デリケートゾーンの臭いは肌に優しい成分で消臭!おすすめスプレー3選

デリケートゾーンから

「鼻につく鉄臭さ」
「生臭さや、ねぎのような臭い」

これらのニオイに悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

特に部位が部位なだけに、友だち同士でもなかなか気軽に相談にできませんよね。

そんな悩みの対策方法のひとつとして、デリケートゾーン専用のスプレーがとっても便利です。

デリケートゾーンは粘膜に近く、皮膚がとても敏感です。

しっかりと消臭できることも大切ですが、肌へ負担の少ないものを選びたいですよね。

今回はデリケートゾーン専用の消臭スプレーの中でも厳選した3つをご紹介します。

>>今すぐ「専用スプレーランキング」をチェック!

専用スプレー選びのポイント3つ


デリケートゾーン専用スプレーは陰部の匂いや生理中の不快なムレを軽減します。

生理中の肌ケアはもちろん、エチケットとして持ち歩く人も少なくありません。

使い方は簡単で、下着につけたり、直接デリケートゾーンにふきかけるだけです。

【デリケートゾーン専用スプレー選びのポイント3つ】

  • 消臭、清浄力のあるもの
  • 肌に安心の成分
  • 外出先でも手軽に使えるサイズ

それぞれ詳しくみていきましょう。

1.消臭、清浄力のあるもの

デリケートゾーン専用スプレーはまず、消臭力があり、清浄効果のあるものを選びましょう。

気になる匂いをしっかり消してくれることはもちろん、ふき取ることで清潔に保てます。

清浄効果は、かゆみを一時的に軽減する効果もあります。

デリケートゾーンの匂いのもとは繁殖した雑菌と、生理中の血液や汗、尿などの分泌物によるものです。

匂いを防ぐためには陰部をいつも清潔に保つことが大切です。

2.肌に安心の成分

デリケートゾーンは女性器の粘膜があり、その周辺の皮膚はとても薄く敏感です。

しっかりと臭いを消す効果も必要ですが、敏感な肌にも安全に使える成分かどうかを確認しましょう。

肌に合わない成分のスプレーを使ってしまうと、デリケートゾーンが荒れるだけでなく、より臭いがきつくなる可能性もあります。

3.外出先でも手軽に使えるサイズ

ポーチなどに入れられてトイレでさっと取り出せる携帯サイズを選びましょう。

本来は匂いやかゆみが気になるときは、お風呂で丁寧に洗浄することが必要です。

ただ、学校や仕事に行っている間は難しいですよね。
そんなときの応急処置として、デリケートゾーン専用スプレーを使用しましょう。

1つは持っておきたい!消臭スプレーランキングTOP3

デリケートゾーンの臭いに気付いたらすぐにでも対処しておきたいもの。

いつでも安心して過ごせるよう、おすすめの3つから自分に合うものを見つけましょう。

第1位:インナーブラン


>>インナーブラン公式サイト<<

注目成分!薬用有効成分 ・低刺激のイソプロピルメチルフェノール(悪臭成分に対しての消臭)
・6種類のジャムウ成分(消臭成分・お肌を守る)
天然成分 パラベン・紫外線吸収剤・酸化防止剤・シリコン・鉱物油・合成着色料・サルフェート
お肌への優しさ ◎:7つの無添加
価格 通常9,800円➔ 定期購入4,900円(コンビニ後払い)+送料・手数料無料
※1回でも休止OK
返金保証 90日間全額返金保証
公式HP インナーブラン公式HP

インナーブランは24時間99%の消臭効果が実証されているイソプロピルメチルフェノールを配合。

さらに、消臭効果だけでなく、お肌を守る成分や7つの無添加成分も配合されているので、デリケートゾーンへの刺激が気になる方でも安心して使えます。

スプレータイプなので、持ち運びも可能で、気になった時に一吹きするだけでニオイのケアが可能!

