【デリケートゾーンの処理方法まとめ】チクチクしない毛の長さ・剃り方とは?

日本でも、デリケートゾーンを処理している人は増えてきています。

しかし実際は、
「処理後にチクチクやかゆみはどう対処したらいいの?」
「Vラインはどんな形や長さがキレイに見えるの?」
「Iラインはどうやって処理すればいいの?」

など、人に聞きにくいことだからこそ、疑問も多いですよね。

そこで、この記事ではアンダーヘアを処理するメリットや、自己処理の仕方、キレイに処理する方法などについて解説します。

デリケートゾーンの自己処理は意外と面倒

それでは、自宅で簡単にできるデリケートゾーンの処理方法を紹介します。

自己処理は肌ダメージが大きいので、黒ずみや埋没毛の原因になります。

このような肌トラブルをおこさないために、しっかりとデリケートゾーン処理方法を理解しておきましょう。

(1)デリケートゾーンを清潔にする

まずはデリケートゾーンを綺麗にしましょう。
清潔に保ちたいなら、デリケートゾーン用石鹸を使用するとより良いです。

デリケートゾーンには奥に粘膜があり、通常の洗浄力が強いアルカリ性石鹸は刺激が強く、粘膜を傷めてしまう可能性があります。

デリケートゾーン用石鹸は弱酸性で、粘膜を傷めないようになっています。

デリケートゾーンにおすすめの石鹸が知りたい方は以下で紹介しています。
ニオイやかゆみ予防にもなります。

(2)皮膚とアンダーヘアを温める

ダメージを軽減させるために皮膚とアンダーヘアを温め、柔らかくします。

蒸しタオルを5分ほど当てることで、皮膚とアンダーヘアのどちらも柔らかくなります。

ただし、入浴時の自己処理はあまりオススメできません。

入浴中はその湿度と温度が充分に高い環境のため、どうしても雑菌が入り込みやすいです。

入浴中の自己処理は避け、風呂から上がった直後によく水分を拭き取ってから処理しましょう。

(3)ヒートカッターでアンダーヘアの長さ・毛量を整える

アンダーヘアが長いままの状態では、処理が難しいだけでなく、デザインしづらくなります。

まずは、全体的にアンダーヘアの長さをヒートカッターで短く整えましょう。
長さの目安は、1~2センチです。

ヒートカッターは熱線で毛先を丸く焼き切るため、処理後にチクチクを感じづらい特徴があります。

(4)電気シェーバーでいらない部分の毛を剃る

次に、ショーツや水着からはみ出してしまう部分や、デザインするうえで不要な部分を、ざっくりと剃っていきます。

剃る時にはカミソリではなく、より肌への負担が少ない電気シェーバーで剃るのがおすすめです。

なるべく皮膚がたるんだ状態にならないように、軽くのばしながらシェービングします。

この時に理想の形の型紙をあてて、はみ出た範囲の毛を処理するとデザインしやすいです。

(5)アフターケアに保湿をする

デリケートゾーンの処理後は、肌が敏感になっているので必ず保湿をしましょう。

デリケートゾーンは、もともと水分を保持する力が弱く、乾燥しやすい部分です。
そのため、デリケートゾーン専用のクリームや美容液がオススメです。

専用クリームや美容液は、保湿成分のほかに、黒ずみケアによい成分が含まれています。
また、殺菌成分をふくむクリームがあり、保湿をしつつデリケートゾーンを清潔に保てます。

たった90円!!Vラインだけでも脱毛するのがおすすめ

上で紹介したように、毎日の自己処理をしっかりやろうとすると意外と面倒というのが分かったかと思います。

そこでオススメなのがVラインの脱毛です。

脱毛サロンでは様々なキャンペーンを行っており、Vラインだけならたった90円で完全に脱毛できちゃうんです。

仕上がりも自己処理よりずっと綺麗になりますよ。

Vライン脱毛ならミュゼがおすすめ

>>ミュゼの公式サイトを見てみる<<

  • 90円でVラインの脱毛が無制限に通える!
  • 脇の無制限脱毛キャンペーン付き
  • 当日キャンセルが無料のサロンだから生理の時でも安心!
  • 勧誘がないサロンで口コミでも高評価のサロン

ミュゼは今月限定90円でVライン脱毛が無制限にできるキャンペーンを実施中!

このキャンペーンは脇も一緒に無制限に脱毛ができるキャンペーンです。

もちろん、追加料金なしで通えます!

高いイメージの脱毛サロンですが、Vラインのみでしたらカミソリよりも安い料金で脱毛ができます!

ミュゼのキャンペーンを確認する

他サロンと比較してもvio脱毛するなら通常もキャンペーンもミュゼ♪

本当にミュゼがお得なのか、他サロンとも比較しました!

