口臭は「原因」の見極めが重要!今からできる対策方法・グッズまとめ

口臭は「原因」の見極めが重要!今からできる対策方法・グッズを徹底紹介

「私、もしかすると口が匂っているかも…」自身の口臭に不安を抱いた経験はありませんか?

そんな口臭対策として、歯磨きやサプリメントを用いている方も多いと思います。

しかし口臭を対策するには原因や原因物質に見合った、適切な対策を行わなければ意味がありません。

そこでこの記事では、口臭の原因や種類を徹底的に解説します。
原因に合わせた対策方法とグッズも紹介しますので、自分に見合った口臭対策を見つけてみましょう!

スポンサーリンク

口臭の種類は大きく分けて3つ

口臭の種類は大きく分けて3種類あり、種類によって、対策方法も異なってきます。

種類 原因
生理的口臭 口腔内(口の中)の細菌による口臭で、ほとんどの人が発症する。
病的口臭 疾患(病気)が原因となって発症する口臭で、治療が必要。

疾患は口腔内・口腔内以外・心理的なものの3つに分類される。

食品由来口臭 ニンニクやアルコールなど、飲食物の刺激よるもの。

では次に、これらが原因で起きる口臭の特徴を解説していきます。

口臭の原因を見極めるポイントとして、特徴を覚えておきましょう。

1. 生理的口臭の特徴と原因

個人差はあるものの、生理的口臭はほとんどの人が発症したことがあります。

生理的口臭は食べかすや歯垢、舌苔などが細菌により分解される際に発生するニオイです。

口呼吸が多くなる睡眠時〜起床、空腹の時、緊張したときなど、口の中の乾燥によって唾液量が低下し、口臭につながります。

唾液には口の中を殺菌・洗浄する作用があるので、乾燥して唾液の分泌量が減少すると、細菌が繁殖しやすい状態になり、口臭を引き起こすのです。

舌苔(ぜったい)とは?

生理的口臭が気になるときにチェックしておきたいのが「舌苔(ぜったい)」です。

舌苔とは、舌の上に白く(または黄色)付着する苔状の汚れで、細胞や食べカス・歯周病原菌によって作られた「菌のかたまり」です。

舌苔は口臭の原因となる揮発性硫黄化合物を発生させる菌の温床で、放置すると口臭だけでなく、味覚障害などの口内トラブルを引き起こす危険性もあります。

2. 病的口臭の特徴と原因

「生理的な要因をのぞいても、まだ口が匂う…」という時に疑うべき口臭が、病的口臭です。

病的口臭の原因である疾患は、口腔内・口腔内以外・心理的な疾患の3つに分かれます。

口腔内 歯周病、虫歯など口腔内の疾患によるもの
口腔内外 蓄膿症、咽頭の炎症などの耳鼻咽喉疾患によるもの
心理的 口臭症(自臭症)など精神的な障害によるもの

病的口臭の9割が口腔内の疾患によるもので、歯周病・虫歯が原因となり口臭が発生しています。

その他にも、耳鼻咽喉疾患の場合は喉から鼻にかけて臭いが発生します。

のどや鼻に炎症ができると、細菌のかたまりである膿栓(のうせん)ができやすくなり、ニオイのもととなるのです。

また、一見口臭と無関係に思える心理的疾患ですが、口臭を意識するがあまり臭っているように感じてしまう「口臭症」を発症する人もいます。

どんな口臭においても、原因に見合った対策が改善のために必要ですが、病的口臭は心と体の不調を見極めるサインでもあるのです。

3. 食品由来(外的)口臭の特徴と原因

ニンニクやネギなどニオイの強い食べ物や、アルコールなどの飲食物が消化されるときに、肺を通して息から出るニオイが「食品由来(外的)口臭」です。

食品由来口臭は本来の口臭とは異なり、消化とともに成分が分解されることで、悪臭成分が血液とともに巡ってしまうことで発生します。

タバコ(嗜好品)もお口の悪臭につながる!?

