【耳垢でみるワキガ診断】耳垢の湿りとワキガの関係とは

自分で判断するのが難しいワキガ。
そんなワキガを自分で診断できる方法があるんです。

その方法とは耳垢をチェックすること!

耳垢の湿り具合や色をチェックすることで、自分がわきが体質である可能性をみることができます。

どのような方法でチェックすることができるのでしょうか。
わきが体質と耳垢の関係と、ワキガをセルフチェックするための方法をお伝えします!

スポンサーリンク

ワキガ体質のチェックは耳垢の湿り具合と色を確認

耳垢がどんな色をしてどのように湿っているかで、自分がワキガ体質かチェックすることができます。

その理由は、耳の中にある『アポクリン汗腺』にあります。
アポクリン腺が耳のなかに多いと、わきが体質と言えるのです。

アポクリン腺はワキガの主な原因とされています。
この汗腺から汗をかき、その汗を肌にいる雑菌が分解するとワキガ臭が発生します。
なので、アポクリン汗腺が多い人はワキガ体質である可能性も高くなります。

では、アポクリン汗腺の数を確認するにはどうすればいいか?
その方法が耳垢をチェックすることなんです。

耳垢が湿る原因の一つに、アポクリン汗腺から分泌される汗があります。
そのため、アポクリン汗腺が多いほど、耳垢も湿りやすくなってしまうのです。

そして、耳の中にアポクリン汗腺が多い人は、ワキの下にもたくさんのアポクリン汗腺がある可能性が!
つまり、耳垢が湿っている=アポクリン汗腺が多い=ワキの下もアポクリン汗腺が多くワキガ体質の可能性あり!
となるのです。

では、耳垢の状態はどのようにチェックすればいいのでしょうか。
その方法を詳しく見ていきましょう。

リラックスした状態で綿棒を使って耳垢をみる

耳垢の状態を見るときは、できる限り普段の状態の耳垢を確認してください。
例えば、お風呂から出たあとだと、お風呂の湯気が原因で湿っているのか、アポクリン汗腺からの汗で湿っているのかわからなくなります。

そのため、比較的リラックスした普段の状態で耳垢を見るようにしましょう。

また、運動したあとやお肉などの動物性脂肪を食べたあと、精神的に興奮したり緊張したりしているとアポクリン汗腺が活性化します。
そのような状態では、耳垢チェックをしないようにしましょう。

他にも耳を密閉していると耳垢が湿ってしまうので、イヤホンで音楽を聴いていた場合は時間を置いてからチェックしましょう。

毎日耳掃除をしても湿った耳垢がついてしまう

毎日、耳掃除をしているにも関わらず、基本的に湿った耳がついてしまうという人は、ワキガ体質の可能性が高くなります。
特に、アポクリン汗腺が活性化していない状態でも湿っているのであれば、可能性はかなり高くなります。

どうしても気になる人は、耳掃除を毎日行い様子を見てみましょう。
1週間ほど毎日耳掃除をしても、湿った耳垢ばかりとれるならワキガリスクは高まります。

耳垢から見るワキガの重症度

一言で湿っているといっても、湿り度合いでワキガ体質の重症度も変わります。

綿棒を耳に入れたときに、綿棒が軽く湿る程度なら軽度~中度のワキガ体質といえます。
これが重度の場合、綿棒が湿るだけでなく、粘り気のある耳垢がつくことに。
仮に一度でもネットリしている耳垢がついたことがあれば、重度のワキガ体質である可能性が高くなります。
(もちろんお風呂上りなどのタイミングを除いた場合に、です)

また、耳垢の色がキャラメル色になればなるほど、強いワキガ体質といえます。
そのため、耳垢をチェックするときのチェック項目は『色』『粘り気』の2つをみてください。

耳垢を指で確かめる方法も

粘り気については、耳に指を入れてみて確認する方法もあります。

例えば指を耳の中にいれて、耳垢が絡まる感じがする人は危険な証拠です。
また、耳垢を指でつまんでみたとき、粘度が高いと糸を引きます。

耳垢を触ることに抵抗がない人は、耳垢の状態を指で確認してみるのもいいでしょう。

中耳炎の経験者は誤診に注意

アポクリン汗腺が活性化されたタイミングであれば、ワキガ体質でない人でも耳垢が湿っていることはお伝えしました。
実はそれ以外にも、外耳道炎や中耳炎も耳垢が湿る原因になるのです。

このような場合、耳垢がいつもより水っぽい状態になります。
耳から耳垢があふれたり、水っ気が多いようなら、一度耳鼻科へ検診に行くことをおすすめします。

ワキガ臭が気になる人のためのワキガ対策商品

上記でチェックしてみてワキガの可能性を少しでも感じたら早めに対策しましょう。

ワキガ対策には、殺菌と制汗の効果が重要です。
しかし、市販の商品はどちらかの効果が弱く持続性がありません

そのうえ、肌に少し刺激が強い成分を使っているため、敏感肌の方は炎症を引き起こす可能性があります。

そこで、肌への刺激が少なく、効果が持続する商品を紹介します。

脇の臭い対策クリームでおすすめ「クリアネオ」


>>詳細はこちら<<

  • 消臭・制汗成分で脇の臭い・ワキガ臭をカット
  • 定期価格だけではなく、通常価格も安いから安心♪
  • 定期は継続縛りなり!初月から解約もOK
  • 全額永久返金保証制度もついているから安心!

