【汗疱状湿疹の原因と治療方法】手足の水ぶくれをつぶす前にチェック!

手足に突然水ぶくれができたことはありますか?

見た目もブツブツとしていてイヤですが、ひどい炎症が出るケースもあり、あまりのかゆさに夜もおちおち寝ていられないという人もいるようです。

これは汗が原因で起こる汗疱状湿疹(かんぽうじょうしっしん)である可能性が考えられます。

汗疱状湿疹は一度なるとクセになってしまい、やっと症状が治まっても、しばらくすると再発してしまうことも多いようです。

どうしてこのような湿疹が起こるのでしょうか。原因とともに対処法を探ってみたいと思います。

手足の小さな水ぶくれは水虫とは限らない!

手のひらや足の裏にブツブツした水泡ができたら、まずは水虫を疑うと思います。
かゆみがあったらなおさらです。

けれど、もしかしたらそれは水虫ではないかもしれません。

水虫と似た症状を持つ皮膚疾患として汗疱状湿疹(かんぽうじょうしっしん)というものがあります。

汗疱状湿疹とは、手のひらや足の裏に水泡とともに現れる湿疹のことです。
異汗性湿疹(いかんせいしっしん)指湿疹(ゆびしっしん)と呼ばれることもあります。

汗疱状湿疹は、手のひらや足の裏に多汗の症状を持つ人が発症しやすいと言われています。

手や足は、緊張したときに汗をかきやすい部位なので、一年を通してリスクがあります。
特に季節の変わり目には汗疱が出やすい傾向にあるようです。

水虫と汗疱状湿疹の違いとは?

水虫と汗疱状湿疹は、見た目や症状はそっくりですが、原因は全く異なります。

水虫 カビの一種である「白癬菌(はくせんきん)」に感染して発症します。
汗疱状湿疹 汗が原因で発症します。
菌には無関係ですので、感染の心配はありません。

水虫の治療薬をドラッグストアで買って必死に塗っても、水ぶくれやかゆみの症状が一向に改善されず、病院を受診してみたら汗疱状湿疹であると診断される方も少なくないようです。

原因が異なるということは治療法も違ってきますので、きちんと医師に診断してもらった上で対策しましょう。

汗疱状湿疹はどうやってできる?

汗疱状湿疹は、どのようにしてできるのでしょうか?

(1)汗によって汗疱(かんぽう)ができる

はじめに、1~2mm程の小さな水泡ができます。
これを汗疱(かんぽう)と呼びます。

汗疱(かんぽう)は春先や秋口に発生することが多く、真夏では逆に少なくなるようです。
汗疱の原因になっているのは汗ですが、詳細なメカニズムについては明らかになっていません。

汗口(汗の出口)が十分開いていなく、皮膚内部に汗がたまって水ぶくれになってしまうために汗疱(かんぽう)が発生するともいわれています。
真夏は発汗量が多くなり汗の勢いで汗口が押し広げられるため、皮膚内部に溜まらずに済むという仕組みです。

汗疱の段階ではまだ炎症などの湿疹症状は出ず、水泡以外の自覚症状はないことが多く、治療をする人も少ないようです。

(2)汗疱の水ぶくれが破れて皮膚が剥け、汗疱が湿疹化する

汗疱の水ぶくれが破裂して皮膚が剥けると、湿疹に悪化してしまいます。
この状態を汗疱状湿疹と呼びます。

汗疱状湿疹になると痛みやかゆみを伴うことが多く、特に初期段階では強いかゆみが出るようです。
正しい治療を行えば2週間程度で治癒しますが、炎症がひどくなり、赤くただれてしまうなど、重症化する例もあります。

汗疱が湿疹化する原因もはっきりとは分かっていません。
水疱が破けたとき、水泡の中の汗に含まれていたアレルゲンが周囲の皮膚にアレルギー反応を引き起こさせた、つまり一種のアレルギー性皮膚炎ではないかという説が有力です。

汗疱状湿疹の対策方法は?

汗が原因であること以外、まだまだ分からないことが多い汗疱状湿疹。

どのようにすれば症状をやわらげ、再発しにくくなるのでしょうか?

ステロイド剤などの塗り薬

かゆみなどの症状がひどい場合には、まずは塗り薬で緩和させるのが得策といえます。

汗疱状湿疹で皮膚科を受診した場合、一般的にはステロイド外用薬やサリチル酸を使うことが多いでしょう。
症状によっては抗アレルギー薬や抗ヒスタミン剤を処方する場合もあるようです。

ただしこういった薬に任せきりにしていると、症状が再発しやすくなったり、再発した時に前よりも重症化しがちです。
薬で今あるかゆみを抑えるのと同時に、体質改善や生活環境の見直しも行い、汗疱状湿疹の発生しにくい体づくりを目指しましょう。

イッチ・スクラッチサイクルに陥る前に対策を!