また、国内で製造されていることや、90日間の全額返金保証がついているのことや、定期コースでも1回で休止OKというのも人気のポイントです。

試してみる場合、返金保証期間、無添加成分の数、解約までの回数で考えても、2位のイビサデオドラントよりも断然お得です!

インナーブランの公式サイトを見る

第2位:イビサデオドラント


>>イビサデオドラント公式サイト<<

注目成分!薬用有効成分 ・パラフェノールスルホン酸亜鉛(汗を抑える)
・シメン-5-オール(菌の増殖を抑える)
天然成分 柿タンニン、ワレモコウ、シャクヤクエキス、アーティチョークエキス、チャエキス、チンピエキス
お肌への優しさ ◎:5つの無添加
価格 通常5,800円➔ 定期購入3,970円(コンビニ後払い)➔ 3,470円(クレジットカード決済)+送料無料
※効果を実感できるよう最低2回以上の継続
返金保証 28日間返金保証
公式HP イビサデオドラント公式HP

イビサデオドラントは、顧客満足度96.7%を誇るデリケートゾーン専用の医薬部外品(厚生労働省の認めた有効成分配合商品)です。

年間12,000人以上のデリケートゾーンを施術する、人気No.1サロンが開発しました。
つまり、その道のプロが研究を重ねて誕生させた本格的な商品です。

ミストタイプだけでなく、クリームやソープも存在しており、シリーズ累計で100,000個突破するなど、デリケートゾーンのニオイで悩む女性に人気があります。

イビサデオドラントは、サラサラのミストで生理中でも簡単にケアが可能です。

また、パラフェノールスルホン酸亜鉛とシメン-5-オールの2つの薬用有効成分と6つのジャムウ成分が根本から臭いを抑えてくれます。

5つの無添加でお肌にも優しい!

イビサデオドラントの公式サイトを見る

第3位:ラブフル


>>ラブフル公式サイト<<

注目成分!鉱物成分含有水 ・天照石(皮膚トラブルを防ぐ)
・麦飯石(雑菌を吸着除去)
美容成分 シリカ、ポリ-ε-リジン、加水分解コラーゲン
お肌への優しさ ◎:優しい天然成分のみ配合
価格 通常4,800円➔ 定期購入キャンペーン中初回500円
※効果を実感できるよう最低4回以上の継続
返金保証 11日間返金保証
公式HP ラブフル公式HP

ラブフルは、デリケートゾーンのケアに悩む女性のために心強い商品です。
優しい天然成分のみ配合、さらに美容成分も含まれているのでエイジングケアにもおすすめです。

そしてなにより、今ならキャンペン中なので初回500円で試すことができます!

効果に満足ができなかった場合、使用後でも返品が可能なので安心ですね。

また、中身がわからないように包装してくれているので、誰にもバレることなくゲットできます。

ラブフルの公式サイトを見る

市販で購入できる商品はある?安全性や効果は?

ここまで、通販で購入できるデリケートゾーン向けスプレーについて紹介してきました。

実は、デリケートゾーンに使えるスプレーは市販で購入できるものもあります。
しかし通販の商品に比べると、商品数も少なく、肌への有効成分や消臭効果が期待できるものはあまりありません。

市販のスプレーのなかでも消臭効果があるものを紹介します。

サマーズイブ フェミニンフレッシュネススプレー 56.7g

サマーズイブ フェミニンフレッシュネススプレー 56.7g

注目成分! コーンスターチ(水分を吸収)
ベーキングパウダー(消臭)
特長成分 Neutresse®(独自の臭いのもとを閉じ込める香料成分)
ビタミンE(保湿成分)
お肌への優しさ △:お肌が弱い方には向かないラウレス硫酸アンモニウムという強めの洗浄成分配合
価格 918円
返金保証 なし
公式HP サマーズイブ公式HP

サマーズイブは、水分を吸収するコーンスターチと、消臭してくれるベーキングパウダーが主成分で、サラサラな仕上が期待できる商品です。

独自の香料成分Neutresse®がニオイを抑えてくれます。

ほのかにフローラルの香りがするので、フレッシュな気分に。

日本製品ではなく、米国から生まれた商品で、10代からシニアまで世界中の幅広い年齢層の女性に支持されています。

ただし、お肌が弱い方にとっては強めの洗浄成分が含まれているので、注意して使うようにしましょう。

1位の「インナーブラン」の魅力は、配合成分とコスパ!

