足汗が気になる人の原因と6つの対策

足の裏は1日に200ccの汗が出るといわれています。

靴を履いていると、汗でヌルヌルして気持ち悪いという方もいるでしょう。
靴の中が汗で匂い、人前で脱ぐのがおっくうになるかもしれません。

とくに梅雨や夏の時期は足汗をかきやすくなり、じっと我慢するしかないと考えている方もいるでしょう。

足汗をかく原因と対策を知ることで、足汗をかきやすい方でも汗を抑えられる場合があるのです。
1日中足元を快適に保つために、原因と対策をしっかり把握しておきましょう。

スポンサーリンク

足汗の原因


足汗をかく原因は、靴などの環境的なものから先天的、精神的なものまであります。

もともと汗をかきやすい場所

そもそも、足の裏は、汗をかきやすい部分です。

汗は、体温調節に必要な機能であり、生命維持に欠かせません。
温熱性発汗」といって、汗は、体にこもった熱を放出する役割があります。

とくに、足の裏は汗腺が集中しているため、もともと「温熱性発汗」を感じやすい場所なのです。

むしろ、まったく汗をかかない場合は、体の異変を知らせるサインかもしれません。

冷え性体質

冷え性体質は、足汗の原因です。

指先が冷たいにもかかわらず、足汗に悩まされている人は、冷え性によって「温熱性発汗」が活発になっていると考えられます

足元が冷えていると、防衛反応がはたらき、脳が体温をあげるために血液を送り出します。
いっぽう、足元は送られてきた血液による突然の熱に驚き、汗をかいて体温を冷まそうとするわけです。

精神性発汗

精神性発汗は、緊張や不安、ストレスといった精神的な要因で汗をかくことを指します。

精神性発汗は、気温の変化によって起こる体温調節での汗とは異なり、手のひらや足の裏といった部分的な汗が特徴的です。

大事な面接やプレゼントいった緊張感のある場面で、足に汗をかくことがあるのはこのためです。

緊張状態におちいることで、交感神経が活発化し、汗腺が刺激されて汗が出るようになります

なかには暑くもない、緊張や不安などもない状態で足汗が出る方もいるでしょう。
この場合、自律神経の乱れで交感神経と副交感神経のスイッチが乱れていることが考えられます。

多汗症

交感神経が正常に作動せず、エクリン腺と呼ばれる体表に分布している汗腺から汗が大量に放出される場合があります。

これを多汗症と呼びますが、多汗症は精神的な要因やホルモンバランスなどで引き起こされる病気です。

多汗症は、全身に汗をかく全身多汗症と、手や足など一部に汗をかく局部多汗症のふたつに分かれます。
手や足だけ異常に汗をかく場合は、局部多汗症といえるでしょう。

厚生労働省の調べによると、日本人の7人に1人は多汗の症状があるようです。

足の裏が異常に汗をかく多汗症の場合は、「足蹠多汗症(そくせきたかんしょう)」や「足底多汗症」と呼ぶこともあります。

多汗症は、体温に関係なく汗をかきやすくなるものです。
そのため、冬でも汗をかくことがあります。

また「予期不安」といって、「足汗をかいたらどうしよう」「足汗をかくかもしれない」と意識することにより、余計に足汗をおこしやすくなるようです。

足のムレ

日中に、靴を履きっぱなしで過ごす人は多いでしょう。
靴のなかは蒸れやすいため、足汗が溜まりやすくなります。

とくに通気性の悪い靴は、汗が蒸発できずに残るため、余計に熱がこもり、汗をかきやすくなります。
ムレによってさらに汗が出るという悪循環です。

通気性の悪い靴が原因!足汗は夏より冬が多くなる

ブーツといった通気性の悪い靴の使用頻度が増えるため、足汗は、夏場よりも冬の時期に悩みやすくなります

また、冬場は気温が低いため、足汗で湿った靴下やタイツは、なかなか乾燥しません。
湿った状態が続くことで、新たな足汗もかきやすくなります。

慣れない靴で緊張から汗が出る

普段履きなれていない靴を履くと、その緊張から足汗をかくことがあります。

とくに女性の場合、高いヒールなどを履くと注意して歩こうという意識が高まり、その緊張感で足汗が出るという経験を持つ方もいるでしょう。

足汗を放置するとどうなる?