我慢できずに欲望に任せかきむしっていると、サイトカインというかゆみ増幅物質が分泌され、ますますかゆみが強くなります。
「イッチ・スクラッチサイクル」という負の連鎖にはまり込んでしまうのです。

患部は荒れ、完治までの時間も長引いてしまいます。
これを避けるには、時には必要最小限の薬を効果的に使ってあげることも重要なのです。

こまめに汗を除去する

汗疱状湿疹は汗が原因になっているため、汗の除去に努めると効果があるようです。
汗をかいたら、こまめに拭き取ったり洗ったりするよう心がけましょう。

高温多湿の状態が長く続くと汗疱が出やすくなります。
足に汗疱ができやすい方は、夏場の蒸れやすい時期にはなるべく通気性のよいサンダルなどの靴を履きましょう。
冬は冬で、ブーツや分厚い靴下と暖房で蒸れますので、5本指靴下を利用して汗の吸収と発散をうながしましょう。

歯科金属の入れ替え

歯科金属(いわゆる銀歯)があると、口の中の唾液に反応してイオン化し、体内に金属が蓄積されていきます。
金属がアレルゲンである場合、蓄積された金属が汗として排出された際にアレルギーを起こします

アレルギーを起こす歯科金属は体質によって様々ですが、特に水銀(アマルガム)はアレルギーが起きやすいと言われています。
水銀には強い毒性があり、体に貼り付けるだけでも害があるため、パッチテストでもほとんど使用されません。

現在は水銀は歯科金属として利用されていませんが、1990年代までは普通に使われてきました。
昔入れた銀歯が気になる方は、一度歯医者さんでチェックしてもらいましょう。

体調の変化には半年程度必要

歯科金属を入れ替えてから体調に変化が現れるまでには、半年程度の時間がかかります。
これは長年にわたって体内に蓄積されていった金属が、すぐには排出しきれないためです。
あせらずじっくり取り込む必要があります。

汗疱状湿疹がひどくなってしまう前に、汗疱を防ぐ習慣をつけましょう。
汗疱を防ぐ方法には、大きく分けて4つありますので、順に紹介していきます。

汗疱の予防法(1)汗ケア製品の使用

汗疱状湿疹を予防するためには、体全体の汗腺を使って適量の汗をかくようにするのがよいでしょう。
そこで、汗の質・量にアプローチした対策を具体的にお伝えします。

汗の質や発汗量に対策を打つことでも、汗疱の症状が出にくくなります。
汗のケアグッズには体のなかから汗をケアするサプリメントと、体の外からケアするデオドラント剤の使用がおすすめです。

汗ケアサプリのASEPPER(アセッパー)

アセッパー>>アセッパー公式サイト<<
 

価格
(税抜)
【通常価格】
6,800円+送料650円
【定期ケアコース】
初回:4,800円/2回目~:5,440円+送料無料
※2回継続必須
内容量 90粒(約1カ月分)/1日3粒目安
特徴
  • 日本国内で製造・添加物不使用
  • 4種のポリフェノールが汗ケア
  • 緑茶エキス・柿渋エキスなどがニオイケア
  • プラセンタ・コエンザイムQ10・アスタキサンチンなどの美容成分配合
  • 初回180日間返金保証

ベトベト汗や多汗は、野菜を食べない食生活や、ホルモンバランスの乱れによって起こります。

アセッパーには野菜や果物に含まれる4種ポリフェノールを高配合。
これが体の調子を整え、血行を促進します。

血流アップによって汗を全身に分散し、汗疱が出る手や足などの一か所に集中するのを防止。
汗の分散によって汗腺の負荷が減り、汗の質自体もケアすることができるのです。

アセッパーには女性ホルモンに似た成分「大豆イソフラボン」も含まれています。
ホルモンバランスが乱れたり、更年期障害などで発汗異常が出ている人にも有効です。

体の内側から汗にアプローチしていくサプリ、それがアセッパーなのです。

アセッパー公式サイト

ベタベタ汗を止める「サラフェプラス」

>>サラフェ公式サイト<<

価格
(税抜)
【通常価格】
8,480円+送料600円
【お試しコース】※継続しばりナシ!
初回:2,980円/2回目~:5,480円+送料無料
内容量 90粒(約1カ月分)/1日3粒目安
特徴
  • 医薬部外品
  • 日本製・無添加・刺激フリー
  • 薬用成分のフェノールスルホン酸亜鉛が汗をおさえる
  • ナノセラミドなど13種類の整肌成分
  • 一本使い切っても全額返金可能!