食品以外にも喫煙により口腔環境が悪化し、口臭が発生しやすくなることもあります。

タバコに含まれるニコチンが、唾液の分泌量を低下させたり、タールが口腔内に付着したりすることで、重度の口臭につながるのです。

喫煙者本人は気がつきにくいタバコの口臭だからこそ、喫煙習慣がある人は気をつけましょう。

【生活習慣編】今から実践できる!口臭の対策方法の基本・改善法

口臭が気になっていても、その原因を特定するのは難しいですよね。

そこで、口臭が気になる全ての人に実践してほしい、口臭対策の基本を紹介します。

まずは生活習慣の中で見直せる口臭対策から見ていきましょう。
ポイントとしては以下の2つです。

  • 口の中を清潔に保つ
  • 唾液の量を増やす

上記のポイントを具体的に解説していきます。

1. 口の中を清潔に保つ

生理的口臭は、食べかすや歯石・舌苔によって起きます。

また病的口臭は、歯周病菌・虫歯・つめ物・入れ歯が原因となって起きるものが9割を占めます。

双方を対策するためには、口腔内の清潔を保つことが欠かせません。

丁寧に歯を磨く

歯磨きを念入りにやっているつもりでも、磨き残しがあったり、ケアするタイミングがイマイチな人も多くいらっしゃいます。
歯磨きをする際は、1本1本の歯を丁寧に磨くことを意識してみましょう。

また、食後直後の歯磨きは歯を傷つける可能性があるので、食後一時間以上経過して磨くのがおすすめです。

正しい歯磨きの仕方

口臭対策に効果的な歯磨きのポイントは以下の通り。

  1. 歯ブラシは濡らさず、歯磨き粉の使いすぎにも注意する。(理想は3分の1程度の量)
  2. 歯ブラシを垂直に当て、小刻みに一本ずつ磨く。(2〜30回を目安に動かす)
  3. うがいは1回で済ませる。(口の中に成分が残ることで、高い効果が期待できる)