足汗をかく原因をお伝えしましたが、足汗を放置するとどうなるのでしょうか。

足が臭う

脇に汗をかくと匂いますが、足の裏も汗をかくと同じように臭ってしまいます。

本来汗は匂いがありませんが、汗で落ちた古い角質を細菌が食べて繁殖することで匂いを発生させるのです。

靴下や靴を長時間履いていると、湿気が強くなることで細菌がさらに繁殖しやすい環境ができてしまいます。

足のかゆみ

足汗を放置していると、多湿で細菌が繁殖し、かゆみにつながることがあります。

ぶつぶつができたり炎症を起こして皮膚が赤くなったりして、かゆみを伴うと汗が原因である可能性が高いでしょう。

かゆみの正体はあせもや水虫などがあげられます。

どちらも長時間足元の湿気を放置することで引き起こされ、とくに夏場は靴や靴下を履き続けていると、高温多湿という細菌にとっては好都合の環境ができるため、注意が必要です。

足汗の対策方法


足汗を最小限に抑えたい、出ないようにしたいという場合の対処方法をご紹介します。

ムレにくい靴や靴下を選ぶ

ムレやすい靴は足汗の原因になるため、なるべく通気性のよい靴を選ぶようにしましょう。

革靴は一般的に、合成素材でできたものはムレやすいとされています。
革靴を選ぶ際には、合成素材のものより本革のものがおすすめです。

スニーカーなどのシューズは革靴と比較して通気性がよいのですが、足汗をかきやすい方はシューズを選ぶ際にも、より通気性のよい素材や作りかどうかをチェックするとよいでしょう。

布でできたシューズは隙間から汗が蒸発しやすいため、ムレるのを防いでくれます。

靴下はできるだけコットン100%のものを履くことで、汗が吸収されやすくなります。

足のなかでもとくに汗が溜まりやすいのが、指と指の間です。
指と指の間はあせもで痒くなりやすいため、5本指のソックスがおすすめです。

また、選ぶときは、サイズが合っているかどうかをチェックしてください。
サイズが合っていないと、踏ん張ったり、足が緊張しやすくなって足汗が多くなります。

パンプスの場合は、ヒールが高いほどストレスがかかり、足汗が出やすくなります。
足汗が気になるときは、なるべくヒールの低い靴を選ぶようにしましょう。

替え用の靴下・ストッキングを常に用意

日中に靴下やストッキングを交換すると、靴のなかの湿度が下がり、足汗をおさえられます。
また、こまめな靴下類の取り換えは、防臭にも繋がります。

汗をかいたら新しい靴下に替えられるよう、カバンの中に替え用の靴下を入れておくようにしましょう。

また、もし可能であれば、職場で仕事中のあいだは、サンダルに履き替えて過ごすと蒸れや足汗を軽減できます

靴をムレたままにせず、ローテーションで履く

連日、同じ靴を履かないようにしましょう。

同じ靴を履き続けていると、翌日も湿った状態が残っており、余計に足汗や蒸れを感じやすくなります。

靴を脱いだら、すぐに下駄箱にしまわずに風通しのよい場所に置いて乾燥させましょう
シリカゲルといった乾燥材を、靴の中に入れておくと効果的です。

なお、ムレた靴は湿気だけでなく匂いもこもっているため、湿気と匂いの両方を吸収する新聞紙を丸めて入れておくと、匂い対策にもなります。

除菌や防臭効果がある中敷きを使用する

足汗や蒸れによる臭いが気になる場合は、除菌や防臭効果がある中敷きを靴に入れておきましょう
靴と同様で、中敷きはローテーションさせて、使用後はしっかり乾燥させてください。

乾燥させることで、靴のなかに臭いが残るのをおさえられます。

腰を締め付ける

ベルトを少し下げて、腰を締め付けたり、つねったりすると、足汗をおさえられます。
皮膚圧反射(半側発汗)」といって、圧迫すると、圧迫した反対側の発汗がおさえられるという作用があります。

半側発汗を利用して足汗をおさえる場合は、腰の左右を圧迫すればよいというわけです。

血管が太い部分を冷やす

足汗が気になる場合は、太ももの付け根や膝の裏など、太い血管が通っている部分を冷やしてみてください
太い血管がある部分を冷やすと、効率よく体温を下げられるため、足汗がおさえられます。

