。

活性酸素の発生を妨げる理想的な飲酒量は、アルコール血中濃度を0.1%に抑える程度
この量に値するお酒の量は、ビールは2本(約1300ml)ワインは2/3本(約450ml)くらいです。

お酒には制限が必要ですが、水分を摂ると老廃物を排泄しやすくするので、お茶・水などはむしろ積極的に摂ってください
中でも緑茶は、高い抗酸化作用が認められていますので、オススメです。

バスタイムのケア

今までは体内に摂り入れる食品からのケアについてご紹介しましたが、次は体の外からのケアについて説明します。
日常的なバスタイムの中でも、ニオイ対策で気を付けるべき部分がいくつかあるのです。

①1日1回のアミノ酸シャンプー

シャンプーは、髪の毛や頭皮の皮脂をしっかり落とすことが重要です。
ただし落とし過ぎると頭皮が乾燥し、皮脂が分泌しすぎてしまう原因にも。

そのため、シャンプーは必ず1日1回までにしてください。
それ以上洗いたい時は、お湯だけで汚れを落とすだけにしましょう。

使用するシャンプーは、髪や頭皮にやさしく不要な皮脂だけを落としてくれる、アミノ酸のものがオススメ。
今では市販の商品でも多くの種類がありますので、探してみてください。

洗髪後は、生乾きのままにすると雑菌の繁殖によってニオイが出る可能性があるため、髪の毛はきちんと乾かすようにしましょう。

また、「朝起きた後の加齢臭が気になる」という場合には、頭のみ朝洗うようにすれば、寝ている間に出た加齢臭は気にせず済みますよ。

②殺菌、デオドラント効果のあるボディソープや石鹸を使用

体を洗う時は、抗菌・殺菌作用のあるボディソープや石鹸を使用しましょう。
表示成分に以下が含まれているものはノネナールを抑える効果が期待できます。

柿渋エキス(柿タンニン) 抗菌、殺菌、消臭、抗酸化作用
ポリフェノール 消臭、抗酸化作用
ミョウバン 消臭、制汗
消臭(天然素材のため肌に優しい)
銀イオン 抗菌、防臭(体臭以外にも効果あり)

上記の中でも「やさしい洗浄成分」「保湿成分配合」「無添加に近い」商品を選んでください。

ホルモンバランスを整える

女性は更年期から、女性ホルモンが少なくなり男性ホルモンが多くなっていきます。
また、ストレスによって男性ホルモンが増加してしまう事もあります。

こういったホルモンの変化によって皮脂の分泌量が増えてしまえば、女性でも早かれ遅かれ加齢臭に悩まされるのは当然の事。

そこで、ホルモンバランスを整えるところからニオイ対策をしていきましょう。

①しっかり睡眠を取ろう

睡眠中は体の中でホルモンを分泌し、新陳代謝を行っています。
その時、毒素や老廃物の排出を促し、体をリセットしてくれます。

ですが、もし睡眠不足だとうまくリセットが出来なくなり、毒素や老廃物が溜まったままになるため体の中からニオイを発しやすくなるのです。

しかも、自律神経にも影響をきたすので、ニオイの原因にもなる皮脂の過剰分泌が促進されてしまいます。
このリセット機能を充分に働かせるためには、7時間の睡眠が必要です。

また、睡眠前はメラトニンという抗酸化作用のあるホルモンが分泌されています。
このメラトニンホルモンが最も分泌される時間帯は22時~2時の間です。

そのため、22時~2時の間から、7時間の睡眠をとることが大切になります。
決められた時間に睡眠を取り、体に備わっている機能を充分に発揮させましょう。

②恋愛をする(妄想でもOK)

パートナーがいる方はその方に、いない方は俳優、アイドル、映画、漫画…など妄想でも構いません。
とにかくときめきやドキドキすると言った感情が、4つもの女性ホルモンを多量に分泌させます。

体臭予防になることはもちろん、他にもそれぞれウレシイ効果が見込まれます。

エストロゲン 自律神経を整える/肌のうるおいを保つ/記憶・認知などの脳の働きを保つ
PEA 動脈硬化の改善/花粉やアトピーの改善/中性脂肪を減らす
ドーパミン 集中力を高める/身体機能を高める/運動や学習への行動を促す
オキシトシン 不安や恐怖を減らす/社交的になる/食べ過ぎを防ぐ

お金をかけなくてもできる事なので、どんどんときめいていきましょう!

③運動をする

睡眠と同様に、運動でも自律神経の働きを活性化させることができます。
なかでも、30分程度のウォーキングや、ジョギング等の有酸素運動が効果的です。

とはいえ、忙しくて運動する時間が取れない、という方も多いハズ。
そんな方は、日常的にできるこんなカンタンな運動でも大丈夫です。

軽いストレッチ トイレに行った時などに伸びたり、ウエストをひねったりして体を動かす
足指じゃんけん 椅子に座った時に靴を脱ぎ、足の指でグー、チョキ、パーを繰り返す
その場マラソン 立っている時にその場で足踏みする
ながら運動 歯磨きをしながらスクワット、通勤電車の中でつま先立ち

できる範囲の運動から、少しずつ始めていきましょう。

加齢臭予防で健康な身体づくりを

基本的に、加齢臭は男性よりも女性の方が少ないとされています。
しかし、現代のストレス社会では「女性のオス化」が進んでいる傾向もあります。

「私はまだ大丈夫かな」と思っている方でも、加齢臭には十分気を付ける必要があることは間違いありません。

また、今回紹介した加齢臭対策はアンチエイジング対策健康維持としても効果的です。
生活習慣をしっかりと見直して、若々しく健康な体を維持することは、あなたの人生を豊かにしてくれるでしょう。

今のうちから身体のケアに気を遣って、加齢やニオイの悩みとは無縁のハッピーライフを目指していきましょう!

スポンサーリンク

Pick Up

足の臭いを消すクリームランキング!市販の対策グッズは効果があ…

【デリケートゾーンの臭いにおすすめ石鹸・ボディソープ15選】…

洗うだけでワキガが無臭!?脇の臭いケア石鹸・ボディソープラン…

関連記事

夏の汗ニオイ対策に!クリアネオボディソープの効果って?

他人ごとではなくて自分事!今から始める加齢臭対策7つの方法