正しい歯磨きを行えば、効率よく口臭予防ができるだけでなく、歯周病や虫歯のリスクを低下させることもできますよ。

歯間ブラシやマウスウォッシュでケアする

どんなに丁寧で正しい歯磨きを心がけていても、磨き残しはあるものです。

歯のすきまに残る汚れも口臭の原因になるので、歯間ブラシ・フロスを用いて歯垢をとり、ブラッシングだけでは落ちにくい汚れを丁寧に落とすようにしましょう。

丁寧に磨いた後、仕上げにマウスウォッシュを使えば、虫歯の予防につながり、さらに効果が高い口臭対策を行うことができますよ。

舌ブラシで舌苔ケア・舌磨きを行う

舌の上に白く広がる舌苔も口臭の原因に繋がります。

実はこの舌苔を取り除くための舌ブラシは、ドラッグストアやAmazonで安価に手に入れることができます。

舌ブラシをおすすめしている歯医者さんも増えているようなので、自分の舌に黄色っぽいまたは白っぽい汚れがある人は、取り入れてみるといいでしょう。

ただし磨きすぎや力の入れすぎには注意が必要です。

舌の乳頭まで削ってしまうと、舌が傷ついてしまい舌苔を悪化させてしまうので、適度な力で優しく磨くようにしましょう。

2. 唾液の量を増やす

口内の乾燥(ドライマウス)や酸化が起きると、口臭の原因である細菌が増えてしまいます。

そこで乾燥を防いだり、酸を中和させたりする『唾液』そのものの分泌量を増やすと、口臭を予防できるのです。

とはいえ唾液は出そうと思って出るものではありませんよね。

そこで、唾液量を増やすために心がけたいポイントを具体的に解説していきます。

こまめに水分補給をする

口内の乾燥を防ぐためには、こまめな水分補給が近道となります。

けれど、どんな水分でもいいというわけではないのです。

たとえば、ジュースや清涼飲料水には、砂糖が含まれているので、細菌が繁殖しやすくなり、口臭・虫歯の原因となるためオススメできません。

口内の乾燥や口臭を予防するには、水や緑茶での水分補給がオススメです。

とくに緑茶に含まれるカテキン抗菌作用をもっています。また、急須で入れた緑茶は、市販のものよりカテキン量が多いですよ。

よく噛んで食べる

唾液は噛めば噛むほど多くの量が分泌されます。

日常からよく噛む習慣をつけると、唾液の量も増え、唾液が分泌されやすい体質になるのです。

また、満腹感も得られやすいので、ダイエットにも効果的です。

一口あたり30回を目安に噛むようにしましょう。

ガムを噛むのも効果的

通勤時間や仕事の合間、空腹のときなどの隙間時間で口臭予防をするなら、ガムもおすすめです。

ガムを噛むことにより唾液が増え、ニオイの消臭効果も期待できます。

ただし砂糖が含まれるものは細菌のエサとなり、虫歯の原因になる恐れがあるので、ノンシュガーのものを選びましょう。

梅干しやレモンなどを食べる

梅干しレモンはアルカリ性食品で抗菌・殺菌作用があります。

また、リンゴや緑黄色野菜も同じくアルカリ性食品で、菌の繁殖を抑える効果があるのです。

白米に梅干しを添えたり、水の中にレモンを絞るだけで、気軽にアルカリ性食品を取り入れることがでいますよ。

適度に運動してストレスを溜めない

一見、口臭と関係ないストレス・緊張といった心理的要因ですが、実は口臭と深い関わりがあります。

なぜなら、緊張やストレスを感じると、唾液分泌量が減ったり、口が乾燥したりするからです。

普段からストレスを溜めないように、ストレッチや軽い運動、ヨガなどを取り入れてみましょう。

運動すると自律神経が整いやすくなるので、ストレスに強い体を作ることができますよ。

すぐに実践できる口臭の対策方法【グッズ編】

生活習慣から見直す口臭対策と合わせて、口臭対策グッズを用いると、より高い口臭予防を行うことができます。

ここでは口臭対策にオススメなアイテムをまとめてみました。

商品の特徴もピックアップしているので、あなたにぴったりのアイテムを取り入れてみましょう!

1. 口臭サプリメント

「生活習慣を改善しても、なかなか口臭がよくならない……」そんな人にオススメしたいのが、口臭サプリメントです。

一口に口臭サプリメントといっても、その種類はさまざま。

ここでは、オススメしたいサプリメントとその特徴を紹介しますので、あなたの悩みに合ったものを選んでみましょう。

ブレスマイル

価格(税込) 【単品】3,780円
【初回定期購入】980円
内容量 33粒
1日の摂取量目安 1日2粒
購入できる場所 ・公式サイト

・Amazon

歯科医師と共同開発して誕生したのがブレスマイルです。

口臭の原因は複雑で、表面的な問題だけで発生するわけではありません。

だからこそ、このブレスマイルは、独自の監修で以下の成分をバランスよく配合しています。

  • 食べ物や飲み物のニオイにはたらく柿渋エキス
  • 緊張時の乾燥によるニオイにはたらくラクトフェリン
  • 口内環境によるニオイにはたらく緑茶エキス
  • 体内環境によるニオイにはたらくシャンピニオン
  • エチケットケアの救世主としてはたらくシソの実エキス

1日2粒を目安に舐めるだけでOKなので、いつでもどこでも、スッキリ息・爽やかな毎日をサポートします。

ブレスマイルの詳細をチェック

かほりのおめぐ実

価格(税込) 【単品】3,600円
【初回特別価格】500円
【単品】3,600円
内容量 90粒
1日の摂取量目安 1日3粒
購入できる場所 ・公式サイト
・Amazon