サラフェプラスに配合されているフェノールスルホン酸亜鉛が、毛穴を引き締め汗の出口を小さくします。
肌全体に膜を張る従来の制汗成分とは異なるため、敏感肌の方や顔にも安心して使えます。

お肌に優しい成分が配合されているため、普段のスキンケアとして使うこともできます。
ナノセラミド配合で浸透力もアップ!

定期コースは初回で契約解除できますし、一本使い切っても返金可能なので気軽に試すことができます!

今なら、汗についてのwebマガジン「ドクターズアドバイスブック」や気になるときにシュッとひとふき「サラフェミスト サンプル」をプレゼント中です。

サラフェの公式サイト

汗疱の予防法(2)日常生活のなかでケア

汗ケアグッズと合わせて日常生活でも意識的に気をつけることで、汗疱の予防につながるいくつかの方法があります。

汗腺トレーニング

汗口がふさがっていることが影響して汗疱状湿疹を起こしているのだとしたら、汗腺をトレーニングして汗をどんどん外に出そう、というのがこの方法です。
汗の量を減らそう、という方法とは逆の発想です。

この方法は、春先や秋口に汗疱状湿疹が起こり、真夏には起こらない、というタイプの人に向いているでしょう。
逆に発汗量が増える真夏の時期に症状が悪化する人は、注意が必要です。

汗腺トレーニングは、適度に運動したり、半身浴、手湯足湯で汗をかくことにより、効率的に行うことができます。

いずれの方法でも、汗をかいたまま放置することは避けてください。
お肌に皮脂、アカ、汚れが溜まり、汗口の詰まりにつながります。
運動後の汗はできれば軽くシャワーで流し、体をよくふきましょう。

小指湿布(手汗の場合)

両手の小指に冷感のパップ剤を貼ることにより、年中悩まされる緊張性の手汗を抑えることができます。
この方法は、安田譲氏著書の「かんたん自律神経健康法」で提唱されています。
手軽に低リスクで行えますが、シップがお肌に合わない場合もありますので様子をみながら行ってください。

ツボ押し

労宮(ろうきゅう)というリラックスのツボや、合谷(ごうこく)という神経過敏症に効くツボを押して発汗ケアする方法もあります。

労宮は手のひらの真ん中の、軽く手を握った時に中指の先が当たる部分にあり、合谷は人差し指と親指の骨が結合する部分の、人差し指側の手の甲にあります。
数秒押して数秒離す動作を繰り返してみましょう。

効果を出すには習慣的に行う必要があります。

シャンプー、洗剤類の見直し

シャンプー、食器洗い用洗剤といったものがお肌に負担をかけている可能性もあります。

これらには界面活性剤が含まれています。

界面活性剤は原料によって、天然由来のものと石油由来のものに分けることができます。
天然由来の界面活性剤は、洗浄力が穏やかでお肌にも比較的優しいものが多くなっています。
いっぽう石油由来のものは、洗浄力が強力で刺激が強く、お肌の脂分を過剰に奪います。

石油由来の界面活性剤を使ったシャンプーや洗剤を愛用しているとお肌が弱くなり、炎症や湿疹が出やすくなります。
お肌のことを考えるなら、天然由来の界面活性剤を使った製品を選びましょう。

また、シャンプーやトリートメントにはシリコンが含まれているものが多くあります。
シリコンは体内に蓄積されていき、それがお肌に悪影響を及ぼすことがあるといわれています。
シリコンの含まれないシャンプーを試してみることも有効かもしれません。

保湿

お肌が乾燥すると、湿疹の症状が悪化したり、治りにくくなります。

保湿は肌トラブル回避の基本になりますので、ハンドクリームなどで十分な保湿を心がけましょう。

汗疱状湿疹には、「ソンバーユ(馬油)」や「シアバター」が相性が良いと言われています。

汗疱の予防法(3)食事

普段の食事を見直すだけでも、汗疱のできにくい体質への改善が目指せます。

おすすめの栄養素・食材

汗疱予防のために、意識的に摂った方がいい栄養素と食材について解説します。

ビオチン

ビオチンを多く含む食材:レバー、豆、卵黄、酵母、まいわしなどの魚類
※生の卵白に含まれるアビジンがビオチンの吸収を阻害するので、卵は必ず卵白が不透明になる程度まで加熱してから食べるようにしましょう。

ビオチンとは、ビタミンB群の一種であるビタミンB7(またはビタミンH)のことです。
ビオチンはお肌をつくる機能をサポートし、トラブルに負けないお肌を生み出す効果があります。