足汗の応急処置として、冷えたペットボトルやおしぼり、保冷剤で冷やすとよいでしょう。
そのほかに太い血管が通っている部位は、首の後ろや、脇(腋)の下があります。

冷え性対策をする

冷え性体質の改善が、足汗ケアに繋がることもあります。
ショウガといった食べ物で、体を温めたり、5本指靴下や足指ソックスなどを利用し、足元を冷やさないように対策してみましょう。

また、冷え性の原因である血行不良を改善するためには、角質ケアもオススメです。
角質がかたまった状態は、足の血行を悪くし、冷え性を悪化させます。
不潔な状態だと足臭も出やすくなるため、ニオイケアもかねて、足裏全体の清潔を心がけ、爪や角質も整えておきましょう。

ツボを刺激する

交感神経にはたらきかけ、精神性発汗をおさえるツボがあります。
そこを刺激しましょう。

ツボの場所は、「手の人差し指の親指側」と、「足の小指の外側」です。
交感神経の興奮をおさえられるため、精神性発汗や多汗症によいといわれています。

ツボに「円皮針」という、とても小さな鍼でお灸をすると、より効果があります。

運動をする

定期的に、有酸素運動をおこなうようにしましょう。
体を動かすことで、体温のコントロール調節がうまくいくようになり、必要以上に足汗をかかなくなります。

足汗対策のグッズを使う

脇汗と比較して、足汗の対策グッズはあまり見かけないのですが、次のようなグッズが販売されています。

インソールソックス


足の先に装着するクッション機能付きのインソールです。
ベージュ色で肌とマッチして目立ちにくく、上からストッキングを履くことができます。

汗をぐんぐん吸収するだけでなく、ヒールの高い靴による足指の痛みも軽減してくれます。
仕事などでヒールを履くことが多い女性にはうれしい一品ではないでしょうか。

指先カット5本指ソックス 足ムレないす!


汗を吸収しムレるのを防いでくれる5本指ソックスです。

コットン100%で抗菌防臭効果を持ち、上から靴下が履けるので外から見える心配がありません。

靴下はある程度汗を吸収してくれますが、汗の量が多いとやはりムレて、雑菌も繁殖してしまいます。

こちらの5本指ソックスは汗の吸収と雑菌の繁殖防止に特化しているため、靴下だけでは物足りない方におすすめです。

使用後は手洗いをすれば再使用が可能なので経済的です。

ハッカ油

ハッカ油を使用すると、ひんやりとして足汗をおさえられます。

エタノールや精製水で希釈したハッカ油をスプレーすると、「冷たい」感覚から足汗が引いていきます。
ハッカ油に含まれるメントールは、「冷たい」という感覚をあたえる作用があるためです。

ミョウバン水

ミョウバン水は、制汗作用があります。

自宅で簡単に作ることができ、冷蔵庫保存で1ヶ月ほど保存できます。
材料となる焼きミョウバンは、ドラッグストアで簡単に入手できます。

制汗作用のほかに、殺菌やアンモニア臭を中和する作用があるため、足汗や臭いケアが同時にできます。

汗を止めるベストコスメ「サラフェプラス」

>>サラフェ公式サイト<<

  • 朝塗るだけで一日中効果が持続!
  • 肌に優しい成分配合で全身各部位に使える♪
  • 一本使い切っても全額返金可能!
  • 定期購入に回数制限なし、いつでも変更・休止可能!
  • 有効成分を配合で汗を抑える

    「フェノールスルホン酸亜鉛」という成分が配合されており、これは肌全体に膜を張る従来の制汗成分とは異なり、毛穴を引き締め汗の出口を小さくします。
    そのため、敏感肌の方や全身各部位にも安心して使えます。

    「お試しコース」や料金プランも豊富

    定期コースは初回で契約解除できますし、一本使い切っても返金可能なので気軽に試すことができます!
    今なら、汗についてのwebマガジン「ドクターズアドバイスブック」や気になるときにシュッとひとふき「サラフェミスト サンプル」をプレゼント中!