サロン名 ミュゼ・プラチナム ディオーネ TBC
>>詳細はこちら >>詳細はこちら >>詳細はこちら
キャンペーン Vライン
90円/無制限
VIO脱毛
5,400円/1回
VIO5脱毛
6,000円/2回
vio通常料金 38,880円/6回 77,760円/6回 56,100/6回
当日キャンセル 罰金・回数消化
なし
1回分消化 キャンセル料
3,000円

他サロンではvioをすべて脱毛できるキャンペーンもあります。

しかし、他サロンでできるのは1回や2回のみの体験です。

ミュゼのVラインキャンペーンは無制限なので、納得いくまで通う事できます。

たった90円なので、自己処理派の人もVラインだけでも脱毛するのがお得です…!

しかも、ミュゼはioの脱毛を一緒にするとしても、どこよりも安いです!

Vラインの脱毛をして、ioも脱毛したくなったとしても、ミュゼなら安心です♪

ミュゼのキャンペーンを確認する

デリケートゾーンの処理で参考にしたい、人気の形は?

I・Oライン部分のアンダーヘアはすべて処理するのが一般的です。
しかし、Vラインは、様々な形があります。

ここで、男女に人気の高いVラインのデザインを5つ紹介します。

  • 逆三角形:自然な仕上がりで、男女両方に好まれるデザイン
  • たまご型:丸みがあり女性らしいデザイン
  • I型(長方形型):下着や水着におさまりやすい面積が小さなデザイン
  • ハイジーナ(ツルツル):無毛状態(ツルツル)にするデザイン
  • セミハイジーナ:限りなくツルツルに近いくらいヘアを減らしたデザイン

自然な形でアンダーヘアを整えたい場合は、逆三角形のデザインが人気です。

また、ハイジーナほどツルツルにするのではなく、全体的に毛を薄く残すセミハイジーナが男性のあいだで人気のデザインです。

デリケートゾーン処理がオススメな理由3つ

海外のアンダーヘア事情では、処理することは「当然のマナー」で、ジャングル状態のアンダーヘアはあまり好まれません。

それはなぜなのか、デリケートゾーンを処理したほうがよい3つの理由を解説します。

臭いの発生を防げる

デリケートゾーンのヘアが生えていると、汗や経血やおりものといった分泌物がこびりついて取れにくくにくくなってしまいます。
その結果、ムレて雑菌が繁殖し、デリケートゾーンのにおいの原因になるのです。

毛をしっかり処理していれば、汗や汚れを逃がしやすくなり、陰部のにおいを軽減できます。

清潔を保ち、肌トラブルを防ぐ

デリケートゾーンを処理しない状態は、雑菌が繁殖しやすく不衛生な環境です。

毛を処理することで、雑菌やカビの繁殖による肌トラブルも起こりにくくなります。

陰部を清潔に保つために、デリケートゾーンは処理したほうがよいのです。

男性に好まれる

日本では一般的に、しっかりとデザインされたアンダーヘアより、自然な形を好む男性のほうが多くいます。
とはいえ、男性に好まれる自然なヘアは、まったく手入れをしていない状態で生まれるものではありません。

実は、男性のほとんどは、パートナーのアンダーヘアを意識して見ています。

なるべくアンダーヘアをデザインせず、自然な形のままにしておきたい人でも、ショーツからムダ毛がはみださないように、全体の長さを整える必要があります。

デリケートゾーンの自己処理を生活に取り入れよう

デリケートゾーンの処理について解説してきましたが、いかがでしたか?
アンダーヘアを整えるのは、美意識に限らず、衛生面からとても大切なことです。

まさに今、陰部の臭いやかゆみといったトラブルに悩まされている場合は、アンダーヘアを処理するだけで症状が軽減できるかもしれません。

自己処理の方法はさまざまで、なるべく肌の負担にならないものを選びましょう。
また、処理後の保湿は、トラブルを避けるために忘れずおこなってください。
男性の多くは、パートナーである女性のアンダーヘアを意識してみているものです。

しっかりデザインした整え方に抵抗がある場合は、自然な逆三角形に毛量を調節してみてください。

Pick Up

【市販・通販で買える19商品】効果で選ぶ制汗剤おすすめランキ…

酷い顔汗を止める!薬や病院に頼らずメイク落ちしない簡単な顔汗…

【デリケートゾーンの処理方法まとめ】チクチクしない毛の長さ・…

関連記事

【市販・通販で買える19商品】効果で選ぶ制汗剤おすすめランキ…

酷い顔汗を止める!薬や病院に頼らずメイク落ちしない簡単な顔汗…