紹介した中で、1番本格的なニオイケアをしたい方におすすめなのは、インナーブランです。

理由としては、配合成分とコスパのよさが挙げられます。

ニオイを抑える薬用有効成分+ジャムウ成分配合&無添加

デリケートゾーンのニオイを消すためには、ニオイの原因である汗と菌をどうにかする必要があります。

インナーブランは、菌の増殖を抑える有効成分が7種類も配合されています。

そのため、より本格的にニオイケアが可能です。

デリケートゾーンのニオイに有効な薬用成分やジャムウ成分が含まれている点では2位のイビサデオドラントも同様となります。

ただ、イビサデオドラントは制汗成分が入っているため、汗が気になる方にはこちらがおすすめです。

一方、美容成分シリカが多く配合された3位の「ラブフル」は、エイジングケアをしたい方にとくにおすすめします。

根本的なニオイケアができて、コスパがいい

3位のラブフルの初回料金は500円と、とても魅力的な価格ですよね!

ただ、4回の継続購入がひつようとなるため、効果に不安のあるかたはインナーブランがいいでしょう。

インナーブランなら90日間の全額返金保証がついてるため、もし効果を実感しなければすぐに解約・返金ができます!

一度ためしてみてはいかがでしょうか。

1位をcheck!!
インナーブランの詳細を見る

デリケートゾーンの匂い対策に生活習慣改善


デリケートゾーンの匂いの解決策はひとつではありません。

肌を清潔に保つケアに加えて生活習慣の見直しも行う必要があります

食生活はバランスが大切

デリケートゾーンの匂いには食生活も大きく関係します。

肉や油ものは全身のニオイの原因に

肉類、揚げ物やスナック菓子に含まれる油分や脂肪分は皮脂の臭いを強くします。

また、動物性たんぱく質の取り過ぎは腸内環境が悪化し、悪臭成分が作られます。
腸内で作られた悪臭成分は、血液に溶けだし、皮脂として全身の毛穴からニオイを放ちます。

脂肪分の多い食事を繰り返していると、デリケートゾーンだけでなく体臭ごと悪臭になってしまうのです。

野菜もバランスよく摂って悪臭抑制

野菜に含まれる食物繊維は腸内環境を整え、悪臭成分の生成を防ぎます。

特に、ニンジン、ブロッコリー、トマトなどは体内に取り込まれた脂肪の酸化を抑えて、悪臭を抑制します。

アルコールとタバコは体の中からにおう!

アルコールとタバコも体の内側から悪臭を作り出す原因です。

アルコールは量に注意!

大量のアルコール摂取は内臓に負担をかけてしまうため、腸内環境が悪化し、臭いの元である悪玉菌を処理できなくなります

逆に、適量のアルコールは悪臭予防効果もあるので、節度をもって楽しむとメリットがあるものです。

タバコそのものが悪臭成分のかたまり!

タバコに含まれるニコチンは脳に働きかけ、汗をかきやすくなります。
発汗から肌表面で雑菌が繁殖しやすくなり、ニオイにつながります。

また、タバコにはさまざまな悪臭成分が含まれています。
タバコを吸うほどに悪臭成分が体内に取り込まれてしまいます。

デリケートゾーンの洗い方

デリケートゾーンは日頃正しい方法で洗浄することで、においを予防できます。

デリケートゾーンは専用の石鹸をよく泡立ててやさしく洗いましょう。
泡と指の腹を使って粘膜まわりなど外陰部を洗うことで、溜まりがちな恥垢を落とし清潔にできます。

ゴシゴシと力を入れて洗ったり、洗いすぎは逆にニオイを発生させる原因となってしまいます。
やさしく丁寧に、刺激を与えないことに注意してください。

デリケートゾーン消臭スプレーに加え、デリケートゾーン専用ソープを賢く利用すると、より効果が期待できます。

合わせて読みたい!