抗炎症物質を作り出す作用もありますので、皮膚トラブルがある人の炎症を緩和することもできます。
皮膚炎の対策にビオチンが使われることもあります。

ビオチンは「腸内細菌叢(ちょうないさいきんそう)」とか「腸内フローラ」と呼ばれる部位で生成されます。
腸内環境が悪化し、悪玉菌(一部の乳酸菌)が多くなってしまうと、ビオチンが吸収されにくくなりビオチン欠乏症になってしまうので注意が必要です。

オメガ3不飽和脂肪酸

オメガ3不飽和脂肪酸を多く含む食品:亜麻仁油(フラックスシードオイル)、えごま油(しそ油)

オメガ3不飽和脂肪酸は、αリノレン酸などの脂肪酸の総称です。
抗炎症作用がありますので、汗疱状湿疹の緩和効果が期待できます。

摂り方としては、油を直接、小さじ1~2杯程度飲んでもいいですし、サプリメントで摂取しても問題ありません。
ドレッシングやジュースに混ぜると、生の油に慣れない方でも気になりにくいようです。

注意点としては、オメガ3不飽和脂肪酸は加熱に弱く、すぐに酸化して変質してしまいますので、必ず非加熱の状態で摂るようにしてください。
※150度以上で酸化すると言われているので、鍋からおろしてお皿に移し、粗熱がとれたあとならOKです。

酸化を防ぐため冷蔵庫に保管し、3~4週間を目安に使い切りましょう。
続けて、腸内環境から整え汗疱状湿疹を改善する簡単な方法を紹介します。

どくだみ茶

どくだみはカラダにたまった悪いものを出すといわれ、腸内環境やお肌の調子を整えるために愛飲されてきました。
どくだみ茶を飲めばおなかの中もスッキリし、血液もキレイに

先ほどもお伝えしました通り、腸内環境を整えることがビオチン増加にもつながりますので、相乗的に湿疹ケアに役立つでしょう。

どくだみの生葉を湿疹の出ているお肌に直接貼る方法もあるようです。

バランスのよい食事で腸内環境を整える

腸内環境が悪化すると、前述のビオチンが不足し、湿疹や炎症といった皮膚トラブルが起こりやすくなります。

ビオチンを補ってあげた方がより効果的に対処することができますが、腸内バランスを整えることによってもビオチンが増加し、症状の緩和につながります。

食物繊維に気を配る

腸内環境を整えるには、バランスのよい食事を心がけることが第一です。
なかでも食物繊維に気を配ることはとても重要になってきます。

食物繊維は水溶性と不溶性の2種類に大別できます。

一般的な野菜類は不溶性食物繊維が多いですが、過剰に食べると腸を刺激し過ぎてお腹がはり、逆に便秘になることもあるのです。

これを避けるには、便が固くなるのを防いだり腸内の環境を整える作用のある水溶性食物繊維も積極的に摂りましょう。

水溶性食物繊維は海藻や果物、納豆などに豊富に含まれます。

ビフィズス菌を豊富に含むヨーグルトの摂取も有効です。
発酵食品は、お腹の環境を整える手助けをしてくれます。

食事制限

食事のなかには、汗疱が起こりやすくなる要因が潜んでいます。
どんなものが考えられるでしょうか。

金属の入った食品を控える

金属類(クロム、ニッケル、コバルトなど)を含む食品:枝豆、チョコレート、ココア、あさり、納豆、アーモンド、くるみ、玄米
※食品ではありませんが、タバコにも多く含まれます

汗疱状湿疹のアレルゲンの1つとして、金属が考えられます。
食品のなかには、金属を多く含むものが存在します。

日常的に金属でアレルギーがおきやすく、汗疱状湿疹もできるという方は、金属を多く含む食品の摂取を控えてみましょう。

刺激物や油分を控える

刺激の強い食べ物や油分・糖分の摂取量をおさえると、汗疱状湿疹の症状が緩和されるケースもあります。

体は、分解できない食品をアレルギー物質と誤認してしまうことがあります。
過剰な糖質や油分は人の体にとっては分解しにくくいもの。
特に酵素が十分でないとその兆候が高くなるようです。