厳選された10種のハーブや沖縄産モリンガ・緑茶エキスをはじめとする、自然素材をとことん選び抜いて開発された口臭サプリメントです。

自然のチカラで内側から口臭対策を行うことができますよ。

かほりのおめぐ実の詳細をチェック

2.口臭ケア用タブレット

食後すぐは、口内に食べものカスやニオイ物質が残っています。

食事が消化されるまでの5時間ほどは、タブレットで胃の中にあるニオイ物質をマスキングし、お腹のなかからニオイをおさえてしまいましょう。

フレピュア

価格(税込) 【単品】3,990円
【初回特別価格】980円
内容量 30粒
購入できる場所 ・公式サイト

・Amazon

どんなシーンでも『気にならない』エチケットサプリの決定版がフレピュアです。

舐めて・食べられるタブレットタイプなので、気になる瞬間に迷わずケアできる手軽さが魅力です。

幅広い年齢層から人気なレモン・ミントの香りで爽やかを身にまとえますよ。

フレピュアの詳細をチェック

3.口臭ケア用歯磨き粉

食後は、口のなかを清潔にすることも大切です。

歯磨きをして、食べものカスや雑菌をキレイに取り除きましょう。

消臭効果のある「口臭ケア用歯磨き粉」を使えば、口臭ケア効果が高くなり、おすすめです。

薬用オーラパール

価格(税込) 2,160円
内容量 75g
購入できる場所 ・公式サイト
・Amazon

口臭だけでなく歯周病予防・歯の黄ばみ・歯茎のトラブル・歯のくすみと、お口のお悩みをトータルケアしてくれる薬用歯磨き粉です。

悩みのないお口は、自信あふれるあなたへと導きますよ。

オーラパールの詳細をチェック

プロポデンタルEX

価格(税込) 3,240円
内容量 80g
購入できる場所 ・公式サイト

・Amazon

お口の専門家である歯科医と共同開発されたのが、プロポデンタルEXです。

アミノ酸・ビタミン・ミネラルを豊富に含んだミツバチが作り出す『プロポリス』を配合した歯磨き粉です。

口臭をはじめとし、歯周病・歯槽膿漏(しそうのうろう)などのお悩みにも用いられています。

プロポデンタルEXの詳細をチェック

なたまめ歯磨き

価格(税込) 1,944円(税別表記でした)
※公式の方が安いです。
内容量 120g
購入できる場所 ・公式サイト
・Amazon

純国産のなたまめを使った、自然派・天然成分を活かした歯磨き粉です。

なたまめ特有の成分・カナバニンに着目し、安心なすっきり感に役立ちます。

刺激が少ない自然派歯磨き粉だからこそ、ていねいなお口ケアが実現しますよ。

なたまめ歯磨きの詳細をチェック

4.口臭スプレー

口臭スプレーは、シュッとひとふきで、いつでもどこでも、気になるニオイをケアできる便利アイテムです。
ガムをかみ続けることが難しいような場合にも、数秒でケアが完了しますので、エチケット対策用に持ち歩いておくと安心でしょう。

オーラクリスタ―ゼロ

20代~30代向け

価格(税込) 【単品】4,880円
【初回限定】3,540円
内容量 25ml
購入できる場所 ・公式サイト
・Amazon

おすすめの口臭スプレーは、「オーラクリスタ―ゼロ」です。

オーラクリスタ―ゼロは、3つの薬用有効成分が口内の殺菌・消毒をし、口内環境を整えてくれます。
その除菌率は、なんと99.7%。
消臭効果のある茶エキスや、口内を整えるドクダミ・トウエキスといった植物エキスも配合され、すっきり爽やかなお口を目指せますよ。

オーラクリスタ―ゼロの詳細をチェック!

5. マウスウォッシュ

マウスウォッシュは口臭が気になるときや、歯磨きの仕上げのときに使える、口内をすすぐ液体です。

洗口液・デンタルリンスとも呼ばれており、使用方法も簡単で、就寝前や起床時の歯磨きあとに口をすすぐだけでOKなオススメなアイテムです。

ゴッソトリノ

価格(税込) 4,752円

【初回定期】1,490円

内容量 8ml・30包
購入できる場所 ・公式サイト

しっかり歯みがきをしていても、歯磨きだけで落とせる汚れは全体の25%と言われています。

15秒のすすぎで口内に浸透するゴッソトリノ(医薬部外品)は、細菌の餌となるたんぱく質まで除去してくれます。

口臭の元となるたんぱく質をゴッソリ・すすぐ、新感覚のマウスウォッシュです。

ゴッソトリノの詳細をチェック

プロポデンタルリンス

価格(税込) 1,944円
内容量 300ml
購入できる場所 ・公式サイト

・Amazon

プロポデンタルリンスは、ブラジル産の高濃度プロポリスを配合した薬用液体歯磨きです。

薬用成分が配合されているので、歯周病予防にも効果的です。

液体だからこそ、歯周ポケットや口内の隅々に届き、殺菌・歯石をしっかり除去してくれます。

プロポデンタルリンスの詳細をチェック

自覚しづらい口臭…チェックする方法は?

常日ごろ嗅いでいる自分のニオイは、鼻がマヒしてしまうため、感じにくいものです。

まずは自分の口臭を少しでも正確にチェックすることが、口臭改善の第一歩となるでしょう。

口臭のセルフチェックする方法には、以下の4つがあります。

  1. 袋に息を吹き込みチェックする
  2. 舌苔ができていないか確認する
  3. デンタルフロスの臭いを確認する
  4. 家庭用口臭測定器を使う

それぞれについて詳しくみていきましょう。

1. 袋に息を吹き込みチェックする

ビニールなどの袋にめいっぱい息をふきこみ、そのニオイを確認してみましょう。

わかりにくい人は、小さめの袋を使って、ニオイの出やすい寝起きにチェックしてみるのがおすすめです。

袋の素材自体にニオイがついていると、判断が難しくなるので、注意してくださいね。

2. 舌苔ができていないか確認する

舌苔は細菌のかたまりで、口臭の原因となるものです。

自分の舌を鏡でみて、表面が白っぽくなっているまたは黄色っぽくなっている、という人は要注意です!