改善が見られないときは専門医へ

脇から強い悪臭を放つワキガは、アポクリン腺から出る汗や分泌物が酸化することが原因と言われています。

アポクリン腺の有無や匂いの強さには遺伝などの体質によって個人差があります。

デリケートゾーンにもそのアポクリン腺が存在します。
デリケートゾーンの場合は「すそわきが」と言い、改善には病院での治療または手術が必要です。

まずはすそわきがセルフチェック

心配な人は、すそわきがかどうかチェック項目をみてみましょう。

1.黄色いシミが下着やナプキンにつくようになった
2.デリケートゾーンの毛が濃い
3.耳たぶや乳首からにおいがする
4.耳掃除をすると湿った耳垢が出る
5.家族や親族がわきが体質
6.恋人や配偶者ににおいを指摘された

当てはまる項目が多くなるほど、すそわきがの可能性は高いといえます。

ただし、あくまで簡単なチェックなので、必ず専門医に診断してもらってください。

婦人科系の病気の可能性も

また、匂いの原因はすそわきがだけでなく、婦人科系の病気の可能性もあります。

気になる人は、産婦人科へ相談しましょう。

においの原因となる婦人科系の病気

デリケートゾーンのにおいを発生させる原因となる代表的な病気が7つあります。

  • 子宮頸がん
  • 子宮内膜症
  • 淋病
  • 細菌性膣炎
  • トリコモナス膣炎
  • カンジダ膣炎
  • クラミジア

婦人科系の病気と言ってもその原因は、性行為に限らず、体調や年齢によるものもあります。

体調不良や加齢によって免疫力が低下していることで、雑菌が繁殖し、一時的に匂いが強くなることがあります。
更年期の女性の悩みでも加齢臭はデリケートゾーンでも発生します。

デリケートゾーンのにおいの原因はさまざまあるため、病院で医師の判断を仰ぎましょう

完治まで診察と治療はしっかり続けて

薬で治せるものもありますが、完治までには時間がかかります。
医師の指示に従ってしっかりと治しましょう。

▼それぞれの詳しい症状などはこちらをご覧ください。

専用スプレーで外出先でも安心に!

デリケートゾーンの匂いはその時期の体調や習慣が原因で強くなることがあります。

匂いが気になる時期にサイクルがあれば体調を見て、デリケートゾーン専用の消臭スプレーを1つ持っておきましょう。
外出先でも黄になった時に周りに気付かれずに対処できると思うと安心ですよね。

なかなか相談しにくい悩みでもありますが、しっかりと対策をすれば改善は可能です。

なかなかにおいが改善されない時は裾ワキガのほかに婦人科系の病気の可能性もあるので、早めに診察を受けましょう。

インナーブラン公式サイト

スポンサーリンク

Pick Up

【市販・通販で買える19商品】効果で選ぶ制汗剤おすすめランキ…

酷い顔汗を止める!薬や病院に頼らずメイク落ちしない簡単な顔汗…

【デリケートゾーンの処理方法まとめ】チクチクしない毛の長さ・…

関連記事

デリケートゾーンのできもの・ニキビは病気?病院や市販薬での治…

デリケートゾーン用シート・ウエットティッシュのおすすめ5選!…

デリケートゾーンが乾燥する原因は?かゆみの対策方法や保湿クリ…

デリケートゾーンのにおいケア!専用クリームおすすめランキング

急にすそわきがになることってある?何が原因?対処法は?

男性でもすそわきがになる?場所はどこが臭う?原因と対策まとめ