制汗・殺菌成分で強力なワキガ臭にも効く

殺菌&制汗の強力成分によってワキガの原因を元から対策することができます。

クリームのため密着力も高く、1日1回でも効果が続く制汗剤です。

全額返金も可能な永久保証制度つき、定期は1回で解約も可能

クリアネオは使用後何日経過しても納得できない場合は全額返金が可能!

期限の制限はないうえ、定期便は1回目で解約することができるので、1本だけ使い切って効果を確かめたい!ということもしやすいです。

クリアネオの公式HPはコチラ

子どものワキガ体質を確認するなら耳垢でチェック

実はワキガ体質は、親から子どもへ遺伝するもの。
それはアポクリン汗腺の数が、遺伝によって決まるからです。
もしも自分がワキガ体質だった場合、子どもに遺伝していないか気になるところだと思います。

ただ、ワキガの発症は思春期以降になります。
そのため、幼少期に脇臭で判断することはできないのです。

そこでチェックしたいのが耳垢

ワキガ体質であれば、子どものときから耳垢が湿っているのです。
なので、もしも子どもがワキガかどうか調べたいときは、耳垢の湿り具合を確認することをおすすめします。

子どもの耳垢が湿っているようであれば、ワキガ体質の可能性があるため、将来ケアをしっかりしてあげてください。

※遺伝とワキガ体質の関係について詳しく知りたい人はこちらの記事を読んでみてください!

世界的には耳垢が湿っている人が多い

耳垢の湿り具合が、人種によって異なることをみなさんはご存知ですか。

アジア圏の人は、基本的に耳垢がカサカサでモンゴルにいたっては100%乾燥しているそうです。

それに比例してか、日本人のワキガ体質も人口の10%程度と言われています。

その逆に、ワキガ体質が多いといわれている白人や黒人の人たちはどれくらいの割合で、耳垢が湿っているのでしょうか。
なんと白人の人は90%以上、黒人の人は99.5%以上となるそうです。

このデータからも、やはり耳垢の湿りとワキガ体質は相関関係にあることがわかるかと思います。

耳垢が乾燥していればワキガ体質ではない?

これまで湿った耳垢がとれる=わきが体質の可能性が高い、というお話をしました。
では反対に、耳垢が乾燥している人は、絶対にワキガ体質ではないと言えるのでしょうか?

残念ながら答えはNoです。

実は耳垢が乾燥していても、アポクリン汗腺が多量に存在する可能性もあります。
湿っていない理由は、アポクリン汗腺の活動が少ないからです。

そのため、耳垢からワキガ体質なのか調べることはできても、ワキガ体質でないことを調べるのは難しいのです。

もし、「耳垢が乾燥しているけど、自分がワキガなのかわからない」という人は、こちらの記事も併せてご確認ください。
『自分では気づきにくい!?ワキガをセルフチェックできる8つの方法』

耳垢が湿っているからワキガ体質と悲観しないで!

これまで耳垢について見てきましたが、耳垢が湿っているから悲観する必要はありません。

ワキガ体質である可能性は高くなりますが、ワキガになる原因は他にもあるので日常生活の送り方で防ぐこともできます。

また、制汗剤やクリームなどのケア商品や手術によるワキガ治療も存在します。
ニオイがどうしても気になる人はそちらでカバーすることもおすすめです。

耳垢をチェックしワキガ体質だと思われる人は、しっかりと臭いケアを行いましょう。

※一緒に読みたいオススメ記事はコチラ
・『ワキガの原因を徹底リサーチ!遺伝?ストレス?』
・『自分では気づきにくい!?ワキガをセルフチェックできる7つの方法』
・『【市販と通販】ワキガ対策クリームのおすすめは?誰にもバレずに臭い対策』

スポンサーリンク

Pick Up

【市販・通販で買える19商品】効果で選ぶ制汗剤おすすめランキ…

酷い顔汗を止める!薬や病院に頼らずメイク落ちしない簡単な顔汗…

【デリケートゾーンの処理方法まとめ】チクチクしない毛の長さ・…

関連記事

【市販・通販】おすすめワキガクリーム一覧!選び方の4つのポイ…

ワキガは重曹でケア!重曹を使った3つのケア方法・正しい使い方…

ワキガ対策におすすめなお手軽サプリ5選!嫌な臭いに効果的な理…

ワキガの原因を解説!遺伝やストレスに関係?セルフチェック&予…

【タイプ別】ワキガケア用の市販品!自分に合った商品の選び方と…

ワキガの予防は生活習慣の改善から!おすすめ制汗剤や治療法も