体に負担のかかる食品の摂取量を控えることも有効でしょう。

断食で体をリセットする

断食も効果があるようです。
断食は内臓を休ませ、便を出し、体の状態をいったんリセットできるといいます。
体の抵抗力も増し、湿疹トラブルのケアに役立つそうです。

正式な断食には1~2週間かかり、これは専用の施設で行う必要があります。
自宅でちょっと試してみたいという方は、週末に「プチ断食」してみましょう。

【プチ断食の方法例】

  • 準備日
    金曜日の夕食を通常の半分程度に減らし、断食の準備をする。
    このとき、刺激物や油もの、アルコールの摂取は控える。
  • 断食日
    土曜日は丸一日、食事をとらない。
    その分、水分は水かお茶でたっぷりとり、普段の倍は飲むようにする。
  • 回復日
    日曜日の朝はゆっくりと時間をかけて、おかゆを軽めにとる。
    おかゆだからと飲み込んだりせずに、よくかんで食べる。
    昼食と夕食は開始前と同じく、刺激物、油もの、アルコールを避け、腹八分目の量をゆっくりとる。

汗疱の予防法(4)病院で治療

自分でケアするのが難しい場合は、病院でケアする方法もあります。

イオントフォレーシス

微弱電流を流すことによって汗腺内外をイオン変化させ、多汗症状を緩和する方法です。
通院だと頻繁に長期間行う必要があり、負担が大きいですが、家庭用イオントフォレーシス機器「ドライオニック」を利用すれば手軽に行うことができます。

ボトックス

病院でボトックスという無毒化した毒素を注射することにより、発汗のシステムを阻害する方法です。
持続期間は3~6ヶ月程度です。
しびれなどの副作用が出る場合があります。

抗コリン薬

服薬することにより、発汗システムを阻害して汗を減らすことができます。
のどの渇きや便秘などの副作用が重く、全身への影響が強いため、常用はおすすめできません。
日本では医師の処方箋が必要ですが、海外では市販されており、個人輸入できます。

精神療法・心理療法

手汗、足汗は緊張やストレスなど、精神的要因で起こりやすくなります。
精神的なアプローチから発汗対策を行おう、というのがこの方法です。
向き不向きが分かれやすい方法ですが、向いていた場合の効果は絶大と言えます。

塩化アルミニウム液

塩化アルミニウム液を塗ることにより、汗腺にフタを作って発汗量を減らすこともできます。

塩化アルミニウム液は皮膚科で処方してもらうほか、一般の薬局や通販でも手軽に入手可能です。
汗を抑える方法としては非常にメジャーですが、汗疱状湿疹の出やすい方には注意が必要な方法です。

塩化アルミニウム液を使う場合の注意点

この方法では、汗の吐き出し口である「汗口」という部分を塞ぐことになります。
初めにお話ししました通り、汗の出口が閉じていることが汗疱の原因になっている可能性もありますので、このやり方は適切でないかもしれません。
実際、塩化アルミニウム液を使用した際の副作用として汗疱状湿疹が起こるケースもあります。

既に汗疱が起こりやすい状態になっている方は、塩化アルミニウム液は使わない方が無難と言えるでしょう。
汗を抑えたい場合、まずは他の方法を試してみましょう。

どうしても塩化アルミニウム液を使ってみたいという方は、リスクを十分理解したうえで、小範囲で様子を見ながら、少しずつ試すようにしてください。

塩化アルミニウム液について詳しくはこちらをご参照ください。

汗疱状湿疹は原因を知って対策!治療で根本的解決を!

つらい症状の出てしまう汗疱状湿疹。
対策方法はいろいろありましたが、まずは今ある病状を抑えて快方に向かわせることです。
それにはやはり化学的な薬品の力を借りることも視野に入れるべきでしょう。

根本的に解決するには、ステロイド等のケミカル薬品の使用はあくまで一時的なものに抑え、体質改善に努めることです。
体質改善が成功すれば、汗疱ができにくくなり、湿疹にまで悪化しないで済むようになります。
できそうなことから徐々にはじめていきましょう。

参照:
アース皮ふ科クリニック 汗疱(異汗性湿疹)・手荒れ(主婦湿疹)
森田皮フ科クリニック 汗疱と汗疱状湿疹について

Pick Up

【市販・通販で買える19商品】効果で選ぶ制汗剤おすすめランキ…

酷い顔汗を止める!薬や病院に頼らずメイク落ちしない簡単な顔汗…

【デリケートゾーンの処理方法まとめ】チクチクしない毛の長さ・…

関連記事

ベタベタ汗をかく原因とは?サラサラ汗と成分が違う?良い汗をか…

【手汗を止める6つの対策】市販の制汗剤の効果は?緊張汗の原因…

汗かきを治す方法!漢方から運動まで汗かき対策マニュアル

脇汗を体の内側から止める!おすすめツボとトレーニング!

3000円以下で汗を抑える!市販のおすすめ脇汗対策グッズ

ホルモンバランスが原因?女性の脇汗の悩みを徹底解明