舌ブラシでかきだして、ニオイを嗅いでみましょう。

3. デンタルフロスの臭いを確認する

歯間は歯垢がたまりやすいため、細菌が繁殖しやすく、ニオイやすい部分です。

デンタルフロスで歯間をこすり、とれた歯垢のニオイを確認してみましょう。

4. 家庭用口臭測定器を使う

自宅で使える“口臭測定器”を利用する方法もあります。

手軽なものは数千円程度で購入できますので、目安としてチェックに利用するには便利でしょう。

タニタ 口臭チェッカー ブレスチェッカー

タニタ 口臭チェッカー ブレスチェッカー ホワイト HC-212S-WH

価格 8,330円(Amazonプライム価格)

※価格は2018年8月現在

息を吹きかけ5秒で簡単にチェックができる「口臭チェッカー」です。

さりげなく口臭をチェックでき、分かりやすい6段階の数値とイラストで表示してくれます。

何をしても効果がない場合は病院を受診しよう

自宅でのケアや、サプリ・歯磨き粉などの口臭対策グッズを使っても口臭が改善されなかった場合は、病院を受診することをオススメします。

そこで、こちらでは口臭の治療法や費用について、簡単に説明していきます

口臭は「口臭外来」へ

これまで紹介してきたどの方法でも効果が感じられなかった場合には、疾患が原因で口臭が出る「病的口臭」の可能性があります。

このような人は、いちど口臭外来を受診してみましょう。

口臭外来は、口臭で悩む人のための診療科で、口臭にまつわる検査や治療などひと通りの対策が可能です。

口臭外来の治療法・費用は?

口臭外来は保険診療がきかない病院が多く、自由診療の場合は、治療にはまとまった費用がかかります。

また治療にかかる費用は、原因である疾患やそれに伴う治療の種類、病院によってさまざまです。

明らかに虫歯や歯槽膿漏(しそうのうろう)あるような人は、歯科疾患からくる口臭かもしれませんので、まず歯科医院を受診してみることをオススメします。

中には歯科医院と連携している口臭外来もあるので、治療を考えている人は、近くの口臭外来の公式サイトを確認してみましょう。

まずは気軽に口腔チェック・調査してもらおう

口臭外来に行けば、医療機器である「口臭測定器」によって、口臭の種類や成分を細かく調べてもらうことができます。

そのため、口臭の原因を正確に把握することが可能です。

口は鼻に近い位置にあるため、自分の口臭に慣れてしまい、なかなか気づきにくいという場合もあります。

セルフチェックにも限界があるため、まずは気軽に口臭外来を受診し、口腔チェックをしてもらうと良いでしょう。

まずは口臭の原因・症状を見極め、適切な対策をとりましょう!

人に相談できないデリケートな悩みである口臭。

「腐敗臭のようなニオイがする……。もしかして口臭!?」
そんな不安を抱えたままだと、毎日を自分らしく楽しめなくなってしまいますよね。

自力で口臭対策するなら、まずは口臭の原因そのものを見極め、それに見合った対策を行わなければなりません。

今回紹介したポイントを参考に、生活習慣で思い当たる点や、体・心の不調を照らし合わせながら、あなたにぴったりの対策を見極めましょう!

スポンサーリンク

Pick Up

【市販・通販で買える19商品】効果で選ぶ制汗剤おすすめランキ…

酷い顔汗を止める!薬や病院に頼らずメイク落ちしない簡単な顔汗…

【デリケートゾーンの処理方法まとめ】チクチクしない毛の長さ・…

関連記事

no image

オーラパールの評判は?イヤな口臭に効果はある?成分や口コミを…

フレピュアは口臭に効果がある?成分を解説、口コミ・購入方法も…

なたまめ歯磨きは本当に口臭予防に効果ある?成分や特徴、口コミ…

子供の口臭の原因とは!?手軽にケアできるおすすめ商品も紹介!

口臭ケアできるタブレットおすすめ10選!選ぶ時は成分をチェッ…

ゴッソトリノで口臭は抑えられる?特徴や成分、口コミを徹底調査…