    サラフェの公式ページはこちら

    デトランスα(手足用)

    特徴 寝る前に塗ると足汗がおさえられる
    価格 4,800円 → 初回限定価格:2,900円(40%オフ)
    購入できる場所

    公式サイトはこちら

    デトランスαは、ローションタイプの制汗剤です。
    寝る前に塗っておくと、汗腺をフタで閉じたように、ピタっと汗がおさまります。
    また、翌朝は、拭き取るだけで、塗り直す必要がありません。
    日常的に、足汗をおさえて過ごしたい人にオススメの制汗剤です。

    デオナチュレ 薬用足指さらさらクリーム

    デオナチュレ 足指さらさらクリーム(薬用デオドラントクリーム) 30g 日用品 フットケア 足の臭い対策 [並行輸入品]

    特徴 足汗がおさえられ、さらさらになる
    価格 1,760円
    購入できる場所

    購入はこちら

    薬用足指さらさらクリームは、デオナチュレシリーズの足専用デオドラントクリームです。
    蒸れとニオイを同時におさえ、パウダーが足汗を吸収するため、使用後は足がさらさらです

    クリームタイプで細かい部分に塗り込める点や、直塗りで肌に密着するため、足汗をおさえる持続時間が長いメリットがあります。

    また、「イソプロピルメチルフェノール」という殺菌成分が含まれており、足を清潔に保ちつつ、臭いケアができます。

    ドクターデオドラント/ミョウバンスプレーEXTRA

    ミョウバンスプレーEX

    「ミョウバンスプレーEX」は、その名の通りミョウバンを高配合した消臭スプレーです。

    汗と菌を抑え、しっかり制汗・制菌・消臭します。
    持ち運びやすいサイズなので、外出時でも気軽に使え、長時間しっかりニオイを抑えることができます。

    女性の中には素足でミュールやサンダルを履く機会が多い方もいますが、汗でつるつる滑って歩きにくいというときに活躍するでしょう。

    足汗を抑えるサプリメント「アセカラット」


    >>アセカラット公式サイト<<

    • 多汗を抑える「カリウム」、臭いを抑える「柿渋エキス」を高配合!
    • 女性特有のホルモンバランスの乱れを和らげ多汗対策♪
    • リラックス成分配合で心理的負担による発汗も対策!
    • 3つの定期コースで始めやすく続けやすい料金プラン!
    多汗だけでなく、臭いも対策

    多汗対策のカギとなる「カリウム」が高配合されている上に、汗の嫌な臭いを抑える「柿渋エキス」も配合されています。

    栄養バランスの乱れから引き起こる多汗や臭いにとても効果的です。

    漢方の効果は細かく決まっており、多汗の原因が明確じゃない限り選びにくいのに対して、アセカラットはこれ1つで様々な原因を広くカバーしています。

    ホルモンバランスや心理的負担による発汗も対策

    アセカラットに配合されている成分は、女性特有のホルモンバランスの乱れや緊張やストレスによる心理的負担が軽減します。

    日頃から汗をかく機会が減ります!

    お得な料金プランで最大33%OFF

    3つの定期コースや一袋から購入可能などで始めやすく続けやすい料金プランとなってます。

    さらに、今なら「ドクターズアドバイスブック」をプレゼント中!

    アセカラットの公式HPはコチラ

    緊張や不安を取り除く

    緊張や不安は交感神経を刺激し、手足の発汗を引き起こすといわれています。

    精神性発汗による足汗に悩んでいる方のなかには、日常的に緊張や不安を感じている方もいるでしょう。

    精神性発汗をおさえるには、精神状態を安定させる必要があります。

    身の回りの緊張や不安を引き起こす要因を見つけて、ひとつひとつ解消していくよう心がけましょう。

    「足汗が出るのではないか」「汗をかいたらどうしよう」という不安(予期不安)があると、交感神経が働いて余計に汗が出てしまいます。

    反対に「汗をかいても大丈夫」といった安心感を持っていると、緊張や不安が和らぎ無駄な発汗を抑えることができるでしょう。

    できる足汗対策をおこなったあとは、とにかく気にし過ぎないことも大切です。

    専門医に相談

    精神性発汗による多汗の場合、心療内科での治療を受けることもひとつの手です。

    どうしても精神的な要因を自分で取り除けないという場合は、一度専門医に相談してみるとよいでしょう。

    ただし、精神的な理由だと思い込んでいても、そうではない場合があります。
    心療内科を受診する前に、一度皮膚科医に相談することをおすすめします。

    皮膚科でも心療内科でも解決しない場合は、多汗専門の医師にあたってみるとよいでしょう。
    多汗症だと判明すると、下記のような方法で治療を受けることがあります。

    • 塩化アルミニウム外用療法
    • イオントフォレーシス療法
    • ボトックス注射
    • 腰部交換神経節ブロック
    • 抗コリン剤内服療法 など

    なかには保険が適用される治療法もありますが、妊婦には使用できないなどの制限があるものもあります。

    多汗症で足汗が止まらない場合は、医師に相談した上でこれらの治療法を検討してみるとよいでしょう。

    具体的に、治療法をみていきましょう。

    塩化アルミニウム外用

    塩化アルミニウム液を塗って、足汗をおさえる方法は、メジャーな治療です。
    病院で処方してもらえるほか、個人的に市販で入手できます

    費用も安いため、気軽に試せる治療方法ですが、かぶれやかゆみ、炎症といった副作用に悩まされるケースがあります

    また、使用する期間が長くなるにつれ、皮膚炎をおこし、見た目が気になってしまう人が多くいます。
    軽度の足汗は、塩化アルミニウムを使用する前に、市販のデオドラント商品を試してみるとよいでしょう。

    イオントフォレーシス療法

    イオントフォレーシス療法は、電流で汗孔をつぶして、汗を減らしていく方法です。
    アメリカで一般的な治療法で、水を入れた専用機器に2分ほど足を浸します。

    即効性はありませんが、保険が適用されたり、効果は比較的高いと言われています。
    とはいえ、週に2回の通院を、1年ほど続けなければなりません。

    また、電流による痛みを感じたり、やけどをおこすケースがあります。

    ボトックス注射

    ボトックス注射は、汗の分泌をおこなう「アセチルコリン」という伝達物質の働きを制御する効果があります。

    注射して3日~1週間ほどで効果があらわれ、3~6ヶ月ほど効果が持続します。
    保険適用外で費用が高額になりやすく、半年ごとに打ちなおさなければならないデメリットがあります。

    腰部交換神経節ブロック

    腰部交換神経節ブロックは、腰部の交感神経に薬を注射して、足汗をおさえる方法です。
    効果に個人差が少なく、ほとんどの患者に効果があるといわれています。

    とはいえ、効果の持続時間は3ヶ月ほどです。
    また、副作用として、ほかの部位の汗が多くなる「代償性発汗」や射精障害になるケースがあります。

    治療を受けるかどうかは、医師とよく相談するようにしましょう。

    「プロバンサイン」といった抗コリン内服薬

    プロバンサインのような抗コリン内服薬は、神経伝達物質のはたらきを妨げることで、足汗をおさえる薬です。
    1日に3回の服用を続けることで、足汗に一定の効果が期待できます。

    副作用として、一時的に目がかすんだり、まぶしいといった不具合を感じるケースがあります。
    また、のどの渇きや、便秘、発疹に悩まされる可能性があります。
    副作用が大きいので、取り入れにさいしては足汗治療の最終手段としてよく検討する必要があります

    足汗の原因にあった対策を取ろう


    足汗が出る主な原因と対策をいくつかご紹介しました。

    足汗が出るのは環境が原因の場合もありますが、精神的な理由で異常な足汗に悩む人も多いのです。

    あなたが足汗にお悩みなら、まずはどの要因で足汗が出るのかを知る必要があります。
    それにあった対策によって、上手に足汗を防ぐことができるのです。

    足汗は靴の中がムレるだけでなく、臭いやかゆみといった不快な環境を生み出します。
    今回ご紹介した対策をぜひ試して、足元を快適に保ってくださいね。

    スポンサーリンク

    Pick Up

    【市販・通販で買える19商品】効果で選ぶ制汗剤おすすめランキ…

    酷い顔汗を止める!薬や病院に頼らずメイク落ちしない簡単な顔汗…

    【デリケートゾーンの処理方法まとめ】チクチクしない毛の長さ・…

    関連記事

    足が臭い!靴が脱げない臭さと病気の関係は?

    靴まで臭い足のニオイ!足・靴下・靴の消臭で効果的な方法

    【足の臭い対策】ブーツも革靴も怖くない!足の臭いを消す方法

    冬でもかゆみや臭いの原因になる!足が蒸れるのを防ぐワザとは?

    もう座敷も怖くない!足の臭いの緊急対策には消臭スプレーを活用…

    接客業や営業など立ちっぱなしの仕事の人必見!足のニオイ撃退方…